失われた春

公開日: 恋愛 | 悲しい話

桜

あれは今から1年半前、大学3年になったばかりの春のことでした。

大学の授業が終わり、帰り支度をしているときに、携帯電話が鳴りました。

着信画面に映ったのは、彼の親友からのもの。

珍しいなと思いつつ電話に出ると、彼の親友は静かに告げました。

「落ち着いて聞いてください。△△(彼)が事故に遭いました。」

突然の知らせに、私の心は凍り付いたようになりました。

「彼は無事なの?」と問うと、親友の沈黙が重くのしかかってきました。

そして、絞り出すように彼の親友は言いました。

「…即死だったそうです。」

信じられない事実に、私はただただ「嘘だ」と繰り返しました。

その後の記憶はほとんどありません。

ただ、友人が電話を代わり、彼の親友が教えてくれた病院に連れて行ってくれたことだけは覚えています。

最後に彼と「会った」のは、告別式の日。

彼の棺に近づき、眠るような顔を見つめたとき、現実感はまったくありませんでした。

告別式での号泣する周囲とは対照的に、私の涙は枯れていました。

出棺の時、彼の棺が運ばれ、霊柩車に納められる瞬間、初めて彼がこの世にいないという現実が突きつけられました。

霊柩車が遠ざかる中、「行かないで」と泣き叫びました。

友人たちに抱きしめられ、その場で泣き崩れたのを覚えています。

彼の死後、私はまるで抜け殻のような日々を送っていました。

学校、バイト、日常の一切はこなしていましたが、心はどこか別の場所にあるようでした。

夜になると、彼との思い出に浸り、涙に暮れました。

しかし、彼の命日の1年後、彼のお墓参りで彼の両親と再会しました。

彼の母親からの優しい言葉が、私の心に染みわたりました。

「ありがとう。でも、彼がいなくなってしまったの。あなたが幸せになる道を見つけてください」

彼の母親に抱きしめられながら、久しぶりに心から泣きました。

その日を境に、私は少しずつ前を向く力を取り戻しました。

彼が私の悲しむ姿を見るのは辛いはずです。

だから、彼がいつも好きだった私の笑顔を取り戻すことにしました。

そして今、彼が亡くなって1年半が経ちます。

今でも時々、彼を思い出して涙することはあります。

でも、彼が私を悲しませないためにも、笑顔で日々を送ることを心掛けています。

彼と共に過ごした時間は、私の心の中でいつまでも大切な宝物です。

関連記事

手を繋ぐカップル(フリー素材)

可愛い彼女がいた

俺には可愛い彼女がいた。 性格は素直でスタイルも良かったが、周囲からは 「え、あの女と付き合ってるの? お幸せに(笑)」 と、よく馬鹿にされた。 彼女は頭が非常…

結婚式(フリー写真)

前彼の祝福

学生時代、彼氏を事故で亡くした。 引き摺りまくって、もう新しい彼氏も結婚も要らないと荒み、誘いも蹴り告白も断った。 お一人様の老後を設計していたのだけど、ある日いきなりご縁…

月

三度の祈り

それは今から数年前、俺の人生における三度の神頼みの始まりでした。 最初は七歳の時、両親が離婚し、厳しい祖父母の元へ預けられた時のことです。 彼らから「お前のせいで別れた」…

瓦礫

わずか1.5メートルの後悔

私と倫子は、二十一歳の若さで愛の意地を張り合ってしまった。その日、些細なことから生まれた言い争いは、私のわがままから始まっていた。 普段は隣り合わせの安らぎで眠るはずが、その夜…

手を繋ぐ(フリー写真)

初恋の人

初恋の人が亡くなりました。 初恋で初めての彼氏で、私も若くて我儘放題で、悔やまれることばかりです。 ある日、突然「別れて欲しい」と言われ、意地を張って「いいよ」と言い返して…

花火(フリー写真)

花火とプロポーズ

2012年の夏。 付き合って2年になる彼女がいた。 彼女とは中学の同級生で、成人してから付き合い始めた。 同窓会で2年振りの再会。 お互いにどんな性格なのか、趣…

日記帳(フリー写真)

親孝行したい時に

高校を卒業してから4年間、何もせずに家でお金を使うことしかしていなかった。 オンラインゲームをしたりゲームを買ったり。偶に親に怒鳴り散らしたりもした。 そんな駄目な俺が2…

震災(フリー写真)

救助活動

東日本大震災。 辺りは酷い有り様だった。 鳥居の様に積み重なった車、田んぼに浮く漁船。 一階部分は瓦礫で隙間無く埋め尽くされ、道路さえまともに走れない。 明るく…

カップルの足(フリー写真)

母の持つ愛情

当時の俺は大学一年、彼女は大学四年。忘れもしない三年前の出来事。 大学に入ってすぐ、俺は軟式野球のサークルに入った。 サークルのマネージャーの中に彼女が居た。 一目惚…

日記(フリー写真)

最後の日記

小学校の時、虐められていた。 消しゴムを勝手に使われたので怒ったら、相手が学年のボス格の女子。 それ以来、クラスから無視された。 それが中学に入っても変わらず、真剣に…