俺とナツ

公開日: ペット | 悲しい話 |

柴犬

「しつこいな!近寄んな!」…今でも後悔してる。お前にあんなことを言ってしまったこと。

俺が小学4年生になった時、親が犬を飼ってくれた。柴犬だ。人懐こいから名前は「ナツ」。

ナツはいつでもどこでも一緒にいてくれた。

俺が中3の時の修学旅行行く時なんてギャンギャン暴れ回って母ちゃん怒ってたわ(笑)。

俺は高校生になっていわゆる不良って奴らと遊ぶようになって、ナツのことなんてすっかり忘れて遊んでた。

ある日の日曜、いつものように不良仲間のところに行こうとしたら、ナツが遊んでほしいのか俺にしつこいぐらいにまとわりついてきた。

でも、そんときの俺はナツのことなんて頭になくて、

「しつこいな!近寄んな!」

つって、家を飛び出した。

…こんときあんなことになるとは、多分神様くらいしかわかってなかったと思う。

仲間と遊んでたその日の夕方、母ちゃんから電話がかかってきた。

俺「もしもし。なんかよう?」

母ちゃん「あのね…ナツが…その…」

俺「ナツがなんだよ!さっさと言えよ!」

戸惑う母ちゃんに俺はイライラしていた。

母ちゃん「…今まで言わなかったんだけどね…ナツはがんになってて、その…今危ない状態なの」

俺「…は?あのアホ犬が死ぬわけないじゃん(笑)。何言ってんの?」

俺は最初、遊んでる俺にふざけてからかってんのかと思ってた。

けど…母ちゃん「お願い!信じて!…帰ってきて!」

必死に言う母ちゃんの言葉が嘘には聞こえなくて、俺は家に向かって全速力で走った。

やっとの思いで家についた時には、もうナツはぐったりしてる状態だった。

俺「ナツ!おい!」

母ちゃん「落ち着いて…」

俺「落ち着けるか!ふざけんな!…おい!ナツ!」

俺はいつしか涙を流しながら必死にナツを抱えていた。

ナツは時折、俺が流した涙を優しく舐めてくれた。

俺は最後まで名前を呼びつづけた。

俺「ナツ!まけんな!まだ死ぬな!」

俺「お願いだから…もうちょっと…まだ…死ぬなよっ…」

泣きすぎて言葉にもならない俺。

俺「ナツ」 何回言ったかわかんないくらい俺のその言葉を最後にナツは息を引き取った。

その後も俺は泣きじゃくった。

…ナツ、これ見てるか?言いたいことがある。

ナツ、そっちの世界で元気か?

ごめんな。近寄んななんて言って。

ごめんな。遊んでやれなくて。

ごめんな。一人にしちまって。

ごめんな。ちゃんとしてない俺で。

ナツ、たくさん嫌な思いをさせちまった。

ナツ、ごめん。

ナツ、一緒にいてくれてありがとな。

ナツ、だいすき。

関連記事

海

最後の敬礼 – 沖縄壕の絆

沖縄、戦時の地に息をひそめる少年がいました。 12歳の叔父さんは、自然の力を借りた壕で日々を過ごしていたのです。 住民たちや、運命に翻弄された負傷兵たちと共に。 し…

親子の後ろ姿(フリー写真)

育ての親

私には、お母さんが二人居た。 一人は、私に生きるチャンスを与えてくれた。 もう一人は……。 ※ 私の17歳の誕生日に、母が継母であることを聞かされた。 私を生んで…

戦闘機(フリー写真)

海行かば

このお話は8年程前、九州の西日本新聞に掲載され、映画化もされました。 ご存知の方も多いはずです。特繰出身の学徒兵の方々のお話です。 当時東京に居た私は、銀座の東映に軽い気持…

月明かり(フリー写真)

お月さんの下で

昨日、彼女の家の犬が死んだ。 彼女の家は昔、彼女の兄貴が高校生という若さで自殺してから、両親も彼女もうつ病になって酷い状態だったらしい。 そんな時に引き取って来た犬だったそ…

犬(フリー写真)

愛犬が繋いだ絆

11年間、飼っていた愛犬が亡くなった。 死ぬ前の半年間、自分はろくに家に帰らず、世話も殆どしなかった。 その間にどんどん衰えて行っていたのに、あまり見ることも触ることもなく…

白猫(フリー写真)

白猫のミーコ

私が生まれる前から、私の家にはミーコという猫が居た。 白くて、ふわふわで、温かかった。 私はミーコが大好きだった。 ミーコもそんな私に懐いてくれた。 ※ 父が入院…

阪神淡路大震災(フリー写真)

大切な親友との約束

小学4年生の時、俺はマンションで友達と遊んでいた。 ミニ四駆が流行っていた頃だ。 いつも騒いでいた俺たちは、管理人さんに怒られたものだ。 俺は改造が下手で遅れがちだ…

青空(フリー写真)

彼女に会いに行きたい

俺も元カノを亡くしたよ。もう何年も前だけど。 中学の頃に親父が死んでも大して泣かなかったが、これはボロ泣きした。 彼女とは3年ちょい付き合って、俺の我侭で上手く行かなくなり…

女性の後姿(フリー写真)

宝物ボックス

俺が中学2年生の時だった。 幼馴染で結構前から恋心も抱いていた、Kという女子が居た。 でもKは、俺の数倍格好良い男子と付き合っていた。俺が敵う相手ではなかった。 彼女…

渓流(フリー写真)

お母さんと呼んだ日

私がまだ小学2年生の頃、継母が父の後妻として一緒に住むことになった。 特に苛められたとかそういうことは無かったのだけど、何だか馴染めなくて、いつまで経っても「お母さん」と呼べない…