愛犬が繋いだ絆

公開日: ちょっと切ない話 | ペット |

犬(フリー写真)

11年間、飼っていた愛犬が亡くなった。

死ぬ前の半年間、自分はろくに家に帰らず、世話も殆どしなかった。

その間にどんどん衰えて行っていたのに、あまり見ることも触ることもなく、その日を迎えてしまった。

前日の夜に、もう私とはあまり会話が無くなっていた母が、兄と一緒に私の部屋に来て

「もう、動かなくなって、息だけしてるの。目も、開いたまま閉じられない。最後だから、お別れして来なさい」

と泣きながら言ってきた。

驚いて下に降りて行ったら、コタツに横たわっていた。

本当に息だけしかしておらず、段々息も弱くなっているのが解った。

怒りっぽい犬で、触るだけで唸るのに、その日は何も反応が無かった。

母と兄と三人で、泣きながら朝まで見守った。

次の日、単身赴任の父が帰って来てすぐ息を引き取った。

父のことが大好きだったから、きっと待っていたのだと思う。

家族全員揃うのを待っていたんだな。

死ぬ間際に飲んだ水は凄く美味しかったよね。幸せだったよね。

何よりも、ろくに家に帰らず遊んでばかりいて、あなたの世話をしていなかったことを悔やんでいる。

父も母も兄も泣きじゃくる中、あたしは後悔ばかりが心に残って、あまり泣くことも出来なかった。

おまえが死んでから、おかあさんとも会話するようになったよ。

今まで、お母さんの話し相手はおまえだったもんね。

おまえのお陰で、自分がどんなに親を悲しませていたかが解った。

犬にまであたしのことを相談するくらい、おかあさん悩んでいたんだね。

おまえが死んでふさぎがちだった母も最近元気になったよ。安心して眠ってね。

昨日、死んでから初めてあなたの夢を見ました。朝起きて、泣きました。

本当にありがとう。

ばいばい。

関連記事

恋人同士(フリー写真)

彼女のために出来ること

まだ一年程前の事です。 彼女がこの世を去りました。病死です。 その彼女と出会ったのは7年前でした。彼女はその頃、大学1年生でした。 彼女には持病があり、 「あと…

夫婦(フリー写真)

幸せなことは何度でもある

結婚5年目に、ようやく待ちに待った子供が産まれた。 2年経って子供に障害があることが判明し、何もかもが嫌になって子供と死のうと思った。 そしたら旦那がメールが届いた。 ※…

白猫(フリー写真)

白猫のミーコ

私が生まれる前から、私の家にはミーコという猫が居た。 白くて、ふわふわで、温かかった。 私はミーコが大好きだった。 ミーコもそんな私に懐いてくれた。 ※ 父が入院…

薔薇の花(フリー写真)

せかいでいちばんのしあわせ

私が幼稚園の時に亡くなったお母さん。 当時、ひらがなを覚えたての私が読めるように、ひらがなだけで書かれた手紙を遺してくれた。 ※ みいちゃんが おかあさんのおなかにやってきて…

父の手(フリー写真)

受け継がれた情熱

俺の親父は消防士だった。 いつ何があってもおかしくない仕事だから、よく母に 「俺に何かあっても、お前らが苦労しないようにはしてる」 と言っていたのを憶えている。 ※…

子犬(フリー写真)

子犬を買いに来た男の子

あるペットショップの店頭に『子犬セール中!』の札が掛けられました。 子犬と聞くと子供はとても心をそそられるものです。 暫くするとやはり、男の子が店に入って来ました。 …

カップルの足(フリー写真)

母の持つ愛情

当時の俺は大学一年、彼女は大学四年。忘れもしない三年前の出来事。 大学に入ってすぐ、俺は軟式野球のサークルに入った。 サークルのマネージャーの中に彼女が居た。 一目惚…

指切り(フリー写真)

指切り

「いっぱいの幸せをありがとう。 私は幸せ者だ。 だって最期にあなたの顔を見られたから。 これも日頃の何とやらなのかな?」 病室のベッドで手を握りながら彼女は言う…

手を組む女性(フリー写真)

恋人からの手紙

昨日、恋人が死んじゃったんです。病気で。 そしたらなんか通夜が終わって、病院に置いて来た荷物とか改めて取りに行ったら、その荷物の中に俺宛ての手紙が入ってたんです。 で、よく…

夏の部屋(フリー写真)

残された兄妹

3年前、金融屋をやっていたんだけど、その年の夏の話。 いつものように追い込みを掛けに行ったら、親はとっくに消えていたんだけど、子供が二人置いて行かれていた。 5歳と3歳。上…