彼女が遺した手紙

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

花と手紙(フリー写真)

私(晃彦)には幼稚園から連れ添ってきた恋人(美咲)がいる。

私が高校を卒業し、就職してからも同居し、貧乏ながらも支えてくれた掛け替えのない存在。

プロポーズの決心をしてから地道に準備し、洒落たお店を予約した。

そしてプロポーズ前々日、会社から帰った私は美咲がお風呂に入っていることを確認し、指輪の確認やプロポーズのセリフを考えていた。

その時、突然ガタガタッと音がしたため『お風呂場で何かあったのかな?』と思い向かった。

そこには倒れている美咲がいて、私は頭が真っ白になった。

救急車に運ばれ診察等が終わり、医者より現状を言い渡された。

「美咲さんは脳腫瘍があり、もう長くありません。はっきり申しますと手遅れの状態です」

私は運命を呪うと同時に、この世界に神様なんていないことを実感した。

翌日、美咲の意識が戻り、現状説明をどう伝えるか迷っていた。

しかし、美咲は全て解っているかのように、

「ごめんね」

と言った。私は堪えきれず泣いてしまった。

そして私は決心をし、翌日病院のベッドでプロポーズをした。

美咲は嬉しいような悲しいような顔をしたが、

「ありがとう、ごめんね」

と言いながら指輪をはめてくれた。

病状が悪化してからは体が思うように動かない状態だったが、仕事が終わってからも毎日病院に通い、残りの時間を噛み締めるように過ごしていた。

しかし運命は残酷で、2ヶ月程過ぎた頃、私が付き添う中病院のベッドで、美咲は笑顔のまま息を引き取った。

その後の私は、小さな頃から美咲に支えられ生きてきた支えが突然なくなり、何もかもが分からなくってしまい、仕事も手に付かず生きることに四苦八苦していた。

上司からは休みを与えられ、病室より持って帰ってきた美咲の所持品を整理していた時、メモ帳に挟まれた手紙を見つけた。それは美咲からの遺言だった。

『こんな時、何を書いていいのか分からないね。

小さい頃からの付き合いだけど、本当に晃彦と出会えて一緒にいられて幸せだった。

出来ることならおじいちゃん、おばあちゃんになるまでずっと一緒にいたかった。

…ごめんね。でもね、こんな私でも夢に見たプロポーズをしてもらえて、とても嬉しかったです。

晃彦にはまだ先があるから新しい人見つけて、今度こそ幸せな家庭を築いてね』

この後はこれまでの思い出がいっぱい書いてあり、最後に

『これまでありがとう。心から晃彦を愛してます。…美咲』

と綴られていた。

私は笑顔のまま涙を流し、美咲がもういないということ、お互いに心から通じ合っていたことを現実として受け止め、美咲の分もしっかり生きようと決心した。

それから1年経った現在、独りの生活に慣れ、それでも気が付けば美咲と撮った写真を見てしまうけど、前を向いて足掻きながらも精一杯生きています。

「美咲。私は独りでも何とかなりそうだ。美咲が残してくれた手紙のおかげだよ。ありがとう…私も心から美咲を愛しています」

タクシーの後部座席(フリー写真)

母の気持ち

実家に帰省して、また帰る時の事。 俺は母子家庭で仕送りを貰っている癖に、冗談めかしに帰りのタクシー代と電車賃を頂戴と母にせがんだ。 すると母は、 「何言ってんの!うち…

砂浜を歩くカップル(フリー写真)

当たり前の日常

小さな頃から、私と彼はいつも一緒でした。 周りがカップルに間違えるほどの仲でした。 私が彼に恋愛感情を抱いていると気付いたのは、高校3年生の時です。 今思うと、その前…

手を繋ぐ友人同士(フリー写真)

メロンカップの盃

小学6年生の時の事。 親友と一緒に先生の資料整理の手伝いをしていた時、親友が 「あっ」 と小さく叫んだのでそちらを見たら、名簿の私の名前の後ろに『養女』と書いてあった…

ビール(フリー写真)

恐かった父

私の父は無口で頑固で本当に恐くて、親戚中が一目置いている人でした。 家に行ってもいつもお酒を飲んでいて、その横で母が忙しなく動いていた記憶があります。 ※ 私が結婚する事にな…

日記帳(フリー写真)

彼の遺した日記

2年間、付き合っていた彼に振られました。 それはもう、最後は彼が言ったとは思えないほどの酷い言葉で。 どんなにまだ好きだと言っても復縁は叶わず、音信不通になってしまいました…

家族の影(フリー写真)

家族で笑った思い出

数年前に、実家の一家の大黒柱である父が倒れた。 脳梗塞で、一命は取り留めたものの麻痺が残ってしまった。 母は親戚(成年後見人)に上手いことを言われて離婚させられた。 …

母(フリー写真)

お母さんへ

お母さん 台所に立つとあなたが横に立って居る気がします。 お母さん 洗濯物を畳んでいると、ずぼらな私に 「ほらもっとキレイに畳まないと」 と言うあなたの声…

子供の手(フリー写真)

嫁の手

うちの3才の娘は難聴。殆ど聞こえない。 その事実を知らされた時は嫁と泣いた。何度も泣いた。 難聴と知らされた日から、娘が今までとは違う生き物に見えた。 嫁は自分を責め…

親子の手(フリー写真)

親父の思い出

ある日、おふくろから一本の電話があった。 「お父さんが…死んでたって…」 死んだじゃなくて、死んでた? 親父とおふくろは俺が小さい頃に離婚していて、まともに会話すらし…

街の夕日(フリー写真)

人とのご縁

自分は三人兄弟の真ん中として、どこにでもある中流家庭で育ちました。 父はかなり堅い会社のサラリーマンで、性格も真面目一筋。それは厳格で厳しい父親でした。 母は元々小学校の教…