たくちゃん

学校(フリー背景素材)

その人は一個上の先輩で、同級生や後輩からも『たくちゃん』と呼ばれていた。

初めて話したのは小学校の運動会の時。

俺の小学校は、全学年ごちゃ混ぜで行われる。俺は青組みだった。

その中に、明らかに体のバランスの変な人が居た。それがたくちゃん。

たくちゃんは生まれつきの障害で身長があまり伸びない。所謂『小人病』らしい。

たくちゃんは初対面の俺らにも明るく話し掛け、同級生にも人気があった。

それを機に、俺はたくちゃんと仲良くなった。

たくちゃんは俺ん家の近くの団地に住んでいて、そこには小さな公園もあった。

そこは俺らの遊び場だった。ミニ四駆やハイパーヨーヨー、ポケモン…。

学校が終わると、上級生も下級生も皆がそこに集まった。たくちゃんは話が上手く、誰にでも優しかった。

初めて公園に来るグループにも積極的に話し掛けてやる。俺たちはかなり仲良くなった。

たくちゃんは中学に上がると、部活などで公園に来る事も無くなり、一年間ほど会わなかった。

やがて俺も中学に上ったが、何となく知らない上級生と居るたくちゃんには話し掛けづらく、前のように楽しく話すような事は無かった。

関係は変わったが、たくちゃんの身長は変わらなかった。

中学の卒業式の時に見たたくちゃんは、俺の腰あたりに頭があった。

その内、たくちゃんは地元の高校に進学した。

一年後、俺はたくちゃんとは違う、電車で15分ほどの所にある高校に進学した。

それからずっと、たくちゃんの事なんて忘れていたと思う。

高校1年生の二学期ももう終わるかという頃、俺は地元の友達と遊んでいた。

皆で歩いていると、たくちゃんが通う学校の前に、同級生らしき人とたくちゃんが居たのだが、様子が少し変だった。

たくちゃんが一人前を歩き、その他、何人かが後ろを歩く。

嫌な予感は当たり、たくちゃんはそいつらに後ろから小突かれたり、チビだのと言われていた。蹴られたりもしていた。

俺は心臓がかなりバクバクして、何故か焦った。どうして良いか分からなかった。

すると、一緒に居た俺の友達がたくちゃんの方へ走って行き、後ろの奴にいきなり飛び蹴りをした。

その後は俺も参加して、もうごちゃごちゃの大乱闘。

本当に奴等が許せなかった。明るいたくちゃんが虐めを受けている。この事に心底動揺した。悔しくて、許せなかった。

喧嘩は、泣きながら向かって行く俺らにビビって相手が逃げた。大勝利。

この後、たくちゃんと久しぶりに少し話した。

2日後、10人くらいの不良が学校帰りの俺を駅で待っていた。何発か殴られて、MDプレイヤーと携帯を壊され、金を取られた。

乱闘に参加した他の奴等の所にも来たらしい。奴等は俺の名前を知っていた。

何故かはすぐに予想できた。たくちゃんが話したんだろう。でも、怒りなどは湧かなかった。

親は俺の腫れた顔を見て驚いたものの大事にはせず、その日はすぐに寝た。

そして次の日、たくちゃんは死んだ。地元の文化ホールから飛び降りたのだ。

遺書などは無かったらしいが、恐らく裏切った俺らに合わせる顔が無いと思ったんじゃないかな。たくちゃん、優しいから。

何でそんな事を気にしたんだよ。脅されたんだろ? 俺らの名前なんか、幾らでも言っちゃえって。

そんな事を気にし合うような仲じゃないだろ、バカ。

関連記事

震災(フリー写真)

救助活動

東日本大震災。 辺りは酷い有り様だった。 鳥居の様に積み重なった車、田んぼに浮く漁船。 一階部分は瓦礫で隙間無く埋め尽くされ、道路さえまともに走れない。 明るく…

父と子のシルエット(フリー写真)

親父からのタスキ

小さい頃、よく親父に連れられて街中を走ったものだった。 生まれた町は田舎だったので交通量が少なく、そして自然が多く、晴れた日にはとても気持ちの良い空気が漂っていた。 ※ 親父…

恋人(フリー写真)

彼女の遺言

大学時代の同級生仲間で、1年の時から付き合っているカップルが居ました。 仲良しで、でも二人だけの世界を作っている訳ではなく、みんなと仲良くしていました。 私は女の方の一番の…

夕日(フリー写真)

祖父母からのお小遣い

自分には77歳のばあちゃんがいる。 数ヶ月前にじいちゃんが亡くなり、最近はあまり元気が無い。 ばあちゃんの家には車で20分程で行ける距離だから、父と定期的に行くようにしてい…

手を握る(フリー写真)

仲直り

金持ちで顔もまあまあ。 何より明るくて突っ込みが上手く、ボケた方が 「俺、笑いの才能あるんじゃね」 と勘違いするほど(笑)。 彼の周りには常に笑いが絶えなかった…

太平洋戦争(フリー写真)

少年の志願

俺は今、介護福祉士として働いている。 妹が今度修学旅行で鹿児島へ行くらしく、職場でその話をしていたら、利用者さんの一人が 「鹿児島か…」 と暗く呟いた。 その方…

放課後の黒板(フリー写真)

好きという気持ち

中学1年生の時、仲の良かったO君という男の子が居た。 漫画やCDを貸しっこしたり、放課後一緒に勉強したり、土日も二人で図書館などで会ったりしていた。 中学2年生になる前に、…

ドーナツ(フリー写真)

ミスドの親子

日曜にミスドへ行った時の話。 若いお父さんと、3歳くらいの目がくりくりした可愛い男の子が席に着いた。 お父さんと私は背中合わせ。以下、肩越しに聞いた会話。 子「どーな…

桜(フリー写真)

戦友を弔うために

インドで傭兵としてパキスタン軍と対峙していた時、遠くから歌が聞こえてきた。 知らない言葉の歌だったが、味方のものではないことは確かなので、銃をそちらに向けた。すると上官に殴り飛ば…

アスレチックで遊ぶ双子(フリー写真)

兄ちゃんはヒーローだった

兄ちゃんは、俺が腹が減ったと泣けば、弁当や菓子パンを食わせてくれた。 電気が点かない真っ暗な夜は、ずっと歌を唄って励ましてくれた。 寒くて凍えていれば、ありったけの毛布や服…