貴女には明日があるのよ

公開日: ちょっと切ない話 | 家族 | 恋愛

駅のホームに座る女性(フリー写真)

彼女には親が居なかった。

物心ついた時には施設に居た。

親が生きているのか死んでいるのかも分からない。

グレたりもせず、普通に育って普通に生きていた。

彼女には同じ施設に恋人が居た。

三つ年上で、幼い頃からずっと一緒に育って来た恋人だった。

結婚の約束もした、彼女の唯一の家族だった。

そんな彼女と彼がデートの帰りに事故に遭った。

トラックに突っ込まれて、トラックの運転手と彼は即死。

彼女は右脚の腿から下と、右半身の感覚を失った。

その後の彼女は茫然自失だった。

何もやる気が起きなかった。

病院の中では死ぬことすら出来なかった。

彼女は死ぬ気でリハビリをした。

病院の中では死ねない。

死ぬためには動けるようにならなければならない。

文字通りの死ぬ気だった。

彼女の心は後ろ向きに前向きだった。

血反吐を吐くようなリハビリの末、彼女はまた一人で生活できるようになった。

義足の扱いにも慣れた。

右腕も多少は動く。

その日に突然、今しかないと思い立ち、駅へ向かった。

死ぬなら電車にしよう。

電車なら確実に死ねる。

賠償を求められても、私にはそれを求める遺族なんて居やしない。

お気に入りのワンピースで駅へ向かった。

彼が一番好きで、デートの度にそれを着させられ、ヘビーローテーションしていたワンピースだ。

義足が目に触れることを嫌って、事故以来一度も着ていなかったが、彼に会うならこの服しかない。

駅で入場用の切符を買おうとしていると、小銭を落としてしまった。

右半身の感覚の薄い彼女は、しゃがみ込むという動作が一番苦手だった。

仕方なしに拾おうとすると、落とした100円玉をすっと拾う手があった。

年配の男性だった。

小さな声で

「ありがとう」

と呟くと、男性は言った。

「3年ほど前に、○○駅で貴女と、一緒に居た男性に助けていただきました」

何のことだか解らない彼女に、男性はふと目線を後ろにやった。

目線の先には、年配の女性が車椅子に乗って微笑んでいた。

ああ、駅の階段で難儀していた夫婦を、彼と一緒に手伝ったことがあったなあ。

いつも車で移動していた二人が、珍しく電車に乗ってデートをしていた日だ。

彼は優しかった。

いつでも、誰にでも優しかった。

彼女が彼を思い出していると、車椅子の女性が近付いて来て言った。

「しんどいわねぇ…でも貴女には明日があるのよ」

その瞬間、彼女は号泣した。

男性にしがみ付くようにして、彼が居なくなってから一滴も流すことのなかった涙を絞り尽くした。

それから二年、彼女は年配夫婦の養子に迎えられることになった。

「これからは飛び込まれたら敵わないわね」

「うちに請求が来ちゃうからなぁ~」

夫婦はニヤニヤと彼女に言い、彼女は

「もうしないよ」

と困ったように笑う。

「老後の面倒見てもらわにゃな~」

と父は言う。

「その代わり、あたし達が死んだら保険金がっつり貰えるよ!やったね!」

と母は言う。

「じゃあ保険金のために頑張りますか」

と彼女は私に微笑む。

施設から、子供の出来ないこの夫婦の家に養子に迎えられた私には、二十歳を過ぎてから出来た素敵な姉が居る。

両親にも姉にも長生きして欲しい。

カップル(フリー写真)

書けなかった婚姻届

彼女とはバイト先で知り合った。 彼女の方が年上で、入った時から気にはなっていた。 「付き合ってる人は居ないの?」 「居ないよ…彼氏は欲しいんだけど」 「じゃあ俺…

小石(フリー写真)

大切な石

私の母の話です。 私には三歳年下の弟が一人います。 姉の私から見ても、とても人懐っこく優しい性格の弟は、誰からも好かれるとても可愛い少年でした。 母は弟を溺愛してお…

青空(フリー写真)

彼女に会いに行きたい

俺も元カノを亡くしたよ。もう何年も前だけど。 中学の頃に親父が死んでも大して泣かなかったが、これはボロ泣きした。 彼女とは3年ちょい付き合って、俺の我侭で上手く行かなくなり…

レストラン(フリー写真)

父の気持ち

某信用金庫に勤める二十歳の女性が、初月給を親のために使って喜んでもらおうと、両親をレストランに招待しました。 お母さんは前日から美容院へセットに行ったりして大喜び。 ところ…

ちまきと柏餅(フリー写真)

ロクな大人

この前の、子供の日。 夫の親、兄弟、親戚、一同が集まった席で、いつものように始まった大合唱。 「一人っ子は可哀想」 「ロクな大人にならん」 「今からでも第二子は…

青い花(フリー写真)

ママの棺

この間、1歳半の息子を連れて友人の家へ行った時に、友人の祖母から聞いた話です。 ※ 友人がちょうど1歳半の時、お母さんが癌になったそうです。 気付いた時にはもう手遅れで、一ヶ…

乾杯(フリー写真)

変わらないもの

今まですれ違いが多くて、なかなか時間を取って話す機会のなかった父。 そんな父と時間を取って話す機会を得たのは、恥ずかしながら仕事でミスを連発して会社から叱責を何度も受けていた時…

母(フリー写真)

お母さんへ

お母さん 台所に立つとあなたが横に立って居る気がします。 お母さん 洗濯物を畳んでいると、ずぼらな私に 「ほらもっとキレイに畳まないと」 と言うあなたの声…

恋人同士(フリー写真)

彼の真意

今年の5月まで付き合っていた彼の話。 料理が好きで、調理場でバイトをしていた。 付き合い始めの頃、私が作った味噌汁に、溶け残りの味噌が固まって入っていたことがあった。 …

高校生(フリー写真)

ほら、笑いなよ!

高校2年生の夏、僕は恋をした。 好きで好きで堪らなかった。 その相手を好きになった切っ掛けは、僕がクラスで虐めに遭い落ち込んでいた頃、生きる意味すら分からなくなり教室で一人…