サンタさんから頼まれた

公開日: 心温まる話 | 震災に関する話

クリスマスプレゼント(フリー写真)

※編注: このお話は、東日本大震災発生から5日後の3月16日に2ちゃんねるに書き込まれました。

当方、宮城県民。

朝からスーパーに並んでいたのだが、私の前に母親と泣きべそをかいた子供が居たんだ。

子供は大事そうに壊れたニンテンドーDS(画面には亀裂が入っているし、部品も飛び出している)を持っていて、時折ボタンを押しては反応が無いことに落胆している様子。

母親との会話を聞くと、どうやらそのDSはサンタさんから貰ったらしい。

子供が凄く悲しそうでさ、ゲームが出来ないことより、サンタが怒っていないか気にしていた。

周りも私も何とも言えない気持ちになっていたら、一人の中学生くらいの男の子が子供に近付いて行った。

で、自分のDSを渡したんだよ、その子。

しかも、

「サンタさんから頼まれた」

と言って、壊れたDSと自分のを交換していた。

子供は大喜び。母親は涙ぐみながら頭を下げていた。

凄く嘘臭いけど本当の話。

電気も水も無いし、寒いし、食料も充分じゃない。

だけど大分気持ちが明るくなったよ。

余談だが、この現場を見ていたおばちゃん達が、その中学生に自分達が買った食料を分けていた。

私は彼にパワーを貰ったので、これを見たあなた達にもお裾分けしたい。

頑張ろうね。

手を繋ぐ友人同士(フリー写真)

メロンカップの盃

小学6年生の時の事。 親友と一緒に先生の資料整理の手伝いをしていた時、親友が 「あっ」 と小さく叫んだのでそちらを見たら、名簿の私の名前の後ろに『養女』と書いてあった…

桜(フリー写真)

娘を思う父の心

この前、娘が大学受けたんですよ、初めてね。 で、生まれて初めて娘の合格発表を迎えた訳ですわ。正直、最初は合格発表を見に行った娘の電話を待つのなんて簡単だと思ってたのよ。みんな普通…

インドネシアの朝焼け(フリー写真)

インドネシア建国の神話

1602年、オランダはジャワ島に東インド会社を設立し、植民地経営を始めました。 首都のジャヤカルタはバタヴィアに改称され、以降350年間に渡って、オランダは東ティモール以外の領…

色鉛筆で描かれた線(フリー写真)

弟の物語

私の家族は、父、母、私、弟の四人家族。 弟がまだ六歳の時の話。 弟と私は十二才も歳が離れている。凄く可愛い弟。 だけど私は遊び盛りだったし、家に居れば父と母の取っ組み…

飛行機の座席(フリー写真)

ファーストクラス

「ちょっとスチュワーデスさん!席を変えてちょうだい」 ヨハネスブルグ発の混んだ飛行機の中で、白人中年女性の乗客が叫んだ。 「何かありましたか?」 「あなた、解らないの…

三毛猫(フリー写真)

幸せな猫の一生

僕はご主人様に拾われました。 毎日、おいしいご飯をくれました。 外で汚れたら、お風呂で洗ってくれました。 いつもいっぱい遊んでくれました。 たまにイタズラして怒…

母への感謝の気持ち(フリー写真)

ありがとうな、おかん

なあなあ、おかんよ。 中学の時に不登校になり、夜間高校に入るも家に帰って来ず、毎日心配させてごめんよ。 二十歳を超えてからも、彼氏を作り勝手に同棲して、ろくに連絡もせず心配…

駅のホーム(フリー写真)

母を守る子

昔は JR大久保駅(兵庫県)から通勤していたのですが、週2日は午前10時までに舞子に着けば良い時期がありました。 朝はゆっくりできるし、電車は空いていて快適でした。 ホー…

タクシー(フリー写真)

母の愛

俺は母子家庭で育った。 当然物凄く貧乏で、それが嫌で嫌で仕方がなかった。 だから俺は馬鹿なりに一生懸命勉強して、隣の県の大きな町の専門学校に入ることができた。 そし…

ノートとペン(フリー写真)

一冊のノート

会社に入って3年目に、マンツーマンで一人の新人の教育を担当する事になりました。 実際に会ってみると覚えが悪く、何で俺がこの子を担当するんだろうと感じました。 しかし仕事で…