最高のママ

公開日: 兄弟姉妹 | 子供 | 家族 | 心温まる話

手を繋ぐ母と娘(フリー写真)

もう十年も前の話。

妻が他界して一年が経った頃、当時八歳の娘と三歳の息子がいた。

妻がいなくなったことをまだ理解出来ないでいる息子に対し、私はどう接してやれば良いのか、父親としての不甲斐なさに悩まされていた。

実際、私も妻の面影を追う毎日であった。寂しさが家中を包み込んでいるようだった。

そんな時、私は仕事の都合で家を空けることになり、実家の母に暫く来てもらうことになった。

出張中、何度も自宅へ電話を掛け、子供たちの声を聞いた。

二人を安心させるつもりだったが、心安らぐのは私の方だった気がする。

そんな矢先、息子の通っている幼稚園の運動会があった。

『ママとおどろう』だったか、そんなタイトルのプログラムがあった。

園児と母親が手を繋ぎ、輪になってお遊戯をするような内容だった。

こんな時にそんなプログラムを組むなんて…。

「まー君、行くよ♪」

娘だった。

息子も笑顔で娘の手を取り、二人は楽しそうに走って行った。

一瞬、私は訳が解らずに呆然としていた。

隣に座っていた母がこう言った。

あなたがこの間、九州へ行っていた時に、まー君はいつものように泣いて、お姉ちゃんを困らせていたのね。

そうしたら、お姉ちゃんはまー君に、

「ママはもういなくなっちゃったけど、お姉ちゃんがいるでしょ?

本当はパパだってとってもさみしいの。

だけどパパは泣いたりしないでしょ?

それはね、パパが男の子だからなんだよ。まー君も男の子だよね。

だから、だいじょうぶだよね?

お姉ちゃんが、パパとまー君のママになるから」

そう言っていたのよ。

何と言うことだ。娘が私の代わりにこの家を守ろうとしている。

私は場所も弁えず、流れる涙を止めることが出来なかった。

十年経った今、無性にあの頃のことを思い出し、また涙が出てくる。

来年から上京する娘。お父さんは君に何かしてあげられたかい?

君に今、どうしても伝えたいことがある。

支えてくれてありがとう。君は最高のママだったよ。

私にとっても、まー君にとっても。

ありがとう。

お見舞いの花(フリー写真)

父の唯一の楽しみ

私の家系は少し複雑な家庭で、父と母は離婚して別々に暮らしています。 私は三姉妹の末っ子で、父に会いに行くのも私だけでした。 姉二人なんて、父と十年近く会っていません。 ※…

バスの車内(フリー写真)

乗客全員の拍手

今から16年程前、12月も半ばを過ぎた頃の話です。 私は体調を壊し、東京にある中野坂上の病院へ週二回、通院していました。 その日は今にも雪が降り出しそうな空で、とても寒い日…

教室(フリー背景素材)

同級生の思いやり

うちの中学は新興住宅地で殆どが持ち家、お母さんは専業主婦という恵まれた家庭が多かった。 育ちが良いのか、虐めや仲間はずれなどは皆無。 クラスに一人だけ、貧乏を公言する男子が…

花束(フリー写真)

大切なあなたに花束を

私は介護施設で働いています。 時々おじいちゃんやおばあちゃん宛に、ご家族の方よりお手紙や花束が届きます。 花束を持って行くと、皆さん集まって来ます。 自分かもしれない…

通帳(フリー写真)

おめでとさん

今から十年前、まだ会社に入ったばかりの頃の話。 当時の給与は手取り18万円くらいで、家に3万円を入れていた。 親に5万にしろと言われ出て行った。 一人暮らしをすれば会…

家族(フリー写真)

娘への遺言

レミオロメンの「3月9日」という曲が流れる度に、私は泣きそうになります。 両親は、私が10歳の時に事故死しました。 あの日は家族旅行に行っていました。 帰り道、高速…

結婚指輪(フリー写真)

会社対抗クイズ

近所に住んでいるご夫婦の話です。 その夫婦には子供が居らず、そのせいか私は子供の頃から可愛がってもらっていました。 おじさんは無口な土建屋の事務員。おばさんは自宅で商売をし…

婚約指輪(フリー写真)

例外の入籍手続き

彼は肺がんで入院していて、余命宣告されていました。 本人は退院後の仕事の予定も入れ、これからの人生に気力を振り絞っていました。 私と彼は半同棲状態、彼はバツイチ、そして大分…

カップル(フリー写真)

人の大切さ

私は生まれつき体が弱く、よく学校で倒れたりしていました。 おまけに骨も脆く、骨折6回、靭帯2回の、体に関して何も良いところがありません。 中学三年生の女子です。 重…

教室の机(フリー写真)

丸坊主だらけの教室

中学生の弟が、学校帰りに床屋で丸坊主にして来た。 失恋でもしたのかと聞いたら、小学校からの女の子の友達が今日から登校するようになったからだ、と言う。 彼女は今まで病気で入院…