神様がくれたミッション

公開日: ちょっと切ない話 | 仕事

空(フリー写真)

私は都内でナースをしています。

これは二年程前の話です。

ある病院で一人の患者さんを受け持つことになりました。

22歳の女性の患者さんです。

彼女は手遅れの状態で癌が見つかり、半年持つか分からない状態でした。

彼女は笑顔が可愛らしく目のくりくりしたタレントさんのような人でした。

末期の癌であと半年持つか分からないことは彼女も知っていました。

けれど絶対に笑顔を絶やさず、人前で涙や弱音を吐かない人でした。

そして明るく、とっても優しい人でした。

私と彼女は同い年でした。私は彼女を尊敬しました。

彼女は上智大学の4年生でした。

彼女はよく、

「卒業して子供たちに英語を教えたい」

と言っていました。

彼女は大学でアメリカに1年、留学していたからでしょう。

同じ病院の小児科の子供たちにも好かれ、よく英語を教えていました。

彼女にはお母さんが居ませんでした。

彼女が小学生の時に家を出て行ってしまったそうです。

それから、お父さんと二人で暮らしていました。

彼女はお父さんのことが大好きでした。

彼女は敢えて抗癌剤治療はしないで進行を止める薬を投与していました。

髪は抜けなかったものの体は日に日に弱って行き、容態は悪くなる一方で、彼女は日に日に衰弱して行きました。

12月に入りました。

彼女は意識が無くなり、もう持たない状態になりました。

彼女のお父さんは、

「逝かないでくれ、お父さんを一人にしないでくれ」

と言っていました。

本当に心が痛みました。

私は最期に立ち合いました。

心肺停止になると、お父さんは彼女の酸素マスクを取り、

「ありがとう、ありがとう」

と何回も繰り返しました。

応急処置は出来ない状態だったのです。

そのままという言い方はおかしいのですが、処置はしませんでした。

お父さんは彼女の頭を撫でながら、

「お父さんの子供で居てくれてありがとう」

と言いました。

私は泣きました。

ボロボロ出てくる涙は止められませんでした。

お父さんは彼女の病室から見つかった一冊のノートを見せてくれました。

英語の勉強のノートだったのですが、一番最後のページにこう書いてあったのです。

『ありがとう。

ありがとう。

私はとっても幸せでした。

お父さん、ごめんなさい。孫の顔を見せてあげられなかったね。

私は病気になって辛いことはあったけど、決して後悔はしていない。

神様が私にくれたミッションだったのかもしれないね。

ちょっと、早めのミッション。

男手一つで育ててくれてありがとう。

大好きだよ』

彼女の葬儀には沢山のお友達が来ていました。

それから2年ほど経った今、彼女のお父さんは私の病院で入院しています。

お父さんは癌になってしまいました。

けれどお父さんは私に言ったのです。

「もしかしたら、一人にさせたらいけないと思って、あの子がそうさせてくれたのかもしれない。

だから死ぬのは怖くないんだ。あの子が待っていてくれているから」

時々、彼女のことを思い出します。

レジ(フリーイラスト素材)

一生懸命に取り組むこと

その女性は、何をしても続かない人でした。 田舎から東京の大学に進学し、サークルに入ってもすぐに嫌になって、次々とサークルを変えて行くような人でした。 それは、就職してからも…

母と娘(フリー写真)

強いお母さん

母さんが亡くなってから6年経つのに、まだまだ寂しがりやの私です。 昔の携帯を見つけたの。受信箱に母さんからのメール。 「まだ帰れない?」 「鍵忘れてるよ^^」 …

手を繋ぐ友人同士(フリー写真)

メロンカップの盃

小学6年生の時の事。 親友と一緒に先生の資料整理の手伝いをしていた時、親友が 「あっ」 と小さく叫んだのでそちらを見たら、名簿の私の名前の後ろに『養女』と書いてあった…

犬(フリー写真)

コロの思い出

うちにはコロという名前の雑種の犬が居ました。 白色と茶色の長い毛がふわふわしている犬でした。 私が学生の頃は学校から帰って来る時間になると毎日、通学路が見える場所に座り、遠…

ディズニーランド(フリー写真)

親子三人で

秋も大分深まってまいりました。 ディズニーランドのスタッフの皆様、いつも私たちに素敵な夢をありがとうございます。 今月、数年ぶりに主人とディズニーランドに遊びに行かせていた…

ブーケを持つ花嫁(フリー写真)

手渡しのブーケ

私はウエディングプランナーの仕事をしています。 これまで沢山の幸せのお手伝いをさせていただきましたが、忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の十代で、可愛らし…

手を取り合う友(フリー写真)

友達からの救いのメール

僕の友達が事故で亡くなった。 本当に突然のことで何が何だか解らず、涙など出ませんでした。 葬式にはクラスのみんなや友達が沢山来ていました。 友達は遺影の中で笑っていま…

渓流(フリー写真)

お母さんと呼んだ日

私がまだ小学2年生の頃、継母が父の後妻として一緒に住むことになった。 特に苛められたとかそういうことは無かったのだけど、何だか馴染めなくて、いつまで経っても「お母さん」と呼べない…

妊婦さん(フリー写真)

私の宝物

中学2年生の夏から一年間も入院した。 退院して間もなく高校受験。 高校生になると、下宿生活になった…。 高校を卒業して就職。 田舎を飛び出して、会社の寮に入った…

母に渡す花(フリー写真)

お母さんの看病がしたいよ

19歳の頃、癌で入院中のお母さんに、泊り込みで付き添っていた。 その頃、私は予備校に行っていた。 お母さんが 「看護婦さんになって欲しい」 と言ったから、一つく…