残された兄妹

夏の部屋(フリー写真)

3年前、金融屋をやっていたんだけど、その年の夏の話。

いつものように追い込みを掛けに行ったら、親はとっくに消えていたんだけど、子供が二人置いて行かれていた。

5歳と3歳。上は男の子、下は女の子。

俺はまだペーペーで、周りの兄さんらと違って顔も怖くなかったらしく、家に行ったらすぐに下の子に懐かれた。

ボロボロの服で、風呂にも入っていなくて、

「いつから親は居ないんだ?」

と聞いても答えない。

「何食ってたんだ?」

と聞いたら、上の子は下を向いて泣いた。

そしたら下の子が、

「こっち」

と俺の手を引き、裏庭へ連れて行った。

破れた金網を通って出た所は、小学校の裏庭だった。

「あのね、みーちゃんこれ食べたの」

と池を指差す。

嫌な予感がした。

だってさ、その池には金魚がウヨウヨ泳いでいるんだよ…。

二人を抱きかかえて家に戻ると、テーブルに小さなボウルと茶碗。

「お前ら…金魚食ってたのか…」

と聞いたら、

「…うん」

すっげーやるせなくて涙が出て、俺もその場に居た兄さんらも泣いた。

すぐに兄さんが沢山の食べ物と洋服を買って来た。

近くの銭湯で体を洗ってやった。

その後、俺らじゃどうしようも無いから施設に連絡を入れた。

連れて行かれる時に、

「お兄ちゃんありがとう」

と言っていた。

…全然ありがとうじゃねーよ…俺たちがお前らの親を追い詰めたのに。

俺を含めて何人かはこの後、仕事を抜けた。

ただ救われたのは、その子達の親がきちんと出て来た事だった。

その子達の親は、気になって戻って来たら子供が居なくなっていてショックだったそうだ。

ただし、家の至る所に連絡先を書いて来たから、すぐに判ったらしい(もちろん施設のな。事務所だったらびびって逃げるから)。

子供を迎えに行った時に、自分達のやった事の重大さに気が付いたそうだ。

俺はもう足抜けしていたし、気になっていたからちょくちょく施設に見に行っていたんだけど、親が改心して良かったよ。

結局、俺が事務所の仲介をやって、職も一緒に探してやったんだ。

「また金魚でも食わせたら内蔵売っぱらうからな!」

と脅してさ。

借金の返済はまだ残っているだろうけど、両方共すげー働いているだろうな。

関連記事

浅草の三社祭の提灯(フリー写真)

母のガイドブック

東京で単身赴任をしていた時、連休になるといつも嫁が来て、家事などをしてくれていた。 母にも、偶には東京に来いよと言っていたのだけど、人混みが苦手だと言い、決して来なかった。 …

おにぎり(フリー写真)

二人の母

俺の母親は、俺が5歳の時に癌で亡くなった。 それから2年間、父と2歳年上の姉と三人暮らしをしていた。 俺が小学1年生の時のある日曜日、父が俺と姉に向かって 「今から二…

雨(フリー写真)

真っ直ぐな青年の姿

20年前、私は団地に住んでいました。 夜の20時くらいに会社から帰ると、団地前の公園で雨の中、一人の男の子が傘もささず向かいの団地を見ながら立っていました。 はっきり言って…

野球のボール(フリー写真)

尊敬する先輩

俺は高校三年生で、野球部を引退したばかりです。 世界で一番尊敬する先輩が居ました。 野球は本当に下手で、一度も打席に立たせてもらった事がありませんでした。 それでも毎…

結婚式場(フリー写真)

叔父さんの血

俺には腹違いの兄貴が居る。 俺が小学5年生、兄貴が大学生の時に、両親が子連れ同士の再婚。 一周りも年が離れていたせいか、何だか打ち解けられないままだった。 ※ 大学入試…

夕焼け(フリー素材)

大きな下り坂

夏休みに自転車でどこまで行けるかと小旅行。計画も、地図も、お金も、何も持たずに。 国道をただひたすら進んでいた。途中に大きな下り坂があって、自転車はひとりでに進む。 ペダル…

街の夕日(フリー写真)

人とのご縁

自分は三人兄弟の真ん中として、どこにでもある中流家庭で育ちました。 父はかなり堅い会社のサラリーマンで、性格も真面目一筋。それは厳格で厳しい父親でした。 母は元々小学校の教…

老犬(フリー写真)

苦渋の決断

22歳になるオスの老犬が来ました。 彼は殆ど寝たきりで、飼い主が寝返りを打たせているので、床ずれが幾つも出来ていました。 意識はしっかりしているのですが、ご飯も飼い主が食べ…

目玉焼き(フリー写真)

彼女とフライパン

一人暮らしを始める時、意気込んでフライパンを買った。 ブランドには疎いが、とにかく28センチの物を一本。 それまで料理なんて全くしなかったのだが、一人暮らしだから自分で作る…

結婚式の花嫁さん(フリー写真)

お父さんよりいい男

私の小さい頃の夢は、お父さんのお嫁さんになることでした。 お父さんに対して、嫌いと思ったことも嫌だと思ったこともありませんでした。 周りの友達よりもお父さんとは仲良しだった…