幸せな猫の一生

公開日: ペット | 心温まる話 |

三毛猫(フリー写真)

僕はご主人様に拾われました。

毎日、おいしいご飯をくれました。

外で汚れたら、お風呂で洗ってくれました。

いつもいっぱい遊んでくれました。

たまにイタズラして怒られました。

けれども、すぐに頭を撫でて許してくれました。

ご主人様が泣いて帰った時、僕が慰めました。

そしたら、いっぱい僕を抱きしめて、いっぱい泣いていました。

いつも、ご主人様の布団で寝かせてもらいました。

いつも、ご主人様の温かさが伝わって来ました。

ある日、僕の体が痛くなって、ご主人様は夜中に走って病院へ連れて行ってくれました。

病院で先生のお話を聞いて、ご主人様は泣いていました。

家に帰っても、ご主人様は泣いていました。

だから僕はまた、ご主人様を慰めました。

そしたら、ご主人様は僕を抱き締めて、

「ごめんね、ごめんね」

と、いっぱい泣いていました。

数日後…僕は体が動かなくなりました。

ご主人様は僕を抱き締めて、また泣いていました。

いつもより、いっぱい僕の名前を呼んでくれました。

ご主人様、何で泣いているの?

また僕が慰めました。

僕は…少し眠くなりました…。

ご主人様がもっと強く抱き締めてくれました。

ご主人様の温かさがいっぱい伝わって来ました。

ご主人様…僕が起きたら、またいっぱい遊んでください。

僕はすごく幸せです。おやすみなさい。

僕は…眠りに就きました…。

セイコーマート(フリー写真)

小さな子供達の友情

俺はセイコーマートで働いて三年目になる。 いつも買い物に来る小さな子の話を一つ。 その子は生まれつき目が見えないらしく、白い杖をついて母親と一緒に週二、三度うちの店を訪れる…

満員電車(フリー写真)

子供を大切に

父が高校生の時に、僕の祖父が死んだ。 事故だった。 あまりの唐突な出来事で我が家は途方に暮れたらしい。 そして父は高校を卒業し、地元で有名な畜産会社に入社した。 …

昼寝中の猫(フリー写真)

ずうずうしい野良猫

お悩み相談 Q. 通って来る野良猫が大変ずうずうしく、困っています。 始めは家の外でみゃーみゃー鳴いて飯をねだる程度だったのですが、この寒空の下では辛かろうと一度玄関に泊め…

バイク(フリー写真)

最高の子供達

昔話になるが、15歳の時に親父が畑や山に通うのに使うスーパーカブを無免で持ち出し、親父に顔の形が変わるほどぶん殴られて以来のバイク好きだった。 カブから始まり、モンキー、FX、C…

機関車(フリー写真)

モンロヴィアへ

太平洋戦争が終わって間もない頃、彼女は単身ニューヨークに留学しました。 ところが、待っていたのは人種差別…。 栄養失調と精神的プレッシャーが重なり、肺結核に罹ってしまったの…

親子の手(フリー写真)

自慢の息子

これを書いている私は今、38歳の会社員です。 私は30歳の時にうつ病を患いました。 父が自殺、その後、高校の同級生である友人が自殺。 仕事は忙しく、三ヶ月休みが無い…

手紙(フリー写真)

亡くなった旦那からの手紙

妊娠と同時に旦那の癌が発覚。 子供の顔を見るまでは…と頑張ってくれたのだけど、ちょっと間に合わなかった。 旦那が居なくなってしまってから、一人必死で息子を育てている。 …

エプロン(フリーイラスト)

母のエプロン

社会人になって初めて迎えた母さんの誕生日。 「いつもありがとう」という言葉を添えて、プレゼントを渡したかった。 でも照れ臭いし、もし選んだプレゼントが気に入ってもらえなかっ…

結婚式(フリー写真)

前彼の祝福

学生時代、彼氏を事故で亡くした。 引き摺りまくって、もう新しい彼氏も結婚も要らないと荒み、誘いも蹴り告白も断った。 お一人様の老後を設計していたのだけど、ある日いきなりご縁…

犬(フリー写真)

ペットとの別れ

レオと出会ったのは、私が3歳の時。 山奥の綺麗な川へバーベキューしに向かっていると、運転していた父が 「あそこに犬がおる!」 と言って車を停めた。 窓を開けて見…