祖母から孫への想い

公開日: 家族 | 心温まる話 | 祖父母

おばあちゃんの手(フリー写真)

俺は母とおばあちゃんの三人で暮らしている。

母と親父は離婚していない。

パチンコなどのギャンブルで借金を作る駄目な親父だった。

母子家庭というのはやはり経済的に苦しく、母さんは毎日働いている。

おばあちゃんは汚い服ばかり着ている。

俺は行きたい大学があるけど、金が掛かるからそこだけ受けて駄目だったら就職しようと思っていた。

それで俺、大学に落ちちゃったんだ。

「すぐに就職先を見つけなきゃいけないな」

と考えていたら、俺の部屋におばあちゃんが入って来た。

「○○、大学落ちちゃったんだってね」

と、おばあちゃん。

「うん、でもいいよ。俺、就職するからさ」

と俺は少し強がり、笑って見せた。

そしたらおばあちゃん、いつから使っているか分からないような汚い手提げ袋から、札束を出したんだ。

「え…何このお金…」

と俺が絶句していたら、

「○○、行きたい大学があるんじゃろ? だったら行きんさい。

お金のことなら心配せんでええ。まずこれで予備校行きんさい。

年寄りは金持ちやで。それに、ばあちゃんな、ちょうど何かに使おうて思ってたんじゃ」

そう言ってしわしわの手で札束を俺に握らせた。

そして、

「頑張りんさい」

と言って部屋を出て行った。

それから母におばあちゃんのことを聞いたら、

「おばあちゃんね、あんたが産まれてからずっと年金をコツコツ貯めてたみたいだよ。私も知らんかった」

と言う。

マジ泣いたよ。

お金があるのに汚い服ばかりを着ている意味とか、さっき俺の部屋で喋ったことなどを思い出して、本当に泣いた。

もう、本当に頑張るから。

今は肩を揉むことぐらいしか出来んけど、絶対大学に合格するから。

それと、俺は今日で2ちゃんねる卒業だわ。

長い間、本当にお世話になりました。勉強頑張ります。

関連記事

赤ちゃんの足を持つ手(フリー写真)

ママの最後の魔法

サキちゃんのママは重い病気と闘っていたが、死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。 その時、サキちゃんはまだ2歳だった。 「あなた、サキのためにビデオを3本残します。 このビ…

夫婦の手(フリー写真)

私は幸せでした

文才が無いため酷い文になると思いますが、少し私の話に付き合ってください。 24歳の時、私は人生のどん底に居ました。 6年間も付き合って婚約までした彼には、私の高校時代の友人…

結婚式(フリー写真)

前彼の祝福

学生時代、彼氏を事故で亡くした。 引き摺りまくって、もう新しい彼氏も結婚も要らないと荒み、誘いも蹴り告白も断った。 お一人様の老後を設計していたのだけど、ある日いきなりご縁…

空(フリー写真)

見守ってくれた兄

我が家の仏壇には、他より一回り小さな位牌があった。 両親に聞いた話では、生まれる前に流産してしまった俺の兄のものだという。 両親はその子に名前(A)を付け、事ある毎に …

手を繋ぐカップル(フリー写真)

幸せの在り処

もう五年も前になる。 当時無職だった俺に彼女が出来た。 彼女の悩みを聞いてあげたのが切っ掛けだった。 正直、他人事だと思って調子の良いことを言っていただけだったが、彼…

お見舞いの花(フリー写真)

父の唯一の楽しみ

私の家系は少し複雑な家庭で、父と母は離婚して別々に暮らしています。 私は三姉妹の末っ子で、父に会いに行くのも私だけでした。 姉二人なんて、父と十年近く会っていません。 ※…

クリスマスプレゼント(フリー写真)

沢山のキッス

クリスマスが近付いた時期の話です。 彼は三才の娘が包装紙を何枚も無駄にしたため、彼女を厳しく叱りました。 貧しい生活を送っていたのに、その子はクリスマスプレゼントを包むため…

オフィスの机(フリー写真)

膝枕

昔、飲み会があるといつも膝枕をしてくれる子が居たんだ。 こちらから頼む訳でもなく、何となくしてもらう感じだった。 向こうも嫌がるでもなく、俺を膝枕しながら他の奴らと飲んでい…

手を繋いで歩く夫婦(フリー写真)

たった一つの記憶

私の夫は、結婚する前に脳の病気で倒れてしまい、死の淵を彷徨いました。 私がそれを知ったのは、倒れてから5日も経ってからでした。 夫の家族が病院に駆け付け、携帯電話を見て私の…

父と子(フリー写真)

身体を大事にしろ

今日は父親の13回忌だ。 うちの父は僕が高校生の時に他界している。 死因は末期の膵臓癌だった。 最初に父が身体の不調を訴えて病院で検査を受けた時、肺に水が溜まっていた…