季節外れの雪

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛 | 長編

雪(フリー写真)

「ゆきをとってきて…おねがい、ゆきがみたい…」

あなたはそう言って、雪をほしがりましたね。

季節外れの雪を。

あれから何年も時が経ちました。

あなたは、ゆっくり休めているでしょうか。

僕に向かって、雪がほしいとせがんではいないでしょうか。

あなたの癌が発覚したのは、ちょうど今頃、梅雨時でしたね。

あなたが一番初めにそのことを報告したのは、両親ではなく恋人の僕。

「私ね、癌が見つかったの。絶対元気になって帰って来るから、待っててね」

あなたがそう言ったことを、よく覚えています。

あなたがなぜか笑っていたことも。

ここは田舎。大きな病院などあるはずもなく、あなたはここから遠く離れた街の病院に入院した。

僕はできることなら、毎日お見舞いに行きたかったんだよ。

でも…、僕にも大学があった。

行きたかったけど、大学の講義を受けていたんだ。

あなたも、

「大学に行きなさい、あなたの夢を叶えて」

と言ってくれたから。

本当に、すぐ治るのだと思っていた。

でも、癌はあなたの身体を確実に蝕んでいて。

ようやく得た休暇を利用し、あなたの元に駆け付けたんです。

もう既にあなたは起き上がることすら苦しいというところまで、悪化していた。

それでもあなたは、僕に大学の話をしてくれとせがんだ。

あなたの笑顔は、変わらず眩しかった。

そしてあなたは言ったんだ。

「ゆきをとってきて…おねがい、ゆきがみたい…」

僕は困った。こんな真夏の本州に、雪があるはずがない。

でもあなたは、冬は毎週スキーに行くぐらい、雪が大好きだった。

「…今から取って来るよ」

僕がようやくそれだけ言うと、あなたは満足げに笑っていましたね。

僕はあなたのために、スケッチブックを置いて行きました。

あなたが寂しくないように…。

雪景色の次に好きな絵を、沢山描けるように…。

僕に残されていた道は、一つしかありませんでした。

「富士山に登る」

という道。

そこぐらいしか、真夏に雪が残っているところなんて、考えられなかった。

僕は富士山にクーラーを持って行き、ちょっとだけ雪を持って行ったんだ。

あなたのために。

山を下りた頃には溶けかかっていたけれど、それでも僕はあなたの元に運びました。

だけど、僕が帰った時には、あなたは既に旅立っていました。

彼女の母から話を聞くと、僕が居なくなった途端、容体が急変したらしい。享年19歳だった。

最期まで傍に居れば良かった。

僕がそう後悔した時、母親は、

「これで良かったんです…」

と言った。

理由を聞くと、雪が見たいというのはただの口実で、本当は僕に心配をかけたくなかったからだって…。

「あの子の彼氏でいてくれて、本当にありがとう」

沢山、感謝された。

あなたとあなたのお母さんに一番感謝しているのは、僕の方なのに。

ああ、くそっ。

間に合っていれば。

悲しくて涙も出なかった。

その時、病院のベットの脇にあるサイドテーブルの上に、置いてあるものを見つけた。

僕が渡したスケッチブックだった。

そこには、一面の銀世界が描かれていた。

あなたが描いた、最後の絵。

その裏に、メッセージが残してあった。

「私が居なくなっても、悲しまないで!私は、雪と一緒にいつもあなたの傍に居るから!!大好きだったよ!ありがとう!!」

今度こそ本当に、涙が零れ落ちた。

あなたは苦しい息の下で、僕のことを気遣ってくれたというのですか。

「…ありがとう」

僕は泣きながら、いつまでも感謝の言葉を呟いていた。

雪を渡すのは、間に合わなかったけれど、あなたはそれでも良かったのですか?

最期の時に一緒に居てあげられなくて、ごめんなさい。

でも、一つだけ言わせてください。

僕も、あなたのことが大好きでした。

いいえ。あなたのことが大好きです。

今も。

雪を見るといつもあなたを思い出します。

あなたの大好きだったものだから。

タクシー(フリー写真)

台風の日

タクシーの中でお客さんとどんな話をするか、平均で10分前後の短い時間で完結する話題と言えばやはり天気の話になります。 今日の福岡は台風11号の余波で、朝から断続的に激しい雨が降っ…

キャンドル(フリー写真)

キャンドルに懸けた想い

僕は24歳の時、当時勤めていた会社を退職して独立しました。 会社の駐車場で寝泊まりし、お子さんの寝顔以外は殆ど見ることが無いと言う上司の姿に、未来の自分の姿を重ねて怖くなったこと…

金魚すくいをする女の子(フリー写真)

兄妹の金魚すくい

俺が打っている店(金魚すくい)に、兄妹と思われる7歳ぐらいの女の子と、10歳ぐらいの男の子がやって来た。 妹は他の子供たちが金魚すくいをしているのを興味津々で長い間見ていたが、や…

オフィスの机(フリー写真)

膝枕

昔、飲み会があるといつも膝枕をしてくれる子が居たんだ。 こちらから頼む訳でもなく、何となくしてもらう感じだった。 向こうも嫌がるでもなく、俺を膝枕しながら他の奴らと飲んでい…

青空(フリー写真)

彼女に会いに行きたい

俺も元カノを亡くしたよ。もう何年も前だけど。 中学の頃に親父が死んでも大して泣かなかったが、これはボロ泣きした。 彼女とは3年ちょい付き合って、俺の我侭で上手く行かなくなり…

病室(フリー写真)

おばあちゃんの愛

私のばあちゃんは、いつも沢山湿布をくれた。 しかも肌色のちょっと高い物。 中学生だった私はそれを良く思っていなかった。 私は足に小さな障害があった。 けれど日…

桜(フリー写真)

桜と最後の嘘

僕は良いところなど一つも無いと言って良い程、嫌な人間だった。 ルックスに自信は無く、頭も良くはない。そして、人に平気で嘘を吐く卑怯者。 僕に構う人など誰も居なかった。もちろ…

彼女(フリー写真)

忘れられない暗証番号

元号が昭和から平成に変わろうとしていた頃の話です。 当時、私は二十代半ば。彼女も同じ年でした。 いよいよ付き合おうかという時期に、彼女から私に泣きながらの電話…。 「…

家族の影(フリー写真)

家族で笑った思い出

数年前に、実家の一家の大黒柱である父が倒れた。 脳梗塞で、一命は取り留めたものの麻痺が残ってしまった。 母は親戚(成年後見人)に上手いことを言われて離婚させられた。 …

電車内から見る駅のホーム(フリー写真)

おとうさんという言葉

その日は約束の時間ぎりぎりに、舞浜駅のホームから階段を降りた。 雑踏の中には元妻と、ミニリュックを背負った小学3年生の息子が待っていた。 半年ほど見ない間に一回り大きくなっ…