温かい家庭

女の子の後ろ姿(フリー写真)

兄家族が俺達の家にやって来て、長女を押し付け引っ越して行った。

兄も兄嫁も甥っ子だけが生き甲斐みたいなところがあったんだよね。

甥っ子は本当に頭が良かったんだ。

勉強は教科書を読めば全て頭の中に入ってくる。

スポーツも出来て人気者だったらしい。

長女は甥よりも出来が悪いと判断され、殆ど放置されていたらしい。

当時は小学生だったけど、幼稚園生と思えるほど細くて小さかった。

風呂には一ヶ月に一度しか入れてくれなかったようで、それはもう汚かった。

お風呂に入れてあげたら、一緒に入っていた嫁が泣き出すんだよ。

「頭を洗ってあげただけで『ありがとう』って泣くんだよ。『温かいお風呂だね』って泣くんだよ」

そして食事を出せば、

「美味しいね、温かいね」

と言うんだ。

これはもう駄目だと思って兄貴に言ったら、

「100万円寄越せばそいつはやる」

と言う。

そしたら嫁さんが、

「…100万。子供を何だと思ってる!」

と怒った。

俺は怒りを通り越して呆れしか出て来なかった。

こんなのが兄貴だったんだって。

次の日、俺が自分の貯金から100万円を下ろして嫁さんに渡すと、

「実は私も」

と嫁さんも100万円を準備していた。

200万円を兄貴に渡して、

「これで俺達の子供だな!」

と言った。

金で子供を買ったようで、何だかあの時は何とも言い様のない気持ちだったな。

俺達、その時まだ22歳だったんだよね。

突然出来た子供に近所の人も驚いていたけど、優しい人達ばかりだったから色々助けてもらった。

長女が12歳の時に次女が生まれた。

不安もあったけど、長女は沢山次女を可愛がってくれた。

お陰で次女はお姉ちゃんっ子に育った。

昨日は俺の誕生日だったんだけど、

「お父さん、誕生日おめでとう」

と手作りの煙草ケースをくれた。

これがまた凝っているんだわ。

木と革で出来ているのだけど、最高に使い心地が良い。

『吸い過ぎないように』

と書かれているけど…。

長女は引き取った時とは比べ物にならないほど明るい子になった。

友達も沢山居て、家にもよく遊びに来る。

勉強だって俺に似ないで嫁さんに似たのか良く出来る子だ。

その代わりに次女はアッパラパー(お調子者で今の自分を存分に楽しんでいる人)だけど、友達も居るし元気なら良いや。

そのうち目覚めるでしょう…。

これから二人とも大きくなって行って、結婚して家を出て行くのかなと思うと何だか寂しいな。

今頃になって久しぶりに兄から年賀状が届き、昔の事を思い出したので投稿しました。

『東大に受かったよ。息子。幸せな家族です』

なんて書いてあるけど、俺達家族の方が全然幸せで温かい家庭だわ。

関連記事

シャム猫(フリー写真)

父親と猫のミル

家にはもう十年飼っていた猫が居たんだ。 家の前は昔、大きな広場で、その猫はその広場の片隅にある車の中で寝ていた子猫だった。 俺と姉ちゃんでその猫を家の庭まで連れ帰って来ちゃ…

ナースステーション(フリー写真)

最強のセーブデータ

俺が小学生だった時の話。 ゲームボーイが流行っていた時期のことだ。 俺は車と軽く接触し、入院していた。 同じ病室には、ひろ兄という患者が居た。 ひろ兄は俺と積極…

指切り(フリー写真)

指切り

「いっぱいの幸せをありがとう。 私は幸せ者だ。 だって最期にあなたの顔を見られたから。 これも日頃の何とやらなのかな?」 病室のベッドで手を握りながら彼女は言う…

皺のある手(フリー写真)

私はおばあちゃんの子だよ

私は幼い時に両親が離婚して、父方の祖父母の家に引き取られ育てられました。 田舎だったので、都会で育った私とは周りの話し方から着る服、履く靴まで全てが違いました。 そのため祖…

子供たち(フリー写真)

子ども達への無償の愛

『40年かけて35人の道に捨てられた子どもを拾い救って来た女性』 ある一人の女性に隠されたストーリーが、世界中に感動を与えている。 その女性とは、中国の楼小英(ロウ シャオ…

会議室(フリー写真)

忘れられない誕生日

俺は入社以来、ひたすら数字を追い続けて来た。 毎日必死に働き、7年経った今では会社からも業績を認められるようになった。 何度か昇格をして、部下が何人か居る。 重要な仕…

ダイビング(フリー写真)

海中の恋

一年前から行きたかったダイビング体験ツアーに行くことになった。 本当は彼女と行きたかったのだが、春が来る前に別れてしまった。 だから仕方なく、男三人で南国へ向かった。 ※…

手紙(フリー写真)

天国の妻からの手紙

嫁が激しい闘病生活の末、若くして亡くなった。 その5年後、こんな手紙が届いた。 どうやら死期が迫った頃、未来の俺に向けて書いたものみたいだ。 ※ Dear 未来の○○ …

蛍(フリー写真)

蛍は亡くなった人の魂

祖父が死んで、もう12年になる。 幼い頃から、 「蛍は亡くなった人の魂だから、粗末に扱うな」 と祖父に教えられてきた。 ※ 去年の8月15日の夜、父と俺とで家族総…

お年寄りの手(フリー写真)

おばあちゃんが注いだ愛情

こどもの発達がちょっとゆっくりで、保健センターに通っている。 そこの母子教室の最中、おばあちゃんと男の子が二人、迷い込んで来た。 「すみません、里親会の集まりの会場はここで…