母の強さ

公開日: 家族 | 心温まる話 |

母と子

母は、バツニです。

1人目の旦那さんで兄と私を産み、2人目の旦那さんで妹を産みました。

1人目の父はギャンブル依存症で、多額な借金を抱え家に帰って来ないほどパチンコをしていました。

このままでは子供を育てられなくなるため離婚しました。

2人目の父は物欲が凄く、多額な借金を残して返済できないままこの世を去りました。

母は2度も結婚を失敗し、3人の子供を1人で育てることになりました。

誰の力も借りず、夜は子供たちを家に置いて仕事に行っていました。

夜に母が居ないのはかなり寂しかったのですが、妹がまだ幼かったので『夜は私がちびママをしなきゃ』と思い、寂しい気持ちは隠していました。

母は『貧乏な思いは絶対させない』と思いながら働いていたそうです。

おかげで、貧乏だと思ったことは一度もありませんでした。

欲しい物がなくなるくらい買ってもらっていました。

他人のお父さんを見て羨ましいと思ったこともありませんでした。

母の愛情だけで十分でした。

3人とも母が大好きだったので、母の力になろうと家の掃除をしたり洗濯をしたり、母が喜ぶことを沢山していました。

おかげで、母子家庭でも他人に自慢したくなるくらいとっても幸せな家族でした。

そして私も20歳になり、無事に成人を迎えることができました。

不意に、母の顔にシワが増え小さくなった背中を見て、

「波乱万丈な人生だったね」

と言いました。

すると、母はこう言いました。

「波乱万丈やったよ。子供たちを沢山振り回してしまったし…。

こんなどうしようもないママに3人とも付いて来てくれてありがとうね。

けどね、もし人生をやり直せても、ママは同じ人生を歩むよ。

あなたたち3人に出会えるんだったら、また同じ人と結婚する。

その時はまた、ママのところに生まれて来てね」

私は、強く頷きました。

すると母は嬉しそうに微笑んでくれました。

私も絶対、お母さんのような強くて素敵な母親になりたいと思いました。

父(フリー写真)

父と私と、ときどきおじさん

私が幼稚園、年少から年長頃の話である。 私には母と父が居り、3人暮らしであった。 今でも記憶にある、3人でのお風呂が幸せな家族の思い出であった。 父との思い出に、近…

ウェディングドレス姿の女性(フリー写真)

可愛い一人娘

この前、一人娘が嫁に行った。 目に入れても痛くないと断言できる一人娘が嫁に行った。 結婚式で「お父さん、今までありがとう。大好きです」と言われた。 相手側の親も居た…

柴犬(フリー写真)

おばあちゃんと柴犬

昔の話だが、近所に旦那さんに先立たれ、独り暮らしをしているお婆ちゃんが居た。 お婆ちゃんは室内で柴犬を飼っていた。 嫁いだ娘さんや孫たちがしょっちゅう様子を見に来ていたから…

乾杯(フリー写真)

変わらないもの

今まですれ違いが多くて、なかなか時間を取って話す機会のなかった父。 そんな父と時間を取って話す機会を得たのは、恥ずかしながら仕事でミスを連発して会社から叱責を何度も受けていた時…

機関車(フリー写真)

モンロヴィアへ

太平洋戦争が終わって間もない頃、彼女は単身ニューヨークに留学しました。 ところが、待っていたのは人種差別…。 栄養失調と精神的プレッシャーが重なり、肺結核に罹ってしまったの…

手紙を差し出す女の子(フリー写真)

パパと呼ばれた日

俺が30歳の時、一つ年下の嫁を貰った。 今の俺達には、娘が三人と息子が一人居る。 長女は19歳、次女は17歳、三女が12歳。 長男は10歳。 こう言うと、 …

セイコーマート(フリー写真)

小さな子供達の友情

俺はセイコーマートで働いて三年目になる。 いつも買い物に来る小さな子の話を一つ。 その子は生まれつき目が見えないらしく、白い杖をついて母親と一緒に週二、三度うちの店を訪れる…

サーカス(フリー写真)

ほどこしと親切

私がまだ十代の頃の話です。 サーカスの入場券を買うために、父と私は長い列に並んで順番を待っていました。 私たちの前に居るのは、ようやくあと一家族だけとなりました。 私…

砂時計(フリー写真)

親と一緒に居られる時間

あと何日、母ちゃんに会える日がある? 一人暮らしをしている人は、年に何日、実家に帰ってる? 俺は仕事が忙しくて、夏休みに3日、正月休みに3日の、年間6日くらいなんだけどさ。…

裁縫(フリー写真)

妹に作った妖精衣装

俺には妹が居るんだが、これが何と10歳も年が離れている。 しかも俺が13歳、妹が3歳の時に母親が死んでしまったので、俺が母親代わり(父親は生きているから)みたいなものだった。 …