妹からの最後のメール

公開日: 兄弟姉妹 | 悲しい話

病室(フリー写真)

妹からの最後のメールを見て、命の尊さ、居なくなって残された者の悲しみがどれほど苦痛かを実感します。

白血病に冒され、親、兄弟でも骨髄移植は不適合でドナーも見つからず、12年間苦しむだけで短い生涯を終えました。14才でした。

妹が2才半の時に微熱が続き、病院に行った時には「白血病」と診断。

その日から母は毎日、病院と家を往復する日々が続き、大型連休で家族揃ってレジャーに行く日なんてありませんでした。

妹の面会が、我が家の大型連休の消化日課でした。

「妹が居なければ遊びに行けたのに!!」

当時は妹に憎しみさえ抱いたほどです。

両親が妹ばかり世話し、愛情をいっぱい注いでいる姿に嫉妬したんでしょうね。

その妹が亡くなって2年。両親は抜け殻が取れたような静けさです。私もですが…。

1999年の12月中旬、妹が突然

「携帯電話が欲しい」

と言い出しました。

私がメールばかりしていたので欲しくなったんでしょうね。もちろん大急ぎで買いに行きました。

そしてイブの夜に携帯電話を渡し、一緒にメールの送信方法も教えてやりました。

私が家に帰る頃には午前0時を過ぎ、クリスマスを迎えた寒い夜になっていました。

寝ようと思ったら妹からのメールです。

『さっきはイブだったけど、今日はクリスマスだよ。

迷惑ばかり掛けてごめんね。おにいちゃん。

ありがとう』

その時、母が息を切らして階段を上がって来て、

「病院に行くから支度しなさい」

さっき別れたばかりなのに、また行くの? 何で? と思いました。

病院に行くと、さっきまで元気だった妹が、顔に白いクロスを掛けられて亡くなっていました。

後で看護婦さんに聞いて判ったことなのですが、携帯電話を強く握り締めて、離すのに大変だったと…。

それを聞いて涙が沢山溢れて来ました。

妹の携帯電話は解約しましたが、2年経った現在でも、遺影の横にそっと置いてあります。

妹は、私にだけはきちんとお別れして逝きました。

天国でも携帯電話が使えると良いなぁ…。

結婚式(フリー写真)

お兄ちゃん

この間、友人の娘の結婚式に出席した。 私と友人は高校からの友達で、かれこれ30年以上の付き合いで、その娘の事も知っている。 その子の結婚式という事で電話が来て出席する事にし…

終戦時の東京(フリー写真)

少女に伝えること

第二次大戦が終わり、私は多くの日本の兵士が帰国して来る復員の事務に就いていました。 ある暑い日の出来事でした。私は、毎日毎日訪ねて来る留守家族の人々に、貴方の息子さんは、ご主人は…

カップル(フリー写真)

書けなかった婚姻届

彼女とはバイト先で知り合った。 彼女の方が年上で、入った時から気にはなっていた。 「付き合ってる人は居ないの?」 「居ないよ…彼氏は欲しいんだけど」 「じゃあ俺…

スマホを持つ人(フリー写真)

彼女からの最後のメール

あの日、俺は彼女と些細な事でケンカをしていた。 お互い険悪な状態のまま、彼女は車で仕事へ行った。 俺は友達に会い、彼女の愚痴を言いまくっていた。 そして彼女の仕事が終…

戦闘機(フリー写真)

海行かば

このお話は8年程前、九州の西日本新聞に掲載され、映画化もされました。 ご存知の方も多いはずです。特繰出身の学徒兵の方々のお話です。 当時東京に居た私は、銀座の東映に軽い気持…

ポメラニアン(フリー写真)

天国のチロル

家で飼っていた犬の話。 私が中学生の頃、保健所に入れられそうになっていた4歳の雌のポメラニアンを引き取った。 名前は、前の飼い主が付けたらしい『チロル』。 チロルは本…

北部ソロモン諸島(ブーゲンビル島)の戦い

貴様飲め!

俺のおじいちゃんは戦争末期、南方に居た。 国名は忘れたけど、とにかくジャングルのような所で衛生状態が最悪だったらしい。 当然、マラリアだのコレラだのが蔓延する。 おじ…

雪(フリー写真)

プライド

私には自分で決めたルールがある。 自分が悪いと思ったらすぐに『ごめんなさい』と言うこと。 私は元々意地っ張りで、自分が悪いと思っても『ごめんなさい』の一言が出ない。 …

手を繋ぎ歩く子供(フリー写真)

身近な人を大切に

3歳ぐらいの時から毎日のように遊んでくれた、一個上のお兄ちゃんが居た。 成績優秀でスポーツ万能。しかも超優しい。 一人っ子の俺にとっては、本当にお兄ちゃんみたいな存在だった…

教室(フリー写真)

虐めの現実

俺は高校生の時、授業以外の時間はいつも小説を読んで過ごしていた。 まあ、それくらいしかやる事がなかっただけだけどね。 ある日、体育の授業が終わり教室に帰って来て、いつもの…