大好きなおじいちゃん

公開日: ちょっと切ない話 | 家族 | 祖父母

病院(フリー素材)

私は昔、いらんことばっかりしてたね。

私は兵庫県で、おじいちゃんは鹿児島に住んどった。

盆休みやお正月の長い連休は、よく遊びに行ってたね。

毎回遊びに帰る度にいっつも笑顔で迎えてくれて、私達のために朝早くに起きて煮物やらご飯を作ってくれてたよね。

すごくあったかくてすごく美味しかった。

私は反抗期で、遊びに帰っても近くの海やらどこかへ勝手に行き、タバコを吸ったりしていた。

でも不意にじいちゃんが来て、

「帰るよー」

と毎回、迎えに来てくれていた。

タバコは完全にばれてたね。

でも何も言わずずっと笑顔で、優しく頼もしいじいちゃんやった。

それから月日は経って社会人なり、おかんはじいちゃんが倒れたから実家の鹿児島に帰っていた。

そしたら急におかんから連絡があった。

「じいちゃん、あかんかも」

何回も言われていたから嘘やって思ってたけど、

「じいちゃん癌で、もう手術できんくらいなってるねん」

と言われ、最初は頭が真っ白になった。

嘘やろ? また畑に行こうって言っていたのに。

「早く来て!!」

とおかんに言われ、姉と一緒に新幹線に乗り鹿児島へ行った。

病院へ行くと、じいちゃんは笑顔で迎えてくれて、お見舞いに貰ったものを

「食べんか食べんか」

と言っていた。

自分が辛くても、ほんまに思いやりのあるおじいちゃんだなと思った。

おかんは病院に泊まり込みで行っていた。

まともにじいちゃんと会話も出来とるし、また帰って来て一緒に畑へ行って遊べる。そう安心しとった。

「何やーっ、おかん大袈裟やって」

そう言って、帰ってもずっと携帯のゲームをして、お見舞いすらまともに行かずに過ごした。

でもじいちゃんは急に容態が変わった。

お見舞いに行くと、

「ひーっひーっひっ」

じいちゃんはまともに喋れんくなって痩せてた。

凄い息をしてた。聞いてて辛かった。

でもそんな時、口で息するから濡らさないと乾燥してあかんから、綿棒みたいなのでじいちゃんの口を濡らそうとした時、間違えてじいちゃんの小さい歯を取っちゃた。

「じいちゃんごめんっ」

それでおかんと姉と三人で笑ってたら、じいちゃんはすごく辛そうやったのに一瞬笑ってた。

それがじいちゃんの最後やった。

姉とお風呂に入って髪を乾かしとる時に、おかんから電話が来た。

「じいちゃん…亡くなった…」

私と姉は、

「嘘や」

となって動けんかった。

でもおかんは、

「早くタクシーで病院まで来て!!!」

その言葉で二人とも我に返ってタクシー乗り、二人の約束をした。

「絶対泣くなよ。一番辛いんはおかんやねんから」

それから無言のまま病院に着いて、病室へ行った。

おかんは泣いてた。

「じいちゃんまだ温かいねん。生きてるみたいやろ?」

そう言って豪泣きしてるおかんを見て泣いてしまった。

我慢の限界やった。

それから親族が来て葬式になった。

みんな泣いてた。

でも一人だけ泣いてない人がおった。

おじいちゃんの弟。

いつも誰より愛想が良くてニコニコしてくれてたおじいちゃんの弟。

おじいちゃんが棺に入ってる間、みんなで飲んでわちゃわちゃやってる間もずっと黙って、おじいちゃんの棺の隣に座ってる弟さん。

おじいちゃんが焼かれてる間、みんなでご飯食べたりしてるのに、その弟さんは何も食べずにずっとじいちゃんの煙を一人で眺めてた。

『おじいちゃん、何で死んだの?』って思った。

でも弟さんのお陰でここで自分の決意が出来た。

自分は皆を見送ってから死ぬって。

あんな悲しい顔を誰にもさせたくない。そう決意した日やった。

お経の前は眠ってるおじいちゃんやったけど、お経の後のおじいちゃんはすごい笑顔やった。

いつもの大好きな、くしゃっとした笑顔やった。

その姿を見てほんまに泣けた。

『ちょっとでも何かできたんかな?』と思った。

人っていつ死ぬか分からん。自分の親を亡くしてる両親。

いつも笑顔でいてくれて、ほんまに強いって思うし尊敬してます。

辛いことがあっても笑顔で周りを元気に出来る。

そんな両親のように強く温かい人になりたいです。

出会った全ての人の愛情。思いやりを大事にして生きて行きます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

卵焼き(フリー写真)

親父の弁当を捨てた

小学1年生の秋に、母親が男を作って家を出て行き、俺は親父の飯で育てられた。 当時は親父の下手な料理が嫌で堪らず、また母親が突然居なくなった寂しさも相まって、俺は飯の度に癇癪を起こ…

コザクラインコ(フリー写真)

ぴーちゃんとの思い出

10年前に飼い始めた、コザクラインコのぴーちゃん。 ぴーちゃんという名前は、子供の頃からぴーぴー鳴いていたから。 ぴーちゃんは、飛行機に乗って遠く九州から東京にやって来ま…

彼女(フリー写真)

忘れられない暗証番号

元号が昭和から平成に変わろうとしていた頃の話です。 当時、私は二十代半ば。彼女も同じ年でした。 いよいよ付き合おうかという時期に、彼女から私に泣きながらの電話…。 「…

入学式とランドセル(フリー写真)

お兄ちゃんの思いやり

小学1年生の息子と、幼稚園の年中の息子、二児の母です。 下の子には障害があり、今年は就学問題を控えています。 今年に入ってすぐ、上の子が 「来年は弟くんも1年生だね~…

クリスマスプレゼント(フリー写真)

沢山のキッス

クリスマスが近付いた時期の話です。 彼は三才の娘が包装紙を何枚も無駄にしたため、彼女を厳しく叱りました。 貧しい生活を送っていたのに、その子はクリスマスプレゼントを包むため…

花火(フリー写真)

花火とプロポーズ

2012年の夏。 付き合って2年になる彼女がいた。 彼女とは中学の同級生で、成人してから付き合い始めた。 同窓会で2年振りの再会。 お互いにどんな性格なのか、趣…

親子(フリー写真)

お袋からの手紙

俺の母親は俺が12歳の時に死んだ。 ただの風邪で入院してから一週間後に、死んだ。 親父は俺の20歳の誕生日の一ヶ月後に死んだ。 俺の20歳の誕生日に、入院中の親父から…

乾杯(フリー写真)

変わらないもの

今まですれ違いが多くて、なかなか時間を取って話す機会のなかった父。 そんな父と時間を取って話す機会を得たのは、恥ずかしながら仕事でミスを連発して会社から叱責を何度も受けていた時…

家族の影(フリー写真)

家族で笑った思い出

数年前に、実家の一家の大黒柱である父が倒れた。 脳梗塞で、一命は取り留めたものの麻痺が残ってしまった。 母は親戚(成年後見人)に上手いことを言われて離婚させられた。 …

空の太陽(フリー写真)

祖父が立てた誓い

三年前に死んだ祖父は、末期癌になっても一切治療を拒み、医者や看護婦が顔を歪めるほどの苦痛に耐えながら死んだ。 体中に癌が転移し、せめて痛みを和らげる治療(非延命)をと、息子(父)…