もう戻って来ない彼女

公開日: 恋愛 | 悲しい話

合格祈願の絵馬(フリー写真)

大好きだった彼女と別れた。

理由はシンプル。

俺が早稲田に落ちて浪人が決定したから。

「二人とも大学卒業したら結婚しようね」

こう言ってくれた彼女。

でも彼女は俺が浪人中に亡くなってしまった。

あれは8月を過ぎた頃だったかな。

メールも電話も全然来なくなって、

『彼女も浪人中の俺に気を遣ってくれているんだ』

と思い、より一層勉強に身を注いだ。

『早稲田に受かったら、もう一度彼女に告白しよう』

こう決めて、かなり高価なネックレスを買った。

受験結果は早稲田大学教育学部に合格。

真っ先に彼女の家へネックレスと合格通知届を持って向かった。

しかしそこにあったのは、彼女の遺影だった…。

一瞬で頭が真っ白になり、現実を受け止められない自分が居た。

親御さんから話を聞くと、ちょうど連絡が来なくなった8月辺りに、サークルの仲間との飲み会で急性アルコール中毒になって死んでしまったそうだ。

原因は、先輩との早飲み対決の強要によるものだった。

『俺が現役で大学に受かっていたら、彼女を守ることが出来たのに』

悔しさと涙と、自分に対する憤りが込み上げて来て、訳が解らない状態でした。

二年間思い焦がれた早稲田にようやく合格出来た日なのに…。

もう戻って来ない彼女。

あんなに好きで、あんなに愛し合っていて、結婚まで約束したのに。

俺を残して先に逝くなんて…。

いつも俺の横に居て、俺を支えてくれる笑顔が可愛い彼女…。

俺は結局この悲しみを乗り越えられず、早稲田は2年で中退した。

8年もフリーターをやって、もう一度、中央大の法学部夜間に再入学して卒業した。

今だに彼女の夢を見る。

恋人(フリー写真)

一番大切な人

当時21歳の私と倫子は、その日ちょっとしたことで喧嘩をしてしまった。 明らかに私が悪い理由で。 普段なら隣同士で寝るのに、この日は一つの部屋で少し離れて寝た。 ※ 19…

カップルと夕日(フリー写真)

国境と愛

彼女と俺は同じ大学だった。二人とも無事四年生になってすぐの4月、連日のように中国での反日デモがニュース番組を賑わしていた頃のこと。 中国人の彼女とはどうしても険悪なムードになるか…

消火活動(フリー写真)

救助から生まれた恋

5年前のある日、ある病院から火災発生の通報を受けた。 湿度が低い日だったせいか、現場に着いてみると既に燃え広がっていた。 救助のため中に入ると、一階はまだ何とか形を保ってい…

夕日(フリー写真)

戦時中のパラオにて

遠い南の島に、日本の歌を歌う老人が居た。 「あそこでみんな、死んで行ったんだ…」 沖に浮かぶ島を指差しながら、老人は呟いた。 ※ 太平洋戦争の時、その島には日本軍が進駐…

キャンドル(フリー写真)

キャンドルに懸けた想い

僕は24歳の時、当時勤めていた会社を退職して独立しました。 会社の駐車場で寝泊まりし、お子さんの寝顔以外は殆ど見ることが無いと言う上司の姿に、未来の自分の姿を重ねて怖くなったこと…

広島平和記念碑 原爆ドーム(フリー写真)

忘れてはならない

今日が何の日かご存知であろうか。知識としての説明は必要ないだろう。 だが一歩その先へ。それが、自分の経験であったかもしれないことを想像して頂きたい。 向こう70年、草木も生…

手を繋ぐカップル(フリー素材)

可愛い彼女がいた

俺には可愛い彼女がいた。 性格は素直でスタイルも良かったが、周囲からは 「え、あの女と付き合ってるの? お幸せに(笑)」 と、よく馬鹿にされた。 彼女は頭が非常…

彼女(フリー写真)

忘れられない暗証番号

元号が昭和から平成に変わろうとしていた頃の話です。 当時、私は二十代半ば。彼女も同じ年でした。 いよいよ付き合おうかという時期に、彼女から私に泣きながらの電話…。 「…

恋人同士(フリー写真)

がんばろうや

親父がサラ金で借金を作って逃げた。 それで、とうの昔に別居していた母さんと住む事になった。 友達にも母さんにも明るく振る舞っているけど、正直参っている。 「あんたは強…

夕日とカップル(フリー写真)

優しい貴方へ

元気ですか。 今、何処に居ますか。 生きていますか。 悪い事はもうしていませんか。 貴方と離れてから7年が経ちました。 貴方は私に言いました。 「沢…