会いに来てくれた猫

公開日: ペット | 心温まる話 |

猫(フリー写真)

五年前に飼っていた茶トラ猫。

当時、姉が家出同然で出て行ってしまい、家の雰囲気が暗かったのを憶えています。

そんなこともあり、私は家では出来るだけ明るく振る舞っていましたが、本当は家族に仕事や恋愛の悩みを相談したかったんです。

でもそういう雰囲気ではなかったので、夜に眠る時や誰も居ない時に、その猫によく相談しながら泣いていました。

相談と言っても、猫だから黙って私を見ているだけだったんですけどね。

その猫は私のお布団の中が好きで、毎日夜になるとニョロニョロと入って来ては、背中と腰の中間くらいのところにずっしりと寄り掛かって眠っていました。

時が経ち、その子が病気で亡くなって裏庭に埋める時、手紙を書いて一緒に埋めました。

「色々お話を聞いてくれてありがとう。オバケでも良いから時々会いに来てね」

と書きました。

つい二、三日前のことです。

相変わらずの人間関係からのストレスで貧血状態になり、横になっていました。

うとうとしていると、猫がニョロニョロとお布団の中に入って来る気配。

今は別の猫を飼っているので、そいつだと思って気にしていなかったのですが、ちょうど背中と腰の中間辺りに寄り掛かったのです。

ほんのり温かくて、ズシッと重い感じ…。ん? この重みは…!!

「…心配して来てくれたの!?」

とお布団の中を覗くとスーッと重みが消え、誰も居ませんでした。

全然怖くなくて、寧ろ亡くなった後も心配を掛けている自分が情けなくなり、しくしく泣いてしまいました。

そのまま泣きながら眠りに就くと、夢にご飯を食べている茶トラ猫が出て来ました。

目が覚めてからお線香を上げ、猫の餌をお供えしました。

手を繋ぐカップル(フリー写真)

人に優しくあるためには

私は事故に遭い、足が不自由になってしまいました。 車椅子なしでは外出も出来ませんし、トイレも昔のようにスムーズに行うことが出来ません。 そんな私から友人たちも離れて行きまし…

ローカル電車(フリー写真)

特別な千円札

学生時代、貧乏旅行をした。 帰途、寝台列車の切符を買ったら残金が80円! もう丸一日、何も食べていない。 家に着くのは約36時間後…。 空腹をどうやり過ごすか考…

黒猫(フリー写真)

ぬこさま

今年のGW明けの頃のこと。 前の日から上司の機嫌が悪く、八つ当たりばかりされていた。 その日も私の力ではどうしようもないことで怒られた挙句、酷い言葉を浴びせられたり身体的欠…

教室(フリー写真)

お母さんの匂い

その小学校の先生が5年生の担任になった時、一人服装が不潔でだらしなく、どうしても好きになれない少年が居た。 先生は中間記録に少年の悪いところばかりを記入するようになっていた。 …

母(フリー写真)

母のビデオテープ

俺は小さい頃に母親を亡くしている。 それで中学生の頃は恥ずかしいほどグレた。 親父の留守中、家に金が無いかタンスの中を探していると、一本のビデオテープがあった。 俺は…

機関車(フリー写真)

モンロヴィアへ

太平洋戦争が終わって間もない頃、彼女は単身ニューヨークに留学しました。 ところが、待っていたのは人種差別…。 栄養失調と精神的プレッシャーが重なり、肺結核に罹ってしまったの…

父と子(フリー写真)

父が遺したもの

三年前に親父が亡くなったんだけど、殆ど遺産を整理し終えた後に、親父が大事にしていた金庫が出てきたんだよ。 うちは三人兄弟なんだけど、お袋も亡くなっていて、誰もその金庫の中身を知ら…

ドーベルマン(フリー写真)

リードを噛み千切り

普段は俺のことをバカにしまくっているドーベルマンのロッキー。 しかし小学生の時、ロッキーは俺を助けてくれた。 ※ お袋の実家に帰省していた時、近所の大きな川にロッキーと一緒に…

教室(フリー写真)

先生がくれた宝物

私がその先生に出会ったのは中学一年生の夏でした。 先生は塾の英語の担当教師でした。 とても元気で、毎回楽しい授業をしてくれました。 そんな先生の事が私はとても大好き…

巣鴨の歩行者天国(フリー写真)

とげぬき地蔵様

私は小さい頃から中耳炎で、しょっちゅう耳が痛くなっては、治療のために耳鼻科へ行っていました。 小学校に入ると、私が耳鼻科に行くために学校を休んだり早退したりすると、クラスの子に …