生きて欲しかった

公開日: 兄弟姉妹 | 悲しい話

手紙(フリー写真)

私は高校2年生です。

去年、3つ下の妹が自殺しました。

妹はいつも笑顔で『悩みなんてない!』みたいな子でした。

妹は成績は散々だったけど、コミュニケーションが苦手な私は、妹がとても羨ましかったです。

何が原因だったのか? 考えても分からない。

ただ行き場のない気持ちと、伝えたい思いが、今更のように押し寄せてきます。

私の自己満で終わっちゃうけど、許して。

紬へ

お姉ちゃん、生きてて欲しかった。

紬は、普段笑顔の分、沢山傷付いとんの、お姉ちゃん知っとった。

それなのに、何も出来んかったお姉ちゃんは、弱いね。

ただ、今になって言えること見つけた。

言うのはすっごい癪やけど、お姉ちゃん、あんたがめちゃ羨ましかった。

3つも年下なんに、お姉ちゃんよりしっかりしとる。

けどさ、お姉ちゃん、羨ましかっただけで、あんたのこと嫌いやない。

大好きやもん。

大好きやけん、生きて欲しかった。

世の中は、理不尽で、みんな自分のことしか考えてないけどさ。

辛くても、ただ生きとって欲しかった。

お姉ちゃん、あんたに「笑え!」って言ったのがいかんかったん?

笑いよっても、しんどかったらいかんやん。

あんたは馬鹿なん?

何で抱え込むん?

お姉ちゃん、そんなに頼りなかった?

紬、誰かに嫌われるの、確かに怖いね。お姉ちゃんも怖い。

けど、皆に愛される必要はないんよ?

みんなのヒーローになる必要もない。

あんたは、お姉ちゃんのヒーローやったのに。

笑わんでも大丈夫よ。

苦しくても、悲しくても、泣いても、

生きて欲しかった。

今になってこんな事、言ってもしゃーないけどさ。

お姉ちゃん、紬が命やったんに。

何で今、横に紬は居らんの?

お願い、神さん。紬の顔、もっぺん見せて。

泣いとってもいい。

思いっ切り抱き締めちゃるけん。

紬、お姉ちゃんの顔から涙が消えるにはどうしたらいい?

広島平和記念碑 原爆ドーム(フリー写真)

忘れてはならない

今日が何の日かご存知であろうか。知識としての説明は必要ないだろう。 だが一歩その先へ。それが、自分の経験であったかもしれないことを想像して頂きたい。 向こう70年、草木も生…

父(フリー写真)

父と私と、ときどきおじさん

私が幼稚園、年少から年長頃の話である。 私には母と父が居り、3人暮らしであった。 今でも記憶にある、3人でのお風呂が幸せな家族の思い出であった。 父との思い出に、近…

手を繋ぐ母と娘(フリー写真)

最高のママ

もう十年も前の話。 妻が他界して一年が経った頃、当時八歳の娘と三歳の息子がいた。 妻がいなくなったことをまだ理解出来ないでいる息子に対し、私はどう接してやれば良いのか、父親…

カラオケのマイク(フリー写真)

お金以上のもの

パパ、ママ、小学生の三姉妹の仲良し五人家族。 ある日、ママが交通事故で亡くなってしまいました。 慣れない家事にお父さんも奮闘。 タマゴ焼きを焦がしたり、洗濯物を皺だら…

お弁当グッズ(フリー写真)

海老の入ったお弁当

私の母は昔から体が弱かった。 それが理由かは分からないが、母の作る弁当はお世辞にも華やかとは言えない、質素で見映えの悪いものばかりだった。 友達に見られるのが恥ずかしくて、…

家族(フリー写真)

娘への遺言

レミオロメンの「3月9日」という曲が流れる度に、私は泣きそうになります。 両親は、私が10歳の時に事故死しました。 あの日は家族旅行に行っていました。 帰り道、高速…

朝焼け空(フリー写真)

自衛隊最大の任務

「若者の代表として、一つだけ言いたいことがあります…」 焼け野原に立つ避難所の一角で、その青年は拡声器を握り締め話し始めた。 真っ赤に泣き腫らした瞳から流れる涙を拭いながら…

繋がれた手(フリー写真)

彼との最後の夜

一年間、同棲していた彼が他界した。 大喧嘩をした日、交通事故に遭ったのだ。 本当に突然の出来事だった。 ※ その日は付き合って三年目の記念すべき夜だった。 しかし…

妊婦さんのお腹(フリー写真)

母子手帳

今年の6月に母が亡くなった。火事だった。 同居していた父親は外出していて、弟は無事に逃げる事が出来たのだけど、母親は煙に巻かれて既に駄目だった。 自分は違う地方に住んでいた…

公園(フリー写真)

一緒に遊んでくれた女の子

これは私が小学三年生の頃の話です。 両親が離婚して母子家庭となり、一人で居るのが怖かった私は、しょっちゅう児童館へ行っていました。 学童保育という手もあったのですが、当時は…