未来への遺言

公開日: 恋愛 | 悲しい話

手をつなぐカップル(フリー写真)

私の初恋の人、かつての彼氏がこの世を去りました。

若さゆえに我儘を尽くし、悔いが残る行為ばかりでした。

ある日、突如として「別れて欲しい」と告げられ、私は意地を張って「いいよ」と返答しました。

半年後に予期せぬ電話があった際も、私は強がって「彼氏ができて幸せだ」と伝えました。

それは嘘でした。新たな彼氏など、実際にはいませんでした。

その出来事からおおよそ一年後、彼の友人から連絡が届きました。

彼が肝臓癌で一年前に亡くなっていたとのことでした。

一周忌を迎えた際に、私に連絡を入れてほしいと遺言に残していたと伝えられました。

彼から私への遺書があり、その中には、

「こんな別れ方しかできなくてごめん。幸せになって欲しい。愛してる」

と記されていました。

彼はなぜ一人で全てを背負って亡くなったのでしょう。

なぜ共に病気と闘うチャンスを与えてくれなかったのでしょう。

なぜ真実を私に伝えてくれなかったのでしょう。

彼に向けて尋ねたいことが山ほどあり、彼を責めてしまいたい気持ちに駆られました。

それから二年が経ち、ようやく心の整理がつきました。

彼が病状を伝えなかった彼独特の優しさも理解できるようになりました。

しかし、頭で理解していても、まだ感情が追いつかない状態です。

彼のことを忘れることは一生ないでしょうし、彼に問いかけることも続くでしょう。

一度だけで良いから彼に会いたい。優しく接したい。そして、「愛している」と伝えたい。

関連記事

花と手紙(フリー写真)

彼女が遺した手紙

私(晃彦)には幼稚園から連れ添ってきた恋人(美咲)がいる。 私が高校を卒業し、就職してからも同居し、貧乏ながらも支えてくれた掛け替えのない存在。 プロポーズの決心をしてから…

恋人(フリー写真)

彼女の遺言

大学時代の同級生仲間で、1年の時から付き合っているカップルが居ました。 仲良しで、でも二人だけの世界を作っている訳ではなく、みんなと仲良くしていました。 私は女の方の一番の…

赤ちゃんの手を握る母(フリー写真)

素朴なお弁当

私の母は、常に体調を崩しやすい人だった。 そのせいなのかは分からないが、彼女が作ってくれる弁当は決して美しくはなく、素朴だった。 私は毎日、その弁当を持って学校に行くのが…

コスモス

未来への手紙

家内を亡くしました。 お腹に第二子を宿した彼女が乗ったタクシーは、病院へ向かう途中、居眠り運転のトラックと激突し、彼女は即死でした。 警察からの連絡を聞いた時、酷い冗談だ…

手を繋ぐカップル(フリー写真)

幸せの在り処

もう五年も前になる。 当時無職だった俺に彼女が出来た。 彼女の悩みを聞いてあげたのが切っ掛けだった。 正直、他人事だと思って調子の良いことを言っていただけだったが、彼…

カップル

途切れた言葉

あの日、些細なことから彼女と言い争いをしていた。 心の中では、今にも許し合えるような感じがしていたが、彼女は険悪な雰囲気のまま、仕事へと向かってしまった。 その後、私は友…

零戦(フリー写真)

特攻隊の父の願い

素子、素子は私の顔をよく見て笑ひましたよ。 私の腕の中で眠りもしたし、またお風呂に入ったこともありました。 素子が大きくなって私のことが知りたい時は、お前のお母さん、住代…

山(フリー写真)

姥捨て山

『姥捨て山』の話を聞いた事はありますか? 年老いた親を、子供が背負って山に捨てるという話です。 大昔、貧しさから本当にそのような風習があったそうです。 そしてこんな事…

青い花(フリー写真)

ママの棺

この間、1歳半の息子を連れて友人の家へ行った時に、友人の祖母から聞いた話です。 ※ 友人がちょうど1歳半の時、お母さんが癌になったそうです。 気付いた時にはもう手遅れで、一ヶ…

婚約指輪(フリー写真)

例外の入籍手続き

彼は肺がんで入院していて、余命宣告されていました。 本人は退院後の仕事の予定も入れ、これからの人生に気力を振り絞っていました。 私と彼は半同棲状態、彼はバツイチ、そして大分…