娘の望み

公開日: 子供 | 家族 | 心温まる話

父と娘(フリー写真)

彼は今日も仕事で疲れ切って、夜遅くに帰宅した。

すると、彼の5歳になる娘がドアの所で待っていたのである。

彼は驚いて言った。

父「まだ起きていたのか。もう遅いから早く寝なさい」

娘「パパ。寝る前に聞きたいことがあるんだけど」

父「何だ?」

娘「パパは一時間にいくらお金をかせぐの?」

父「お前には関係ないことだ」

父親はイライラして言った。

父「何だって、そんなこと聞くんだ?」

娘「どうしても知りたいだけなの。一時間にいくらなの?」

女の子は嘆願した。

「あまり給料は良くないさ…20ドルくらいだな。ただし残業代はタダだ」

「わぁ」

女の子は言った。

「ねえ。パパ。私に10ドル貸してくれない?」

「何だって!」

疲れていた父親は激昂した。

「お前が何不自由なく暮らせるために、俺は働いているんだ。それが金が欲しいだなんて。だめだ!早く部屋に行って寝なさい!」

女の子は、黙って自分の部屋に行った。

暫くして父親は後悔し始めた。少し厳しく叱り過ぎたかもしれない…。

多分、娘はどうしても買わなくちゃならないものがあったのだろう。

それに今まで娘は、そんなに何かをねだるようなことはしない方だった…。

男は娘の部屋に行くと、そっとドアを開けた。

「もう寝ちゃったかい?」

彼は小さな声で言った。

「ううん。パパ!」

女の子の声がした。少し泣いているようだ。

「今日は長いこと働いていたし、ちょっとイライラしてたんだ…。

ほら。お前の10ドルだよ」

女の子はベットから起き上がって顔を輝かせた。

「ありがとう。パパ!」

そして小さな手を枕の下に入れると、数枚の硬貨を取り出した。

父親はちょっとびっくりして言った。

「おいおい。もういくらか持ってるじゃないか」

「だって足りなかったんだもん。でも、もう足りたよ」

女の子は答えた。そして10ドル札と硬貨を父親に差し出して、

「パパ!私20ドル持ってるの。これでパパの一時間を買えるよね?」

新婦(フリー写真)

父が隠していた物

友人(新郎)の結婚披露宴での出来事。 タイムスケジュールも最後の方、新婦の父親のスピーチ。 ※ 「明子。明子が生まれてすぐ、お前のお母さんは病気で亡くなりました。 お前…

結婚式(フリー写真)

もしもし、お母さん

私が結婚を母に報告した時、ありったけの祝福の言葉を言い終えた母は、私の手を握り真っ直ぐ目を見つめてこう言った。 「私にとって、みおは本当の娘だからね」 ドキリとした。 …

駅のホームに座る女性(フリー写真)

貴女には明日があるのよ

彼女には親が居なかった。 物心ついた時には施設に居た。 親が生きているのか死んでいるのかも分からない。 グレたりもせず、普通に育って普通に生きていた。 彼女には…

カップルの足(フリー写真)

母の持つ愛情

当時の俺は大学一年、彼女は大学四年。忘れもしない三年前の出来事。 大学に入ってすぐ、俺は軟式野球のサークルに入った。 サークルのマネージャーの中に彼女が居た。 一目惚…

手を繋ぐ夫婦(フリー写真)

最高の両親

ある女性が学生の頃に暴行されました。 男性不信になった彼女はずっと男性を避けていましたが、会社勤めをしているうちに、そんな彼女に熱烈にアタックしてくる人がいました。 その…

差し伸べる手(フリー写真)

俺を育ててくれた兄貴

俺を育ててくれた兄貴が正月に結婚したんだ。 兄貴と言っても、血は繋がっていないけれど。 ※ 自分が5歳の時に親父が死んでから、母親が女手一つで育ててくれた。 親父と結婚…

親子(フリー写真)

お袋からの手紙

俺の母親は俺が12歳の時に死んだ。 ただの風邪で入院してから一週間後に、死んだ。 親父は俺の20歳の誕生日の一ヶ月後に死んだ。 俺の20歳の誕生日に、入院中の親父から…

恋人同士(フリー写真)

がんばろうや

親父がサラ金で借金を作って逃げた。 それで、とうの昔に別居していた母さんと住む事になった。 友達にも母さんにも明るく振る舞っているけど、正直参っている。 「あんたは強…

手紙(フリー写真)

連絡帳の約束

俺が小学五年生の時、寝たきりで滅多に学校に来なかった女の子と同じクラスになったんだ。 その子は偶に学校に来たと思ったらすぐに早退してしまうし、最初はあいつだけズルイなあ…なんて思…

家族の手(フリー写真)

幸せな家族

私は長女が3歳になった時に長男を出産した。 長男が生まれるまで、私と長女は殆どずっと一緒に居た。 夫が居ない平日の昼間は、二人だけの時間だった。 でも子供が二人になる…