生まれて来てくれて有難う

公開日: 子供 | 家族 | 悲しい話

母の手を握る赤ちゃん(フリー写真)

親と喧嘩をし「出て行け」と言われ、家を飛び出して6年。

家を出て3年後に知り合った女性と同棲し、2年後に子供が出来た。

物凄く嬉しかった。

母性愛があるのと同じように、父性愛というのもあると気が付いた。

子を愛さない親は居ないというのも知った。

妻の検診の日は、毎回産婦人科まで一緒に行った。

エコーで動きを見た日は、遅くまで妻とこの子の名前や性別を考えていた。

初めて聞いた元気な心音に、

「父さんはお前のために頑張る」

と誓った。

何もかもが順調だと思っていた。

予定日の1ヶ月前に妻が破水をした。

切迫流産の前兆だったそうだ。

妻も元気で、何も問題など無いと思っていただけに驚いた。

嫌な言葉が蘇った。

「八月子は持たない…」

詳しい検査をした時に、娘の心音に雑音が混ざっている事が判った。

母子共に危険な状態になったため、緊急手術で帝王切開する事になった。

よく晴れた10月に君は生まれた。

最初は小さく泣いたらしい。

しかし自発呼吸が出来なかったため、器官に酸素を供給するための管を通す事になった。

その後の事はよく覚えていない。

何処からが現実で、何処までが現実じゃないのか。

初めてNICUで見た娘の姿に、涙が出そうになった。

娘にかけた最初の言葉は、

「生まれて来てくれて有難う」

だった。

その後、母親に連絡を取った。

母親の声を聞いたのは実に何年ぶりだろう。

初めて人前で泣いた。

母親にも見せた事の無い涙を見せた。

母親も泣いてくれた。

「孫娘には何の罪も無いのに何故…」

と言っていた。

医師から色々説明を受けた。

絶望というのは、眩しくも、真っ暗でもなかった。

いつもの生活が、私と妻を追い立てた。

娘は管から母乳も飲み、オムツも替えさせてもらい、名前も付けてやれたし、出生届も出せた。

戸籍上も私の娘。

可愛い。

医師からの突然の電話。

最初で最後、娘を抱っこしてあげられた。

涙が出そうになった。

だけど泣かなかった。

泣く必要は無いと、自分に言い聞かせた。

18日間、娘はよく頑張った。

妻と二人で娘を荼毘に出し、小さな骨壷に骨拾いをした。

娘はやっと父と母が住む家に帰って来られた。

関連記事

兄妹(フリー写真)

たくましいお兄ちゃん

親戚にとても仲の良い幼い兄妹が居た。 兄は3才の康介ちゃんで、妹は2才の愛ちゃん。 当時21歳だった俺にとっても、可愛くてたまらない子供達だった。 ※ しかしある年末、…

おばあさん(フリー素材)

ばあちゃんいつまでもげんきでね

ばあちゃんの痴呆症は日に日に進行し、ついに家族の顔も分からなくなった。 お袋のことは変わらず母ちゃんと呼んだが、それすらも自分の母親と思い込んでいるらしかった。 俺と親父は…

卵焼き(フリー写真)

とうちゃんの卵焼き

この前、息子の通う保育園で遠足があった。 弁当持参だったのだが、嫁が出産のため入院していたため、俺が作ることになった。 飯を炊くくらいしかしたことがないのに、弁当なんて無理…

戦闘機(フリー写真)

海行かば

このお話は8年程前、九州の西日本新聞に掲載され、映画化もされました。 ご存知の方も多いはずです。特繰出身の学徒兵の方々のお話です。 当時東京に居た私は、銀座の東映に軽い気持…

野球ボール(フリー写真)

父と息子のキャッチボール

私の父は高校の時、野球部の投手として甲子園を目指したそうです。 「地区大会の決勝で9回に逆転され、あと一歩のところで甲子園に出ることができなかった」 と、小さい頃によく聞か…

砂時計(フリー写真)

親と一緒に居られる時間

あと何日、母ちゃんに会える日がある? 一人暮らしをしている人は、年に何日、実家に帰ってる? 俺は仕事が忙しくて、夏休みに3日、正月休みに3日の、年間6日くらいなんだけどさ。…

お見舞いの花(フリー写真)

迷惑掛けてゴメンね

一年前の今頃、妹が突然電話を掛けて来た。家を出てからあまり交流が無かったので、少し驚いた。 「病院に行って検査をしたら、家族を呼べって言われたから来て。両親には内緒で」 嫌…

父の日のプレゼント(フリー写真)

見知らぬおじさん

私には妻が居たが、一人娘が1歳と2ヶ月の時、離婚することになった。 酒癖の悪かった私は暴力を振るうこともあり、幼い娘に危害が及ぼすことを恐れた妻が、子供を守るために選んだ道だった…

妊婦さん(フリー写真)

私の宝物

中学2年生の夏から一年間も入院した。 退院して間もなく高校受験。 高校生になると、下宿生活になった…。 高校を卒業して就職。 田舎を飛び出して、会社の寮に入った…

ドーナツ(フリー写真)

ミスドの親子

日曜にミスドへ行った時の話。 若いお父さんと、3歳くらいの目がくりくりした可愛い男の子が席に着いた。 お父さんと私は背中合わせ。以下、肩越しに聞いた会話。 子「どーな…