神様がくれたミッション

公開日: ちょっと切ない話 | 仕事

空(フリー写真)

私は都内でナースをしています。

これは二年程前の話です。

ある病院で一人の患者さんを受け持つことになりました。

22歳の女性の患者さんです。

彼女は手遅れの状態で癌が見つかり、半年持つか分からない状態でした。

彼女は笑顔が可愛らしく目のくりくりしたタレントさんのような人でした。

末期の癌であと半年持つか分からないことは彼女も知っていました。

けれど絶対に笑顔を絶やさず、人前で涙や弱音を吐かない人でした。

そして明るく、とっても優しい人でした。

私と彼女は同い年でした。私は彼女を尊敬しました。

彼女は上智大学の4年生でした。

彼女はよく、

「卒業して子供たちに英語を教えたい」

と言っていました。

彼女は大学でアメリカに1年、留学していたからでしょう。

同じ病院の小児科の子供たちにも好かれ、よく英語を教えていました。

彼女にはお母さんが居ませんでした。

彼女が小学生の時に家を出て行ってしまったそうです。

それから、お父さんと二人で暮らしていました。

彼女はお父さんのことが大好きでした。

彼女は敢えて抗癌剤治療はしないで進行を止める薬を投与していました。

髪は抜けなかったものの体は日に日に弱って行き、容態は悪くなる一方で、彼女は日に日に衰弱して行きました。

12月に入りました。

彼女は意識が無くなり、もう持たない状態になりました。

彼女のお父さんは、

「逝かないでくれ、お父さんを一人にしないでくれ」

と言っていました。

本当に心が痛みました。

私は最期に立ち合いました。

心肺停止になると、お父さんは彼女の酸素マスクを取り、

「ありがとう、ありがとう」

と何回も繰り返しました。

応急処置は出来ない状態だったのです。

そのままという言い方はおかしいのですが、処置はしませんでした。

お父さんは彼女の頭を撫でながら、

「お父さんの子供で居てくれてありがとう」

と言いました。

私は泣きました。

ボロボロ出てくる涙は止められませんでした。

お父さんは彼女の病室から見つかった一冊のノートを見せてくれました。

英語の勉強のノートだったのですが、一番最後のページにこう書いてあったのです。

『ありがとう。

ありがとう。

私はとっても幸せでした。

お父さん、ごめんなさい。孫の顔を見せてあげられなかったね。

私は病気になって辛いことはあったけど、決して後悔はしていない。

神様が私にくれたミッションだったのかもしれないね。

ちょっと、早めのミッション。

男手一つで育ててくれてありがとう。

大好きだよ』

彼女の葬儀には沢山のお友達が来ていました。

それから2年ほど経った今、彼女のお父さんは私の病院で入院しています。

お父さんは癌になってしまいました。

けれどお父さんは私に言ったのです。

「もしかしたら、一人にさせたらいけないと思って、あの子がそうさせてくれたのかもしれない。

だから死ぬのは怖くないんだ。あの子が待っていてくれているから」

時々、彼女のことを思い出します。

高校生(フリー写真)

ほら、笑いなよ!

高校2年生の夏、僕は恋をした。 好きで好きで堪らなかった。 その相手を好きになった切っ掛けは、僕がクラスで虐めに遭い落ち込んでいた頃、生きる意味すら分からなくなり教室で一人…

手を握る(フリー写真)

ごうちゃん

母が24歳、父が26歳、自分が6歳の時に両親は離婚した。 母が若くして妊娠し、生まれた自分は望まれて生を受けた訳ではなかった。 母は別の男を作り、父は別の女を作り、両親は裁…

朝焼け(フリー写真)

天国の祖父へ

大正生まれの祖父は、妻である祖母が認知症になってもたった一人で介護をし、祖母が亡くなって暫くは一人で暮らしていた。 私が12歳の時に、祖父は我が家で同居することになった。 …

目玉焼き(フリー写真)

彼女とフライパン

一人暮らしを始める時、意気込んでフライパンを買った。 ブランドには疎いが、とにかく28センチの物を一本。 それまで料理なんて全くしなかったのだが、一人暮らしだから自分で作る…

病院(フリー素材)

大好きなおじいちゃん

私は昔、いらんことばっかりしてたね。 私は兵庫県で、おじいちゃんは鹿児島に住んどった。 盆休みやお正月の長い連休は、よく遊びに行ってたね。 毎回遊びに帰る度にいっつ…

雨の日の紫陽花(フリー写真)

いってらっしゃい

もう二十年ほど前の話です。 私が小さい頃に親が離婚しました。 どちらの親も私を引き取ろうとせず、施設に預けられ育ちました。 そして三歳くらいの時に、今の親にもらわれた…

鉛筆と参考書(フリー写真)

厳しい母

私の母はとても厳しい。 身の回りの事は全て自分でやらされていた。 勉強も部活も一番じゃないと気が済まない。 定期テストで二番を取ると、 「二番は敗者の一番だ」…

おにぎり(フリー写真)

二人の母

俺の母親は、俺が5歳の時に癌で亡くなった。 それから2年間、父と2歳年上の姉と三人暮らしをしていた。 俺が小学1年生の時のある日曜日、父が俺と姉に向かって 「今から二…

カラオケのマイク(フリー写真)

お金以上のもの

パパ、ママ、小学生の三姉妹の仲良し五人家族。 ある日、ママが交通事故で亡くなってしまいました。 慣れない家事にお父さんも奮闘。 タマゴ焼きを焦がしたり、洗濯物を皺だら…

田舎の風景(フリー写真)

せめて届かないだろうか

葬式、行けなくてゴメン。 マジでゴメン。 行かなかったことに言い訳できないけどさ、せめてものお詫びに、お前んちの裏の山に登って来たんだ。 工事用の岩の間に作った基地さ…