大好きな姉

公開日: ちょっと切ない話 | 兄弟姉妹

バー(フリー写真)

20歳を迎えたその日、姉が雰囲気の良いショットバーに連れて行ってくれた。

初めてのバーに圧倒されている俺を見て、姉は

「緊張してんの? 何か子供の頃のアンタみたい」

とニヤけた顔をしながら、大好きなコロナビールをあおっていた。

俺と姉は結構仲が良く、ファッションや音楽の趣味も大体同じ感覚だった。

偶に姉と買い物に出掛けたが、途中で飽きる事は無かった。

友人たちから、お前らマジで姉弟関係なのかと問われる事があるほど、仲が良かったと思う。

俺も姉も良い感じに酔って来た時、いつもの顔ではない姉がそこに居た。

「本当、アンタとこんな風に飲めるなんて思わなかったわよ。

あの時、アンタが死んでたらアタシも死んでたかも…。

何時だってアンタは…アンタはアタシの弟なんだよ…。

アタシ、アンタの姉で良かったよ」

そう言って姉はポロポロと涙を溢した。

俺は小学校の時に、交通事故に遭って生死の境を彷徨った。

姉と二人で登校していたのだが、信号無視の車が俺に突っ込んだのだ。

親から聞いたのだが、その時に姉は俺を轢いた加害者に掴みかかり、

「弟が死んだらアタシも死んで化けて出てやるんだから」

と言ったらしい。

「ねぇねぇ、アンタ彼女にフラレたらしいじゃん。寂しいならアタシが構ってアゲルよ~」

「姉ちゃん酔いすぎだヴォケ!」

色目を使って脇腹をつつく姉に、俺はこの人が姉で本当に良かったと思った。

元気で優しくて、時折ケンカもして、だけど辛い時は必ず相談に乗ってくれて…。

その後はいつも、俺の大好きなポテトサラダを作ってくれた姉。

そんな姉が、去年他界した。

病気で辛かったはずなのに俺や親に黙っていて、気付いたら手遅れだった。

鈴虫の鳴く声が響く静かな夜、最期に姉はこう言った。

「あの時にアタシはアンタに命を分けた気がするよ。

だから、アンタはアタシの分までしっかり生きるんだよ」

俺は姉が大好きだったんだなと思う。マジで半分くらいシスコンだった気がする。

でも姉ちゃん、俺はね、マジでアンタが実姉で本当に良かったと思うよ。

恋人同士(フリー写真)

がんばろうや

親父がサラ金で借金を作って逃げた。 それで、とうの昔に別居していた母さんと住む事になった。 友達にも母さんにも明るく振る舞っているけど、正直参っている。 「あんたは強…

彼女(フリー写真)

彼女の導き

もう2年も前の話になる。 当時、俺は医学生だった。彼女も居た。 世の中にこれ以上、良い女は居ないと思う程の女性だった。 しかし彼女はまだ若かったにも関わらず、突如とし…

ブランコ(フリー写真)

母ちゃんの記憶

母ちゃんは俺が4歳の時、病気で死んだんだ。 ぼんやりと憶えている事が一つ。 俺はいつも公園で遊んでいたのだが、夕方になるとみんなの母ちゃんが迎えに来るんだ。 うちの母…

夕陽(フリー写真)

親父からの感謝の言葉

俺の親父は我儘な人だった 小遣いは母親から好きな時に好きなだけ貰い、そのくせ下手なギャンブルでスっては不機嫌な様子で家に帰って来て、酒を飲みまくり暴れるような人だった。 幸…

教室(フリー背景素材)

先生の涙

私がその先生に出会ったのは、中学一年生の時だった。 先生は私のクラスの担任だった。 明るくて元気いっぱい。 けれど怒る時は物凄い勢いで怒る。 そんなパワフルな先…

学校(フリー写真)

学生時代の思い出

俺が中学生の時の話。 当時はとにかく運動部の奴がモテた。 中でも成績が優秀な奴が集まっていたのがバスケ部だった。 気が弱くて肥満体の俺は、クラス替え当日から、バスケ部…

冬と春の境界(フリー写真)

人間としての愛

1月の朝がとても寒い時に、必ず思い出す少年がいます。 当時、私は狭心症で休職し、九州の実家にて静養していた時でした。 毎朝、愛犬のテツと散歩していた時に、いつも遅刻して実家…

ハンバーグ(フリー写真)

お母さんの弁当

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父が作っていた。 でも遠足などで弁当が必要な時は、母さんが頑張って作ってくれていた。 ※ 小学六年生の…

差し伸べる手(フリー写真)

俺を育ててくれた兄貴

俺を育ててくれた兄貴が正月に結婚したんだ。 兄貴と言っても、血は繋がっていないけれど。 ※ 自分が5歳の時に親父が死んでから、母親が女手一つで育ててくれた。 親父と結婚…

老夫婦(フリー写真)

夫婦の最期の時間

福岡市の臨海地区にある総合病院。 周囲の繁華街はクリスマス商戦の真っ只中でしたが、病院の玄関には大陸からの冷たい寒気が、潮風となって吹き込んでいたと思います。 そんな夕暮れ…