大好きな姉

公開日: ちょっと切ない話 | 兄弟姉妹

バー(フリー写真)

20歳を迎えたその日、姉が雰囲気の良いショットバーに連れて行ってくれた。

初めてのバーに圧倒されている俺を見て、姉は

「緊張してんの? 何か子供の頃のアンタみたい」

とニヤけた顔をしながら、大好きなコロナビールをあおっていた。

俺と姉は結構仲が良く、ファッションや音楽の趣味も大体同じ感覚だった。

偶に姉と買い物に出掛けたが、途中で飽きる事は無かった。

友人たちから、お前らマジで姉弟関係なのかと問われる事があるほど、仲が良かったと思う。

俺も姉も良い感じに酔って来た時、いつもの顔ではない姉がそこに居た。

「本当、アンタとこんな風に飲めるなんて思わなかったわよ。

あの時、アンタが死んでたらアタシも死んでたかも…。

何時だってアンタは…アンタはアタシの弟なんだよ…。

アタシ、アンタの姉で良かったよ」

そう言って姉はポロポロと涙を溢した。

俺は小学校の時に、交通事故に遭って生死の境を彷徨った。

姉と二人で登校していたのだが、信号無視の車が俺に突っ込んだのだ。

親から聞いたのだが、その時に姉は俺を轢いた加害者に掴みかかり、

「弟が死んだらアタシも死んで化けて出てやるんだから」

と言ったらしい。

「ねぇねぇ、アンタ彼女にフラレたらしいじゃん。寂しいならアタシが構ってアゲルよ~」

「姉ちゃん酔いすぎだヴォケ!」

色目を使って脇腹をつつく姉に、俺はこの人が姉で本当に良かったと思った。

元気で優しくて、時折ケンカもして、だけど辛い時は必ず相談に乗ってくれて…。

その後はいつも、俺の大好きなポテトサラダを作ってくれた姉。

そんな姉が、去年他界した。

病気で辛かったはずなのに俺や親に黙っていて、気付いたら手遅れだった。

鈴虫の鳴く声が響く静かな夜、最期に姉はこう言った。

「あの時にアタシはアンタに命を分けた気がするよ。

だから、アンタはアタシの分までしっかり生きるんだよ」

俺は姉が大好きだったんだなと思う。マジで半分くらいシスコンだった気がする。

でも姉ちゃん、俺はね、マジでアンタが実姉で本当に良かったと思うよ。

東京ドーム(フリー写真)

野球、ごめんね

幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。 学も無く技術も無かった母は、個人商店の手伝いのような仕事で生計を立てていた。 それでも当時住んでいた土地にはまだ人…

道場(フリー写真)

強い意志

半年程前に「強くなりたい」と相撲道場に入部して来た子。 はっきり言って運動神経も無く、体もひ弱です。 あまりここに書くのも憚られますが、とても切ない過去を持つ子供なんです。…

裁縫(フリー写真)

妹に作った妖精衣装

俺には妹が居るんだが、これが何と10歳も年が離れている。 しかも俺が13歳、妹が3歳の時に母親が死んでしまったので、俺が母親代わり(父親は生きているから)みたいなものだった。 …

手を繋ぐ友人同士(フリー写真)

メロンカップの盃

小学6年生の時の事。 親友と一緒に先生の資料整理の手伝いをしていた時、親友が 「あっ」 と小さく叫んだのでそちらを見たら、名簿の私の名前の後ろに『養女』と書いてあった…

ファミレス(フリー写真)

兄妹の情

ファミレスで仕事をしていると、隣のテーブルに親子が座ったんです。 妙に若作りしている茶髪のお母さんと、中学一年生くらいの兄、そして小学校低学年くらいの妹です。 最初はどこに…

おにぎり(フリー写真)

二人の母

俺の母親は、俺が5歳の時に癌で亡くなった。 それから2年間、父と2歳年上の姉と三人暮らしをしていた。 俺が小学1年生の時のある日曜日、父が俺と姉に向かって 「今から二…

金魚すくいをする女の子(フリー写真)

兄妹の金魚すくい

俺が打っている店(金魚すくい)に、兄妹と思われる7歳ぐらいの女の子と、10歳ぐらいの男の子がやって来た。 妹は他の子供たちが金魚すくいをしているのを興味津々で長い間見ていたが、や…

母の手を握る赤子(フリー写真)

母の想い

彼は幼い頃に母親を亡くし、父親と祖母と暮らしていました。 17歳の時、急性骨髄性白血病にかかってしまい、本人すら死を覚悟していましたが、骨髄移植のドナーが運良く見つかり死の淵から…

女の子の後ろ姿(フリー写真)

温かい家庭

兄家族が俺達の家にやって来て、長女を押し付け引っ越して行った。 兄も兄嫁も甥っ子だけが生き甲斐みたいなところがあったんだよね。 甥っ子は本当に頭が良かったんだ。 勉強…

太陽の光(フリー写真)

あなたらしく生きてください

高校時代に付き合っていた彼女の口癖だった言葉。 「やらないで後悔するより、やって後悔した方が良いんじゃない?」 別れた後も、何故か手紙のやり取りはしていた。 でも、あ…