ラグビーと恩師

公開日: 心温まる話

ラグビー場(フリー写真)

私は高校時代に万引きをして、人生観が変わりました。

中学から好きだった野球を続ける為に、有名な強豪校に希望して入りました。

しかしボールを触らせて貰えず、毎日ボール拾いばかりしていました。

入部して半年足らずで嫌気が差し、少しグレて煙草や部活をサボるようになり、そこで万引きをして捕まってしまいました。

一週間の停学処分になりました。

学校へ戻り、部活に迷惑を掛けた事を顧問に謝り、部活を辞める事になりました。

私は、高校生活は終わったと諦めていました。

学校も辞める予定でした。

その日、帰る途中に話を聞いていた別の顧問の先生に止められ、

「学校を辞めようと思っています」

と伝えると、胸ぐらを掴まれ

「辞めるな」

と止められました。

顧問は僕の家の事情を知っていて、

「母子家庭でこんなに高い入学金を用意してくれた母ちゃんの想いを無駄にするな。

お前が学校を続けるなら、俺が3年間、面倒見たる」

と言った言葉は、今でも忘れられない。

それから、

「ラグビー部に入って夢を持て」

という言葉も忘れられないよ。

その日、母ちゃんにも

「面倒を見させて下さい」

と連絡があった。

俺は部活を辞めた次の日に違う部活に入るのが躊躇われ見学していた。

そしたら二人居る別の顧問に

「帰れ」

と言われ、腹が立ってその場を後にした。

するとその顧問が走って来て、俺を捕まえて一言。

「ラグビーは、見るもんやない。プレイするもんや」

と言われ、この人も熱い先生やと思い、五日後にはラグビーを一緒になってプレイしていた。

それから俺はラグビーを3年間続け、副キャプテンになった。

そして、卒業式の日。

顧問に卒業おめでとうと言われ、顔をくしゃくしゃにして

「ありがとございました!」

と言い卒業しました。

3年間のうちで、休んだのはあの一週間だけだった。

現在の自分があるのは、恩師のお陰です。

ありがとうございました!

関連記事

エプロン(フリーイラスト)

母のエプロン

社会人になって初めて迎えた母さんの誕生日。 「いつもありがとう」という言葉を添えて、プレゼントを渡したかった。 でも照れ臭いし、もし選んだプレゼントが気に入ってもらえなかっ…

手紙(フリー写真)

天国の妻からの手紙

嫁が激しい闘病生活の末、若くして亡くなった。 その5年後、こんな手紙が届いた。 どうやら死期が迫った頃、未来の俺に向けて書いたものみたいだ。 ※ Dear 未来の○○ …

桜(フリー写真)

娘を思う父の心

この前、娘が大学受けたんですよ、初めてね。 で、生まれて初めて娘の合格発表を迎えた訳ですわ。正直、最初は合格発表を見に行った娘の電話を待つのなんて簡単だと思ってたのよ。みんな普通…

チューリップ(フリー写真)

立派なお義母さん

結婚当初は姑と上手く噛み合わず、会うと気疲れしていた。 意地悪されたりはしなかったけど、気さくでよく大声で笑う実母に比べ、足を悪くするまでずっと看護士として働いていた姑は喜怒哀楽…

数式(フリー素材)

天才数学者の意志

人は彼のことを「神童」とも「天才」とも「未来を嘱望された若手数学者」とも形容する。 ただ一環しているのは、彼の頭脳力と、それに劣らない人格に対する尊敬と敬愛だろう。 20…

親子(フリー写真)

知ってるよ

「結婚したい子が出来た」 とオヤジに言ったら、数日後に 「大事な話がある」 と言われ、家族会議になった。 今までに無い、真剣な顔で…。 父「実は、俺と…俺…

クリスマス(フリー写真)

サンタさんへの手紙

6歳の娘がクリスマスの数日前から、欲しいものを手紙に書いて窓際に置いていた。 何が欲しいのかなあと、夫とキティちゃんの便箋を破らないようにして手紙を覗いてみたら、こう書いてあった…

ドーベルマン(フリー写真)

リードを噛み千切り

普段は俺のことをバカにしまくっているドーベルマンのロッキー。 しかし小学生の時、ロッキーは俺を助けてくれた。 ※ お袋の実家に帰省していた時、近所の大きな川にロッキーと一緒に…

バラの花束(フリー写真)

大きなバラの花束

接客を何年か担当してくれていた優秀な女性スタッフが、その店を辞めることになった。 店長は、一生懸命仕事をしてくれた彼女に何かお礼がしたかった。 いよいよ彼女の最後の出勤の日…

乾杯(フリー写真)

俺の夢

僕達兄弟には元々親が居らず、養護施設で育ちました。 3つ上の兄は、中学を出るとすぐに鳶の住み込みで見習いになり、その給料は全て貯金していました。 そのお金で僕は私立の高校を…