赦しと再生の旋律

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛 | 悲しい話

日記帳

小学校の頃、私は虐められたことがある。

ふとしたことから、クラスのボス格女子とトラブルになった私。

その日以来、無視され続け、孤立した日々を送ることになった。

中学になっても、その孤独は変わらず、私は自らの命を絶とうとすら思い詰めた。

だが、そんな私を救ったのは、耳に流れ入る音楽の調べだった。

中学二年の春、私は転校することになった。

新しい学校では、暖かい友達に恵まれ、心が徐々に癒されていった。

高校に進学すると、私はバンド活動を始めた。

その輝かしい日々は、おそらく人生で最も私が輝いていた瞬間だったと思う。

地元の楽器屋さんでの一日が終わり、家路につこうとしたあの日。

私はかつての虐めの主犯であった彼女と偶然再会した。

彼女は親戚の法事でこの町に来ていたのだという。

意外にも、彼女は私に謝罪した。

「昔のことはもう大丈夫」と私は答え、それぞれの近況を交わして別れた。

彼女が乗ったバスを見送り、自転車に乗ろうとしたその時。

後ろで大きな衝撃音がした。

振り返ると、ひしゃげたバスが道に転がり、クレーン車も横転していた。

私は慌てて駆け寄ったが、怖くてバスに近づけず、ただ立ち尽くした。

救助隊が到着し、彼女が血だらけでバスから運ばれていくのを目の当たりにした。

その後、記憶は曖昧になり、次に意識がはっきりしたのは病院のベンチで、彼女の家族と共に座っていた。

理由を知らされた時、私は呆然とした。

バスには、私の姉も乗っていた。

包帯を巻かれた姉は、ベッドで静かに眠っており、両足は膝から先がなかった。

医者からは、姉が植物状態になる可能性が高いと告げられた。

そこから先、私の心は何も感じられなくなった。

家に戻り、何もせずにただベッドに横たわった。

食事もせず、風呂も入らず、ただ天井を見つめ続けた。

久しぶりに食事を取りにキッチンへ向かった時、彼女が亡くなったことを知った。

そして、姉は安定しているが、目覚めないことも。

時が経ち、私は彼女の家を訪れた。

葬儀には出席できなかったが、せめて彼女の仏壇に手を合わせたかった。

仏壇に手を合わせた後、彼女の両親は私を引き止め、彼女が書いていた日記を私に見せた。

日記には、彼女の罪悪感と、謝罪の機会を失った後悔が綴られていた。

最後には、「私に謝りに行く決心」が記されていた。

「親戚の法事」というのは嘘だったのだ。

日記を読んだ私に、彼女の母親は尋ねた。

「あの子を許してくれましたか?」

私は涙声で「はい」と答えた。

すると、彼女の両親は感謝の涙を流しながら、繰り返し「ありがとう」と言った。

半年が過ぎ、姉は奇跡的に目覚めた。

失った足にショックを受けつつも、彼女はリハビリと義足の訓練に励み始めた。

今では、彼女は杖なしで普通に買い物にも出かけている。

時々、私は彼女の両親が「ありがとう」と言った時のことを思い出す。

彼女の一周忌が近づいており、私は参列するつもりだ。

関連記事

家の居間(フリー写真)

妹を守る兄

兄が6歳、私が2歳の頃に両親が離婚した。 私にその当時の記憶は殆ど無く、お父さんが居ないことを気にした覚えもありませんでした。 小学生に上がる頃に母が再婚し、義理の父が本当…

手をつなぐカップル(フリー写真)

未来への遺言

私の初恋の人、かつての彼氏がこの世を去りました。 若さゆえに我儘を尽くし、悔いが残る行為ばかりでした。 ある日、突如として「別れて欲しい」と告げられ、私は意地を張って「い…

父の日のプレゼント(フリー写真)

見知らぬおじさん

私には妻が居たが、一人娘が1歳と2ヶ月の時、離婚することになった。 酒癖の悪かった私は暴力を振るうこともあり、幼い娘に危害が及ぼすことを恐れた妻が、子供を守るために選んだ道だった…

カップルと夕日(フリー写真)

国境と愛

彼女と俺は同じ大学だった。二人とも無事四年生になってすぐの4月、連日のように中国での反日デモがニュース番組を賑わしていた頃のこと。 中国人の彼女とはどうしても険悪なムードになるか…

夕焼け(フリー写真)

夕焼けの絵葉書

ふと思い出したのだけど、亡くなってしまった子から絵葉書をもらったことがある。 中学生の時の隣のクラスの女の子で、病気で殆ど学校に来ないまま亡くなってしまった。 うちの学校は…

婚約指輪(フリー写真)

例外の入籍手続き

彼は肺がんで入院していて、余命宣告されていました。 本人は退院後の仕事の予定も入れ、これからの人生に気力を振り絞っていました。 私と彼は半同棲状態、彼はバツイチ、そして大分…

教室

思春期の揺れる心

中学1年生のころ、私の身近にはO君という特別な存在がいました。 私たちは深く心を通わせ、漫画やCDの貸し借りを楽しんだり、放課後や週末には図書館で学び合ったりしていました。 …

ビーフシチュー

仲直りのビーフシチュー

昨日の朝、私は妻と言い争いをしてしまった。原因は、夜更かしによる私の寝不足で、朝の機嫌が非常に悪かったことだ。 「また仕事か」とぼやきながら起きる私。妻は私の気難しさを知ってい…

手を繋ぐ友人同士(フリー写真)

メロンカップの盃

小学6年生の時の事。 親友と一緒に先生の資料整理の手伝いをしていた時、親友が 「あっ」 と小さく叫んだのでそちらを見たら、名簿の私の名前の後ろに『養女』と書いてあった…

女子高生(フリー写真)

一緒に生きる覚悟

妻が亡くなる前、闘病の際に「私が死んでも泣かないで」と娘二人は言われていました。 それから数日後、妻は息を引き取りました。 通夜の晩は私が会場で妻に付き添うこととし、当時…