愛猫と過ごした日々

公開日: ペット | 悲しい話 |

眠る猫(フリー写真)

俺は18歳なのだけど、今年で18年目になる飼い猫が居る。つまり俺と同い年だ。

どんなに記憶を遡ってもそいつが居る。

本当に兄弟のように一緒に育った。

布団の中に入って来るし、寝る時に部屋に連れて行かないと、廊下で部屋に入れろと鳴く。

餌は好き嫌いが多いし、甘えて来ても腹が一杯になれば呼んでも五月蝿そうに振り向くだけ。

そんなところも妙に可愛い。

でも、そいつもこの数ヶ月で急に衰え始めた。

餌が食えない。階段が昇れない。一度横になるとなかなか立ち上がれない。

病院に連れて行ったら老衰だった。

覚悟をしていて下さいと言われた。

胸が苦しい。言葉が出ない。

半年前なら、外に連れ出せばすぐに走ってどこかに行こうとしたのに、今は腕の中で丸くなっているだけ。

こんなに軽かったっけ? こんなに細かったっけ?

事故で死んだりするのとは違い、ゆっくりと確実に終わりに近付いて行く。

こんなに悲しいなら飼わなければ良かった。

だけどこいつが居なきゃ嫌だ。

死んで欲しくない。

あと20年ぐらい生きて欲しい。

神様、お願いだよ。

家族を連れて行かないで…。

子猫(フリー写真)

こはくちゃん

彼女を拾ったのは、雪がちらほらと舞う寒い2月の夜。 友人数人と飲みに行った居酒屋でトイレに行った帰り、厨房が騒がしかったので『何だ?』と思ったら、小さな子猫を掴んだバイトが出て来…

カップル(フリー写真)

彼女の日常

俺には幼馴染の女の子が居た。 小学校から中学校まで病気のため殆んど普通の学校に行けず、いつも院内学級で一人で居るせいか人付き合いが苦手で、俺以外に友達は居なかった。 彼女の…

夕日(フリー写真)

戦時中のパラオにて

遠い南の島に、日本の歌を歌う老人が居た。 「あそこでみんな、死んで行ったんだ…」 沖に浮かぶ島を指差しながら、老人は呟いた。 ※ 太平洋戦争の時、その島には日本軍が進駐…

柴犬(フリー写真)

犬が結んだ家族の絆

昔、うちでは一匹の犬を飼っていた。 名前はナオ。 ご近所の家で産まれた犬を、妹がみんなに相談もしないで貰って来たのだ。 当時うちの妹は中学生、俺は高校を卒業して働いて…

恋人同士(フリー写真)

彼女のために出来ること

まだ一年程前の事です。 彼女がこの世を去りました。病死です。 その彼女と出会ったのは7年前でした。彼女はその頃、大学1年生でした。 彼女には持病があり、 「あと…

終戦時の東京(フリー写真)

少女に伝えること

第二次大戦が終わり、私は多くの日本の兵士が帰国して来る復員の事務に就いていました。 ある暑い日の出来事でした。私は、毎日毎日訪ねて来る留守家族の人々に、貴方の息子さんは、ご主人は…

駅(フリー写真)

3年後の約束

私の悲しい恋愛体験を語ります。 私は大学1年生の頃、初めての彼氏ができました。 彼は同じ大学に通う人でした。 同じサークルに入っていて、お互い意気投合して付き合うこ…

寝ている猫(フリー写真)

飼い猫の最後の別れ

10年以上前、ひょんな切っ掛けで、捨てられたらしいスコティッシュの白猫を飼う事になった。 でもその猫の首には大きな癌があり、猫エイズも発症していて、 「もうあと一ヶ月ぐらい…

赤ちゃんと母(フリー写真)

切ない勘違い

私は他の人よりちょっと多くの体験をしてきたと思います。 ※ 高校生の時、青信号で自転車で横断中、左折して来たトラックに真正面から撥ねられました。 自転車ごと跳ばされ…

月明かり(フリー写真)

お月さんの下で

昨日、彼女の家の犬が死んだ。 彼女の家は昔、彼女の兄貴が高校生という若さで自殺してから、両親も彼女もうつ病になって酷い状態だったらしい。 そんな時に引き取って来た犬だったそ…