余命半年の彼女

公開日: 恋愛 | 悲しい話

コスモスの花(フリー写真)

今日、彼女と別れた。

原因は彼女の病気、癌だった。

最初に聞いた時、冗談だと思った。

つい昨日まで普通に遊んで、喋って、ご飯を食べて、笑っていたのに。

俺は、

「すぐ治るんだろ?」

と聞いた。そしたら彼女が黙って首を振った。

「あと半年だって」

そして俺の前で初めて泣いた。

付き合って2年、俺より4つ年上の彼女は、俺には決して涙を見せなかった。

俺は甘えるだけだった。

もっと甘えて欲しかった。

もっと悩みを聞かせて欲しかった…。

「それなら半年間、思い出を沢山作ろう」

そう言った俺に、

「ううん、たっくんと過ごした2年間は夢のようだった。凄く楽しい毎日だった。

でもやっと諦めがついた。もうどんなに頑張っても半年の命なんだって。今まで十分幸せだったって…。

これ以上、一緒に居たらもっと一緒に居たいと思うようになる。

そのまま死んだら悲し過ぎるから、たっくんの事は良い思い出として取っておきたい。

だからもう会うのはこれっきりにしよう」

結局、彼女は最後まで俺に甘えてくれなかった。

俺は彼女の事を、一生忘れない。

新郎新婦(フリー写真)

結婚式場の小さな奇跡

栃木県那須地域(大田原市)に『おもてなし』の心でオンリーワン人情経営の結婚式場があります。 建物は地域の建築賞を受賞(マロニエ建築デザイン賞)する程の業界最先端の建物、内容、設…

野球のボール(フリー写真)

尊敬する先輩

俺は高校三年生で、野球部を引退したばかりです。 世界で一番尊敬する先輩が居ました。 野球は本当に下手で、一度も打席に立たせてもらった事がありませんでした。 それでも毎…

目玉焼き(フリー写真)

彼女とフライパン

一人暮らしを始める時、意気込んでフライパンを買った。 ブランドには疎いが、とにかく28センチの物を一本。 それまで料理なんて全くしなかったのだが、一人暮らしだから自分で作る…

恋人(フリー写真)

彼からの手紙

幼稚園から一緒だった幼馴染の男の子が居た。 私は今でも憶えている。 彼に恋した日のことを。 ※ 幼稚園で意味もなく友達に責められている時に唯一、私の側に居てくれて、ギュ…

夕日と花を掴む手(フリー写真)

泣くな

ある日、教室へ行くと座席表が書いてあった。 私の席は廊下側の前から二番目。彼は窓側の一番後ろの席。離れてしまった。 でも同じクラスで本当に良かった。 ※ クラスに馴染ん…

空(フリー写真)

生まれつき

私は生まれつき足に大きな痣があり、それが自分自身でも大嫌いでした。 更に小学生の頃、不注意からやかんの熱湯をひっくり返してしまい、両足に酷い火傷を負ってしまいました。 それ…

野球(フリー写真)

甲子園の約束

十年前、彼女が死んだ。 当時、俺達は高校3年生。同じ高校に通い、同じ部活だった。 野球部だった。 俺と彼女は近所に住む幼馴染で、俺は小さな頃から、野球が好きな両親に野…

パラオのサンセットビーチ(フリー写真)

パラオの友情

南洋のパラオ共和国には、小さな島が幾つもある。 そんな島にも、戦争中はご多分に漏れず日本軍が進駐していた。 その島に進駐していた海軍の陸戦隊は、学徒出身の隊長の元、住民たち…

婚約指輪(フリー写真)

例外の入籍手続き

彼は肺がんで入院していて、余命宣告されていました。 本人は退院後の仕事の予定も入れ、これからの人生に気力を振り絞っていました。 私と彼は半同棲状態、彼はバツイチ、そして大分…

駅のホームに座る女性(フリー写真)

貴女には明日があるのよ

彼女には親が居なかった。 物心ついた時には施設に居た。 親が生きているのか死んでいるのかも分からない。 グレたりもせず、普通に育って普通に生きていた。 彼女には…