祖母から孫への想い

公開日: 家族 | 心温まる話 | 祖父母

おばあちゃんの手(フリー写真)

俺は母とおばあちゃんの三人で暮らしている。

母と親父は離婚していない。

パチンコなどのギャンブルで借金を作る駄目な親父だった。

母子家庭というのはやはり経済的に苦しく、母さんは毎日働いている。

おばあちゃんは汚い服ばかり着ている。

俺は行きたい大学があるけど、金が掛かるからそこだけ受けて駄目だったら就職しようと思っていた。

それで俺、大学に落ちちゃったんだ。

「すぐに就職先を見つけなきゃいけないな」

と考えていたら、俺の部屋におばあちゃんが入って来た。

「○○、大学落ちちゃったんだってね」

と、おばあちゃん。

「うん、でもいいよ。俺、就職するからさ」

と俺は少し強がり、笑って見せた。

そしたらおばあちゃん、いつから使っているか分からないような汚い手提げ袋から、札束を出したんだ。

「え…何このお金…」

と俺が絶句していたら、

「○○、行きたい大学があるんじゃろ? だったら行きんさい。

お金のことなら心配せんでええ。まずこれで予備校行きんさい。

年寄りは金持ちやで。それに、ばあちゃんな、ちょうど何かに使おうて思ってたんじゃ」

そう言ってしわしわの手で札束を俺に握らせた。

そして、

「頑張りんさい」

と言って部屋を出て行った。

それから母におばあちゃんのことを聞いたら、

「おばあちゃんね、あんたが産まれてからずっと年金をコツコツ貯めてたみたいだよ。私も知らんかった」

と言う。

マジ泣いたよ。

お金があるのに汚い服ばかりを着ている意味とか、さっき俺の部屋で喋ったことなどを思い出して、本当に泣いた。

もう、本当に頑張るから。

今は肩を揉むことぐらいしか出来んけど、絶対大学に合格するから。

それと、俺は今日で2ちゃんねる卒業だわ。

長い間、本当にお世話になりました。勉強頑張ります。

関連記事

月明かり(フリー写真)

お月さんの下で

昨日、彼女の家の犬が死んだ。 彼女の家は昔、彼女の兄貴が高校生という若さで自殺してから、両親も彼女もうつ病になって酷い状態だったらしい。 そんな時に引き取って来た犬だったそ…

飛行機の座席(フリー写真)

ファーストクラス

「ちょっとスチュワーデスさん!席を変えてちょうだい」 ヨハネスブルグ発の混んだ飛行機の中で、白人中年女性の乗客が叫んだ。 「何かありましたか?」 「あなた、解らないの…

街の夕日(フリー写真)

人とのご縁

自分は三人兄弟の真ん中として、どこにでもある中流家庭で育ちました。 父はかなり堅い会社のサラリーマンで、性格も真面目一筋。それは厳格で厳しい父親でした。 母は元々小学校の教…

病室(フリー写真)

おばあちゃんの愛

私のばあちゃんは、いつも沢山湿布をくれた。 しかも肌色のちょっと高い物。 中学生だった私はそれを良く思っていなかった。 私は足に小さな障害があった。 けれど日…

交差点(フリー写真)

家族の支え

中学時代、幼馴染の親友が目の前で事故死した。 あまりに急で、現実を受け容れられなかった俺は少し精神を病んでしまった。 体中を血が出ても止めずに掻きむしったり、拒食症になった…

母の手を握る赤子(フリー写真)

母の想い

彼は幼い頃に母親を亡くし、父親と祖母と暮らしていました。 17歳の時、急性骨髄性白血病にかかってしまい、本人すら死を覚悟していましたが、骨髄移植のドナーが運良く見つかり死の淵から…

手紙(フリー写真)

連絡帳の約束

俺が小学五年生の時、寝たきりで滅多に学校に来なかった女の子と同じクラスになったんだ。 その子は偶に学校に来たと思ったらすぐに早退してしまうし、最初はあいつだけズルイなあ…なんて思…

コーヒーのドリップ(フリー写真)

店長さんの嘘

俺がまだ受験生だった頃の話。 当時、塾の自習室にはどうにも居辛くて、自習室代わりによく利用している喫茶店があった。 普段は20時前には自習室に戻っていたんだけど、そこの店長…

阿佐ヶ谷七夕まつりの短冊(フリー写真)

人のために出来ること

ある家庭に、脳に障害のある男の子が生まれた。 そして数年後、次男が誕生した。 小さい頃、弟は喧嘩の度に 「兄ちゃんなんて、バカじゃないか」 と言った。それを聞い…

子犬(フリー写真)

子犬を買いに来た男の子

あるペットショップの店頭に『子犬セール中!』の札が掛けられました。 子犬と聞くと子供はとても心をそそられるものです。 暫くするとやはり、男の子が店に入って来ました。 …