最後の日記

公開日: 友情 | 悲しい話 | 長編

日記(フリー写真)

小学校の時、虐められていた。

消しゴムを勝手に使われたので怒ったら、相手が学年のボス格の女子。

それ以来、クラスから無視された。

それが中学に入っても変わらず、真剣に自殺まで考えてたけど、音楽などを聴いて救われた。

中学二年生の時に転校して、そこでは友達にも恵まれた。

高校に入ってすぐバンドを始めた。

多分、後にも先にも人生で一番、私が輝いていた時期だと思う。

地元の楽器屋に寄った帰り、私を虐めていたあの女子と再会した。

親戚の法事で来たらしい。

彼女は、謝ってくれた。

私は、もう昔の事なので大丈夫だと言った。

それから、私の初恋の相手や向こうの近況などを聞いて別れた。

彼女の乗ったバスを見送り、私も自転車に乗ろうと振り返った時だった。

後ろから、それまで聞いた事の無かった音がした。

振り向くと、彼女が乗っているバスがひしゃげてひっくり返っていた。

すぐ側には、大きなクレーン車が横転していた。

私はすぐに走って近付いた。

だけど、怖くて近付く事しか出来なかった。

彼女を助けようと思っても、野次馬と同じ位置から先に進めなかった。

すぐにレスキュー隊が到着し、割れた窓から血まみれになった彼女が運び出された。

それからの記憶はなぜか曖昧で、はっきり憶えていない。

半日かけてやって来た彼女の家族と一緒に、病院のベンチに座っていたのは確か。

記憶がはっきりしたのは、なぜか私の兄が病院に来た辺りだった。

兄と一緒に病室に入ると、あちこちに包帯を巻かれた姉がベッドに寝ていた。

姉もあのバスに乗っていたのだった。

ぐっすり寝ている姉は、両足がそれぞれ膝の辺りで途切れていた。

医者の話では、高い可能性で植物人間になってしまうとの事だった。

そこから、とうとう何も考える事が出来なくなった。

家に帰り、そのままベッドに入って寝た。

起きても学校に行かず、丸一日食事も風呂に入る事も無く、ひたすら天井を見つめていた。

私が久しぶりの食事を摂りにキッチンへ来た時、私を虐めていた彼女が死んだ事が判った。

そして、姉の容態は安定したが、目覚めない事も。

一ヶ月ほど経ち、私は電車に乗って彼女の家へ行った。

葬式にも通夜にも出席出来なかったので、せめて仏壇に手を合わせたいと思ったからだ。

仏壇に手を合わせ、帰ろうとする私を、彼女の両親が引き止めた。

そして彼女の母親が、小さなメモ帳のような物をいくつか出して来た。

それは、死んだ彼女がつけていた日記だった。

その中には、私を虐めて後悔していた事。

始めたのが自分である以上、引っ込みがつかなくなってしまった事。

私が転校し、とうとう謝る事が出来なくなった事などが綴られていた。

そして中学の時の先生に私の転校先を聞き、私に謝りに行くという決心が日記の最後だった。

『親戚の法事で来た』なんて嘘だった。

読み終えた私に、彼女の母親が

「あの子を許してくれましたか?」

と聞いて来た。

私は一言、

「はい」

とだけ、多分涙声で答えた。

すると彼女の母親は私の手を両手で掴み、

「ありがとう」

と言って鳴咽を漏らした。

彼女の父親も余っていた私の手を掴み、私の目を真っ直ぐ見ながら

「ありがとう」

と言った。

二人とも何度もむせび泣きながら、何度も

「ありがとう」

と言った。

それから半年後、姉が奇跡的に目覚めた。

足が無くなったという事実に最初はショックを受けていたが、すぐにリハビリと義足の訓練を始めた。

今では、杖無しでも普通に買い物に出掛けている。

今でもふと、彼女の両親が

「ありがとう」

と言った時の顔を思い出す。

彼女の一周忌がもうすぐなので、それには出ようと思っている。

教室(フリー写真)

お母さんの匂い

その小学校の先生が5年生の担任になった時、一人服装が不潔でだらしなく、どうしても好きになれない少年が居た。 先生は中間記録に少年の悪いところばかりを記入するようになっていた。 …

親子の手(フリー写真)

親父の思い出

ある日、おふくろから一本の電話があった。 「お父さんが…死んでたって…」 死んだじゃなくて、死んでた? 親父とおふくろは俺が小さい頃に離婚していて、まともに会話すらし…

学校(フリー写真)

学生時代の思い出

俺が中学生の時の話。 当時はとにかく運動部の奴がモテた。 中でも成績が優秀な奴が集まっていたのがバスケ部だった。 気が弱くて肥満体の俺は、クラス替え当日から、バスケ部…

父と子のシルエット(フリー写真)

親父からのタスキ

小さい頃、よく親父に連れられて街中を走ったものだった。 生まれた町は田舎だったので交通量が少なく、そして自然が多く、晴れた日にはとても気持ちの良い空気が漂っていた。 ※ 親父…

結婚式の花嫁さん(フリー写真)

お父さんよりいい男

私の小さい頃の夢は、お父さんのお嫁さんになることでした。 お父さんに対して、嫌いと思ったことも嫌だと思ったこともありませんでした。 周りの友達よりもお父さんとは仲良しだった…

ドクター(フリー写真)

思いやりのある若者

本当は書くべきじゃないのかも知れないが、久々に堪らない思いになった。 一応、医者の端くれとして働いている。 こういう生業だから、人の死に接する機会は少なくない。 少し…

結婚式(フリー写真)

もしもし、お母さん

私が結婚を母に報告した時、ありったけの祝福の言葉を言い終えた母は、私の手を握り真っ直ぐ目を見つめてこう言った。 「私にとって、みおは本当の娘だからね」 ドキリとした。 …

妊婦さん(フリー写真)

私の宝物

中学2年生の夏から一年間も入院した。 退院して間もなく高校受験。 高校生になると、下宿生活になった…。 高校を卒業して就職。 田舎を飛び出して、会社の寮に入った…

戦闘機(フリー写真)

海行かば

このお話は8年程前、九州の西日本新聞に掲載され、映画化もされました。 ご存知の方も多いはずです。特繰出身の学徒兵の方々のお話です。 当時東京に居た私は、銀座の東映に軽い気持…

終電(フリー写真)

精一杯の強がり

彼とは中学校からの付き合いでした。 中学校の頃から素直で、趣味などでも一つのことをとことん追求するような奴でした。 中学、高校、大学と一緒の学校に通い、親友と呼べる唯一の友…