失われた春

公開日: 恋愛 | 悲しい話

桜

あれは今から1年半前、大学3年になったばかりの春のことでした。

大学の授業が終わり、帰り支度をしているときに、携帯電話が鳴りました。

着信画面に映ったのは、彼の親友からのもの。

珍しいなと思いつつ電話に出ると、彼の親友は静かに告げました。

「落ち着いて聞いてください。△△(彼)が事故に遭いました。」

突然の知らせに、私の心は凍り付いたようになりました。

「彼は無事なの?」と問うと、親友の沈黙が重くのしかかってきました。

そして、絞り出すように彼の親友は言いました。

「…即死だったそうです。」

信じられない事実に、私はただただ「嘘だ」と繰り返しました。

その後の記憶はほとんどありません。

ただ、友人が電話を代わり、彼の親友が教えてくれた病院に連れて行ってくれたことだけは覚えています。

最後に彼と「会った」のは、告別式の日。

彼の棺に近づき、眠るような顔を見つめたとき、現実感はまったくありませんでした。

告別式での号泣する周囲とは対照的に、私の涙は枯れていました。

出棺の時、彼の棺が運ばれ、霊柩車に納められる瞬間、初めて彼がこの世にいないという現実が突きつけられました。

霊柩車が遠ざかる中、「行かないで」と泣き叫びました。

友人たちに抱きしめられ、その場で泣き崩れたのを覚えています。

彼の死後、私はまるで抜け殻のような日々を送っていました。

学校、バイト、日常の一切はこなしていましたが、心はどこか別の場所にあるようでした。

夜になると、彼との思い出に浸り、涙に暮れました。

しかし、彼の命日の1年後、彼のお墓参りで彼の両親と再会しました。

彼の母親からの優しい言葉が、私の心に染みわたりました。

「ありがとう。でも、彼がいなくなってしまったの。あなたが幸せになる道を見つけてください」

彼の母親に抱きしめられながら、久しぶりに心から泣きました。

その日を境に、私は少しずつ前を向く力を取り戻しました。

彼が私の悲しむ姿を見るのは辛いはずです。

だから、彼がいつも好きだった私の笑顔を取り戻すことにしました。

そして今、彼が亡くなって1年半が経ちます。

今でも時々、彼を思い出して涙することはあります。

でも、彼が私を悲しませないためにも、笑顔で日々を送ることを心掛けています。

彼と共に過ごした時間は、私の心の中でいつまでも大切な宝物です。

関連記事

カップル(フリー写真)

人の大切さ

私は生まれつき体が弱く、よく学校で倒れたりしていました。 おまけに骨も脆く、骨折6回、靭帯2回の、体に関して何も良いところがありません。 中学三年生の女子です。 重…

窓辺(フリー写真)

失われた家族

妻と娘が一ヶ月前に交通事故で命を落としました。 独りで運転していた車が大破したそうです。 その知らせを受けたとき、私は出張先の根室にいました。 帰るのは一苦労でした…

赤い糸(フリー写真)

同級生との再会

私はその日、両親、妹と住宅展示場に来ていました。 家を新築する予定となり、両親はここのところ住宅展示場巡りをしていました。 私はなかなか予定が合わず、住宅展示場に来るのはこ…

電車の車内(フリー写真)

思いやりの紙片

学生時代から長く付き合い、結婚を考えていた彼と別れました。 彼は一年も前から、職場の年上の女性と付き合っていたのです。 その女性から結婚を迫られ、もう既に彼女のご両親とは…

終戦時の東京(フリー写真)

少女に伝えること

第二次大戦が終わり、私は多くの日本の兵士が帰国して来る復員の事務に就いていました。 ある暑い日の出来事でした。私は、毎日毎日訪ねて来る留守家族の人々に、貴方の息子さんは、ご主人は…

花を持つ女性(フリー写真)

彼女の嘘

あなたは本当に俺を困らせてくれたよね。 あなたと付き合った日。 朝のバスでいきなり大声で、 「付き合ってください!」 そんな大声で言われても困るし。 と言…

ゲームセンター(フリー写真)

嬉しそうな笑顔を

うちのゲーセンに、毎日のように来ていたお前。 最近全然見ないと思ったら、やっと理由が判ったよ。 この前、お前の母ちゃんが便箋を持って挨拶に来たんだよ。 こちらで良くお…

太陽の光(フリー写真)

あなたらしく生きてください

高校時代に付き合っていた彼女の口癖だった言葉。 「やらないで後悔するより、やって後悔した方が良いんじゃない?」 別れた後も、何故か手紙のやり取りはしていた。 でも、あ…

女性の後姿(フリー写真)

宝物ボックス

俺が中学2年生の時だった。 幼馴染で結構前から恋心も抱いていた、Kという女子が居た。 でもKは、俺の数倍格好良い男子と付き合っていた。俺が敵う相手ではなかった。 彼女…

雪(フリー写真)

プライド

私には自分で決めたルールがある。 自分が悪いと思ったらすぐに『ごめんなさい』と言うこと。 私は元々意地っ張りで、自分が悪いと思っても『ごめんなさい』の一言が出ない。 …