彼女が遺した手紙

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

花と手紙(フリー写真)

私(晃彦)には幼稚園から連れ添ってきた恋人(美咲)がいる。

私が高校を卒業し、就職してからも同居し、貧乏ながらも支えてくれた掛け替えのない存在。

プロポーズの決心をしてから地道に準備し、洒落たお店を予約した。

そしてプロポーズ前々日、会社から帰った私は美咲がお風呂に入っていることを確認し、指輪の確認やプロポーズのセリフを考えていた。

その時、突然ガタガタッと音がしたため『お風呂場で何かあったのかな?』と思い向かった。

そこには倒れている美咲がいて、私は頭が真っ白になった。

救急車に運ばれ診察等が終わり、医者より現状を言い渡された。

「美咲さんは脳腫瘍があり、もう長くありません。はっきり申しますと手遅れの状態です」

私は運命を呪うと同時に、この世界に神様なんていないことを実感した。

翌日、美咲の意識が戻り、現状説明をどう伝えるか迷っていた。

しかし、美咲は全て解っているかのように、

「ごめんね」

と言った。私は堪えきれず泣いてしまった。

そして私は決心をし、翌日病院のベッドでプロポーズをした。

美咲は嬉しいような悲しいような顔をしたが、

「ありがとう、ごめんね」

と言いながら指輪をはめてくれた。

病状が悪化してからは体が思うように動かない状態だったが、仕事が終わってからも毎日病院に通い、残りの時間を噛み締めるように過ごしていた。

しかし運命は残酷で、2ヶ月程過ぎた頃、私が付き添う中病院のベッドで、美咲は笑顔のまま息を引き取った。

その後の私は、小さな頃から美咲に支えられ生きてきた支えが突然なくなり、何もかもが分からなくってしまい、仕事も手に付かず生きることに四苦八苦していた。

上司からは休みを与えられ、病室より持って帰ってきた美咲の所持品を整理していた時、メモ帳に挟まれた手紙を見つけた。それは美咲からの遺言だった。

『こんな時、何を書いていいのか分からないね。

小さい頃からの付き合いだけど、本当に晃彦と出会えて一緒にいられて幸せだった。

出来ることならおじいちゃん、おばあちゃんになるまでずっと一緒にいたかった。

…ごめんね。でもね、こんな私でも夢に見たプロポーズをしてもらえて、とても嬉しかったです。

晃彦にはまだ先があるから新しい人見つけて、今度こそ幸せな家庭を築いてね』

この後はこれまでの思い出がいっぱい書いてあり、最後に

『これまでありがとう。心から晃彦を愛してます。…美咲』

と綴られていた。

私は笑顔のまま涙を流し、美咲がもういないということ、お互いに心から通じ合っていたことを現実として受け止め、美咲の分もしっかり生きようと決心した。

それから1年経った現在、独りの生活に慣れ、それでも気が付けば美咲と撮った写真を見てしまうけど、前を向いて足掻きながらも精一杯生きています。

「美咲。私は独りでも何とかなりそうだ。美咲が残してくれた手紙のおかげだよ。ありがとう…私も心から美咲を愛しています」

関連記事

母に渡す花(フリー写真)

お母さんの看病がしたいよ

19歳の頃、癌で入院中のお母さんに、泊り込みで付き添っていた。 その頃、私は予備校に行っていた。 お母さんが 「看護婦さんになって欲しい」 と言ったから、一つく…

母の手を握る赤子(フリー写真)

母の想い

彼は幼い頃に母親を亡くし、父親と祖母と暮らしていました。 17歳の時、急性骨髄性白血病にかかってしまい、本人すら死を覚悟していましたが、骨髄移植のドナーが運良く見つかり死の淵から…

バー(フリー写真)

大好きな姉

20歳を迎えたその日、姉が雰囲気の良いショットバーに連れて行ってくれた。 初めてのバーに圧倒されている俺を見て、姉は 「緊張してんの? 何か子供の頃のアンタみたい」 …

お弁当(フリー写真)

母ちゃんの弁当

中学1年生くらいの時は反抗期で、ちょっとツッパっていたりした。 「親の作った弁当なんかダサくて食えるか。金よこせよ、コンビニで買うから!」 と母ちゃんに言ったことがあってさ…

手(フリー写真)

無償の愛

おじいちゃんは老いから手足が不自由で、トイレも一人で行くのは厳しい。 だから、いつもはおばあちゃんが下の世話をしていた。 おばあちゃん以外が下の世話をするのを嫌がったからだ…

柴犬(フリー写真)

犬のきなこ

10年以上前、友達が一匹の柴犬を飼い始めた。 体の色が似ているからと言って、その犬は『きなこ』という名前になった。 友達は夕方になるとよく『きなこ』を散歩させていた。 …

教室(フリー写真)

大切な幼馴染

私には、大好きな男の子がいた。 その子は幼馴染で、小さな頃からずっと一緒だった。 私はいつも支えてくれた彼が大好きだった。 でも、彼は自ら命を絶った。 首を吊…

おにぎり(フリー写真)

二人の母

俺の母親は、俺が5歳の時に癌で亡くなった。 それから2年間、父と2歳年上の姉と三人暮らしをしていた。 俺が小学1年生の時のある日曜日、父が俺と姉に向かって 「今から二…

犬(フリー写真)

愛犬が繋いだ絆

11年間、飼っていた愛犬が亡くなった。 死ぬ前の半年間、自分はろくに家に帰らず、世話も殆どしなかった。 その間にどんどん衰えて行っていたのに、あまり見ることも触ることもなく…

パソコン(フリー写真)

母からのメール

私が中学3年生になって間もなく、母が肺がんであるという診断を受けたことを聞きました。 当時の自分は受験や部活のことで頭が一杯で、生活は大丈夫なのだろうか、お金は大丈夫なのだろう…