会いに来てくれた猫

公開日: ペット | 心温まる話 |

猫(フリー写真)

五年前に飼っていた茶トラ猫。

当時、姉が家出同然で出て行ってしまい、家の雰囲気が暗かったのを憶えています。

そんなこともあり、私は家では出来るだけ明るく振る舞っていましたが、本当は家族に仕事や恋愛の悩みを相談したかったんです。

でもそういう雰囲気ではなかったので、夜に眠る時や誰も居ない時に、その猫によく相談しながら泣いていました。

相談と言っても、猫だから黙って私を見ているだけだったんですけどね。

その猫は私のお布団の中が好きで、毎日夜になるとニョロニョロと入って来ては、背中と腰の中間くらいのところにずっしりと寄り掛かって眠っていました。

時が経ち、その子が病気で亡くなって裏庭に埋める時、手紙を書いて一緒に埋めました。

「色々お話を聞いてくれてありがとう。オバケでも良いから時々会いに来てね」

と書きました。

つい二、三日前のことです。

相変わらずの人間関係からのストレスで貧血状態になり、横になっていました。

うとうとしていると、猫がニョロニョロとお布団の中に入って来る気配。

今は別の猫を飼っているので、そいつだと思って気にしていなかったのですが、ちょうど背中と腰の中間辺りに寄り掛かったのです。

ほんのり温かくて、ズシッと重い感じ…。ん? この重みは…!!

「…心配して来てくれたの!?」

とお布団の中を覗くとスーッと重みが消え、誰も居ませんでした。

全然怖くなくて、寧ろ亡くなった後も心配を掛けている自分が情けなくなり、しくしく泣いてしまいました。

そのまま泣きながら眠りに就くと、夢にご飯を食べている茶トラ猫が出て来ました。

目が覚めてからお線香を上げ、猫の餌をお供えしました。

関連記事

戦後

少女の小さな勇気

第二次大戦が終わり、私は復員した日本の兵士の家族たちへの通知業務に就いていました。暑い日の出来事です。毎日、痩せ衰えた留守家族たちに彼らの愛する人々の死を伝える、とても苦しい仕事でし…

母と子

母の強さ

母は、バツニです。 1人目の旦那さんで兄と私を産み、2人目の旦那さんで妹を産みました。 1人目の父はギャンブル依存症で、多額な借金を抱え家に帰って来ないほどパチンコをして…

夕方の教室(フリー背景素材)

校長先生の名授業

私が考える教育の究極の目的は『親に感謝、親を大切にする』です。 高校生の多くは、今まで自分一人の力で生きて来たように思っている。 親が苦労して育ててくれたことを知らないんで…

赤ちゃん(フリー写真)

望まれた存在

君がママのお腹にいるとわかったとき、ママの目は涙で溢れていた。 僕が妊娠の報せを聞いたとき、クールに「そうか」と言おうと思っていた。 しかし、その言葉が出る前に、僕の目か…

診療所(フリー写真)

今は亡き僕の先生

僕は幼い頃から病弱で、いつも何かしらの病気にか罹っていた。 例えば、喘息、熱、インフルエンザなど。 そのような時はいつも診療所の先生に診ていただいていた。 その先生…

犬(フリー写真)

コロの思い出

うちにはコロという名前の雑種の犬が居ました。 白色と茶色の長い毛がふわふわしている犬でした。 私が学生の頃は学校から帰って来る時間になると毎日、通学路が見える場所に座り、遠…

ポメラニアン(フリー写真)

愛の形

私はあるペットクリニックに勤めています。 そこで起こった悲しい出来事をお話します。 ※ 40代くらいの男性がポメラニアンを連れてよく来ていました。 その人が購…

シャム猫(フリー写真)

父親と猫のミル

家にはもう十年飼っていた猫が居たんだ。 家の前は昔、大きな広場で、その猫はその広場の片隅にある車の中で寝ていた子猫だった。 俺と姉ちゃんでその猫を家の庭まで連れ帰って来ちゃ…

キッチン(フリー写真)

最高に幸せなこと

私は小さな食堂でバイトをしています。 その食堂は夫婦と息子さんで経営。バイトは私だけの合計四人で働いています。 基本的に調理は旦那さんと息子さんがやっているのですが、付け合…

キジトラ猫(フリー写真)

本当に幸運な猫

私は長らく務めた泉南市役所を退職した後、令和3年4月から泉南市りんくう体育館の管理人として勤めていました。 その時のお話をさせていただきます。 ※ まだ勤め始めで戸…