もう戻って来ない彼女

公開日: 恋愛 | 悲しい話

合格祈願の絵馬(フリー写真)

大好きだった彼女と別れた。

理由はシンプル。

俺が早稲田に落ちて浪人が決定したから。

「二人とも大学卒業したら結婚しようね」

こう言ってくれた彼女。

でも彼女は俺が浪人中に亡くなってしまった。

あれは8月を過ぎた頃だったかな。

メールも電話も全然来なくなって、

『彼女も浪人中の俺に気を遣ってくれているんだ』

と思い、より一層勉強に身を注いだ。

『早稲田に受かったら、もう一度彼女に告白しよう』

こう決めて、かなり高価なネックレスを買った。

受験結果は早稲田大学教育学部に合格。

真っ先に彼女の家へネックレスと合格通知届を持って向かった。

しかしそこにあったのは、彼女の遺影だった…。

一瞬で頭が真っ白になり、現実を受け止められない自分が居た。

親御さんから話を聞くと、ちょうど連絡が来なくなった8月辺りに、サークルの仲間との飲み会で急性アルコール中毒になって死んでしまったそうだ。

原因は、先輩との早飲み対決の強要によるものだった。

『俺が現役で大学に受かっていたら、彼女を守ることが出来たのに』

悔しさと涙と、自分に対する憤りが込み上げて来て、訳が解らない状態でした。

二年間思い焦がれた早稲田にようやく合格出来た日なのに…。

もう戻って来ない彼女。

あんなに好きで、あんなに愛し合っていて、結婚まで約束したのに。

俺を残して先に逝くなんて…。

いつも俺の横に居て、俺を支えてくれる笑顔が可愛い彼女…。

俺は結局この悲しみを乗り越えられず、早稲田は2年で中退した。

8年もフリーターをやって、もう一度、中央大の法学部夜間に再入学して卒業した。

今だに彼女の夢を見る。

桜(フリー写真)

戦友を弔うために

インドで傭兵としてパキスタン軍と対峙していた時、遠くから歌が聞こえてきた。 知らない言葉の歌だったが、味方のものではないことは確かなので、銃をそちらに向けた。すると上官に殴り飛ば…

お見舞いの花(フリー写真)

迷惑掛けてゴメンね

一年前の今頃、妹が突然電話を掛けて来た。家を出てからあまり交流が無かったので、少し驚いた。 「病院に行って検査をしたら、家族を呼べって言われたから来て。両親には内緒で」 嫌…

桜(フリー写真)

桜と最後の嘘

僕は良いところなど一つも無いと言って良い程、嫌な人間だった。 ルックスに自信は無く、頭も良くはない。そして、人に平気で嘘を吐く卑怯者。 僕に構う人など誰も居なかった。もちろ…

手を繋ぐ夫婦(フリー写真)

最愛の妻が遺したもの

先日、小学5年生の娘が何か書いているのを見つけた。 それは妻への手紙だったよ。 「ちょっと貸して」 と言って内容を見た。 まだまだ汚い字だったけど、妻への想いが…

浜辺で手を繋ぐカップル(フリー写真)

彼女の面影

彼女が痴呆になりました。 以前から物忘れが激しかったが、ある日の夜中に突然、昼ご飯と言って料理を始めた。 更に、私は貴方の妹なのと言ったりするので、これは変だと思い病院へ行…

花と手紙(フリー写真)

彼女が遺した手紙

私(晃彦)には幼稚園から連れ添ってきた恋人(美咲)がいる。 私が高校を卒業し、就職してからも同居し、貧乏ながらも支えてくれた掛け替えのない存在。 プロポーズの決心をしてから…

カップル(フリー写真)

大好きだった彼

あれは今から1年半前。大学3年になりたての春。 大学の授業が終わり、帰り支度をしている時に携帯が鳴った。 着信画面を見ると、彼の親友でした。 珍しいなと思って電話に出…

交差点(フリー写真)

家族の支え

中学時代、幼馴染の親友が目の前で事故死した。 あまりに急で、現実を受け容れられなかった俺は少し精神を病んでしまった。 体中を血が出ても止めずに掻きむしったり、拒食症になった…

砂浜を歩くカップル(フリー写真)

当たり前の日常

小さな頃から、私と彼はいつも一緒でした。 周りがカップルに間違えるほどの仲でした。 私が彼に恋愛感情を抱いていると気付いたのは、高校3年生の時です。 今思うと、その前…

象(フリー写真)

三頭の象

上野の動物園は、桜の花盛りです。 風にぱっと散る花。お日様に光り輝いて咲く花。 お花見の人たちがどっと押し寄せ、動物園は砂埃を巻き上げるほどに混み合っていました。 象…