神様がくれたミッション

公開日: ちょっと切ない話 | 仕事

空(フリー写真)

私は都内でナースをしています。

これは二年程前の話です。

ある病院で一人の患者さんを受け持つことになりました。

22歳の女性の患者さんです。

彼女は手遅れの状態で癌が見つかり、半年持つか分からない状態でした。

彼女は笑顔が可愛らしく目のくりくりしたタレントさんのような人でした。

末期の癌であと半年持つか分からないことは彼女も知っていました。

けれど絶対に笑顔を絶やさず、人前で涙や弱音を吐かない人でした。

そして明るく、とっても優しい人でした。

私と彼女は同い年でした。私は彼女を尊敬しました。

彼女は上智大学の4年生でした。

彼女はよく、

「卒業して子供たちに英語を教えたい」

と言っていました。

彼女は大学でアメリカに1年、留学していたからでしょう。

同じ病院の小児科の子供たちにも好かれ、よく英語を教えていました。

彼女にはお母さんが居ませんでした。

彼女が小学生の時に家を出て行ってしまったそうです。

それから、お父さんと二人で暮らしていました。

彼女はお父さんのことが大好きでした。

彼女は敢えて抗癌剤治療はしないで進行を止める薬を投与していました。

髪は抜けなかったものの体は日に日に弱って行き、容態は悪くなる一方で、彼女は日に日に衰弱して行きました。

12月に入りました。

彼女は意識が無くなり、もう持たない状態になりました。

彼女のお父さんは、

「逝かないでくれ、お父さんを一人にしないでくれ」

と言っていました。

本当に心が痛みました。

私は最期に立ち合いました。

心肺停止になると、お父さんは彼女の酸素マスクを取り、

「ありがとう、ありがとう」

と何回も繰り返しました。

応急処置は出来ない状態だったのです。

そのままという言い方はおかしいのですが、処置はしませんでした。

お父さんは彼女の頭を撫でながら、

「お父さんの子供で居てくれてありがとう」

と言いました。

私は泣きました。

ボロボロ出てくる涙は止められませんでした。

お父さんは彼女の病室から見つかった一冊のノートを見せてくれました。

英語の勉強のノートだったのですが、一番最後のページにこう書いてあったのです。

『ありがとう。

ありがとう。

私はとっても幸せでした。

お父さん、ごめんなさい。孫の顔を見せてあげられなかったね。

私は病気になって辛いことはあったけど、決して後悔はしていない。

神様が私にくれたミッションだったのかもしれないね。

ちょっと、早めのミッション。

男手一つで育ててくれてありがとう。

大好きだよ』

彼女の葬儀には沢山のお友達が来ていました。

それから2年ほど経った今、彼女のお父さんは私の病院で入院しています。

お父さんは癌になってしまいました。

けれどお父さんは私に言ったのです。

「もしかしたら、一人にさせたらいけないと思って、あの子がそうさせてくれたのかもしれない。

だから死ぬのは怖くないんだ。あの子が待っていてくれているから」

時々、彼女のことを思い出します。

雨(フリー写真)

真っ直ぐな青年の姿

20年前、私は団地に住んでいました。 夜の20時くらいに会社から帰ると、団地前の公園で雨の中、一人の男の子が傘もささず向かいの団地を見ながら立っていました。 はっきり言って…

バラの花束(フリー写真)

大きなバラの花束

接客を何年か担当してくれていた優秀な女性スタッフが、その店を辞めることになった。 店長は、一生懸命仕事をしてくれた彼女に何かお礼がしたかった。 いよいよ彼女の最後の出勤の日…

ピンクのチューリップ(フリー写真)

親指姫

6年程前の今頃は花屋に勤めていて、毎日エプロンを着け店先に立っていた。 ある日、小学校1年生ぐらいの女の子が、一人で花を買いに来た。 淡いベージュのセーターに、ピンクのチェ…

カップルの足(フリー写真)

母の持つ愛情

当時の俺は大学一年、彼女は大学四年。忘れもしない三年前の出来事。 大学に入ってすぐ、俺は軟式野球のサークルに入った。 サークルのマネージャーの中に彼女が居た。 一目惚…

スケッチブック(フリー写真)

手作りのアルバム

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった。 だから写真の代わりに、母さんが色鉛筆で俺の絵を描いてアルバムにしていた。 絵は決して上手ではない。 た…

空の太陽(フリー写真)

祖父が立てた誓い

三年前に死んだ祖父は、末期癌になっても一切治療を拒み、医者や看護婦が顔を歪めるほどの苦痛に耐えながら死んだ。 体中に癌が転移し、せめて痛みを和らげる治療(非延命)をと、息子(父)…

卒業証書(フリー写真)

忘れられない生徒

高校教師です。 私が教えていた生徒に問題児の女の子が居ました。 彼女は成績も悪くなく、資格取得にも一生懸命なのですが、その原動力は強過ぎる学歴コンプレックスらしく精神も病ん…

ウェットフードを食べる猫(フリー写真)

猫エサ缶とコーヒー

俺はコンビニで一人夜勤をしている。 いつも夜中の3時くらいに、猫エサ缶とコーヒーを買って行くおっちゃんがいる。 おっちゃんが、 「うちの猫はこれしか食べないんだよ」 …

ブランコ(フリー写真)

母ちゃんの記憶

母ちゃんは俺が4歳の時、病気で死んだんだ。 ぼんやりと憶えている事が一つ。 俺はいつも公園で遊んでいたのだが、夕方になるとみんなの母ちゃんが迎えに来るんだ。 うちの母…

野球のグローブ(フリー写真)

カーブ!

今はお通夜の最中です。兄貴が死にました。 4つ年上の兄貴は40歳の若さで、この世を去りました。胃癌でした。 私の家は母子家庭でした。だから初めて野球を教えてくれたのは、親父…