祖父の恩人

公開日: 心温まる話 | 戦時中の話

空(フリー写真)

仕事でどうしようもないミスをしてしまい、次の日に仕事に行きたくないと鬱ぎ込んでいた時の事だ。

家に帰りたくなく、仕事帰りにいつもは乗らない電車に乗って他県まで行ってみた。

そこの大き目の駅で降り、お腹が空いていたので飲み屋に入ったんだ。

サンマ定食とビールを頼んでぼんやりと俯いていると、隣席のおじいさんに話し掛けられた。

随分と負のオーラが出ていた自分が心配だったそうだ。

白髪で薄い髪だったが、左目の下に大きな古傷が印象的なおじいさんだった。

仕事の話をしても仕方ないと思いつつ、聞いてもらえるのが嬉しくてべらべら愚痴ってしまった。

終いには嗚咽交じりになってしまった自分の背中をさすってくれて、私が泣き止むとウーロン茶をご馳走してくれた。

その時、こう言ってくれたんだ。

「私が君くらいの時は戦争があったから、仕事の悩みなんてなかった。

でも恐い上司は居たよ(笑)。それと大事な部下もね。

君が悩んでいるのは仕事に真剣に取り組んでいるからなんだ。その事を自信に思って欲しい。

いつか君が部下を持った時に君が守ってあげられるよう、今は辛いが挫けてはいけないよ」

それから戦時中の話(陸軍の小隊長としてビルマという所で戦っていたそうだ)をしてくれた。

地雷原を突破する時にもう絶対駄目だと思った事、それでも生き残れた事を静かに語ってくれた。

私は自分が修羅場だと思っていた事と、地雷と弾丸の嵐の中を走れと言われた事とを比べて恥ずかしくなったよ。

でもそれに加えて、この話をどこかで聞いた事があるなと思ったんだよね。

それは多分、同じく戦争体験者の祖父の話。

それで聞いてみたんだ。

「○川○○(祖父の名前)という名前に聞き覚えはありませんか」

それまでおっとりしていたおじいさんの背筋が伸びたかと思うと、私の顔をマジマジと見て

「○川○○、上等兵。小銃の扱いに関して天才だった」

と言う。

私は驚いたが何とか孫である事を伝え、祖父が酔うと話してくれた戦争の話をした。

それでこのおじいさんとの話に随分食い違いがあってさ。

祖父の話

要約すると戦地で足とお腹を撃たれ、仲間におぶってもらってやっとの事で帰って来た。

おじいさん(祖父の所属していた隊の小隊長)の話

祖父は小銃射撃の名手(所謂スナイパー)で、いつも危険な場面を真っ先に志願していた。

ビルマ戦線で退却中に地雷地帯に迷い込んでしまい、退却速度ががた落ちになってしまった。

その時に最後尾で敵を食い止めたのが私の祖父だが、その最中に銃弾を足と腹に受けてしまった。

おじいさんたちは地雷の除去で安全地帯を作った後、祖父を省みたが倒れていて苦しんでいたそうだ。

助けに戻ろうとした時に祖父が

「俺はここまでです、一発でお願いします(頭か心臓を撃ってくれの意)」と頼んだそうだ(当時の日本軍人にとって、捕虜になる事は死ぬより恥だった)。

でもおじいさんはそんな祖父を見捨てず、地雷原の中に戻って祖父をおぶって逃げてくれた。

祖父に聞いた時は『何てドジなじいちゃんなんだろ。助かって良かったね』と思っていたのに、こんな真相だったとはえらい衝撃でした。

祖父ばかりか孫の私までこのおじいさんに救っていただいて、本当の意味で恩人です。

この度、祖父と小隊長であるおじいさんが再会し、お酒を飲む事ができたので記念に投稿しました。

長文失礼しました。

結婚式(フリー写真)

もしもし、お母さん

私が結婚を母に報告した時、ありったけの祝福の言葉を言い終えた母は、私の手を握り真っ直ぐ目を見つめてこう言った。 「私にとって、みおは本当の娘だからね」 ドキリとした。 …

オムライス(フリー写真)

本当の友達

二十年ほど前の話。 当時、俺の家は片親で凄く貧乏だった。 子供三人を養うために、母ちゃんは夜も寝ないで働いていた。 それでもどん底の生活だった…。 俺は中学を卒…

愛(フリー写真)

伝わる気持ち

嫁は妊娠中。もうすぐ八ヶ月。 ある日、西日の部屋でソファに座ってお腹を撫でている嫁を見ていた。 そしたら何となく言いたくなって、後ろから抱き締めて 「愛してる」 …

広島平和記念碑 原爆ドーム(フリー写真)

忘れてはならない

今日が何の日かご存知であろうか。知識としての説明は必要ないだろう。 だが一歩その先へ。それが、自分の経験であったかもしれないことを想像して頂きたい。 向こう70年、草木も生…

ハート(フリー素材)

残りの一年

彼女に大事な話があるからと呼び出した。 彼女も俺に大事な話があると言われて待ち合わせ。 てっきり別れると言われるのかと思ってビビりながら、いつものツタヤの駐車場に集合。 …

手を繋ぐ友人同士(フリー写真)

メロンカップの盃

小学6年生の時の事。 親友と一緒に先生の資料整理の手伝いをしていた時、親友が 「あっ」 と小さく叫んだのでそちらを見たら、名簿の私の名前の後ろに『養女』と書いてあった…

工事現場(フリー写真)

父の生き様

公用でとある高校へ出掛けたある日のことだった。 私達は校長先生に呼び止められ、 「時間がありましたら、お見せしたいものがありますので、校長室までお越しください」 と言…

飛行機雲(フリー写真)

きっと天国では

二十歳でヨーロッパに旅をした時の実話をいっちょう。 ルフトハンザの国内線に乗ってフランクフルト上空に居た時、隣に座っていたアメリカ人のじい様に話し掛けられた。 日本は良い国…

山からの眺め(フリー写真)

命があるということ

普通に生きて来ただけなのに、いつの間にか取り返しのつかないガンになっていた。 先月の26日に、あと三ヶ月くらいしか生きられないと言われた。 今は無理を言って退院し、色々な人…

入学式とランドセル(フリー写真)

お兄ちゃんの思いやり

小学1年生の息子と、幼稚園の年中の息子、二児の母です。 下の子には障害があり、今年は就学問題を控えています。 今年に入ってすぐ、上の子が 「来年は弟くんも1年生だね~…