もう戻って来ない彼女

公開日: 恋愛 | 悲しい話

合格祈願の絵馬(フリー写真)

大好きだった彼女と別れた。

理由はシンプル。

俺が早稲田に落ちて浪人が決定したから。

「二人とも大学卒業したら結婚しようね」

こう言ってくれた彼女。

でも彼女は俺が浪人中に亡くなってしまった。

あれは8月を過ぎた頃だったかな。

メールも電話も全然来なくなって、

『彼女も浪人中の俺に気を遣ってくれているんだ』

と思い、より一層勉強に身を注いだ。

『早稲田に受かったら、もう一度彼女に告白しよう』

こう決めて、かなり高価なネックレスを買った。

受験結果は早稲田大学教育学部に合格。

真っ先に彼女の家へネックレスと合格通知届を持って向かった。

しかしそこにあったのは、彼女の遺影だった…。

一瞬で頭が真っ白になり、現実を受け止められない自分が居た。

親御さんから話を聞くと、ちょうど連絡が来なくなった8月辺りに、サークルの仲間との飲み会で急性アルコール中毒になって死んでしまったそうだ。

原因は、先輩との早飲み対決の強要によるものだった。

『俺が現役で大学に受かっていたら、彼女を守ることが出来たのに』

悔しさと涙と、自分に対する憤りが込み上げて来て、訳が解らない状態でした。

二年間思い焦がれた早稲田にようやく合格出来た日なのに…。

もう戻って来ない彼女。

あんなに好きで、あんなに愛し合っていて、結婚まで約束したのに。

俺を残して先に逝くなんて…。

いつも俺の横に居て、俺を支えてくれる笑顔が可愛い彼女…。

俺は結局この悲しみを乗り越えられず、早稲田は2年で中退した。

8年もフリーターをやって、もう一度、中央大の法学部夜間に再入学して卒業した。

今だに彼女の夢を見る。

関連記事

カップル(フリー写真)

書けなかった婚姻届

彼女とはバイト先で知り合った。 彼女の方が年上で、入った時から気にはなっていた。 「付き合ってる人は居ないの?」 「居ないよ…彼氏は欲しいんだけど」 「じゃあ俺…

雨(フリー写真)

真っ直ぐな青年の姿

20年前、私は団地に住んでいました。 夜の20時くらいに会社から帰ると、団地前の公園で雨の中、一人の男の子が傘もささず向かいの団地を見ながら立っていました。 はっきり言って…

ダイヤの結婚指輪(フリー写真)

年下の彼氏

年下の彼氏が居た。当時の私は30歳で、彼は22歳だった。 大学生だった彼は、社会人の私に頭が上がらなかったらしく、付き合い始めて3年経っていたが将来の話なんて一つもしなかった。 …

手を繋ぐカップル(フリー写真)

幸せの在り処

もう五年も前になる。 当時無職だった俺に彼女が出来た。 彼女の悩みを聞いてあげたのが切っ掛けだった。 正直、他人事だと思って調子の良いことを言っていただけだったが、彼…

恋人同士(フリー写真)

がんばろうや

親父がサラ金で借金を作って逃げた。 それで、とうの昔に別居していた母さんと住む事になった。 友達にも母さんにも明るく振る舞っているけど、正直参っている。 「あんたは強…

渓流(フリー写真)

お母さんと呼んだ日

私がまだ小学2年生の頃、継母が父の後妻として一緒に住むことになった。 特に苛められたとかそういうことは無かったのだけど、何だか馴染めなくて、いつまで経っても「お母さん」と呼べない…

桜(フリー写真)

優しい彼の嘘

私には付き合って一年の彼氏がいました。 その彼氏(Sとします)には持病があり、心臓を患っていました。 一緒にご飯を食べていると胸を押さえて苦しがったり、偶に倒れたり、何度も…

アパート(フリー写真)

おにぎりをくれた女の子

現在から20年以上も前、まだオンボロアパートで一人暮らしをしていた時の事だ。 安月給で金は無かったが、無いは無いなりに何とか食っては行けた。 隣の部屋には50代くらいのお父…

空(フリー写真)

生まれつき

私は生まれつき足に大きな痣があり、それが自分自身でも大嫌いでした。 更に小学生の頃、不注意からやかんの熱湯をひっくり返してしまい、両足に酷い火傷を負ってしまいました。 それ…

北部ソロモン諸島(ブーゲンビル島)の戦い

貴様飲め!

俺のおじいちゃんは戦争末期、南方に居た。 国名は忘れたけど、とにかくジャングルのような所で衛生状態が最悪だったらしい。 当然、マラリアだのコレラだのが蔓延する。 おじ…