身近な人を大切に

公開日: ちょっと切ない話 | 友情 | 悲しい話

手を繋ぎ歩く子供(フリー写真)

3歳ぐらいの時から毎日のように遊んでくれた、一個上のお兄ちゃんが居た。

成績優秀でスポーツ万能。しかも超優しい。

一人っ子の俺にとっては、本当にお兄ちゃんみたいな存在だった。

小学4年生の時、一緒にサッカーをしていて林に入ったボールを取って戻って来たら、兄ちゃんが倒れていた。

慌てて抱き起こしたら嘔吐してしまい、その時は風邪を引いているからと言われバイバイした。

暫くして兄ちゃんが入院したと聞き、病名も知らないのにお見舞いに行った。

退院は出来たけど、学校には滅多に来なくなった。

外で遊んじゃいけないらしいので、毎週土日は兄ちゃん家にファミコンをやりに行った。

よく兄ちゃんのママから、

「来てくれてありがとうね」

と言われ、近所のオバチャンからは

「○○君と遊んでるなんて偉いわね」

と言われた。

言葉の意味が俺にはさっぱり解らなかった。

『はあ? 友達なんだから当たり前の事じゃないの?』

まだ純粋にそう思える程の子供だった。

暫くしたら絶対良くなって、また外で遊べると思っていた。

親にも兄ちゃんのママにも、そのうち良くなると言われていたし。

ある日、やけに兄ちゃん宅に抜け毛が多い事に気付いた。

身長も俺の方が上になったし、外に出ないから肌は真っ白だし、腕も凄く細いし。

その事を親に話したら、

「脳腫瘍という難しい病気なんだよ」

と初めて聞かされた。

兄ちゃんがあまり長くないという事が、何となく解った。

それから急に顔を合わせるのが辛くなった。

遊びに行く機会が段々減って行って、最後は全く遊ばなくなった。

ある日、晩飯時のニュースの『病気と闘う中学生』という特集に兄ちゃんが出ていた。

見るのが嫌になってチャンネルを変えたら、親に思い切りビンタされた。

再び会う事になったのは、それから2年が過ぎた頃。兄ちゃんが棺の中に入った時だった。

兄ちゃんのママから、

「何か言ってあげて」

と、凄く優しい声で言われた。

俺が遊びに行かなくなってから、どんな気持ちで毎日家の中で過ごしていたんだろう。

そう考えたら胸が張り裂けそうになって、何も言葉にする事が出来なかった。

結局自分の事しか考えていなかった。もっと沢山会ってあげれば良かった。

本当にごめんね。謝っても謝り切れないけど。

あれからは身近な人をもっと大切にしようと思えるようになったんだ。

今年もお線香を上げに行くよ。

関連記事

夕日と夫婦(フリー写真)

どうしてですか(゚Д゚)ゴルァ!

どうして私がいつもダイエットしている時に、(・∀・)ニヤニヤと見つめやがりますか(゚Д゚)ゴルァ! どうして私が悪いのに、ケンカになると先に謝りますか(゚Д゚)ゴルァ! …

戦後

少女の小さな勇気

第二次大戦が終わり、私は復員した日本の兵士の家族たちへの通知業務に就いていました。暑い日の出来事です。毎日、痩せ衰えた留守家族たちに彼らの愛する人々の死を伝える、とても苦しい仕事でし…

猫の親子(フリー写真)

親猫

家の裏に同じ猫が、よく通っていた。 痩せていたので、残飯を少し置いてあげた。 私自身、あまり動物が好きではない。 以前は子供のためにウサギを家で飼ったが、そのせいで…

ウェットフードを食べる猫(フリー写真)

猫エサ缶とコーヒー

俺はコンビニで一人夜勤をしている。 いつも夜中の3時くらいに、猫エサ缶とコーヒーを買って行くおっちゃんがいる。 おっちゃんが、 「うちの猫はこれしか食べないんだよ」 …

ハンバーグ(フリー写真)

お母さんの弁当

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父が作っていた。 でも遠足などで弁当が必要な時は、母さんが頑張って作ってくれていた。 ※ 小学六年生の…

空と太陽の光(フリー写真)

平和な世界で

あなたへ あなたが、戦地にお向かいになってからもう、何度目の夜でしょう。 娘も、こんなに大きくなって。 あなた、見ていてくれていますか? あの時、私はあなたに言…

カップル(フリー写真)

震災で亡くした彼女

俺の彼女は可愛くて、スタイルが良くて、性格も良くて、正に完璧だった。 高校に入る前に一目惚れした。 彼女も俺に一目惚れしたらしく、向こうから告白してくれたので、喜んで付き合…

夕日(フリー写真)

戦時中のパラオにて

遠い南の島に、日本の歌を歌う老人が居た。 「あそこでみんな、死んで行ったんだ…」 沖に浮かぶ島を指差しながら、老人は呟いた。 ※ 太平洋戦争の時、その島には日本軍が進駐…

マグカップ(フリー写真)

友人の棺

友人が亡くなった。 入院の話は聞いていたが、会えばいつも元気一杯だったので見舞いは控えていた。 棺に眠る友人を見ても、闘病で小さくなった亡骸に実感が湧かなかった。 …

南国の夕日(フリー写真)

特攻隊員の方の遺書

戦いは日一日と激しさを加えて参りました。 父母上様、長い間お世話になりました。 私も未だ十九才の若輩で、この大空の決戦に参加できることを、深く喜んでおります。 私は…