愛犬が繋いだ絆

公開日: ちょっと切ない話 | ペット |

犬(フリー写真)

11年間、飼っていた愛犬が亡くなった。

死ぬ前の半年間、自分はろくに家に帰らず、世話も殆どしなかった。

その間にどんどん衰えて行っていたのに、あまり見ることも触ることもなく、その日を迎えてしまった。

前日の夜に、もう私とはあまり会話が無くなっていた母が、兄と一緒に私の部屋に来て

「もう、動かなくなって、息だけしてるの。目も、開いたまま閉じられない。最後だから、お別れして来なさい」

と泣きながら言ってきた。

驚いて下に降りて行ったら、コタツに横たわっていた。

本当に息だけしかしておらず、段々息も弱くなっているのが解った。

怒りっぽい犬で、触るだけで唸るのに、その日は何も反応が無かった。

母と兄と三人で、泣きながら朝まで見守った。

次の日、単身赴任の父が帰って来てすぐ息を引き取った。

父のことが大好きだったから、きっと待っていたのだと思う。

家族全員揃うのを待っていたんだな。

死ぬ間際に飲んだ水は凄く美味しかったよね。幸せだったよね。

何よりも、ろくに家に帰らず遊んでばかりいて、あなたの世話をしていなかったことを悔やんでいる。

父も母も兄も泣きじゃくる中、あたしは後悔ばかりが心に残って、あまり泣くことも出来なかった。

おまえが死んでから、おかあさんとも会話するようになったよ。

今まで、お母さんの話し相手はおまえだったもんね。

おまえのお陰で、自分がどんなに親を悲しませていたかが解った。

犬にまであたしのことを相談するくらい、おかあさん悩んでいたんだね。

おまえが死んでふさぎがちだった母も最近元気になったよ。安心して眠ってね。

昨日、死んでから初めてあなたの夢を見ました。朝起きて、泣きました。

本当にありがとう。

ばいばい。

関連記事

浜辺で手を繋ぐカップル(フリー写真)

彼女の面影

彼女が痴呆になりました。 以前から物忘れが激しかったが、ある日の夜中に突然、昼ご飯と言って料理を始めた。 更に、私は貴方の妹なのと言ったりするので、これは変だと思い病院へ行…

手紙(フリー写真)

連絡帳の約束

俺が小学五年生の時、寝たきりで滅多に学校に来なかった女の子と同じクラスになったんだ。 その子は偶に学校に来たと思ったらすぐに早退してしまうし、最初はあいつだけズルイなあ…なんて思…

タクシー(フリー写真)

台風の日

タクシーの中でお客さんとどんな話をするか、平均で10分前後の短い時間で完結する話題と言えばやはり天気の話になります。 今日の福岡は台風11号の余波で、朝から断続的に激しい雨が降っ…

通帳(フリー写真)

ばあちゃんの封筒

糖尿病を患っていて、目が見えなかったばあちゃん。 一番家が近くて、よく遊びに来る私を随分可愛がってくれた。 思えば、小さい頃の記憶は、殆どばあちゃんと一緒に居た気がする(母…

病院のベッド(フリー写真)

貴重な家族写真

俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚ある。 見た目は普通の写真なのだけど、実はその時父が難病を宣告され、それほど持たないだろうと言われ、入院前に今生最後の写真はせめて家族と…と撮っ…

手を繋ぐ親子(フリー写真)

会いたい気持ち

私が4歳の時、父と母は離婚した。 当時は父方の祖父母と同居していたため、父が私を引き取った。 母は出て行く日に私を実家に連れて行った。 家具や荷物がいっぱい置いてあ…

公園と夕暮れ(フリー写真)

大好きな芸人

芸人の江頭さんがとある公園でロケをしていると、公園の隣にある病院から抜け出して来ていた車椅子の女の子がそのロケを見ていた。 ロケが終わり、その車椅子の女の子は江頭さんに 「…

赤ちゃんの手を握る母(フリー写真)

お母さんありがとう

昨日、午前4時22分に母が亡くなった。 風邪ひとつ引かない元気な母だった。 僕が幼稚園に入る頃には、もう父は居なかった。 借金を作って逃げたらしい。 母は早朝4…

猫(フリー写真)

鳴かない猫

昔話だけど。 実家の猫は赤ちゃんの時、空き地で目も潰れて放置され、泣き喚いていたところを保護したんだ。 正直、化け猫のようで触るのも躊躇するほどの悲惨さだった。 目は…

病室(フリー写真)

おばあちゃんの愛

私のばあちゃんは、いつも沢山湿布をくれた。 しかも肌色のちょっと高い物。 中学生だった私はそれを良く思っていなかった。 私は足に小さな障害があった。 けれど日…