兄ちゃんはヒーローだった

公開日: ちょっと切ない話 | 兄弟姉妹

アスレチックで遊ぶ双子(フリー写真)

兄ちゃんは、俺が腹が減ったと泣けば、弁当や菓子パンを食わせてくれた。

電気が点かない真っ暗な夜は、ずっと歌を唄って励ましてくれた。

寒くて凍えていれば、ありったけの毛布や服を被せてくれた。

何人もの男が怒号を上げて部屋に入って来た時は、押し入れに隠して庇ってくれた。

兄ちゃんは俺の神様で、ヒーローだった。

いつだって体を張って、俺を守ってくれていた。

例え二人きりでも、いつだって安心出来た。

だから全然気付かなかった。

ごめんなさい。

ごめんなさい。

俺に食わせるために毎日、万引きしていたんだってな。

父ちゃんと母ちゃんがお金を送ってくれたとか、全部嘘だったんだな。

二人とも借金でどうしようもなくなった挙句、俺たちを置き去りにして消えちゃって…。

でも借金取りの追跡が怖くて、

「すぐに帰って来るから、居ないことは誰にも言うな」

なんて言い残したものだから、兄ちゃん、誰にも助けを求められなかったんだってな。

泣き喚く俺を抱えて、どんなに怖かったか、不安だったか。

だけど見捨てもせず、怒りもせず、最後まで面倒を見てくれたんだな。

結局、兄ちゃんは万引きで捕まって、家に警察が来た。

呼び出された親戚は兄ちゃんを怒った。

でも、例え褒められた方法じゃなくても、親との約束を守り、俺を守った兄ちゃんは格好良かったと今でも思っている。

それから一週間くらい後だったかな。

兄ちゃんが父方、俺が母方の親戚に引き取られた日が、兄ちゃんを見た最後だった。

今、どこに居るんだよ。

元気でやっているのか。

会いたいよ。会ってありがとうと言いたいよ。

大好きだって言いたいよ。

普通の兄弟みたいに遊んだり、喧嘩したりしたいよ。

あの頃は大変だったな、なんて格好つけて語る兄貴の武勇伝を聞いて笑いたいよ。

いつか会えるよな、絶対。

関連記事

鉛筆と参考書(フリー写真)

厳しい母

私の母はとても厳しい。 身の回りの事は全て自分でやらされていた。 勉強も部活も一番じゃないと気が済まない。 定期テストで二番を取ると、 「二番は敗者の一番だ」…

花と手紙(フリー写真)

彼女が遺した手紙

私(晃彦)には幼稚園から連れ添ってきた恋人(美咲)がいる。 私が高校を卒業し、就職してからも同居し、貧乏ながらも支えてくれた掛け替えのない存在。 プロポーズの決心をしてから…

教室

思春期の揺れる心

中学1年生のころ、私の身近にはO君という特別な存在がいました。 私たちは深く心を通わせ、漫画やCDの貸し借りを楽しんだり、放課後や週末には図書館で学び合ったりしていました。 …

浅草の三社祭の提灯(フリー写真)

母のガイドブック

東京で単身赴任をしていた時、連休になるといつも嫁が来て、家事などをしてくれていた。 母にも、偶には東京に来いよと言っていたのだけど、人混みが苦手だと言い、決して来なかった。 …

ウェットフードを食べる猫(フリー写真)

猫エサ缶とコーヒー

俺はコンビニで一人夜勤をしている。 いつも夜中の3時くらいに、猫エサ缶とコーヒーを買って行くおっちゃんがいる。 おっちゃんが、 「うちの猫はこれしか食べないんだよ」 …

病室(フリー写真)

妹からの最後のメール

妹からの最後のメールを見て、命の尊さ、居なくなって残された者の悲しみがどれほど苦痛かを実感します。 白血病に冒され、親、兄弟でも骨髄移植は不適合でドナーも見つからず、12年間苦し…

赤ちゃんの手を握る母(フリー写真)

お母さんありがとう

昨日、午前4時22分に母が亡くなった。 風邪ひとつ引かない元気な母だった。 僕が幼稚園に入る頃には、もう父は居なかった。 借金を作って逃げたらしい。 母は早朝4…

カップル

余命と永遠の誓い

彼は肺がんで入院し、余命宣告されていました。 本人は退院後の仕事の予定を立て、これからの人生に気力を振り絞っていました。 私と彼は半同棲状態で、彼はバツイチで大分年上だっ…

赤ちゃんの足を持つ手(フリー写真)

ママの最後の魔法

サキちゃんのママは重い病気と闘っていたが、死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。 その時、サキちゃんはまだ2歳だった。 「あなた、サキのためにビデオを3本残します。 このビ…

ビーチを歩くカップル(フリー写真)

初恋と友情

親友に第一子が生まれたとメールが届いたので記念に投稿します。 親友の嫁が俺の初恋の相手。 親友も親友の嫁(以下Aとします)も俺も同じ小学校、同じクラスで、Aは小学3年生の時…