祖父の恩人

公開日: 心温まる話 | 戦時中の話

空(フリー写真)

仕事でどうしようもないミスをしてしまい、次の日に仕事に行きたくないと鬱ぎ込んでいた時の事だ。

家に帰りたくなく、仕事帰りにいつもは乗らない電車に乗って他県まで行ってみた。

そこの大き目の駅で降り、お腹が空いていたので飲み屋に入ったんだ。

サンマ定食とビールを頼んでぼんやりと俯いていると、隣席のおじいさんに話し掛けられた。

随分と負のオーラが出ていた自分が心配だったそうだ。

白髪で薄い髪だったが、左目の下に大きな古傷が印象的なおじいさんだった。

仕事の話をしても仕方ないと思いつつ、聞いてもらえるのが嬉しくてべらべら愚痴ってしまった。

終いには嗚咽交じりになってしまった自分の背中をさすってくれて、私が泣き止むとウーロン茶をご馳走してくれた。

その時、こう言ってくれたんだ。

「私が君くらいの時は戦争があったから、仕事の悩みなんてなかった。

でも恐い上司は居たよ(笑)。それと大事な部下もね。

君が悩んでいるのは仕事に真剣に取り組んでいるからなんだ。その事を自信に思って欲しい。

いつか君が部下を持った時に君が守ってあげられるよう、今は辛いが挫けてはいけないよ」

それから戦時中の話(陸軍の小隊長としてビルマという所で戦っていたそうだ)をしてくれた。

地雷原を突破する時にもう絶対駄目だと思った事、それでも生き残れた事を静かに語ってくれた。

私は自分が修羅場だと思っていた事と、地雷と弾丸の嵐の中を走れと言われた事とを比べて恥ずかしくなったよ。

でもそれに加えて、この話をどこかで聞いた事があるなと思ったんだよね。

それは多分、同じく戦争体験者の祖父の話。

それで聞いてみたんだ。

「○川○○(祖父の名前)という名前に聞き覚えはありませんか」

それまでおっとりしていたおじいさんの背筋が伸びたかと思うと、私の顔をマジマジと見て

「○川○○、上等兵。小銃の扱いに関して天才だった」

と言う。

私は驚いたが何とか孫である事を伝え、祖父が酔うと話してくれた戦争の話をした。

それでこのおじいさんとの話に随分食い違いがあってさ。

祖父の話

要約すると戦地で足とお腹を撃たれ、仲間におぶってもらってやっとの事で帰って来た。

おじいさん(祖父の所属していた隊の小隊長)の話

祖父は小銃射撃の名手(所謂スナイパー)で、いつも危険な場面を真っ先に志願していた。

ビルマ戦線で退却中に地雷地帯に迷い込んでしまい、退却速度ががた落ちになってしまった。

その時に最後尾で敵を食い止めたのが私の祖父だが、その最中に銃弾を足と腹に受けてしまった。

おじいさんたちは地雷の除去で安全地帯を作った後、祖父を省みたが倒れていて苦しんでいたそうだ。

助けに戻ろうとした時に祖父が

「俺はここまでです、一発でお願いします(頭か心臓を撃ってくれの意)」と頼んだそうだ(当時の日本軍人にとって、捕虜になる事は死ぬより恥だった)。

でもおじいさんはそんな祖父を見捨てず、地雷原の中に戻って祖父をおぶって逃げてくれた。

祖父に聞いた時は『何てドジなじいちゃんなんだろ。助かって良かったね』と思っていたのに、こんな真相だったとはえらい衝撃でした。

祖父ばかりか孫の私までこのおじいさんに救っていただいて、本当の意味で恩人です。

この度、祖父と小隊長であるおじいさんが再会し、お酒を飲む事ができたので記念に投稿しました。

長文失礼しました。

関連記事

学校の机(フリー写真)

君が居なかったら

僕は小さい頃に両親に捨てられ、色々な所を転々として生きてきました。 小さい頃には「施設の子」とか「いつも同じ服を着た乞食」などと言われました。 偶に同級生の子と遊んでいて、…

空と太陽の光(フリー写真)

平和な世界で

あなたへ あなたが、戦地にお向かいになってからもう、何度目の夜でしょう。 娘も、こんなに大きくなって。 あなた、見ていてくれていますか? あの時、私はあなたに言…

夫婦の手(フリー写真)

私は幸せでした

文才が無いため酷い文になると思いますが、少し私の話に付き合ってください。 24歳の時、私は人生のどん底に居ました。 6年間も付き合って婚約までした彼には、私の高校時代の友人…

野球ボール(フリー写真)

父と息子のキャッチボール

私の父は高校の時、野球部の投手として甲子園を目指したそうです。 「地区大会の決勝で9回に逆転され、あと一歩のところで甲子園に出ることができなかった」 と、小さい頃によく聞か…

飛行機雲(フリー写真)

きっと天国では

二十歳でヨーロッパに旅をした時の実話をいっちょう。 ルフトハンザの国内線に乗ってフランクフルト上空に居た時、隣に座っていたアメリカ人のじい様に話し掛けられた。 日本は良い国…

婚約指輪(フリー写真)

玩具の指輪

高校生の頃の話。 小さな頃から幼馴染の女がいるのだが、その子とは本当に仲が良かった。 小学生の頃、親父が左手の薬指に着けていた指輪が気になって、 「何でずっと着けてる…

駄菓子屋(フリー写真)

駄菓子屋に集結したヒーロー

近所に古い駄菓子屋がある。 経営しているのは、お婆ちゃん一人だけ(お爺ちゃんは5年程前に病気で亡くなってしまった)。 いつもニコニコしていて、とても優しいお婆ちゃんで、お金…

太陽(フリー写真)

一身独立

私が小さな建築関係のメーカーの担当営業をしていた頃の話です。 私の担当区域には、小さな個人商店がありました。 先代の社長を亡くし、若くして社長になった社長には二人の男の子が…

南国(フリー写真)

悔しくないか

先日、大伯父の葬儀に参列しました。 静かに流れる読経を聞きながら、大伯父がただ一度だけ、戦争中の話をしてくれたことを思い出していました。 医師だった大伯父は軍医として従軍し…

空(フリー写真)

お盆のある日

私には4年前、赤ちゃんの時に亡くなった子どもがいました。 昨年の8月のお盆のある時、上の娘が空を見上げて 「お母さん、空見てみて。ほら、空の雲の間に光っているところあるで…