会いに来てくれた猫

公開日: ペット | 心温まる話 |

猫(フリー写真)

五年前に飼っていた茶トラ猫。

当時、姉が家出同然で出て行ってしまい、家の雰囲気が暗かったのを憶えています。

そんなこともあり、私は家では出来るだけ明るく振る舞っていましたが、本当は家族に仕事や恋愛の悩みを相談したかったんです。

でもそういう雰囲気ではなかったので、夜に眠る時や誰も居ない時に、その猫によく相談しながら泣いていました。

相談と言っても、猫だから黙って私を見ているだけだったんですけどね。

その猫は私のお布団の中が好きで、毎日夜になるとニョロニョロと入って来ては、背中と腰の中間くらいのところにずっしりと寄り掛かって眠っていました。

時が経ち、その子が病気で亡くなって裏庭に埋める時、手紙を書いて一緒に埋めました。

「色々お話を聞いてくれてありがとう。オバケでも良いから時々会いに来てね」

と書きました。

つい二、三日前のことです。

相変わらずの人間関係からのストレスで貧血状態になり、横になっていました。

うとうとしていると、猫がニョロニョロとお布団の中に入って来る気配。

今は別の猫を飼っているので、そいつだと思って気にしていなかったのですが、ちょうど背中と腰の中間辺りに寄り掛かったのです。

ほんのり温かくて、ズシッと重い感じ…。ん? この重みは…!!

「…心配して来てくれたの!?」

とお布団の中を覗くとスーッと重みが消え、誰も居ませんでした。

全然怖くなくて、寧ろ亡くなった後も心配を掛けている自分が情けなくなり、しくしく泣いてしまいました。

そのまま泣きながら眠りに就くと、夢にご飯を食べている茶トラ猫が出て来ました。

目が覚めてからお線香を上げ、猫の餌をお供えしました。

関連記事

猫(フリー写真)

愛猫との別れ

私がまだ高校生の冬、家で飼っている猫が赤ちゃんを産みました。しかも電気毛布を敷いた私の布団で。 五匹も産んだのですが、次々と飼い主が決まり、とうとう一匹だけになりました。 …

星空(フリー写真)

一生懸命に生きて

私は昨日、小学4年生の子から手紙で相談を受けました。 『僕のお母さんに元気になって欲しくて、プレゼントをあげたいんだけど、僕のお小遣いは329円しかありません。この値段で買えて、…

飲食店の席(フリー写真)

ファミレスの父娘

ファミレスで一人ご飯を食べていたら、前のテーブルからおっさんと女子高生の会話が聞こえて来た。 おっさんはスーツ姿で普通の中年。痩せていて、東幹久さんに似た雰囲気。会話の流れから父…

猫(フリー写真)

父を護衛する猫

父が突然亡くなった。 うちの猫のみぃは、父の行く先行く先に付いて行く猫だった。 「こいつはいつも俺の後を付いて来るんだ。俺の護衛なんだ」 と父は生前、少し自慢気に言っ…

ちまきと柏餅(フリー写真)

ロクな大人

この前の、子供の日。 夫の親、兄弟、親戚、一同が集まった席で、いつものように始まった大合唱。 「一人っ子は可哀想」 「ロクな大人にならん」 「今からでも第二子は…

キャンドル(フリー写真)

キャンドルに懸けた想い

僕は24歳の時、当時勤めていた会社を退職して独立しました。 会社の駐車場で寝泊まりし、お子さんの寝顔以外は殆ど見ることが無いと言う上司の姿に、未来の自分の姿を重ねて怖くなったこと…

手編みのマフラー(フリー写真)

オカンがしてくれたこと

俺の家は貧乏だった。 運動会の日も授業参観の日さえも、オカンは働きに行っていた。 そんな家だった。 ※ そんな俺の15歳の誕生日。 オカンが顔に微笑みを浮かべて、…

薔薇の花(フリー写真)

せかいでいちばんのしあわせ

私が幼稚園の時に亡くなったお母さん。 当時、ひらがなを覚えたての私が読めるように、ひらがなだけで書かれた手紙を遺してくれた。 ※ みいちゃんが おかあさんのおなかにやってきて…

白猫(フリー写真)

白猫のミーコ

私が生まれる前から、私の家にはミーコという猫が居た。 白くて、ふわふわで、温かかった。 私はミーコが大好きだった。 ミーコもそんな私に懐いてくれた。 ※ 父が入院…

公衆電話(フリー写真)

十円玉の価値

この話は実話で、私はこの話を読む度に『価値観』や『解釈』は人によって違うことを深く感じます。 ※ その子は、生まれながら知的障害者でした。 幼稚園は近所の子供たちと一緒に通っ…