兄ちゃんはヒーローだった

公開日: ちょっと切ない話 | 兄弟姉妹

アスレチックで遊ぶ双子(フリー写真)

兄ちゃんは、俺が腹が減ったと泣けば、弁当や菓子パンを食わせてくれた。

電気が点かない真っ暗な夜は、ずっと歌を唄って励ましてくれた。

寒くて凍えていれば、ありったけの毛布や服を被せてくれた。

何人もの男が怒号を上げて部屋に入って来た時は、押し入れに隠して庇ってくれた。

兄ちゃんは俺の神様で、ヒーローだった。

いつだって体を張って、俺を守ってくれていた。

例え二人きりでも、いつだって安心出来た。

だから全然気付かなかった。

ごめんなさい。

ごめんなさい。

俺に食わせるために毎日、万引きしていたんだってな。

父ちゃんと母ちゃんがお金を送ってくれたとか、全部嘘だったんだな。

二人とも借金でどうしようもなくなった挙句、俺たちを置き去りにして消えちゃって…。

でも借金取りの追跡が怖くて、

「すぐに帰って来るから、居ないことは誰にも言うな」

なんて言い残したものだから、兄ちゃん、誰にも助けを求められなかったんだってな。

泣き喚く俺を抱えて、どんなに怖かったか、不安だったか。

だけど見捨てもせず、怒りもせず、最後まで面倒を見てくれたんだな。

結局、兄ちゃんは万引きで捕まって、家に警察が来た。

呼び出された親戚は兄ちゃんを怒った。

でも、例え褒められた方法じゃなくても、親との約束を守り、俺を守った兄ちゃんは格好良かったと今でも思っている。

それから一週間くらい後だったかな。

兄ちゃんが父方、俺が母方の親戚に引き取られた日が、兄ちゃんを見た最後だった。

今、どこに居るんだよ。

元気でやっているのか。

会いたいよ。会ってありがとうと言いたいよ。

大好きだって言いたいよ。

普通の兄弟みたいに遊んだり、喧嘩したりしたいよ。

あの頃は大変だったな、なんて格好つけて語る兄貴の武勇伝を聞いて笑いたいよ。

いつか会えるよな、絶対。

彼女(フリー写真)

彼女の導き

もう2年も前の話になる。 当時、俺は医学生だった。彼女も居た。 世の中にこれ以上、良い女は居ないと思う程の女性だった。 しかし彼女はまだ若かったにも関わらず、突如とし…

父の手(フリー写真)

受け継がれた情熱

俺の親父は消防士だった。 いつ何があってもおかしくない仕事だから、よく母に 「俺に何かあっても、お前らが苦労しないようにはしてる」 と言っていたのを憶えている。 ※…

通帳(フリー写真)

ばあちゃんの封筒

糖尿病を患っていて、目が見えなかったばあちゃん。 一番家が近くて、よく遊びに来る私を随分可愛がってくれた。 思えば、小さい頃の記憶は、殆どばあちゃんと一緒に居た気がする(母…

飛行機雲(フリー写真)

飛行機雲のように

「空に憧れて、空を駆けてゆく あの子の命は、飛行機雲」 その歌の通りでした。 小さい頃から、 「僕、ぜーったいパイロットになるからね!」 と言っていたあ…

手を繋ぐカップル(フリー写真)

彼女に宛てた手紙

ゆいへ なあ、俺もうダメみてぇだ。 何でだ? お前に出会うまでは死にたいぐらい毎日が退屈だった。 でも今は俺すげえ生きたい。 何で病気に勝てねえんだろ? …

恋人同士(フリー写真)

天邪鬼な君

関係を迫ると、あなたは紳士じゃないと言われる。 関係を迫らないと、あなたは男じゃないと言われる。 度々部屋を訪れると、もっと一人の時間が欲しいと言われる。 あまり部屋…

友情(フリー写真)

変わらないもの

俺たち小学校から高校までずっと一緒だったよな。 高卒後、俺は就職、お前はフリーター。 学歴社会の昨今、 「俺たちゃ負け組じゃねぇよな!がんばろうぜ!」 と、よく…

色鉛筆で描かれた線(フリー写真)

弟の物語

私の家族は、父、母、私、弟の四人家族。 弟がまだ六歳の時の話。 弟と私は十二才も歳が離れている。凄く可愛い弟。 だけど私は遊び盛りだったし、家に居れば父と母の取っ組み…

ブランコ(フリー写真)

母ちゃんの記憶

母ちゃんは俺が4歳の時、病気で死んだんだ。 ぼんやりと憶えている事が一つ。 俺はいつも公園で遊んでいたのだが、夕方になるとみんなの母ちゃんが迎えに来るんだ。 うちの母…

ベゴニア(フリー写真)

初めて好きになった人

俺が小学6年生の頃の話。 俺は当時、親の転勤で都会から田舎へと引っ越しをした。時期はちょうど夏休み。全く知らない土地で暮らすのはこれで五回目だった。 引っ越しが終わり、夏休…