最後のショットバー

公開日: 兄弟姉妹 | 心温まる話

バー

20歳の誕生日、姉は私を雰囲気の良いショットバーに連れて行ってくれた。初めてのバー体験に圧倒されている私を見て、姉は「緊張してんの? 何か子供の頃のアンタみたい」と笑いながら、彼女が大好きなコロナビールを飲んでいた。

私と姉は非常に仲が良く、ファッションや音楽の趣味もほぼ同じでした。一緒に買い物に出かけることも多く、途中で飽きることは一度もありませんでした。友人たちからは、私たちが本当に兄弟かと問われるほどでした。

その夜、酔いがまわった姉はいつもと違う表情で、「本当、アンタとこんな風に飲めるなんて思わなかったわよ。あの時、アンタが死んでたらアタシも死んでたかもしれない…。いつでもアンタは…アンタはアタシの弟なんだよ…。アタシ、アンタの姉で良かった」と言って涙を流しました。

私は小学生の時、交通事故に遭い、生死の境をさまよったことがあります。その時、姉は私と一緒に登校しており、事故の衝撃から私を守ろうとしました。後に親から聞いた話では、姉は加害者に向かって「弟が死んだらアタシも死んで化けて出てやる」と叫んだそうです。

事故の話をしていた夜、姉はふざけて「ねぇねぇ、アンタ彼女にフラれたらしいじゃん。寂しいならアタシが構ってあげるよ〜」と言い、私は「姉ちゃん酔いすぎだヴォケ!」と笑いながら応じました。その時も、姉の存在がどれほど私にとって大切かを改めて感じました。

姉はいつも元気で、困った時は必ず相談に乗ってくれ、時には私の好きなポテトサラダを作ってくれるような人でした。

しかし、去年姉は他界しました。病気を抱えていたにも関わらず、家族にはその苦しみを隠していました。最期に姉は、「あの時にアタシはアンタに命を分けた気がするよ。だから、アンタはアタシの分までしっかり生きるんだよ」と言い残しました。

私は姉がどれほど好きだったか、そして姉が私の実姉であることにどれほど感謝しているかを心から思います。彼女との思い出は、これからもずっと私の心の中で生き続けるでしょう。

関連記事

クリスマスプレゼント(フリー写真)

サンタさんから頼まれた

※編注: このお話は、東日本大震災発生から5日後の3月16日に2ちゃんねるに書き込まれました。 ※ 当方、宮城県民。 朝からスーパーに並んでいたのだが、私の前に母親と泣きべそ…

犬(フリー写真)

天国のアビーへ

米国の4歳の女の子が愛犬の死を受け、神様に手紙を送ったという話が、米ニュースサイトのニュースバインで紹介された。 このエピソードは、女の子の母親から送られて来たメールを見た記者…

ファミレス(フリー写真)

兄妹の情

ファミレスで仕事をしていると、隣のテーブルに親子が座ったんです。 妙に若作りしている茶髪のお母さんと、中学一年生くらいの兄、そして小学校低学年くらいの妹です。 最初はどこに…

夫婦の重ねる手(フリー写真)

妻からの初メール

不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。 ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れて行った。 ずる賢く立ち回ったこともあり…

警察官の方(フリー写真)

人と人との出会い

何年か前の、5月の連休中のこと。 あるご夫婦がライトバンのレンタカーを借り、佐賀から大分県の佐伯(さいき)市を目指して出掛けた。 佐伯市からは夜23時に四国行きのフェリーが…

メリーゴーランド

触れる魔法

私たちの前を、目の見えない夫婦が手を取り合って歩いていました。 彼らはそれぞれ白杖を携えており、ディズニーランドのキャストが優しく案内しながら、彼らと並んで歩いていました。 …

夕日と夫婦(フリー写真)

どうしてですか(゚Д゚)ゴルァ!

どうして私がいつもダイエットしている時に、(・∀・)ニヤニヤと見つめやがりますか(゚Д゚)ゴルァ! どうして私が悪いのに、ケンカになると先に謝りますか(゚Д゚)ゴルァ! …

お見舞いの花(フリー写真)

迷惑掛けてゴメンね

一年前の今頃、妹が突然電話を掛けて来た。家を出てからあまり交流が無かったので、少し驚いた。 「病院に行って検査をしたら、家族を呼べって言われたから来て。両親には内緒で」 嫌…

お茶碗(フリー写真)

テーブルのお皿

私と淳子は、結婚して社宅で暮らし始めました。 台所には四人がやっと座れる小さなテーブルを置き、そこにピカピカの二枚のお皿が並びます。 新しい生活が始まることを感じました。 …

女の子の後ろ姿(フリー写真)

温かい家庭

兄家族が俺達の家にやって来て、長女を押し付け引っ越して行った。 兄も兄嫁も甥っ子だけが生き甲斐みたいなところがあったんだよね。 甥っ子は本当に頭が良かったんだ。 勉強…