温かい家庭

女の子の後ろ姿(フリー写真)

兄家族が俺達の家にやって来て、長女を押し付け引っ越して行った。

兄も兄嫁も甥っ子だけが生き甲斐みたいなところがあったんだよね。

甥っ子は本当に頭が良かったんだ。

勉強は教科書を読めば全て頭の中に入ってくる。

スポーツも出来て人気者だったらしい。

長女は甥よりも出来が悪いと判断され、殆ど放置されていたらしい。

当時は小学生だったけど、幼稚園生と思えるほど細くて小さかった。

風呂には一ヶ月に一度しか入れてくれなかったようで、それはもう汚かった。

お風呂に入れてあげたら、一緒に入っていた嫁が泣き出すんだよ。

「頭を洗ってあげただけで『ありがとう』って泣くんだよ。『温かいお風呂だね』って泣くんだよ」

そして食事を出せば、

「美味しいね、温かいね」

と言うんだ。

これはもう駄目だと思って兄貴に言ったら、

「100万円寄越せばそいつはやる」

と言う。

そしたら嫁さんが、

「…100万。子供を何だと思ってる!」

と怒った。

俺は怒りを通り越して呆れしか出て来なかった。

こんなのが兄貴だったんだって。

次の日、俺が自分の貯金から100万円を下ろして嫁さんに渡すと、

「実は私も」

と嫁さんも100万円を準備していた。

200万円を兄貴に渡して、

「これで俺達の子供だな!」

と言った。

金で子供を買ったようで、何だかあの時は何とも言い様のない気持ちだったな。

俺達、その時まだ22歳だったんだよね。

突然出来た子供に近所の人も驚いていたけど、優しい人達ばかりだったから色々助けてもらった。

長女が12歳の時に次女が生まれた。

不安もあったけど、長女は沢山次女を可愛がってくれた。

お陰で次女はお姉ちゃんっ子に育った。

昨日は俺の誕生日だったんだけど、

「お父さん、誕生日おめでとう」

と手作りの煙草ケースをくれた。

これがまた凝っているんだわ。

木と革で出来ているのだけど、最高に使い心地が良い。

『吸い過ぎないように』

と書かれているけど…。

長女は引き取った時とは比べ物にならないほど明るい子になった。

友達も沢山居て、家にもよく遊びに来る。

勉強だって俺に似ないで嫁さんに似たのか良く出来る子だ。

その代わりに次女はアッパラパー(お調子者で今の自分を存分に楽しんでいる人)だけど、友達も居るし元気なら良いや。

そのうち目覚めるでしょう…。

これから二人とも大きくなって行って、結婚して家を出て行くのかなと思うと何だか寂しいな。

今頃になって久しぶりに兄から年賀状が届き、昔の事を思い出したので投稿しました。

『東大に受かったよ。息子。幸せな家族です』

なんて書いてあるけど、俺達家族の方が全然幸せで温かい家庭だわ。

親子(フリー写真)

お袋からの手紙

俺の母親は俺が12歳の時に死んだ。 ただの風邪で入院してから一週間後に、死んだ。 親父は俺の20歳の誕生日の一ヶ月後に死んだ。 俺の20歳の誕生日に、入院中の親父から…

通帳(フリー写真)

おめでとさん

今から十年前、まだ会社に入ったばかりの頃の話。 当時の給与は手取り18万円くらいで、家に3万円を入れていた。 親に5万にしろと言われ出て行った。 一人暮らしをすれば会…

手を繋ぐカップル(フリー写真)

彼女に宛てた手紙

ゆいへ なあ、俺もうダメみてぇだ。 何でだ? お前に出会うまでは死にたいぐらい毎日が退屈だった。 でも今は俺すげえ生きたい。 何で病気に勝てねえんだろ? …

レストラン(フリー写真)

父の気持ち

某信用金庫に勤める二十歳の女性が、初月給を親のために使って喜んでもらおうと、両親をレストランに招待しました。 お母さんは前日から美容院へセットに行ったりして大喜び。 ところ…

カップルの足(フリー写真)

母の持つ愛情

当時の俺は大学一年、彼女は大学四年。忘れもしない三年前の出来事。 大学に入ってすぐ、俺は軟式野球のサークルに入った。 サークルのマネージャーの中に彼女が居た。 一目惚…

入学式とランドセル(フリー写真)

お兄ちゃんの思いやり

小学1年生の息子と、幼稚園の年中の息子、二児の母です。 下の子には障害があり、今年は就学問題を控えています。 今年に入ってすぐ、上の子が 「来年は弟くんも1年生だね~…

手を握る(フリー写真)

仲直り

金持ちで顔もまあまあ。 何より明るくて突っ込みが上手く、ボケた方が 「俺、笑いの才能あるんじゃね」 と勘違いするほど(笑)。 彼の周りには常に笑いが絶えなかった…

ハート(フリー素材)

残りの一年

彼女に大事な話があるからと呼び出した。 彼女も俺に大事な話があると言われて待ち合わせ。 てっきり別れると言われるのかと思ってビビりながら、いつものツタヤの駐車場に集合。 …

卵焼き(フリー写真)

親父の弁当を捨てた

小学1年生の秋に、母親が男を作って家を出て行き、俺は親父の飯で育てられた。 当時は親父の下手な料理が嫌で堪らず、また母親が突然居なくなった寂しさも相まって、俺は飯の度に癇癪を起こ…

誕生日ケーキ(フリー写真)

父への反抗期

これは反抗期の頃の話なのだけど、今でも忘れられない。 幼い頃からずっと片親で育って来た私は、父親と二人暮らしをしていた。 父は友達や親戚から見ても、誰から見ても、私を大事に…