想い出の贈り物

公開日: 家族 | 心温まる話

バイク

昔のこと、15歳のときに親のスーパーカブを持ち出した私は、その後の一件を境に、バイクの虜となった。

次々と乗り換えていったバイクたち。そして、幸せな家族との日常。

しかし、15年前の夏、突如として妻を亡くした。

私と、小さな子供二人。あの日からの15年は、彼らにとって母のいない日々となった。

あの悲しい夏から時は流れ、15年目のクリスマス。

妻を失ってからの日々、家事、育児、仕事。すべてを一手に引き受けた私。バイクの乗り心地を忘れた日々が続いた。

参観日、運動会、私たち三人の家族の時間。

きっと、子供たちは他の家族を羨ましく思ったことだろう。

それでも彼らは、一つも間違いを犯すことなく、立派に成長してきた。

そして、二人の子供たちは、それぞれの道を歩み始めた。

ある日、息子が私のバイクの話を持ち出した。

「一番のお気に入りはどれ?」と彼に問われ、私は若かりし頃の思い出とともに、妻との出会いのバイクの話をした。

クリスマスイブ。

子供たちが帰宅する。不意の彼らの帰宅に驚き、少し酒を飲み過ぎてしまった私は、美しい夢を見た。

妻が、夢の中で私を待っている。彼女の美しい姿、そして私の懐かしいバイクの音。

翌朝、驚きの出来事が。

子供たちが、私へのクリスマスプレゼントとして、あの懐かしのモンキーを贈ってくれたのだ。

感謝の涙が止まらなかった。

久しぶりのバイクの音色、それはまるで過去と現在が繋がった瞬間のようだった。

ありがとう、とただ心の中で呟く。

この春、久しぶりにバイクの風を感じながら、遠くの地を目指そうと思う。

関連記事

小学生の女の子(フリー写真)

覚えたてのひらがな

ある日、妻が長女をこっぴどく叱っていた。 私「キョーコが何かしたのか?」 妻「私の車を釘みたいなもんでひっかいとるとよ!」 私「何でそんなことしたん?」 と聞…

バラの花束(フリー写真)

大きなバラの花束

接客を何年か担当してくれていた優秀な女性スタッフが、その店を辞めることになった。 店長は、一生懸命仕事をしてくれた彼女に何かお礼がしたかった。 いよいよ彼女の最後の出勤の日…

梅干し(フリー写真)

憧れた世界

飲んだくれの親父のせいで貧乏育ち。だから小さい頃は遠足の弁当が嫌いだった。 麦の混ざったご飯に梅干しと佃煮。 恥ずかしいから、 「見て~!俺オッサン弁当!父ちゃんが『…

妊婦さん(フリー写真)

私の宝物

中学2年生の夏から一年間も入院した。 退院して間もなく高校受験。 高校生になると、下宿生活になった…。 高校を卒業して就職。 田舎を飛び出して、会社の寮に入った…

夕日と夫婦(フリー写真)

どうしてですか(゚Д゚)ゴルァ!

どうして私がいつもダイエットしている時に、(・∀・)ニヤニヤと見つめやがりますか(゚Д゚)ゴルァ! どうして私が悪いのに、ケンカになると先に謝りますか(゚Д゚)ゴルァ! …

カップル

余命と永遠の誓い

彼は肺がんで入院し、余命宣告されていました。 本人は退院後の仕事の予定を立て、これからの人生に気力を振り絞っていました。 私と彼は半同棲状態で、彼はバツイチで大分年上だっ…

東京ドーム(フリー写真)

野球、ごめんね

幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。 学も無く技術も無かった母は、個人商店の手伝いのような仕事で生計を立てていた。 それでも当時住んでいた土地にはまだ人…

ハンバーグ(フリー写真)

お母さんの弁当

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父が作っていた。 でも遠足などで弁当が必要な時は、母さんが頑張って作ってくれていた。 ※ 小学六年生の…

柴犬(フリー写真)

犬が結んだ家族の絆

昔、うちでは一匹の犬を飼っていた。 名前はナオ。 ご近所の家で産まれた犬を、妹がみんなに相談もしないで貰って来たのだ。 当時うちの妹は中学生、俺は高校を卒業して働いて…

エプロン(フリーイラスト)

母のエプロン

社会人になって初めて迎えた母さんの誕生日。 「いつもありがとう」という言葉を添えて、プレゼントを渡したかった。 でも照れ臭いし、もし選んだプレゼントが気に入ってもらえなかっ…