出会いの贈り物と感謝の気持ち

公開日: ちょっと切ない話 | 心温まる話

公園のベンチ(フリー写真)

私の名前は佐々木真一、中学3年生です。

ある日のこと、私は学校から帰ると家の前に見知らぬ男性が立っていました。

その男性は私に向かって微笑みながら手を振り、名前を呼びました。

私は驚き、警戒心を感じました。

しかし、その男性は優しく微笑みながら、

「君は佐々木真一くんだよね?」

と私に話しかけてきました。

私は戸惑いながらも、彼が何者なのかを尋ねました。

すると彼は、私が幼い頃に遊んでくれたおじさんだと自己紹介しました。

しかし私はそのおじさんの顔を覚えていませんでした。

それでも、彼の言葉には何となく真実味があり、私は彼を信じることにしました。

おじさんは、私が小さい頃に一緒に遊んだ公園の話を始めました。

彼の話すエピソードは、私の記憶の隅々に蘇ってきました。

私たちは一緒に公園で遊んだこと、彼が私に風船を買ってくれたこと、すべり台で転んで泣いた私を慰めてくれたこと。

彼の話を聞くうちに、私は少しずつそのおじさんのことを思い出していきました。

そして、私はそのおじさんが、私にとって大切な人であることを再認識しました。

おじさんは私との再会を喜び、私たちは再び公園で遊ぶことを約束しました。

そして、その日から私たちはよく公園で遊ぶようになりました。

おじさんは私にサッカーを教えてくれ、私はおじさんに絵を描いて見せました。

私たちは一緒に過ごす時間を楽しみ、私はおじさんを「第二の父」と呼ぶようになりました。

ところがある日、おじさんが公園に来なくなりました。

私は何度もおじさんを待ちましたが、彼は二度と現れませんでした。

私はおじさんが何かあったのではないかと心配しました。

そしてある日、私はおじさんからの手紙を受け取りました。

その手紙には、おじさんが重い病気にかかっていること、そして、私との時間がとても楽しかったことが書かれていました。

私はその手紙を読み、涙が止まりませんでした。

おじさんが私に送った最後の言葉は、

「真一くん、ありがとう。君との時間は私の宝物だったよ」

というものでした。

その手紙を読んだ瞬間、私は初めて大人の世界の厳しさと切なさを知りました。

私はおじさんの病気が治ることを祈りましたが、それは叶うことはありませんでした。

数ヶ月後、おじさんは静かにこの世を去りました。

私はおじさんの葬儀に参列し、彼に最後の別れを告げました。

その日、私は初めて人の死というものを身近に感じ、深い悲しみを経験しました。

同時に、おじさんと過ごした時間の価値を改めて感じ、彼への感謝の気持ちでいっぱいになりました。

おじさんは私にとって、ただの見知らぬ人から親しい存在へと変わりました。

彼の存在は私の中に深く刻まれ、私の人生を豊かにしてくれました。

今でも私は、おじさんと過ごした時間を大切に思い出します。

彼が私に教えてくれたこと、一緒に過ごした楽しい時間、そして彼から受けた愛情を胸に刻み続けています。

私の中にはおじさんがまだ生きています。

彼は私の心の中にいつまでも残り、私の一部となりました。

そして私は、おじさんとの出会いが私の人生を豊かにし、成長させてくれたことを感謝しています。

私たちは誰もが人生の中で出会いと別れを繰り返します。

そして、その中で私たちは成長し、人生を豊かにしていきます。

だからこそ、大切な出会いを大切にし、そしてその人たちへの感謝の気持ちを忘れないでください。

それが私がおじさんから学んだ、そして今皆さんに伝えたい大切なメッセージです。

関連記事

白猫(フリー写真)

猫の導き

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら、痩せてガリガリの子猫が庭にいた。 両親にせがんで家に連れて帰り、その猫を飼う事になった。思い切り可愛がった。 猫は太って元気になり、…

窓辺(フリー写真)

病院の窓辺から

ある病院に、頑固一徹で世を拗ねたような患者のお婆さんが居ました。 家族から疎まれていたためでしょうか。看護師さんが優しくしようとしても、なかなか素直に聞いてくれません。 …

白打掛(フリー写真)

両親から受けた愛情

先天性で障害のある足で生まれた私。 まだ一才を過ぎたばかりの私が、治療で下半身全部がギプスに。 その晩、痛くて外したがり、火の点いたように泣いたらしい。 泣き疲れてや…

手を繋ぐカップル(フリー素材)

可愛い彼女がいた

俺には可愛い彼女がいた。 性格は素直でスタイルも良かったが、周囲からは 「え、あの女と付き合ってるの? お幸せに(笑)」 と、よく馬鹿にされた。 彼女は頭が非常…

レジ(フリーイラスト素材)

一生懸命に取り組むこと

その女性は、何をしても続かない人でした。 田舎から東京の大学に進学し、サークルに入ってもすぐに嫌になって、次々とサークルを変えて行くような人でした。 それは、就職してからも…

野球道具(フリー写真)

野球と夢

一球投げる度、脱げそうになる帽子を被り直す。 岩瀬・真壁・筑波の連合チームの田中康太(筑波2年)は同点の七回、3番手でマウンドに上がった。 1点勝ち越されたが、味方が追い付…

花屋さん(フリー写真)

助け合い

会社で、私の隣の席の男性が突然死してしまった。 金曜日にお酒を飲み、電車で気分が悪くなって、途中下車して駅のベンチで座ったまま亡くなってしまった。享年55歳。 でも、みんな…

ブランコ(フリー写真)

母ちゃんの記憶

母ちゃんは俺が4歳の時、病気で死んだんだ。 ぼんやりと憶えている事が一つ。 俺はいつも公園で遊んでいたのだが、夕方になるとみんなの母ちゃんが迎えに来るんだ。 うちの母…

お味噌汁(フリー写真)

これで仲直りしよう

昨日の朝、女房と喧嘩した。と言うか酷いことをした。 原因は、夜更かしして寝不足だった俺の寝起き悪さのせいだった。 「仕事行くの嫌だよな」 と呟く俺。 そこで女房…

手繋ぎ

重なる運命のメッセージ

彼と彼女は、いつものツタヤの駐車場で待ち合わせをしました。お互いに重要な話があり、緊張しながら集まった二人は、メールで心の内を伝え合うことにしました。 彼は重い告白をしました。…