またあなたの子供になりたい

公開日: 家族 | 心温まる話 |

親子の手

私が6歳のとき、父が再婚し、新しい母親がやって来ました。

「今日からこの人がお前のお母さんだ」と父が紹介したその日から、彼女は私を本当の子供のように可愛がってくれました。

何年か後、父が事故で亡くなり、その後の私たちの生活について家族で話し合いが行われました。

双方の親が私を引き取ろうとしましたが、義母が「この子は私の子です」と強く主張しました。

義母は必死で働き、私を育ててくれました。

高校3年生のとき、私は進学せず就職しようと決心していましたが、義母は「大学に行きなさい」と背中を押してくれました。

大学を卒業し、社会人になった私は、義母への感謝を込めてプレゼントを贈りました。

30歳の手前で結婚し、義母は私たちの新生活を喜んでくれましたが、同居は断られました。

後に義母が倒れ、私たちは同居することになりました。

幸い孫の顔も見せることができ、義母は幸せそうでした。

しかし、先月義母はくも膜下出血で亡くなりました。

通夜で妻が義母の過去を話してくれ、私は初めて義母の全てを理解しました。

義母は子供が産めない体だったが、父の「俺たちには子供がいるじゃないか」というプロポーズを涙ながらに受け入れました。

その話を聞いて、私の涙は止まりませんでした。

義母、あなたは私にとって本当の母です。

父にはあなたを誉めてほしい。

私はまたあなたの子供になりたい。本当にありがとう。

関連記事

ビール(フリー写真)

恐かった父

私の父は無口で頑固で本当に恐くて、親戚中が一目置いている人でした。 家に行ってもいつもお酒を飲んでいて、その横で母が忙しなく動いていた記憶があります。 ※ 私が結婚する事にな…

空(フリー写真)

才能の代わりに

小学生の時、少し知恵遅れのA君が居た。 足し算、引き算などの計算や、会話のテンポが少し遅い。でも、絵がとても上手な子だった。 彼はよく空の絵を描いた。抜けるような色合いには…

機関車(フリー写真)

モンロヴィアへ

太平洋戦争が終わって間もない頃、彼女は単身ニューヨークに留学しました。 ところが、待っていたのは人種差別…。 栄養失調と精神的プレッシャーが重なり、肺結核に罹ってしまったの…

ろうそくの火(フリー写真)

ろうそくの火と墓守

急な坂をふうふう息を吐きながら登り、家族のお墓に着く。 風が強いんだ、今日は。 春の日差しに汗ばみながら枯れた花を除去して、生えた雑草を取り、墓石を綺麗に拭く。 狭い…

結婚式(フリー写真)

二人目の子供

俺が結婚したのは20歳の頃だった。当時、妻は21歳。学生結婚だった。 二年ほど貧乏しながら幸せに暮らしていたのだが、ある時、妊娠が発覚。 俺は飛び上がるくらい嬉しく、一人で…

秘密

豊かさの秘密

アメリカのとある大富豪が、十人のエージェントにある事を世界中で調査するように命じました。 それは「貧乏人が必ず金持ちになる方法はあるか」「金持ちが金持ちで居続けることができる方…

トイレ(フリー写真)

ドア裏の落書き

以前、大きな病院に通院していました。 ある日、男子トイレの洋式の方に入って座ると、ドア裏に小さな落書きがあったのです。 『入院して二ヶ月 治らない もうだめだ』 ※ そ…

公衆電話(フリー写真)

十円玉の価値

この話は実話で、私はこの話を読む度に『価値観』や『解釈』は人によって違うことを深く感じます。 ※ その子は、生まれながら知的障害者でした。 幼稚園は近所の子供たちと一緒に通っ…

妊婦さんのお腹(フリー写真)

命懸けで教えてくれた事

13年前、俺は親元を離れて一人暮らしの大学生という名のろくでなしだった。 自己愛性人格障害の父親に反発しつつも、影響をもろに受けていた。 プライドばかり高く、傲慢さを誇りと…

猫(フリー写真)

父を護衛する猫

父が突然亡くなった。 うちの猫のみぃは、父の行く先行く先に付いて行く猫だった。 「こいつはいつも俺の後を付いて来るんだ。俺の護衛なんだ」 と父は生前、少し自慢気に言っ…