天国のおかあちゃんへ

公開日: ちょっと切ない話 | 夫婦 | 家族

天国(フリー素材)

もう伝わらないのは解っているけど、生きている内に伝えられなかった事を今、伝えるね。

まずは長い闘病生活、お疲れ様。最後まで絶対に諦めなかったおかあちゃんの姿、格好良かったよ。

子供達のために頑張ったんだよね。

俺は先週の木曜日に先生に呼ばれて、おかあちゃんがもう長生き出来ない事を聞いたんだ。

でも左半身が動かなくなっても諦めないおかあちゃんを見ていたら、そんな事は伝えられなくて、逆に希望を持たせるような事を言ってごめんよ。

その前くらいに、俺もいっぱいいっぱいで、おかあちゃんに

「大変なのはお前だけじゃないんだ」

と言った事があったよね。

今でも後悔しています。

最期には意識が無かったみたいだったけど、お父ちゃんの話、聞こえてた?

色んな思い出を話したんだけどなあ。

通夜と葬式には沢山の友達が来ていたよ。

最期も俺の他に、友達四人に看取ってもらったしね。

俺だけのおかあちゃんじゃないんだなって、正直やきもちを焼きました。

結婚してからの六年間、色んな思い出アリガトね。

生きていれば昨日、33歳の誕生日だったね。ケーキを買って来たの分かってくれた?

子供達はまだ解っていないみたいだし、じいさんやばあさんは相変わらずです。

偶には夢でも良いから会いに来てください。

でも友達が沢山居たから、俺の所に来るのはまだ先になるのかな?

二年間、凄く苦しんだ分、暫くゆっくり休んでください。

今まで本当にアリガトね。

大好きだよ。

ピンクのチューリップ(フリー写真)

親指姫

6年程前の今頃は花屋に勤めていて、毎日エプロンを着け店先に立っていた。 ある日、小学校1年生ぐらいの女の子が、一人で花を買いに来た。 淡いベージュのセーターに、ピンクのチェ…

卵焼き(フリー写真)

親父の弁当を捨てた

小学1年生の秋に、母親が男を作って家を出て行き、俺は親父の飯で育てられた。 当時は親父の下手な料理が嫌で堪らず、また母親が突然居なくなった寂しさも相まって、俺は飯の度に癇癪を起こ…

ミートソーススパゲッティ

母の味

うちの母が作るミートソースは、とても美味かった。 家族全員の大好物だった。 でもそのレシピを聞かないうちに、母は急性白血病で亡くなった。 亡くなって数年が経った頃、…

バー(フリー写真)

大好きな姉

20歳を迎えたその日、姉が雰囲気の良いショットバーに連れて行ってくれた。 初めてのバーに圧倒されている俺を見て、姉は 「緊張してんの? 何か子供の頃のアンタみたい」 …

おばあさん(フリー素材)

ばあちゃんいつまでもげんきでね

ばあちゃんの痴呆症は日に日に進行し、ついに家族の顔も分からなくなった。 お袋のことは変わらず母ちゃんと呼んだが、それすらも自分の母親と思い込んでいるらしかった。 俺と親父は…

お手玉(フリー写真)

私のこと忘れないでね

遠い昔、私が小学4年生の頃の話です。 当時の僕は人見知りで臆病で、積極的に話しかけたりするのが出来ない性格でした。 休み時間、みんなは外に出て遊んでいても、僕は教室の椅子…

母の手を握る赤子(フリー写真)

母の想い

彼は幼い頃に母親を亡くし、父親と祖母と暮らしていました。 17歳の時、急性骨髄性白血病にかかってしまい、本人すら死を覚悟していましたが、骨髄移植のドナーが運良く見つかり死の淵から…

祖母の手(フリー写真)

おばあちゃんの深い愛

幼い頃から両親が共働きで、俺の面倒を見てくれたばあちゃん。 俺は癇癪持ちだったからめちゃくちゃ怒られたけど(笑)。 あまりにも怒らせると、トイレに閉じ込められたりもした。…

青い花(フリー写真)

良い香りに包まれる

小さい頃から、寂しかったり悲しかったり困ったりすると、何だか良い香りに包まれるような気がしていた。 場所や季節が違っても、大勢の中に居る時も一人きりで居る時もいつも同じ香りだから…

日記帳(フリー写真)

彼の遺した日記

2年間、付き合っていた彼に振られました。 それはもう、最後は彼が言ったとは思えないほどの酷い言葉で。 どんなにまだ好きだと言っても復縁は叶わず、音信不通になってしまいました…