愛猫と過ごした日々

公開日: ペット | 悲しい話 |

眠る猫(フリー写真)

俺は18歳なのだけど、今年で18年目になる飼い猫が居る。つまり俺と同い年だ。

どんなに記憶を遡ってもそいつが居る。

本当に兄弟のように一緒に育った。

布団の中に入って来るし、寝る時に部屋に連れて行かないと、廊下で部屋に入れろと鳴く。

餌は好き嫌いが多いし、甘えて来ても腹が一杯になれば呼んでも五月蝿そうに振り向くだけ。

そんなところも妙に可愛い。

でも、そいつもこの数ヶ月で急に衰え始めた。

餌が食えない。階段が昇れない。一度横になるとなかなか立ち上がれない。

病院に連れて行ったら老衰だった。

覚悟をしていて下さいと言われた。

胸が苦しい。言葉が出ない。

半年前なら、外に連れ出せばすぐに走ってどこかに行こうとしたのに、今は腕の中で丸くなっているだけ。

こんなに軽かったっけ? こんなに細かったっけ?

事故で死んだりするのとは違い、ゆっくりと確実に終わりに近付いて行く。

こんなに悲しいなら飼わなければ良かった。

だけどこいつが居なきゃ嫌だ。

死んで欲しくない。

あと20年ぐらい生きて欲しい。

神様、お願いだよ。

家族を連れて行かないで…。

関連記事

ドーベルマン(フリー写真)

リードを噛み千切り

普段は俺のことをバカにしまくっているドーベルマンのロッキー。 しかし小学生の時、ロッキーは俺を助けてくれた。 ※ お袋の実家に帰省していた時、近所の大きな川にロッキーと一緒に…

学校(フリー背景素材)

たくちゃん

その人は一個上の先輩で、同級生や後輩からも『たくちゃん』と呼ばれていた。 初めて話したのは小学校の運動会の時。 俺の小学校は、全学年ごちゃ混ぜで行われる。俺は青組みだった。…

終電(フリー写真)

精一杯の強がり

彼とは中学校からの付き合いでした。 中学校の頃から素直で、趣味などでも一つのことをとことん追求するような奴でした。 中学、高校、大学と一緒の学校に通い、親友と呼べる唯一の友…

河川敷(フリー写真)

白猫のみーちゃん

私がまだ小学生の頃、可愛がっていた猫が亡くなりました。真っ白で、毛並みが綺麗な可愛い猫でした。 誰よりも私に懐いていて、何処に行くにも私の足元に絡み付きながら付いて回り、寝る時も…

猫(フリー写真)

息子が教えてくれた

ある日、子供が外に遊びに行こうと玄関の戸を開けた。 その途端、まるで見計らっていたかのように、猫は外に飛び出して行ってしまいました。 そして探して見つけ出した時には、あの子…

教室(フリー写真)

虐め

友達が自殺した。 理由はよくある『虐め』。 俺は気付いていた。 友達が虐められてたことには気付いていた。 でも自分までそうなるのが嫌だったから、最後は他人の振り…

老犬(フリー写真)

苦渋の決断

22歳になるオスの老犬が来ました。 彼は殆ど寝たきりで、飼い主が寝返りを打たせているので、床ずれが幾つも出来ていました。 意識はしっかりしているのですが、ご飯も飼い主が食べ…

高校生(フリー写真)

ほら、笑いなよ!

高校2年生の夏、僕は恋をした。 好きで好きで堪らなかった。 その相手を好きになった切っ掛けは、僕がクラスで虐めに遭い落ち込んでいた頃、生きる意味すら分からなくなり教室で一人…

日記帳(フリー写真)

彼の遺した日記

2年間、付き合っていた彼に振られました。 それはもう、最後は彼が言ったとは思えないほどの酷い言葉で。 どんなにまだ好きだと言っても復縁は叶わず、音信不通になってしまいました…

野良猫(フリー写真)

猫の痰助

11年前の2月、何も無い湖の駐車場に彼女と居ると、ガリガリの猫が寄って来た。 よろよろと俺たちの前に来ると、ペタンと地面に腹をつけて座った。 動物に無関心だった俺は『キタね…