あした

たんぽぽを持つ手(フリー写真)

私の甥っ子は、母親である妹が病気で入院した時に、暫くパパママと離れて実家の父母の家に預けられていました。

「ままがびょうきだから、おとまりさせてね」

と言いながら、小さな体に着替えを入れたリュックを担ぎ、我が家へやって来たのです。

度々遊びに来ていた甥っ子は、我が家へやって来ても寂しがることもなく、昼間は父母や私と遊び、時々外食をしたりしていました。

夜寝る時には、

「きょうは、じいじとねる」

「きょうは、ばあばとねる」

と、楽しそうに寝る相手を選んでいました。

じいじやばあば、そして『お姉ちゃん』こと私と、仲良く楽しい毎日を過ごしていました。

昼間は時々、

「ままは、びょうきがなおったかな~」

と言う時はありましたが、寂しいかと聞くと

「ううん、だいじょうぶ!」

と、いつも元気よく話していました。

「子供ながらに周りに気を使っているんだよ…」

と家族で話していましたが、それでも甥っ子は寂しい素振りを見せず、毎日を過ごしていたのです。

しかし妹が入院して十日が過ぎた頃のことです。

「きょうは、おねえちゃんとねる~」

と言うので、一緒にお布団に入っていると

「おねえちゃん、ぼく、あしたおうちにかえるね、しばらくかえってないからね」

と小さな声で言うのです。

まだ妹は退院しておらず、家に帰ることはできない状態なのです。

私は甥っ子の言葉を聞きながら、

「そうだね、そのうちお家に帰ろうね」

と言いました。

次の日になると、昼間はやはりいつも通りに元気良く遊んでいる甥っ子です。

家のことは何も話さず、一日が過ぎました。

そして夜になった時、昨日と同じように、

「おねえちゃん、ぼく、あしたかえるね」

と言うのです。

そんな甥っ子がいじらしく、せめて寂しい思いが少しでも少なくなるように

「そうだね、明日になったらママに会いに行こうか」

と言いました。

母親の顔を見れば、少しは元気になるかな、と思ったのです。

すると甥っ子は少し笑って、

「おねえちゃん、あしたはなかなかこないねえ」

と言いました。

小さい甥っ子なりに寂しさを抱え、でも何とかいつも通りに元気良く過ごそうとしていた気持ちがいじらしくて、私も胸が詰まりました。

ふと見ると、隣の部屋から様子を覗いていた『ばあば』が、涙ぐんでいました。

そんないじらしい様子を見せた甥っ子は、結局一ヶ月ほどを我が家で過ごし、ようやく退院した妹と一緒に自宅へ帰って行きました。

ママとパパが迎えに来た時には、本当に本当に嬉しそうで、それを見た私達も、また目頭が熱くなったのでした。

関連記事

ディズニーランド(フリー写真)

ディズニーランドの星

ある日、ディズニーランドのインフォメーションに、一人の男性が暗い顔でやって来ました。 「あの…落とし物をしてしまって」 「どういったものでしょうか?」 「サイン帳です…

手紙(フリー写真)

連絡帳の約束

俺が小学五年生の時、寝たきりで滅多に学校に来なかった女の子と同じクラスになったんだ。 その子は偶に学校に来たと思ったらすぐに早退してしまうし、最初はあいつだけズルイなあ…なんて思…

河川敷(フリー写真)

白猫のみーちゃん

私がまだ小学生の頃、可愛がっていた猫が亡くなりました。真っ白で、毛並みが綺麗な可愛い猫でした。 誰よりも私に懐いていて、何処に行くにも私の足元に絡み付きながら付いて回り、寝る時も…

親子(フリー写真)

生んでくれてありがとう

母が死んで今日で一年が経つ。 高齢出産だったこともあり、俺の同年代の友達の親と比べると明らかに歳を取っていた。 「何でもっと若い頃に生んでくれなかったの!?」 と責め…

月明かり(フリー写真)

お月さんの下で

昨日、彼女の家の犬が死んだ。 彼女の家は昔、彼女の兄貴が高校生という若さで自殺してから、両親も彼女もうつ病になって酷い状態だったらしい。 そんな時に引き取って来た犬だったそ…

空(フリー写真)

才能の代わりに

小学生の時、少し知恵遅れのA君が居た。 足し算、引き算などの計算や、会話のテンポが少し遅い。でも、絵がとても上手な子だった。 彼はよく空の絵を描いた。抜けるような色合いには…

赤ちゃん(フリー写真)

本当に価値がある存在

君がママのお腹に居ると判った時、ママは涙ぐんでいた。 妊娠したと聞いて僕は、 「おーそうか」 なんて冷静に言おうとしたけど、すぐに涙が出たんだ。 決して口には出…

オフィス(フリー写真)

秘密のお守り

初めて彼女に会ったのは、内定式の時。同期だった。 聡明を絵に書いたような人。学生時代に書いた論文か何かが賞を獲ったこともあるらしく、期待の新人ということだった。 ただ、ちょ…

航空自衛隊の戦闘機(フリー写真)

一生の宝物

航空自衛隊に所属する先輩から聞いた話。 航空自衛隊では覚えることが山ほどあり、毎日24時まで延灯願いを出して勉学に励んでいた。 座学(学課)でも指定の成績を取れないとパイ…

レストラン(フリー写真)

父の気持ち

某信用金庫に勤める二十歳の女性が、初月給を親のために使って喜んでもらおうと、両親をレストランに招待しました。 お母さんは前日から美容院へセットに行ったりして大喜び。 ところ…