たった一つの記憶

公開日: 夫婦 | 心温まる話 | 恋愛

手を繋いで歩く夫婦(フリー写真)

私の夫は、結婚する前に脳の病気で倒れてしまい、死の淵を彷徨いました。

私がそれを知ったのは、倒れてから5日も経ってからでした。

夫の家族が病院に駆け付け、携帯電話を見て私の存在に気が付き、連絡をくれたのです。

脳の病気という事で、記憶障害が出ると言われました。

お見舞いに行ったのは良いのですが、私の事を覚えているのか、それさえも分かりませんでした。

病院でご家族や医療関係者と会い、彼の病状が深刻であるという説明を再度受けました。

記憶も家族とかそのくらいは分かるけれど、当時30代だったのに自分は10代だと思い込んでいたりするとの事でした。

新しい記憶ほど抜け落ちていると言われ、私の事は分からないかもしれないと、覚悟を決めて病室に入りました。

すると、彼は私を一目見て、私の名前を呼んだのです。

お医者様が

「この人の事が分かりますか?」

と尋ねても、夫はそれに返事をする事すらできなかったのに、私の名前は覚えていてくれたのです。

思わず涙が溢れました。

「何で? 何で覚えていてくれたの?」

と彼に問い質したかったし、神様に、

「たった一つだけ記憶を残してくれてありがとうございます」

と、思わずわあわあ泣き叫びたいような、そんな気持ちで一杯になりました。

忘れられてしまう恐怖は、とても大きかったのです。

夫はその後、脳に水が溜まった事が原因で半年間も意識不明になりましたが、半年後に再び目を覚ました時、やっぱり私の事を覚えていてくれました。

今でも、私達がどういう出会いをしたのか、一緒に出掛けた思い出などは何一つ思い出せません。

他にも色々な事を忘れてしまい、そんな中でよく私の存在だけ覚えていてくれたと思いました。

私とどこで出会ったか、どういう風に過ごしていたかなどは全く答えられない夫に

「どうして私の名前だけは覚えていたのかな」

と尋ねると、夫は

「他は何にも覚えていないけれど、好きな人だから覚えていた」

と笑ったのです。

それを聞いて、私は夫と結婚する事を決めました。

夫の症状は重く、今でも記憶ができません。

10分前に食べたものも忘れてしまいます。

多分、一生介護が必要でしょう。

だけど、全て忘れてしまった中で、私の事だけは忘れないでいてくれた。

そんな愛情をくれた夫を、私は一生愛して行きたいと思います。

介護は大変ですが、今でもすぐ忘れてしまう夫は、私を日々の生活の中でよく探しています。

部屋の中で見当たらないと、声を出して私を呼んだりします。

私が姿を現すと、

「あー安心したー」

と子供のように言います。

今、私と夫の間にあるのは、本当に愛情だけです。

お金や宝石や素敵なデートもない…。

けれど、この人からこれほど素晴らしい愛情をもらえるのを、私はとても誇りに思います。

大きな障害を持った夫と結婚した私を『同情だ』『後で後悔する』と言う人もいました。

お金もとってもかかります。

でも、結婚して数年経ちますが、私は今でも毎日が満たされた気持ちで一杯になります。

いつか、本当にどちらかがこの世から居なくなる日まで、ずっと二人で寄り添って生きて行きたいです。

ネックレス(フリー写真)

大好きなあなた

大好きなあなたは、今も笑っているのでしょうか。 小さい頃に何故かおじいちゃんに引き取られた私(当時7歳)は、そこで三人の男の子に出会いました。 9歳の凄く元気なLと、12歳…

ケーキカット(フリー写真)

思い出のスプーン

私は不妊治療の末にようやく産まれた子供だったそうです。 幼い頃から本当に可愛がられて育ちました。 もちろんただ甘やかすだけではなく、叱られることもありました。 でも常…

皺のある手(フリー写真)

私はおばあちゃんの子だよ

私は幼い時に両親が離婚して、父方の祖父母の家に引き取られ育てられました。 田舎だったので、都会で育った私とは周りの話し方から着る服、履く靴まで全てが違いました。 そのため祖…

たんぽぽを持つ手(フリー写真)

あした

私の甥っ子は、母親である妹が病気で入院した時に、暫くパパママと離れて実家の父母の家に預けられていました。 「ままがびょうきだから、おとまりさせてね」 と言いながら、小さな体…

万年筆(フリー写真)

わすれられないおくりもの

生まれて初めて、万年筆をくれた人がいました。 私はまだ小学4年生で、使い方も知りませんでした。 万年筆をくれたので、その人のことを『万年筆さん』と呼びます。 万年筆…

手を握る(フリー写真)

仲直り

金持ちで顔もまあまあ。 何より明るくて突っ込みが上手く、ボケた方が 「俺、笑いの才能あるんじゃね」 と勘違いするほど(笑)。 彼の周りには常に笑いが絶えなかった…

キャンドル(フリー写真)

キャンドルに懸けた想い

僕は24歳の時、当時勤めていた会社を退職して独立しました。 会社の駐車場で寝泊まりし、お子さんの寝顔以外は殆ど見ることが無いと言う上司の姿に、未来の自分の姿を重ねて怖くなったこと…

ローカル電車(フリー写真)

特別な千円札

学生時代、貧乏旅行をした。 帰途、寝台列車の切符を買ったら残金が80円! もう丸一日、何も食べていない。 家に着くのは約36時間後…。 空腹をどうやり過ごすか考…

ダイビング(フリー写真)

海中の恋

一年前から行きたかったダイビング体験ツアーに行くことになった。 本当は彼女と行きたかったのだが、春が来る前に別れてしまった。 だから仕方なく、男三人で南国へ向かった。 ※…

放課後の黒板(フリー写真)

好きという気持ち

中学1年生の時、仲の良かったO君という男の子が居た。 漫画やCDを貸しっこしたり、放課後一緒に勉強したり、土日も二人で図書館などで会ったりしていた。 中学2年生になる前に、…