出会いの贈り物と感謝の気持ち

公開日: ちょっと切ない話 | 心温まる話

公園のベンチ(フリー写真)

私の名前は佐々木真一、中学3年生です。

ある日のこと、私は学校から帰ると家の前に見知らぬ男性が立っていました。

その男性は私に向かって微笑みながら手を振り、名前を呼びました。

私は驚き、警戒心を感じました。

しかし、その男性は優しく微笑みながら、

「君は佐々木真一くんだよね?」

と私に話しかけてきました。

私は戸惑いながらも、彼が何者なのかを尋ねました。

すると彼は、私が幼い頃に遊んでくれたおじさんだと自己紹介しました。

しかし私はそのおじさんの顔を覚えていませんでした。

それでも、彼の言葉には何となく真実味があり、私は彼を信じることにしました。

おじさんは、私が小さい頃に一緒に遊んだ公園の話を始めました。

彼の話すエピソードは、私の記憶の隅々に蘇ってきました。

私たちは一緒に公園で遊んだこと、彼が私に風船を買ってくれたこと、すべり台で転んで泣いた私を慰めてくれたこと。

彼の話を聞くうちに、私は少しずつそのおじさんのことを思い出していきました。

そして、私はそのおじさんが、私にとって大切な人であることを再認識しました。

おじさんは私との再会を喜び、私たちは再び公園で遊ぶことを約束しました。

そして、その日から私たちはよく公園で遊ぶようになりました。

おじさんは私にサッカーを教えてくれ、私はおじさんに絵を描いて見せました。

私たちは一緒に過ごす時間を楽しみ、私はおじさんを「第二の父」と呼ぶようになりました。

ところがある日、おじさんが公園に来なくなりました。

私は何度もおじさんを待ちましたが、彼は二度と現れませんでした。

私はおじさんが何かあったのではないかと心配しました。

そしてある日、私はおじさんからの手紙を受け取りました。

その手紙には、おじさんが重い病気にかかっていること、そして、私との時間がとても楽しかったことが書かれていました。

私はその手紙を読み、涙が止まりませんでした。

おじさんが私に送った最後の言葉は、

「真一くん、ありがとう。君との時間は私の宝物だったよ」

というものでした。

その手紙を読んだ瞬間、私は初めて大人の世界の厳しさと切なさを知りました。

私はおじさんの病気が治ることを祈りましたが、それは叶うことはありませんでした。

数ヶ月後、おじさんは静かにこの世を去りました。

私はおじさんの葬儀に参列し、彼に最後の別れを告げました。

その日、私は初めて人の死というものを身近に感じ、深い悲しみを経験しました。

同時に、おじさんと過ごした時間の価値を改めて感じ、彼への感謝の気持ちでいっぱいになりました。

おじさんは私にとって、ただの見知らぬ人から親しい存在へと変わりました。

彼の存在は私の中に深く刻まれ、私の人生を豊かにしてくれました。

今でも私は、おじさんと過ごした時間を大切に思い出します。

彼が私に教えてくれたこと、一緒に過ごした楽しい時間、そして彼から受けた愛情を胸に刻み続けています。

私の中にはおじさんがまだ生きています。

彼は私の心の中にいつまでも残り、私の一部となりました。

そして私は、おじさんとの出会いが私の人生を豊かにし、成長させてくれたことを感謝しています。

私たちは誰もが人生の中で出会いと別れを繰り返します。

そして、その中で私たちは成長し、人生を豊かにしていきます。

だからこそ、大切な出会いを大切にし、そしてその人たちへの感謝の気持ちを忘れないでください。

それが私がおじさんから学んだ、そして今皆さんに伝えたい大切なメッセージです。

関連記事

カップル(フリー写真)

彼女に振られた理由

付き合って3年の彼女に唐突に振られた。 「他に好きな男が出来たんだー、じゃーねー」 就職して2年、そろそろ結婚とかも真剣に考えてたっつーのに、目の前が真っ暗になった。 …

万年筆(フリー写真)

わすれられないおくりもの

生まれて初めて、万年筆をくれた人がいました。 私はまだ小学4年生で、使い方も知りませんでした。 万年筆をくれたので、その人のことを『万年筆さん』と呼びます。 万年筆…

Wii(フリー写真)

ゲーム好きな友人

俺の友達に、凄くゲーム好きなやつがいたんだよ。 ドラクエなどのゲームを誰よりも先に解いたり、俺たちにヒントをくれたりさ。 でも中学2年生の時にそいつは事故に遭い、右手を失く…

花火(フリー写真)

花火とプロポーズ

2012年の夏。 付き合って2年になる彼女がいた。 彼女とは中学の同級生で、成人してから付き合い始めた。 同窓会で2年振りの再会。 お互いにどんな性格なのか、趣…

ダイヤの結婚指輪(フリー写真)

年下の彼氏

年下の彼氏が居た。当時の私は30歳で、彼は22歳だった。 大学生だった彼は、社会人の私に頭が上がらなかったらしく、付き合い始めて3年経っていたが将来の話なんて一つもしなかった。 …

愛(フリー写真)

伝わる気持ち

嫁は妊娠中。もうすぐ八ヶ月。 ある日、西日の部屋でソファに座ってお腹を撫でている嫁を見ていた。 そしたら何となく言いたくなって、後ろから抱き締めて 「愛してる」 …

結婚式(フリー写真)

お兄ちゃん

この間、友人の娘の結婚式に出席した。 私と友人は高校からの友達で、かれこれ30年以上の付き合いで、その娘の事も知っている。 その子の結婚式という事で電話が来て出席する事にし…

ちゃぶ台(フリー写真)

色褪せた家族写真

一昨年、ばあちゃんが死んだ。 最後に会ったのは、俺が中学生の時だったかな。 葬式の為に20年越しで、ばあちゃんの住んでいた田舎に行った。 次の日、遺品の整理をする為に…

ドーベルマン(フリー写真)

リードを噛み千切り

普段は俺のことをバカにしまくっているドーベルマンのロッキー。 しかし小学生の時、ロッキーは俺を助けてくれた。 ※ お袋の実家に帰省していた時、近所の大きな川にロッキーと一緒に…

海

あの日の下り坂

夏休みのある日、友達と「自転車でどこまで行けるか」を試すために小旅行に出かけた。地図も計画もお金も持たず、ただひたすら国道を進んでいった。 途中に大きな下り坂が現れ、自転車はま…