飼い犬との別れ

公開日: ちょっと切ない話 | ペット |

眠る犬(フリー写真)

今年の元旦の事だった。

僕の実家にはKという犬が居た。

Kは僕が大学の頃に飼い始めて、かれこれ14年。

飼い始めの頃はまだちっちゃくて、公園に散歩に連れて行っても、懸命に付いて来るのが精一杯だったのを憶えている。

大学時代は時間の余裕もあったから、毎日散歩をしていたよ。

散歩用のロープを持ち出すと大はしゃぎして、飛び付いて来たりしてな。

お手とかお座りを教えたのも懐かしい。

その後、大学を卒業し社会人になり、一人暮らしを始めると、大好きなKに会うことも出来なくなった。

正月やお盆に帰ると、忘れもしないで飛び付いて来る。

ほんとに、可愛いやつだな。

そんな感じで、約10年が過ぎた。

僕も仕事が忙しくなり、なかなか実家にも帰れない年が続いた。

去年の暮れ、仕事も落ち着いたので正月は実家で過ごそうと、久々に実家に帰った。

Kに久々に会った。

相変わらず尻尾をぶんぶん振っている。

相変わらず、飛び付いて来る。

僕も久々の対面が嬉しく、思い切り可愛がった。

その日の夕食時、母から最近Kは年のせいか元気が無く、寝てばかりいると聞いた。

そんなこんなで、明日の朝はみんなで、元朝参りにでも行こうと早めに寝た。

次の朝、起きて散歩してあげようと思いKの名前を呼んだ。

何故か犬小屋で、寝たままだった。

前日に母が言っていたのはこの事かと思いながら、小屋に近付いて名前を呼び首元をさすると、いつもの体の温もりは無かった。

Kは天国へ逝った。

理解したくはなかったが、それが現実だった。

去年は戌年。

Kは戌年を全うして生き抜きました。

おばあさん(フリー素材)

ばあちゃんいつまでもげんきでね

ばあちゃんの痴呆症は日に日に進行し、ついに家族の顔も分からなくなった。 お袋のことは変わらず母ちゃんと呼んだが、それすらも自分の母親と思い込んでいるらしかった。 俺と親父は…

女性(フリー写真)

見守ってる

昨日、恋人が死んだ。 病気で苦しんだ末、死んだ。 通夜が終わり、病院に置いて来た荷物を改めて取りに行ったら、その荷物の中に俺宛の手紙が入っていた。 そこには、 …

手紙(フリー写真)

神様に宛てた手紙

四歳になる娘が字を教えて欲しいと言ってきたので、どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。 ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。 「○○ちゃんから…

桜(フリー写真)

進学を願ってくれた母

僕の家は兄弟三人の母子家庭です。 母子家庭という事もあり、母は何も言わなかったけど家庭は火の車でした。 電気が止まった時も。 ガスが止まった時も。 中学の校納金…

空(フリー写真)

4歳の約束

7ヶ月前、妻が他界して初めての娘の4歳の誕生日。 今日は休みを取って、朝から娘と二人、妻の墓参りに出掛けて来た。 妻の死後はあんなに、 「ママにあいたい」 「…

母猫(フリー写真)

母猫の選択

Rの実家は猫好きな一家で、野良猫に餌をあげているうちに、家中猫だらけになってしまったそうだ。 住み着いた猫が仔を作り、その仔もまた仔を作る。 一時は家庭崩壊しかけたほど猫が…

母(フリー写真)

お母さんへ

お母さん 台所に立つとあなたが横に立って居る気がします。 お母さん 洗濯物を畳んでいると、ずぼらな私に 「ほらもっとキレイに畳まないと」 と言うあなたの声…

沖縄のビーチ(フリー写真)

母の唯一のワガママ

「沖縄に行かない?」 いきなり母が電話で聞いて来た。 当時は大学三年生で、就活で大変な時期だったため、 「忙しいから駄目」 と言ったのだが、母はなかなか諦めない…

父と娘

強い人

母は、強い人だった。 父が前立腺癌だと判った時も、入院が決まった時も、葬式の準備の時も、私たち子どもの前で一度も泣かなかった。 だからなのか、当時私はまるで映画を観ている…

浅草の三社祭の提灯(フリー写真)

母のガイドブック

東京で単身赴任をしていた時、連休になるといつも嫁が来て、家事などをしてくれていた。 母にも、偶には東京に来いよと言っていたのだけど、人混みが苦手だと言い、決して来なかった。 …