母の強さ

公開日: 家族 | 心温まる話 |

母と子

母は、バツニです。

1人目の旦那さんで兄と私を産み、2人目の旦那さんで妹を産みました。

1人目の父はギャンブル依存症で、多額な借金を抱え家に帰って来ないほどパチンコをしていました。

このままでは子供を育てられなくなるため離婚しました。

2人目の父は物欲が凄く、多額な借金を残して返済できないままこの世を去りました。

母は2度も結婚を失敗し、3人の子供を1人で育てることになりました。

誰の力も借りず、夜は子供たちを家に置いて仕事に行っていました。

夜に母が居ないのはかなり寂しかったのですが、妹がまだ幼かったので『夜は私がちびママをしなきゃ』と思い、寂しい気持ちは隠していました。

母は『貧乏な思いは絶対させない』と思いながら働いていたそうです。

おかげで、貧乏だと思ったことは一度もありませんでした。

欲しい物がなくなるくらい買ってもらっていました。

他人のお父さんを見て羨ましいと思ったこともありませんでした。

母の愛情だけで十分でした。

3人とも母が大好きだったので、母の力になろうと家の掃除をしたり洗濯をしたり、母が喜ぶことを沢山していました。

おかげで、母子家庭でも他人に自慢したくなるくらいとっても幸せな家族でした。

そして私も20歳になり、無事に成人を迎えることができました。

不意に、母の顔にシワが増え小さくなった背中を見て、

「波乱万丈な人生だったね」

と言いました。

すると、母はこう言いました。

「波乱万丈やったよ。子供たちを沢山振り回してしまったし…。

こんなどうしようもないママに3人とも付いて来てくれてありがとうね。

けどね、もし人生をやり直せても、ママは同じ人生を歩むよ。

あなたたち3人に出会えるんだったら、また同じ人と結婚する。

その時はまた、ママのところに生まれて来てね」

私は、強く頷きました。

すると母は嬉しそうに微笑んでくれました。

私も絶対、お母さんのような強くて素敵な母親になりたいと思いました。

関連記事

ベトナムの夕日(フリー写真)

あの子は僕の友達なんです

ベトナムの村にある宣教師たちの運営する孤児院が、爆撃を受けてしまいました。 宣教師達と二人の子供達が即死し、その他の者も重傷を負いました。 重傷になった者達の中でも、8才の…

ラーメン(フリー写真)

母ちゃんとラーメン

今日、俺は珍しく母ちゃんを外食に誘った。 行き先は、昔からよく行く馴染みのラーメン屋だった。 俺は味噌ラーメンの大盛り、母ちゃんは味噌ラーメンの並盛りを頼んだ。 「昔…

夫婦の手(フリー写真)

大事なメール

嫁が風呂に入っている時に携帯を見てしまった。 メールボックスには俺が送った『今から帰る』というような、くだらないメールばかり。 でもフォルダがあって、そこにメールが一杯貯ま…

ダイビング(フリー写真)

海中の恋

一年前から行きたかったダイビング体験ツアーに行くことになった。 本当は彼女と行きたかったのだが、春が来る前に別れてしまった。 だから仕方なく、男三人で南国へ向かった。 ※…

父と子のシルエット(フリー写真)

親父からのタスキ

小さい頃、よく親父に連れられて街中を走ったものだった。 生まれた町は田舎だったので交通量が少なく、そして自然が多く、晴れた日にはとても気持ちの良い空気が漂っていた。 ※ 親父…

蛍(フリー写真)

蛍は亡くなった人の魂

祖父が死んで、もう12年になる。 幼い頃から、 「蛍は亡くなった人の魂だから、粗末に扱うな」 と祖父に教えられてきた。 ※ 去年の8月15日の夜、父と俺とで家族総…

結婚式

父娘の絆

土曜日の太陽が、一人娘の結婚式を温かく照らしていた。 私が彼女たち母娘と出会ったのは、私が25歳の時でした。妻は33歳、娘は13歳というスタートでした。 事実、彼女は私の…

夫婦の手(フリー写真)

私は幸せでした

文才が無いため酷い文になると思いますが、少し私の話に付き合ってください。 24歳の時、私は人生のどん底に居ました。 6年間も付き合って婚約までした彼には、私の高校時代の友人…

浜辺の母娘(フリー写真)

天国へ持って行きたい記憶

『ワンダフルライフ』という映画を知っていますか? 自分が死んだ時にたった一つ、天国に持って行ける記憶を選ぶ、という内容の映画です。 高校生の頃にこの映画を観て、何の気無しに…

電話機

電話越しの陽だまり

結構前、家の固定電話が鳴った。 『固定電話にかけてくるなんて、誰だろう?』と思いつつ、電話に出ると、若い男の声がした。 「もしもし? 俺だけど、母さん?」 すぐにオ…