季節外れの雪

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛 | 長編

雪(フリー写真)

「ゆきをとってきて…おねがい、ゆきがみたい…」

あなたはそう言って、雪をほしがりましたね。

季節外れの雪を。

あれから何年も時が経ちました。

あなたは、ゆっくり休めているでしょうか。

僕に向かって、雪がほしいとせがんではいないでしょうか。

あなたの癌が発覚したのは、ちょうど今頃、梅雨時でしたね。

あなたが一番初めにそのことを報告したのは、両親ではなく恋人の僕。

「私ね、癌が見つかったの。絶対元気になって帰って来るから、待っててね」

あなたがそう言ったことを、よく覚えています。

あなたがなぜか笑っていたことも。

ここは田舎。大きな病院などあるはずもなく、あなたはここから遠く離れた街の病院に入院した。

僕はできることなら、毎日お見舞いに行きたかったんだよ。

でも…、僕にも大学があった。

行きたかったけど、大学の講義を受けていたんだ。

あなたも、

「大学に行きなさい、あなたの夢を叶えて」

と言ってくれたから。

本当に、すぐ治るのだと思っていた。

でも、癌はあなたの身体を確実に蝕んでいて。

ようやく得た休暇を利用し、あなたの元に駆け付けたんです。

もう既にあなたは起き上がることすら苦しいというところまで、悪化していた。

それでもあなたは、僕に大学の話をしてくれとせがんだ。

あなたの笑顔は、変わらず眩しかった。

そしてあなたは言ったんだ。

「ゆきをとってきて…おねがい、ゆきがみたい…」

僕は困った。こんな真夏の本州に、雪があるはずがない。

でもあなたは、冬は毎週スキーに行くぐらい、雪が大好きだった。

「…今から取って来るよ」

僕がようやくそれだけ言うと、あなたは満足げに笑っていましたね。

僕はあなたのために、スケッチブックを置いて行きました。

あなたが寂しくないように…。

雪景色の次に好きな絵を、沢山描けるように…。

僕に残されていた道は、一つしかありませんでした。

「富士山に登る」

という道。

そこぐらいしか、真夏に雪が残っているところなんて、考えられなかった。

僕は富士山にクーラーを持って行き、ちょっとだけ雪を持って行ったんだ。

あなたのために。

山を下りた頃には溶けかかっていたけれど、それでも僕はあなたの元に運びました。

だけど、僕が帰った時には、あなたは既に旅立っていました。

彼女の母から話を聞くと、僕が居なくなった途端、容体が急変したらしい。享年19歳だった。

最期まで傍に居れば良かった。

僕がそう後悔した時、母親は、

「これで良かったんです…」

と言った。

理由を聞くと、雪が見たいというのはただの口実で、本当は僕に心配をかけたくなかったからだって…。

「あの子の彼氏でいてくれて、本当にありがとう」

沢山、感謝された。

あなたとあなたのお母さんに一番感謝しているのは、僕の方なのに。

ああ、くそっ。

間に合っていれば。

悲しくて涙も出なかった。

その時、病院のベットの脇にあるサイドテーブルの上に、置いてあるものを見つけた。

僕が渡したスケッチブックだった。

そこには、一面の銀世界が描かれていた。

あなたが描いた、最後の絵。

その裏に、メッセージが残してあった。

「私が居なくなっても、悲しまないで!私は、雪と一緒にいつもあなたの傍に居るから!!大好きだったよ!ありがとう!!」

今度こそ本当に、涙が零れ落ちた。

あなたは苦しい息の下で、僕のことを気遣ってくれたというのですか。

「…ありがとう」

僕は泣きながら、いつまでも感謝の言葉を呟いていた。

雪を渡すのは、間に合わなかったけれど、あなたはそれでも良かったのですか?

最期の時に一緒に居てあげられなくて、ごめんなさい。

でも、一つだけ言わせてください。

僕も、あなたのことが大好きでした。

いいえ。あなたのことが大好きです。

今も。

雪を見るといつもあなたを思い出します。

あなたの大好きだったものだから。

関連記事

赤い糸(フリー写真)

同級生との再会

私はその日、両親、妹と住宅展示場に来ていました。 家を新築する予定となり、両親はここのところ住宅展示場巡りをしていました。 私はなかなか予定が合わず、住宅展示場に来るのはこ…

飲食店の席(フリー写真)

ファミレスの父娘

ファミレスで一人ご飯を食べていたら、前のテーブルからおっさんと女子高生の会話が聞こえて来た。 おっさんはスーツ姿で普通の中年。痩せていて、東幹久さんに似た雰囲気。会話の流れから父…

白猫(フリー写真)

白猫のミーコ

私が生まれる前から、私の家にはミーコという猫が居た。 白くて、ふわふわで、温かかった。 私はミーコが大好きだった。 ミーコもそんな私に懐いてくれた。 ※ 父が入院…

手を握るカップル(フリー写真)

最期の時

俺だけしか泣けないかもしれませんが。 この間、仕事から帰ると妻が一人掛けの椅子に腰かけて眠っていました。 そんなはずは無いと解っていても、声を掛けられずにはいられませんで…

瓦礫

わずか1.5メートルの後悔

私と倫子は、二十一歳の若さで愛の意地を張り合ってしまった。その日、些細なことから生まれた言い争いは、私のわがままから始まっていた。 普段は隣り合わせの安らぎで眠るはずが、その夜…

カップル(フリー写真)

僕はずっと傍に居るよ

私は昔から、何事にも無関心で無愛想でした。 友達は片手で数えるほどしか居らず、恋愛なんて生まれてこの方、二回しか経験がありません。 しかし無愛想・無関心ではやって行けないご…

母の手を握る赤子(フリー写真)

母の想い

彼は幼い頃に母親を亡くし、父親と祖母と暮らしていました。 17歳の時、急性骨髄性白血病にかかってしまい、本人すら死を覚悟していましたが、骨髄移植のドナーが運良く見つかり死の淵から…

老夫婦(フリー写真)

夫婦の最期の時間

福岡市の臨海地区にある総合病院。 周囲の繁華街はクリスマス商戦の真っ只中でしたが、病院の玄関には大陸からの冷たい寒気が、潮風となって吹き込んでいたと思います。 そんな夕暮れ…

青空(フリー写真)

彼女に会いに行きたい

俺も元カノを亡くしたよ。もう何年も前だけど。 中学の頃に親父が死んでも大して泣かなかったが、これはボロ泣きした。 彼女とは3年ちょい付き合って、俺の我侭で上手く行かなくなり…

太陽と手のひら(フリー写真)

この命を大切に生きよう

あれは何年も前、僕が年長さんの時でした。 僕は生まれた時から重度のアレルギーがあり、何回も生死の境を彷徨って来ました。 アレルギーの発作の事をアナフィラキシーショックと言…