たくちゃん

学校(フリー背景素材)

その人は一個上の先輩で、同級生や後輩からも『たくちゃん』と呼ばれていた。

初めて話したのは小学校の運動会の時。

俺の小学校は、全学年ごちゃ混ぜで行われる。俺は青組みだった。

その中に、明らかに体のバランスの変な人が居た。それがたくちゃん。

たくちゃんは生まれつきの障害で身長があまり伸びない。所謂『小人病』らしい。

たくちゃんは初対面の俺らにも明るく話し掛け、同級生にも人気があった。

それを機に、俺はたくちゃんと仲良くなった。

たくちゃんは俺ん家の近くの団地に住んでいて、そこには小さな公園もあった。

そこは俺らの遊び場だった。ミニ四駆やハイパーヨーヨー、ポケモン…。

学校が終わると、上級生も下級生も皆がそこに集まった。たくちゃんは話が上手く、誰にでも優しかった。

初めて公園に来るグループにも積極的に話し掛けてやる。俺たちはかなり仲良くなった。

たくちゃんは中学に上がると、部活などで公園に来る事も無くなり、一年間ほど会わなかった。

やがて俺も中学に上ったが、何となく知らない上級生と居るたくちゃんには話し掛けづらく、前のように楽しく話すような事は無かった。

関係は変わったが、たくちゃんの身長は変わらなかった。

中学の卒業式の時に見たたくちゃんは、俺の腰あたりに頭があった。

その内、たくちゃんは地元の高校に進学した。

一年後、俺はたくちゃんとは違う、電車で15分ほどの所にある高校に進学した。

それからずっと、たくちゃんの事なんて忘れていたと思う。

高校1年生の二学期ももう終わるかという頃、俺は地元の友達と遊んでいた。

皆で歩いていると、たくちゃんが通う学校の前に、同級生らしき人とたくちゃんが居たのだが、様子が少し変だった。

たくちゃんが一人前を歩き、その他、何人かが後ろを歩く。

嫌な予感は当たり、たくちゃんはそいつらに後ろから小突かれたり、チビだのと言われていた。蹴られたりもしていた。

俺は心臓がかなりバクバクして、何故か焦った。どうして良いか分からなかった。

すると、一緒に居た俺の友達がたくちゃんの方へ走って行き、後ろの奴にいきなり飛び蹴りをした。

その後は俺も参加して、もうごちゃごちゃの大乱闘。

本当に奴等が許せなかった。明るいたくちゃんが虐めを受けている。この事に心底動揺した。悔しくて、許せなかった。

喧嘩は、泣きながら向かって行く俺らにビビって相手が逃げた。大勝利。

この後、たくちゃんと久しぶりに少し話した。

2日後、10人くらいの不良が学校帰りの俺を駅で待っていた。何発か殴られて、MDプレイヤーと携帯を壊され、金を取られた。

乱闘に参加した他の奴等の所にも来たらしい。奴等は俺の名前を知っていた。

何故かはすぐに予想できた。たくちゃんが話したんだろう。でも、怒りなどは湧かなかった。

親は俺の腫れた顔を見て驚いたものの大事にはせず、その日はすぐに寝た。

そして次の日、たくちゃんは死んだ。地元の文化ホールから飛び降りたのだ。

遺書などは無かったらしいが、恐らく裏切った俺らに合わせる顔が無いと思ったんじゃないかな。たくちゃん、優しいから。

何でそんな事を気にしたんだよ。脅されたんだろ? 俺らの名前なんか、幾らでも言っちゃえって。

そんな事を気にし合うような仲じゃないだろ、バカ。

関連記事

夫婦の重ねる手(フリー写真)

妻からの初メール

不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。 ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れて行った。 ずる賢く立ち回ったこともあり…

渓流(フリー写真)

お母さんと呼んだ日

私がまだ小学2年生の頃、継母が父の後妻として一緒に住むことになった。 特に苛められたとかそういうことは無かったのだけど、何だか馴染めなくて、いつまで経っても「お母さん」と呼べない…

薔薇の花(フリー写真)

せかいでいちばんのしあわせ

私が幼稚園の時に亡くなったお母さん。 当時、ひらがなを覚えたての私が読めるように、ひらがなだけで書かれた手紙を遺してくれた。 ※ みいちゃんが おかあさんのおなかにやってきて…

広島平和記念碑 原爆ドーム(フリー写真)

忘れてはならない

今日が何の日かご存知であろうか。知識としての説明は必要ないだろう。 だが一歩その先へ。それが、自分の経験であったかもしれないことを想像して頂きたい。 向こう70年、草木も生…

野球のグローブ(フリー写真)

カーブ!

今はお通夜の最中です。兄貴が死にました。 4つ年上の兄貴は40歳の若さで、この世を去りました。胃癌でした。 私の家は母子家庭でした。だから初めて野球を教えてくれたのは、親父…

スケッチブック(フリー写真)

手作りのアルバム

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった。 だから写真の代わりに、母さんが色鉛筆で俺の絵を描いてアルバムにしていた。 絵は決して上手ではない。 た…

太陽と手のひら(フリー写真)

この命を大切に生きよう

あれは何年も前、僕が年長さんの時でした。 僕は生まれた時から重度のアレルギーがあり、何回も生死の境を彷徨って来ました。 アレルギーの発作の事をアナフィラキシーショックと言…

沖縄のビーチ(フリー写真)

母の唯一のワガママ

「沖縄に行かない?」 いきなり母が電話で聞いて来た。 当時は大学三年生で、就活で大変な時期だったため、 「忙しいから駄目」 と言ったのだが、母はなかなか諦めない…

手話(フリーイラスト素材)

手話の先生

小学生の頃、難聴の子がクラスに居た。 補聴器を付ければ普通学級でも問題無い程度の難聴の子だった。 彼女はめちゃくちゃ内気で、イジメられこそしていなかったけど、友達は居なかっ…

虹(フリー写真)

人生

1960年に私は生まれて、今まで生きてきた。 いたずらっ子だった小学生時代。 落ちこぼれだった中学生時代。 レスリングに出会い、スポーツが何たるかを学んだ高校時代。 …