大好きな姉

公開日: ちょっと切ない話 | 兄弟姉妹

バー(フリー写真)

20歳を迎えたその日、姉が雰囲気の良いショットバーに連れて行ってくれた。

初めてのバーに圧倒されている俺を見て、姉は

「緊張してんの? 何か子供の頃のアンタみたい」

とニヤけた顔をしながら、大好きなコロナビールをあおっていた。

俺と姉は結構仲が良く、ファッションや音楽の趣味も大体同じ感覚だった。

偶に姉と買い物に出掛けたが、途中で飽きる事は無かった。

友人たちから、お前らマジで姉弟関係なのかと問われる事があるほど、仲が良かったと思う。

俺も姉も良い感じに酔って来た時、いつもの顔ではない姉がそこに居た。

「本当、アンタとこんな風に飲めるなんて思わなかったわよ。

あの時、アンタが死んでたらアタシも死んでたかも…。

何時だってアンタは…アンタはアタシの弟なんだよ…。

アタシ、アンタの姉で良かったよ」

そう言って姉はポロポロと涙を溢した。

俺は小学校の時に、交通事故に遭って生死の境を彷徨った。

姉と二人で登校していたのだが、信号無視の車が俺に突っ込んだのだ。

親から聞いたのだが、その時に姉は俺を轢いた加害者に掴みかかり、

「弟が死んだらアタシも死んで化けて出てやるんだから」

と言ったらしい。

「ねぇねぇ、アンタ彼女にフラレたらしいじゃん。寂しいならアタシが構ってアゲルよ~」

「姉ちゃん酔いすぎだヴォケ!」

色目を使って脇腹をつつく姉に、俺はこの人が姉で本当に良かったと思った。

元気で優しくて、時折ケンカもして、だけど辛い時は必ず相談に乗ってくれて…。

その後はいつも、俺の大好きなポテトサラダを作ってくれた姉。

そんな姉が、去年他界した。

病気で辛かったはずなのに俺や親に黙っていて、気付いたら手遅れだった。

鈴虫の鳴く声が響く静かな夜、最期に姉はこう言った。

「あの時にアタシはアンタに命を分けた気がするよ。

だから、アンタはアタシの分までしっかり生きるんだよ」

俺は姉が大好きだったんだなと思う。マジで半分くらいシスコンだった気がする。

でも姉ちゃん、俺はね、マジでアンタが実姉で本当に良かったと思うよ。

浜辺を走る親子(フリー写真)

両親は大切に

人前では殆ど泣いたことのない俺が、生涯で一番泣いたのはお袋が死んだ時だった。 お袋は元々ちょっと頭が弱くて、よく家族を困らせていた。 思春期の俺は、普通とは違う母親がむかつ…

兄妹(フリー写真)

たくましいお兄ちゃん

親戚にとても仲の良い幼い兄妹が居た。 兄は3才の康介ちゃんで、妹は2才の愛ちゃん。 当時21歳だった俺にとっても、可愛くてたまらない子供達だった。 ※ しかしある年末、…

カップル

君への罪滅ぼし

高校二年の終わり、図書館で偶然隣に座った君に、僕は一目惚れをした。 僕はそれから学校が終わると駆け足で図書館に通い、いつも君を事を探していた。 勇気を出して話し掛けてみた…

猫(フリー写真)

鳴かない猫

昔話だけど。 実家の猫は赤ちゃんの時、空き地で目も潰れて放置され、泣き喚いていたところを保護したんだ。 正直、化け猫のようで触るのも躊躇するほどの悲惨さだった。 目は…

ちゃぶ台(フリー写真)

色褪せた家族写真

一昨年、ばあちゃんが死んだ。 最後に会ったのは、俺が中学生の時だったかな。 葬式の為に20年越しで、ばあちゃんの住んでいた田舎に行った。 次の日、遺品の整理をする為に…

ナースステーション(フリー写真)

最強のセーブデータ

俺が小学生だった時の話。 ゲームボーイが流行っていた時期のことだ。 俺は車と軽く接触し、入院していた。 同じ病室には、ひろ兄という患者が居た。 ひろ兄は俺と積極…

結婚式の花嫁さん(フリー写真)

お父さんよりいい男

私の小さい頃の夢は、お父さんのお嫁さんになることでした。 お父さんに対して、嫌いと思ったことも嫌だと思ったこともありませんでした。 周りの友達よりもお父さんとは仲良しだった…

花火(フリー写真)

花火とプロポーズ

2012年の夏。 付き合って2年になる彼女がいた。 彼女とは中学の同級生で、成人してから付き合い始めた。 同窓会で2年振りの再会。 お互いにどんな性格なのか、趣…

野良猫(フリー写真)

猫の痰助

11年前の2月、何も無い湖の駐車場に彼女と居ると、ガリガリの猫が寄って来た。 よろよろと俺たちの前に来ると、ペタンと地面に腹をつけて座った。 動物に無関心だった俺は『キタね…

手を握る(フリー写真)

ごうちゃん

母が24歳、父が26歳、自分が6歳の時に両親は離婚した。 母が若くして妊娠し、生まれた自分は望まれて生を受けた訳ではなかった。 母は別の男を作り、父は別の女を作り、両親は裁…