天国のおかあちゃんへ

公開日: ちょっと切ない話 | 夫婦 | 家族

天国(フリー素材)

もう伝わらないのは解っているけど、生きている内に伝えられなかった事を今、伝えるね。

まずは長い闘病生活、お疲れ様。最後まで絶対に諦めなかったおかあちゃんの姿、格好良かったよ。

子供達のために頑張ったんだよね。

俺は先週の木曜日に先生に呼ばれて、おかあちゃんがもう長生き出来ない事を聞いたんだ。

でも左半身が動かなくなっても諦めないおかあちゃんを見ていたら、そんな事は伝えられなくて、逆に希望を持たせるような事を言ってごめんよ。

その前くらいに、俺もいっぱいいっぱいで、おかあちゃんに

「大変なのはお前だけじゃないんだ」

と言った事があったよね。

今でも後悔しています。

最期には意識が無かったみたいだったけど、お父ちゃんの話、聞こえてた?

色んな思い出を話したんだけどなあ。

通夜と葬式には沢山の友達が来ていたよ。

最期も俺の他に、友達四人に看取ってもらったしね。

俺だけのおかあちゃんじゃないんだなって、正直やきもちを焼きました。

結婚してからの六年間、色んな思い出アリガトね。

生きていれば昨日、33歳の誕生日だったね。ケーキを買って来たの分かってくれた?

子供達はまだ解っていないみたいだし、じいさんやばあさんは相変わらずです。

偶には夢でも良いから会いに来てください。

でも友達が沢山居たから、俺の所に来るのはまだ先になるのかな?

二年間、凄く苦しんだ分、暫くゆっくり休んでください。

今まで本当にアリガトね。

大好きだよ。

赤ちゃん

とおしゃん

今日、息子が俺の事を「とおしゃん」と呼んだ。 成長が遅れ気味かもしれないと言われていた子で、言葉も覚えるのも遅かったから、あまりの嬉しさに涙が出た。 「嫁か息子か選べ」 …

赤ちゃんの手を握る母の手

最後の親孝行に

無職、片桐康晴被告は、京都市伏見区桂川河川敷で2006年2月1日、認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母親を殺害し自身も無理心中を図った。 その事件の初公判は19日に行われた。 …

父と子(フリー写真)

俺には母親がいない。 俺を産んですぐ事故で死んでしまったらしい。 産まれた時から耳が聞こえなかった俺は、物心ついた時にはもう既に簡単な手話を使っていた。 耳が聞こえな…

桜(フリー写真)

優しい彼の嘘

私には付き合って一年の彼氏がいました。 その彼氏(Sとします)には持病があり、心臓を患っていました。 一緒にご飯を食べていると胸を押さえて苦しがったり、偶に倒れたり、何度も…

砂浜を歩くカップル(フリー写真)

当たり前の日常

小さな頃から、私と彼はいつも一緒でした。 周りがカップルに間違えるほどの仲でした。 私が彼に恋愛感情を抱いていると気付いたのは、高校3年生の時です。 今思うと、その前…

家族の手(フリー写真)

いつかの日曜日

私が4歳の時、父と母は離婚した。 当時は祖父母と同居していたため、父が私を引き取った。 母は出て行く日に私を実家へ連れて行った。 家具や荷物が沢山置いてあって、叔母の…

タクシー(フリー写真)

母の愛

俺は母子家庭で育った。 当然物凄く貧乏で、それが嫌で嫌で仕方がなかった。 だから俺は馬鹿なりに一生懸命勉強して、隣の県の大きな町の専門学校に入ることができた。 そし…

愛(フリー写真)

伝わる気持ち

嫁は妊娠中。もうすぐ八ヶ月。 ある日、西日の部屋でソファに座ってお腹を撫でている嫁を見ていた。 そしたら何となく言いたくなって、後ろから抱き締めて 「愛してる」 …

花(フリー写真)

母心

ちょっとした事で母とケンカした。 3月に高校を卒業し、4月から晴れて専門学生となる私は、一人暮らしになる不安からか、ここ最近ずっとピリピリしていた。 「そんなんで本当に一人…

バスの車内(フリー写真)

悪意と善意

10歳の息子がある病気を持っており車椅子生活で、更に投薬の副作用もあり一見ダルマのような体型。 知能レベルは年齢平均のため、尚更何かと辛い思いをして来ている。 ※ …