もう戻って来ない彼女

公開日: 恋愛 | 悲しい話

合格祈願の絵馬(フリー写真)

大好きだった彼女と別れた。

理由はシンプル。

俺が早稲田に落ちて浪人が決定したから。

「二人とも大学卒業したら結婚しようね」

こう言ってくれた彼女。

でも彼女は俺が浪人中に亡くなってしまった。

あれは8月を過ぎた頃だったかな。

メールも電話も全然来なくなって、

『彼女も浪人中の俺に気を遣ってくれているんだ』

と思い、より一層勉強に身を注いだ。

『早稲田に受かったら、もう一度彼女に告白しよう』

こう決めて、かなり高価なネックレスを買った。

受験結果は早稲田大学教育学部に合格。

真っ先に彼女の家へネックレスと合格通知届を持って向かった。

しかしそこにあったのは、彼女の遺影だった…。

一瞬で頭が真っ白になり、現実を受け止められない自分が居た。

親御さんから話を聞くと、ちょうど連絡が来なくなった8月辺りに、サークルの仲間との飲み会で急性アルコール中毒になって死んでしまったそうだ。

原因は、先輩との早飲み対決の強要によるものだった。

『俺が現役で大学に受かっていたら、彼女を守ることが出来たのに』

悔しさと涙と、自分に対する憤りが込み上げて来て、訳が解らない状態でした。

二年間思い焦がれた早稲田にようやく合格出来た日なのに…。

もう戻って来ない彼女。

あんなに好きで、あんなに愛し合っていて、結婚まで約束したのに。

俺を残して先に逝くなんて…。

いつも俺の横に居て、俺を支えてくれる笑顔が可愛い彼女…。

俺は結局この悲しみを乗り越えられず、早稲田は2年で中退した。

8年もフリーターをやって、もう一度、中央大の法学部夜間に再入学して卒業した。

今だに彼女の夢を見る。

家族(フリー写真)

娘への遺言

レミオロメンの「3月9日」という曲が流れる度に、私は泣きそうになります。 両親は、私が10歳の時に事故死しました。 あの日は家族旅行に行っていました。 帰り道、高速…

手を繋いで歩く夫婦(フリー写真)

たった一つの記憶

私の夫は、結婚する前に脳の病気で倒れてしまい、死の淵を彷徨いました。 私がそれを知ったのは、倒れてから5日も経ってからでした。 夫の家族が病院に駆け付け、携帯電話を見て私の…

手を繋ぐカップル(フリー写真)

彼女に宛てた手紙

ゆいへ なあ、俺もうダメみてぇだ。 何でだ? お前に出会うまでは死にたいぐらい毎日が退屈だった。 でも今は俺すげえ生きたい。 何で病気に勝てねえんだろ? …

婚約指輪(フリー写真)

玩具の指輪

高校生の頃の話。 小さな頃から幼馴染の女がいるのだが、その子とは本当に仲が良かった。 小学生の頃、親父が左手の薬指に着けていた指輪が気になって、 「何でずっと着けてる…

恋人同士(フリー写真)

彼女のために出来ること

まだ一年程前の事です。 彼女がこの世を去りました。病死です。 その彼女と出会ったのは7年前でした。彼女はその頃、大学1年生でした。 彼女には持病があり、 「あと…

親子の後ろ姿(フリー写真)

育ての親

私には、お母さんが二人居た。 一人は、私に生きるチャンスを与えてくれた。 もう一人は……。 ※ 私の17歳の誕生日に、母が継母であることを聞かされた。 私を生んで…

バス停(フリー写真)

親切な彼女

バスで二人座席に座っていた学生風のカップル。 車椅子の人が乗ろうとした途端、彼女の方がすっと立ち上がって、彼氏に荷物を渡し、運転手が車椅子を乗せるお手伝いをしていた。 その…

カップルと夕日(フリー写真)

国境と愛

彼女と俺は同じ大学だった。二人とも無事四年生になってすぐの4月、連日のように中国での反日デモがニュース番組を賑わしていた頃のこと。 中国人の彼女とはどうしても険悪なムードになるか…

カップル(フリー写真)

大好きだった彼

あれは今から1年半前。大学3年になりたての春。 大学の授業が終わり、帰り支度をしている時に携帯が鳴った。 着信画面を見ると、彼の親友でした。 珍しいなと思って電話に出…

高校生(フリー写真)

ほら、笑いなよ!

高校2年生の夏、僕は恋をした。 好きで好きで堪らなかった。 その相手を好きになった切っ掛けは、僕がクラスで虐めに遭い落ち込んでいた頃、生きる意味すら分からなくなり教室で一人…