愛犬が繋いだ絆

公開日: ちょっと切ない話 | ペット |

犬(フリー写真)

11年間、飼っていた愛犬が亡くなった。

死ぬ前の半年間、自分はろくに家に帰らず、世話も殆どしなかった。

その間にどんどん衰えて行っていたのに、あまり見ることも触ることもなく、その日を迎えてしまった。

前日の夜に、もう私とはあまり会話が無くなっていた母が、兄と一緒に私の部屋に来て

「もう、動かなくなって、息だけしてるの。目も、開いたまま閉じられない。最後だから、お別れして来なさい」

と泣きながら言ってきた。

驚いて下に降りて行ったら、コタツに横たわっていた。

本当に息だけしかしておらず、段々息も弱くなっているのが解った。

怒りっぽい犬で、触るだけで唸るのに、その日は何も反応が無かった。

母と兄と三人で、泣きながら朝まで見守った。

次の日、単身赴任の父が帰って来てすぐ息を引き取った。

父のことが大好きだったから、きっと待っていたのだと思う。

家族全員揃うのを待っていたんだな。

死ぬ間際に飲んだ水は凄く美味しかったよね。幸せだったよね。

何よりも、ろくに家に帰らず遊んでばかりいて、あなたの世話をしていなかったことを悔やんでいる。

父も母も兄も泣きじゃくる中、あたしは後悔ばかりが心に残って、あまり泣くことも出来なかった。

おまえが死んでから、おかあさんとも会話するようになったよ。

今まで、お母さんの話し相手はおまえだったもんね。

おまえのお陰で、自分がどんなに親を悲しませていたかが解った。

犬にまであたしのことを相談するくらい、おかあさん悩んでいたんだね。

おまえが死んでふさぎがちだった母も最近元気になったよ。安心して眠ってね。

昨日、死んでから初めてあなたの夢を見ました。朝起きて、泣きました。

本当にありがとう。

ばいばい。

関連記事

学校(フリー写真)

学生時代の思い出

俺が中学生の時の話。 当時はとにかく運動部の奴がモテた。 中でも成績が優秀な奴が集まっていたのがバスケ部だった。 気が弱くて肥満体の俺は、クラス替え当日から、バスケ部…

夫婦の手(フリー写真)

空席に座る子

旦那の上司の話です。亡くなったお子さんの話だそうです。 主人の上司のA課長は、病気で子供を失いました。 当時5歳。幼稚園で言えば、年中さんですね。 原因は判りません…

タクシー(フリー写真)

台風の日

タクシーの中でお客さんとどんな話をするか、平均で10分前後の短い時間で完結する話題と言えばやはり天気の話になります。 今日の福岡は台風11号の余波で、朝から断続的に激しい雨が降っ…

彼女(フリー写真)

忘れられない暗証番号

元号が昭和から平成に変わろうとしていた頃の話です。 当時、私は二十代半ば。彼女も同じ年でした。 いよいよ付き合おうかという時期に、彼女から私に泣きながらの電話…。 「…

夫婦の手(フリー写真)

私は幸せでした

文才が無いため酷い文になると思いますが、少し私の話に付き合ってください。 24歳の時、私は人生のどん底に居ました。 6年間も付き合って婚約までした彼には、私の高校時代の友人…

どんぐり(フリー写真)

どんぐり

毎年お盆に帰省すると、近くの川で『送り火』があります。 いつもは淡い光の列がゆっくり川下に流れて行くのを眺めるだけなのだけど、その年は灯篭に『さちこ』と書いて川に浮かべました。 …

空(フリー写真)

神様がくれたミッション

私は都内でナースをしています。 これは二年程前の話です。 ある病院で一人の患者さんを受け持つことになりました。 22歳の女性の患者さんです。 彼女は手遅れの状態…

太陽の光(フリー写真)

あなたらしく生きてください

高校時代に付き合っていた彼女の口癖だった言葉。 「やらないで後悔するより、やって後悔した方が良いんじゃない?」 別れた後も、何故か手紙のやり取りはしていた。 でも、あ…

野球ボール(フリー写真)

父と息子のキャッチボール

私の父は高校の時、野球部の投手として甲子園を目指したそうです。 「地区大会の決勝で9回に逆転され、あと一歩のところで甲子園に出ることができなかった」 と、小さい頃によく聞か…

寝ている猫(フリー写真)

飼い猫の最後の別れ

10年以上前、ひょんな切っ掛けで、捨てられたらしいスコティッシュの白猫を飼う事になった。 でもその猫の首には大きな癌があり、猫エイズも発症していて、 「もうあと一ヶ月ぐらい…