余命半年の彼女

公開日: 恋愛 | 悲しい話

コスモスの花(フリー写真)

今日、彼女と別れた。

原因は彼女の病気、癌だった。

最初に聞いた時、冗談だと思った。

つい昨日まで普通に遊んで、喋って、ご飯を食べて、笑っていたのに。

俺は、

「すぐ治るんだろ?」

と聞いた。そしたら彼女が黙って首を振った。

「あと半年だって」

そして俺の前で初めて泣いた。

付き合って2年、俺より4つ年上の彼女は、俺には決して涙を見せなかった。

俺は甘えるだけだった。

もっと甘えて欲しかった。

もっと悩みを聞かせて欲しかった…。

「それなら半年間、思い出を沢山作ろう」

そう言った俺に、

「ううん、たっくんと過ごした2年間は夢のようだった。凄く楽しい毎日だった。

でもやっと諦めがついた。もうどんなに頑張っても半年の命なんだって。今まで十分幸せだったって…。

これ以上、一緒に居たらもっと一緒に居たいと思うようになる。

そのまま死んだら悲し過ぎるから、たっくんの事は良い思い出として取っておきたい。

だからもう会うのはこれっきりにしよう」

結局、彼女は最後まで俺に甘えてくれなかった。

俺は彼女の事を、一生忘れない。

阪神・淡路大震災(フリー写真)

色褪せたミニ四駆

小学4年生の時の1月15日、連休最初の日だったかな。 いつものメンバー5人で、俺の住んでいたマンションで遊んでいた。 当時はミニ四駆を廊下で走らせ、騒いでは管理人さんによく…

桜(フリー写真)

地元の友だち

話は遡ること3年前。 桜が開花し始めた頃、俺は自殺を考えていた。 大した理由ではないが、失恋、借金や勤めていた会社が倒産した事が重なり、全てに失望していた。 コミュニ…

万年筆(フリー写真)

わすれられないおくりもの

生まれて初めて、万年筆をくれた人がいました。 私はまだ小学4年生で、使い方も知りませんでした。 万年筆をくれたので、その人のことを『万年筆さん』と呼びます。 万年筆…

アイスクリーム(フリー写真)

アイスクリーム

中学3年生の頃、母が死んだ。 俺が殺したも同然だった…。 ※ あの日、俺が楽しみに取ってあったアイスクリームを、母が弟に食べさせてしまった。 学校から帰り冷凍…

公園(フリーイラスト)

友達の大切さ

幼稚園の頃から仲が良かった親友が居た。 俺たちはいつも4人で遊んでいた。 どんな時も、一緒に遊んでいた。 彼女についての相談をしたり馬鹿言ったり、喧嘩したり。 …

手を繋ぎ歩く子供(フリー写真)

身近な人を大切に

3歳ぐらいの時から毎日のように遊んでくれた、一個上のお兄ちゃんが居た。 成績優秀でスポーツ万能。しかも超優しい。 一人っ子の俺にとっては、本当にお兄ちゃんみたいな存在だった…

カップル(フリー写真)

大好きだった彼

あれは今から1年半前。大学3年になりたての春。 大学の授業が終わり、帰り支度をしている時に携帯が鳴った。 着信画面を見ると、彼の親友でした。 珍しいなと思って電話に出…

夕焼け(フリー写真)

少年との約束

俺が入院していた時、隣の小児科病棟に5歳くらいの白血病の男の子が入院していた。 生まれてから一度も外に出られていない子だと聞いた。 ※ ある日、大声で泣く声がするので病室を覗…

女性の後姿(フリー写真)

宝物ボックス

俺が中学2年生の時だった。 幼馴染で結構前から恋心も抱いていた、Kという女子が居た。 でもKは、俺の数倍格好良い男子と付き合っていた。俺が敵う相手ではなかった。 彼女…

山(フリー写真)

姥捨て山

『姥捨て山』の話を聞いた事はありますか? 年老いた親を、子供が背負って山に捨てるという話です。 大昔、貧しさから本当にそのような風習があったそうです。 そしてこんな事…