大好きなおじいちゃん

公開日: ちょっと切ない話 | 家族 | 祖父母

病院(フリー素材)

私は昔、いらんことばっかりしてたね。

私は兵庫県で、おじいちゃんは鹿児島に住んどった。

盆休みやお正月の長い連休は、よく遊びに行ってたね。

毎回遊びに帰る度にいっつも笑顔で迎えてくれて、私達のために朝早くに起きて煮物やらご飯を作ってくれてたよね。

すごくあったかくてすごく美味しかった。

私は反抗期で、遊びに帰っても近くの海やらどこかへ勝手に行き、タバコを吸ったりしていた。

でも不意にじいちゃんが来て、

「帰るよー」

と毎回、迎えに来てくれていた。

タバコは完全にばれてたね。

でも何も言わずずっと笑顔で、優しく頼もしいじいちゃんやった。

それから月日は経って社会人なり、おかんはじいちゃんが倒れたから実家の鹿児島に帰っていた。

そしたら急におかんから連絡があった。

「じいちゃん、あかんかも」

何回も言われていたから嘘やって思ってたけど、

「じいちゃん癌で、もう手術できんくらいなってるねん」

と言われ、最初は頭が真っ白になった。

嘘やろ? また畑に行こうって言っていたのに。

「早く来て!!」

とおかんに言われ、姉と一緒に新幹線に乗り鹿児島へ行った。

病院へ行くと、じいちゃんは笑顔で迎えてくれて、お見舞いに貰ったものを

「食べんか食べんか」

と言っていた。

自分が辛くても、ほんまに思いやりのあるおじいちゃんだなと思った。

おかんは病院に泊まり込みで行っていた。

まともにじいちゃんと会話も出来とるし、また帰って来て一緒に畑へ行って遊べる。そう安心しとった。

「何やーっ、おかん大袈裟やって」

そう言って、帰ってもずっと携帯のゲームをして、お見舞いすらまともに行かずに過ごした。

でもじいちゃんは急に容態が変わった。

お見舞いに行くと、

「ひーっひーっひっ」

じいちゃんはまともに喋れんくなって痩せてた。

凄い息をしてた。聞いてて辛かった。

でもそんな時、口で息するから濡らさないと乾燥してあかんから、綿棒みたいなのでじいちゃんの口を濡らそうとした時、間違えてじいちゃんの小さい歯を取っちゃた。

「じいちゃんごめんっ」

それでおかんと姉と三人で笑ってたら、じいちゃんはすごく辛そうやったのに一瞬笑ってた。

それがじいちゃんの最後やった。

姉とお風呂に入って髪を乾かしとる時に、おかんから電話が来た。

「じいちゃん…亡くなった…」

私と姉は、

「嘘や」

となって動けんかった。

でもおかんは、

「早くタクシーで病院まで来て!!!」

その言葉で二人とも我に返ってタクシー乗り、二人の約束をした。

「絶対泣くなよ。一番辛いんはおかんやねんから」

それから無言のまま病院に着いて、病室へ行った。

おかんは泣いてた。

「じいちゃんまだ温かいねん。生きてるみたいやろ?」

そう言って豪泣きしてるおかんを見て泣いてしまった。

我慢の限界やった。

それから親族が来て葬式になった。

みんな泣いてた。

でも一人だけ泣いてない人がおった。

おじいちゃんの弟。

いつも誰より愛想が良くてニコニコしてくれてたおじいちゃんの弟。

おじいちゃんが棺に入ってる間、みんなで飲んでわちゃわちゃやってる間もずっと黙って、おじいちゃんの棺の隣に座ってる弟さん。

おじいちゃんが焼かれてる間、みんなでご飯食べたりしてるのに、その弟さんは何も食べずにずっとじいちゃんの煙を一人で眺めてた。

『おじいちゃん、何で死んだの?』って思った。

でも弟さんのお陰でここで自分の決意が出来た。

自分は皆を見送ってから死ぬって。

あんな悲しい顔を誰にもさせたくない。そう決意した日やった。

お経の前は眠ってるおじいちゃんやったけど、お経の後のおじいちゃんはすごい笑顔やった。

いつもの大好きな、くしゃっとした笑顔やった。

その姿を見てほんまに泣けた。

『ちょっとでも何かできたんかな?』と思った。

人っていつ死ぬか分からん。自分の親を亡くしてる両親。

いつも笑顔でいてくれて、ほんまに強いって思うし尊敬してます。

辛いことがあっても笑顔で周りを元気に出来る。

そんな両親のように強く温かい人になりたいです。

出会った全ての人の愛情。思いやりを大事にして生きて行きます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

誕生日ケーキ(フリー写真)

父への反抗期

これは反抗期の頃の話なのだけど、今でも忘れられない。 幼い頃からずっと片親で育って来た私は、父親と二人暮らしをしていた。 父は友達や親戚から見ても、誰から見ても、私を大事に…

目玉焼き(フリー写真)

彼女とフライパン

一人暮らしを始める時、意気込んでフライパンを買った。 ブランドには疎いが、とにかく28センチの物を一本。 それまで料理なんて全くしなかったのだが、一人暮らしだから自分で作る…

猫(フリー写真)

息子が教えてくれた

ある日、子供が外に遊びに行こうと玄関の戸を開けた。 その途端、まるで見計らっていたかのように、猫は外に飛び出して行ってしまいました。 そして探して見つけ出した時には、あの子…

親子の手(フリー写真)

親父の思い出

ある日、おふくろから一本の電話があった。 「お父さんが…死んでたって…」 死んだじゃなくて、死んでた? 親父とおふくろは俺が小さい頃に離婚していて、まともに会話すらし…

たんぽぽを持つ手(フリー写真)

あした

私の甥っ子は、母親である妹が病気で入院した時に、暫くパパママと離れて実家の父母の家に預けられていました。 「ままがびょうきだから、おとまりさせてね」 と言いながら、小さな体…

手を繋ぐ母と娘(フリー写真)

最高のママ

もう十年も前の話。 妻が他界して一年が経った頃、当時八歳の娘と三歳の息子がいた。 妻がいなくなったことをまだ理解出来ないでいる息子に対し、私はどう接してやれば良いのか、父親…

どんぐり(フリー写真)

どんぐり

毎年お盆に帰省すると、近くの川で『送り火』があります。 いつもは淡い光の列がゆっくり川下に流れて行くのを眺めるだけなのだけど、その年は灯篭に『さちこ』と書いて川に浮かべました。 …

女性(フリー写真)

見守ってる

昨日、恋人が死んだ。 病気で苦しんだ末、死んだ。 通夜が終わり、病院に置いて来た荷物を改めて取りに行ったら、その荷物の中に俺宛の手紙が入っていた。 そこには、 …

おにぎり(フリー写真)

二人の母

俺の母親は、俺が5歳の時に癌で亡くなった。 それから2年間、父と2歳年上の姉と三人暮らしをしていた。 俺が小学1年生の時のある日曜日、父が俺と姉に向かって 「今から二…

タクシー(フリー写真)

台風の日

タクシーの中でお客さんとどんな話をするか、平均で10分前後の短い時間で完結する話題と言えばやはり天気の話になります。 今日の福岡は台風11号の余波で、朝から断続的に激しい雨が降っ…