彼女が遺した手紙

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

花と手紙(フリー写真)

私(晃彦)には幼稚園から連れ添ってきた恋人(美咲)がいる。

私が高校を卒業し、就職してからも同居し、貧乏ながらも支えてくれた掛け替えのない存在。

プロポーズの決心をしてから地道に準備し、洒落たお店を予約した。

そしてプロポーズ前々日、会社から帰った私は美咲がお風呂に入っていることを確認し、指輪の確認やプロポーズのセリフを考えていた。

その時、突然ガタガタッと音がしたため『お風呂場で何かあったのかな?』と思い向かった。

そこには倒れている美咲がいて、私は頭が真っ白になった。

救急車に運ばれ診察等が終わり、医者より現状を言い渡された。

「美咲さんは脳腫瘍があり、もう長くありません。はっきり申しますと手遅れの状態です」

私は運命を呪うと同時に、この世界に神様なんていないことを実感した。

翌日、美咲の意識が戻り、現状説明をどう伝えるか迷っていた。

しかし、美咲は全て解っているかのように、

「ごめんね」

と言った。私は堪えきれず泣いてしまった。

そして私は決心をし、翌日病院のベッドでプロポーズをした。

美咲は嬉しいような悲しいような顔をしたが、

「ありがとう、ごめんね」

と言いながら指輪をはめてくれた。

病状が悪化してからは体が思うように動かない状態だったが、仕事が終わってからも毎日病院に通い、残りの時間を噛み締めるように過ごしていた。

しかし運命は残酷で、2ヶ月程過ぎた頃、私が付き添う中病院のベッドで、美咲は笑顔のまま息を引き取った。

その後の私は、小さな頃から美咲に支えられ生きてきた支えが突然なくなり、何もかもが分からなくってしまい、仕事も手に付かず生きることに四苦八苦していた。

上司からは休みを与えられ、病室より持って帰ってきた美咲の所持品を整理していた時、メモ帳に挟まれた手紙を見つけた。それは美咲からの遺言だった。

『こんな時、何を書いていいのか分からないね。

小さい頃からの付き合いだけど、本当に晃彦と出会えて一緒にいられて幸せだった。

出来ることならおじいちゃん、おばあちゃんになるまでずっと一緒にいたかった。

…ごめんね。でもね、こんな私でも夢に見たプロポーズをしてもらえて、とても嬉しかったです。

晃彦にはまだ先があるから新しい人見つけて、今度こそ幸せな家庭を築いてね』

この後はこれまでの思い出がいっぱい書いてあり、最後に

『これまでありがとう。心から晃彦を愛してます。…美咲』

と綴られていた。

私は笑顔のまま涙を流し、美咲がもういないということ、お互いに心から通じ合っていたことを現実として受け止め、美咲の分もしっかり生きようと決心した。

それから1年経った現在、独りの生活に慣れ、それでも気が付けば美咲と撮った写真を見てしまうけど、前を向いて足掻きながらも精一杯生きています。

「美咲。私は独りでも何とかなりそうだ。美咲が残してくれた手紙のおかげだよ。ありがとう…私も心から美咲を愛しています」

関連記事

スマートフォン

父の遺した言葉

私は今、高等学校3年生です。父がこの世を去ったのは10月26日のことでした。 父は、私が心から尊敬し、誇りに思える素晴らしい人でした。彼の死に際して、母と妹は慟哭しました。 …

田舎の風景(フリー写真)

せめて届かないだろうか

葬式、行けなくてゴメン。 マジでゴメン。 行かなかったことに言い訳できないけどさ、せめてものお詫びに、お前んちの裏の山に登って来たんだ。 工事用の岩の間に作った基地さ…

カップル

余命と永遠の誓い

彼は肺がんで入院し、余命宣告されていました。 本人は退院後の仕事の予定を立て、これからの人生に気力を振り絞っていました。 私と彼は半同棲状態で、彼はバツイチで大分年上だっ…

放課後の黒板(フリー写真)

好きという気持ち

中学1年生の時、仲の良かったO君という男の子が居た。 漫画やCDを貸しっこしたり、放課後一緒に勉強したり、土日も二人で図書館などで会ったりしていた。 中学2年生になる前に、…

ビーチを歩くカップル(フリー写真)

初恋と友情

親友に第一子が生まれたとメールが届いたので記念に投稿します。 親友の嫁が俺の初恋の相手。 親友も親友の嫁(以下Aとします)も俺も同じ小学校、同じクラスで、Aは小学3年生の時…

ゲーミング(フリー写真)

母の愛、信じる笑顔

幼い頃、父が交通事故で亡くなり、母一人で私を育ててくれた。 我が家は裕福ではなく、私は県立高校を落ちてしまった。 私立には通うことができず、定時制高校に進学した。 …

猫(フリー写真)

愛猫との別れ

私がまだ高校生の冬、家で飼っている猫が赤ちゃんを産みました。しかも電気毛布を敷いた私の布団で。 五匹も産んだのですが、次々と飼い主が決まり、とうとう一匹だけになりました。 …

飲食店の席(フリー写真)

ファミレスの父娘

ファミレスで一人ご飯を食べていたら、前のテーブルからおっさんと女子高生の会話が聞こえて来た。 おっさんはスーツ姿で普通の中年。痩せていて、東幹久さんに似た雰囲気。会話の流れから父…

雨(フリー写真)

真っ直ぐな青年の姿

20年前、私は団地に住んでいました。 夜の20時くらいに会社から帰ると、団地前の公園で雨の中、一人の男の子が傘もささず向かいの団地を見ながら立っていました。 はっきり言って…

雨の日の紫陽花(フリー写真)

いってらっしゃい

もう二十年ほど前の話です。 私が小さい頃に親が離婚しました。 どちらの親も私を引き取ろうとせず、施設に預けられ育ちました。 そして三歳くらいの時に、今の親にもらわれた…