残りの一年

ハート(フリー素材)

彼女に大事な話があるからと呼び出した。

彼女も俺に大事な話があると言われて待ち合わせ。

てっきり別れると言われるのかと思ってビビりながら、いつものツタヤの駐車場に集合。

お互い大事な事をメールに書き、同時に送信し合った。

俺の大事な話の内容

俺、ガンになったみたいで、あと一年くらいしか持たないんだって。

○○の事、本当に愛してるよ。

出会えて良かった。

○○のおかげで凡人の一生の幸せ3人分はもらったよ(笑)。

お金が貯まったら同棲して、いつか結婚しようって約束、守れなくてごめん。

正直、最後まで一緒に居て欲しいけど、無理にとは言わないから○○の自由にしてくれ。

俺の最後の恋人が○○なのは運命なのかな?

だとしたら最高の人生だわ。

彼女の大事な話

実は妊娠しました。

生理遅いなあと思って放置してたんだけど、もしかしたらデキてるかもと思い病院に行って来た。

「いつか同棲して結婚」という約束したの覚えてる?

その「いつか」ってのすぐでもいい?

お金ないけどやって行けないこともないだろうし。

本当に○○と出会えて良かったと思うよ。

今まで男に裏切られて来たけど、○○は違うって解った。

「もしかしたら運命の出会いなのかも」ってちょっぴり思ったよ(笑)。

でも、無理はしなくていいからね。

もし改めてプロポーズしてくれるなら早目にね。

もうちょっと待ってと言われたら待つから。

子供を産んで3人で幸せになりたいけど、○○が好きなようにしていいからね。

お互いメールを見た後、彼女が

「前から思ってたけど、私達似たもの同士だよね(笑)。

あと一年しか一緒に居られないのかあ。

自分の体の事で結婚を辞めるってのはやめてね。

○○が死んじゃっても、私一人で頑張るから。

残りの一年、最高の時を過ごせる気がするから」

夕陽(フリー写真)

親父からの感謝の言葉

俺の親父は我儘な人だった 小遣いは母親から好きな時に好きなだけ貰い、そのくせ下手なギャンブルでスっては不機嫌な様子で家に帰って来て、酒を飲みまくり暴れるような人だった。 幸…

ろうそくの火(フリー写真)

ろうそくの火と墓守

急な坂をふうふう息を吐きながら登り、家族のお墓に着く。 風が強いんだ、今日は。 春の日差しに汗ばみながら枯れた花を除去して、生えた雑草を取り、墓石を綺麗に拭く。 狭い…

砂浜を歩くカップル(フリー写真)

当たり前の日常

小さな頃から、私と彼はいつも一緒でした。 周りがカップルに間違えるほどの仲でした。 私が彼に恋愛感情を抱いていると気付いたのは、高校3年生の時です。 今思うと、その前…

エルトゥールル号遭難慰霊碑

エルトゥールル号の奇跡

和歌山県の南端に大島がある。その東には、明治三年に出来た樫野崎灯台があり、現在も断崖の上に建っている。 明治23年9月16日の夜、台風が大島を襲った。 ビュワーン・ビュワー…

学校の机(フリー写真)

君が居なかったら

僕は小さい頃に両親に捨てられ、色々な所を転々として生きてきました。 小さい頃には「施設の子」とか「いつも同じ服を着た乞食」などと言われました。 偶に同級生の子と遊んでいて、…

ベゴニア(フリー写真)

初めて好きになった人

俺が小学6年生の頃の話。 俺は当時、親の転勤で都会から田舎へと引っ越しをした。時期はちょうど夏休み。全く知らない土地で暮らすのはこれで五回目だった。 引っ越しが終わり、夏休…

どんぐり(フリー写真)

どんぐり

毎年お盆に帰省すると、近くの川で『送り火』があります。 いつもは淡い光の列がゆっくり川下に流れて行くのを眺めるだけなのだけど、その年は灯篭に『さちこ』と書いて川に浮かべました。 …

マグカップ(フリー写真)

友情の形

友人が亡くなった。 入院の話は聞いていたが、会えばいつも元気一杯だったので、見舞いは控えていた。 棺に眠る友人を見ても、闘病で小さくなった亡骸に実感が湧かなかった。 …

花(フリー写真)

母が見せた涙

うちは親父が仕事の続かない人で、いつも貧乏だった。 母さんは俺と兄貴のために、いつも働いていた。ヤクルトの配達や、近所の工場とか…。 土日もゆっくり休んでいたという記憶は無…

電車の車内(フリー写真)

みんな同じ

俺の娘は今年、4歳になる。 嫁は娘を生んですぐに家を飛び出したので、子供には母親の記憶は無い。 今まで母親のことはあまり話題にせず避けて来たのだが、この間ちょっと考えさせら…