妹からの最後のメール

公開日: 兄弟姉妹 | 悲しい話

病室(フリー写真)

妹からの最後のメールを見て、命の尊さ、居なくなって残された者の悲しみがどれほど苦痛かを実感します。

白血病に冒され、親、兄弟でも骨髄移植は不適合でドナーも見つからず、12年間苦しむだけで短い生涯を終えました。14才でした。

妹が2才半の時に微熱が続き、病院に行った時には「白血病」と診断。

その日から母は毎日、病院と家を往復する日々が続き、大型連休で家族揃ってレジャーに行く日なんてありませんでした。

妹の面会が、我が家の大型連休の消化日課でした。

「妹が居なければ遊びに行けたのに!!」

当時は妹に憎しみさえ抱いたほどです。

両親が妹ばかり世話し、愛情をいっぱい注いでいる姿に嫉妬したんでしょうね。

その妹が亡くなって2年。両親は抜け殻が取れたような静けさです。私もですが…。

1999年の12月中旬、妹が突然

「携帯電話が欲しい」

と言い出しました。

私がメールばかりしていたので欲しくなったんでしょうね。もちろん大急ぎで買いに行きました。

そしてイブの夜に携帯電話を渡し、一緒にメールの送信方法も教えてやりました。

私が家に帰る頃には午前0時を過ぎ、クリスマスを迎えた寒い夜になっていました。

寝ようと思ったら妹からのメールです。

『さっきはイブだったけど、今日はクリスマスだよ。

迷惑ばかり掛けてごめんね。おにいちゃん。

ありがとう』

その時、母が息を切らして階段を上がって来て、

「病院に行くから支度しなさい」

さっき別れたばかりなのに、また行くの? 何で? と思いました。

病院に行くと、さっきまで元気だった妹が、顔に白いクロスを掛けられて亡くなっていました。

後で看護婦さんに聞いて判ったことなのですが、携帯電話を強く握り締めて、離すのに大変だったと…。

それを聞いて涙が沢山溢れて来ました。

妹の携帯電話は解約しましたが、2年経った現在でも、遺影の横にそっと置いてあります。

妹は、私にだけはきちんとお別れして逝きました。

天国でも携帯電話が使えると良いなぁ…。

関連記事

ファミコン(フリー写真)

消えた冒険の書

私には、兄が居ました。 三つ年上の兄は、妹思いの優しい兄でした。 子供の頃はよくドラクエ3を兄と一緒にやっていました(私は見ているだけでした)。 勇者が兄で、僧侶が私…

カラオケのマイク(フリー写真)

お金以上のもの

パパ、ママ、小学生の三姉妹の仲良し五人家族。 ある日、ママが交通事故で亡くなってしまいました。 慣れない家事にお父さんも奮闘。 タマゴ焼きを焦がしたり、洗濯物を皺だら…

恋人同士(フリー写真)

抱き締められなかった背中

私が中学生の時の話です。 当時、私には恋人のような人が居た。 『ような』というのは、付き合う約束はしていたけど、まだ付き合い始めていない状況だったため。 子供ながらに…

朝焼け(フリー写真)

半年前の俺へ

半年前の俺へ。 そっちは午前4時だな。 部活で疲れてぐっすり眠っている頃だと思うが、頑張って起きろ。 今から言う事をやってくれ。頼む、お前のためだから。しくじるなよ。…

乾杯(フリー写真)

俺の夢

僕達兄弟には元々親が居らず、養護施設で育ちました。 3つ上の兄は、中学を出るとすぐに鳶の住み込みで見習いになり、その給料は全て貯金していました。 そのお金で僕は私立の高校を…

ジッポ(フリー写真)

ジッポとメンソール

俺は煙草は嫌いだ。でも、俺の部屋には一個のジッポがある。 ハートをあしらったデザインは俺の部屋には合わないけど、俺はこのジッポを捨てる事は無いだろう。 一年前。いわゆる合コ…

親子(フリー写真)

娘が好きだったハム太郎

娘が六歳で死んだ。 ある日突然、風呂に入れている最中に意識を失った。 直接の死因は心臓発作なのだが、持病の無い子だったので病院も不審に思ったらしく、俺は警察の事情聴取まで受…

犬(フリー写真)

ペットとの別れ

レオと出会ったのは、私が3歳の時。 山奥の綺麗な川へバーベキューしに向かっていると、運転していた父が 「あそこに犬がおる!」 と言って車を停めた。 窓を開けて見…

夕焼け(フリー写真)

少年との約束

俺が入院していた時、隣の小児科病棟に5歳くらいの白血病の男の子が入院していた。 生まれてから一度も外に出られていない子だと聞いた。 ※ ある日、大声で泣く声がするので病室を覗…

夕日(フリー写真)

戦時中のパラオにて

遠い南の島に、日本の歌を歌う老人が居た。 「あそこでみんな、死んで行ったんだ…」 沖に浮かぶ島を指差しながら、老人は呟いた。 ※ 太平洋戦争の時、その島には日本軍が進駐…