兄ちゃんはヒーローだった

公開日: ちょっと切ない話 | 兄弟姉妹

アスレチックで遊ぶ双子(フリー写真)

兄ちゃんは、俺が腹が減ったと泣けば、弁当や菓子パンを食わせてくれた。

電気が点かない真っ暗な夜は、ずっと歌を唄って励ましてくれた。

寒くて凍えていれば、ありったけの毛布や服を被せてくれた。

何人もの男が怒号を上げて部屋に入って来た時は、押し入れに隠して庇ってくれた。

兄ちゃんは俺の神様で、ヒーローだった。

いつだって体を張って、俺を守ってくれていた。

例え二人きりでも、いつだって安心出来た。

だから全然気付かなかった。

ごめんなさい。

ごめんなさい。

俺に食わせるために毎日、万引きしていたんだってな。

父ちゃんと母ちゃんがお金を送ってくれたとか、全部嘘だったんだな。

二人とも借金でどうしようもなくなった挙句、俺たちを置き去りにして消えちゃって…。

でも借金取りの追跡が怖くて、

「すぐに帰って来るから、居ないことは誰にも言うな」

なんて言い残したものだから、兄ちゃん、誰にも助けを求められなかったんだってな。

泣き喚く俺を抱えて、どんなに怖かったか、不安だったか。

だけど見捨てもせず、怒りもせず、最後まで面倒を見てくれたんだな。

結局、兄ちゃんは万引きで捕まって、家に警察が来た。

呼び出された親戚は兄ちゃんを怒った。

でも、例え褒められた方法じゃなくても、親との約束を守り、俺を守った兄ちゃんは格好良かったと今でも思っている。

それから一週間くらい後だったかな。

兄ちゃんが父方、俺が母方の親戚に引き取られた日が、兄ちゃんを見た最後だった。

今、どこに居るんだよ。

元気でやっているのか。

会いたいよ。会ってありがとうと言いたいよ。

大好きだって言いたいよ。

普通の兄弟みたいに遊んだり、喧嘩したりしたいよ。

あの頃は大変だったな、なんて格好つけて語る兄貴の武勇伝を聞いて笑いたいよ。

いつか会えるよな、絶対。

野球ボール(フリー写真)

父と息子のキャッチボール

私の父は高校の時、野球部の投手として甲子園を目指したそうです。 「地区大会の決勝で9回に逆転され、あと一歩のところで甲子園に出ることができなかった」 と、小さい頃によく聞か…

親子の手(フリー写真)

親父の思い出

ある日、おふくろから一本の電話があった。 「お父さんが…死んでたって…」 死んだじゃなくて、死んでた? 親父とおふくろは俺が小さい頃に離婚していて、まともに会話すらし…

母(フリー写真)

お母さんへ

お母さん 台所に立つとあなたが横に立って居る気がします。 お母さん 洗濯物を畳んでいると、ずぼらな私に 「ほらもっとキレイに畳まないと」 と言うあなたの声…

柴犬(フリー写真)

犬のきなこ

10年以上前、友達が一匹の柴犬を飼い始めた。 体の色が似ているからと言って、その犬は『きなこ』という名前になった。 友達は夕方になるとよく『きなこ』を散歩させていた。 …

夕日と夫婦(フリー写真)

どうしてですか(゚Д゚)ゴルァ!

どうして私がいつもダイエットしている時に、(・∀・)ニヤニヤと見つめやがりますか(゚Д゚)ゴルァ! どうして私が悪いのに、ケンカになると先に謝りますか(゚Д゚)ゴルァ! …

街の夕日(フリー写真)

人とのご縁

自分は三人兄弟の真ん中として、どこにでもある中流家庭で育ちました。 父はかなり堅い会社のサラリーマンで、性格も真面目一筋。それは厳格で厳しい父親でした。 母は元々小学校の教…

万年筆(フリー写真)

わすれられないおくりもの

生まれて初めて、万年筆をくれた人がいました。 私はまだ小学4年生で、使い方も知りませんでした。 万年筆をくれたので、その人のことを『万年筆さん』と呼びます。 万年筆…

電車内から見る駅のホーム(フリー写真)

おとうさんという言葉

その日は約束の時間ぎりぎりに、舞浜駅のホームから階段を降りた。 雑踏の中には元妻と、ミニリュックを背負った小学3年生の息子が待っていた。 半年ほど見ない間に一回り大きくなっ…

蛍(フリー写真)

蛍は亡くなった人の魂

祖父が死んで、もう12年になる。 幼い頃から、 「蛍は亡くなった人の魂だから、粗末に扱うな」 と祖父に教えられてきた。 ※ 去年の8月15日の夜、父と俺とで家族総…

星空(フリー写真)

一生懸命に生きて

私は昨日、小学4年生の子から手紙で相談を受けました。 『僕のお母さんに元気になって欲しくて、プレゼントをあげたいんだけど、僕のお小遣いは329円しかありません。この値段で買えて、…