またあなたの子供になりたい

公開日: 家族 | 心温まる話 |

親子の手

私が6歳のとき、父が再婚し、新しい母親がやって来ました。

「今日からこの人がお前のお母さんだ」と父が紹介したその日から、彼女は私を本当の子供のように可愛がってくれました。

何年か後、父が事故で亡くなり、その後の私たちの生活について家族で話し合いが行われました。

双方の親が私を引き取ろうとしましたが、義母が「この子は私の子です」と強く主張しました。

義母は必死で働き、私を育ててくれました。

高校3年生のとき、私は進学せず就職しようと決心していましたが、義母は「大学に行きなさい」と背中を押してくれました。

大学を卒業し、社会人になった私は、義母への感謝を込めてプレゼントを贈りました。

30歳の手前で結婚し、義母は私たちの新生活を喜んでくれましたが、同居は断られました。

後に義母が倒れ、私たちは同居することになりました。

幸い孫の顔も見せることができ、義母は幸せそうでした。

しかし、先月義母はくも膜下出血で亡くなりました。

通夜で妻が義母の過去を話してくれ、私は初めて義母の全てを理解しました。

義母は子供が産めない体だったが、父の「俺たちには子供がいるじゃないか」というプロポーズを涙ながらに受け入れました。

その話を聞いて、私の涙は止まりませんでした。

義母、あなたは私にとって本当の母です。

父にはあなたを誉めてほしい。

私はまたあなたの子供になりたい。本当にありがとう。

関連記事

虹

コロとの別れ

我が家にはコロという名前の雑種犬がいました。彼は長く白と茶の毛がふわふわした美しい犬で、私が学生の頃、毎日学校からの帰り道で、通学路が見える場所に座って私の帰りを待っていました。賢く…

父の手(フリー写真)

受け継がれた情熱

俺の親父は消防士だった。 いつ何があってもおかしくない仕事だから、よく母に 「俺に何かあっても、お前らが苦労しないようにはしてる」 と言っていたのを憶えている。 ※…

柴犬(フリー写真)

犬が結んだ家族の絆

昔、うちでは一匹の犬を飼っていた。 名前はナオ。 ご近所の家で産まれた犬を、妹がみんなに相談もしないで貰って来たのだ。 当時うちの妹は中学生、俺は高校を卒業して働いて…

手を繋ぐカップル(フリー写真)

幸せの在り処

もう五年も前になる。 当時無職だった俺に彼女が出来た。 彼女の悩みを聞いてあげたのが切っ掛けだった。 正直、他人事だと思って調子の良いことを言っていただけだったが、彼…

オフィスの机(フリー写真)

膝枕

昔、飲み会があるといつも膝枕をしてくれる子が居たんだ。 こちらから頼む訳でもなく、何となくしてもらう感じだった。 向こうも嫌がるでもなく、俺を膝枕しながら他の奴らと飲んでい…

犬(フリー写真)

大切な家族

家で可愛がっていた犬が亡くなって、もう何年経っただろう…。 まだ私も子育て中で、小さい子供を2人育てていたので毎日がバタバタだった時のことだ。 旦那が、番犬になるし子供たち…

カーネーション(フリー写真)

親心

もう5年も前の話かな。 人前では殆ど泣いたことのない俺が、生涯で一番泣いたのはお袋が死んだ時だった。 お袋は元々ちょっと頭が弱く、よく家族を困らせていた。 思春期の…

浜辺を走る親子(フリー写真)

両親は大切に

人前では殆ど泣いたことのない俺が、生涯で一番泣いたのはお袋が死んだ時だった。 お袋は元々ちょっと頭が弱くて、よく家族を困らせていた。 思春期の俺は、普通とは違う母親がむかつ…

東京ドーム(フリー写真)

野球、ごめんね

幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。 学も無く技術も無かった母は、個人商店の手伝いのような仕事で生計を立てていた。 それでも当時住んでいた土地にはまだ人…

観覧車

天使の誕生日に

秋の深まりを感じながら、私たちは数年ぶりにディズニーランドを訪れました。ディズニーランドのスタッフの皆様、いつも夢のような時間をありがとうございます。 この日は、特別な日でした…