初恋と友情

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

ビーチを歩くカップル(フリー写真)

親友に第一子が生まれたとメールが届いたので記念に投稿します。

親友の嫁が俺の初恋の相手。

親友も親友の嫁(以下Aとします)も俺も同じ小学校、同じクラスで、Aは小学3年生の時に転入して来た。

そして小学5年生の冬に転校するまで、俺たちは殆ど毎日遊んでいた。

そこから音信不通のまま月日は流れ、一昨年にふとした切っ掛けでA(初恋の相手、親友の嫁)と再び連絡が取れるようになった。

それから何度かAと飲んだり遊んだりするようになったし、親友も交えてみんなでつるむようになった。

親友には当時付き合って4年になる彼女がいた。

その年の冬、親友は彼女と別れた。彼女に振られたらしい。

その時は散々振られ、酒に付き合わされた。

去年の春、親友からAが好きだと告げられた。

親友はもちろんAが俺の初恋の人だとは知らない。

俺は親友の幸せの為に、一生懸命親友とAが付き合うように色々と仕向けた。

Aと二人きりで親友について話し合ったこともあった。

その年の夏、Aと親友は付き合い始めた。

俺はとても嬉しかった。俺の親友と初恋の人が付き合う。

それは俺にとって何より嬉しかった。

大切な人が二人同時に笑顔になれる、最高の出来事だと思った。

その年の秋に二人は結婚した。出来ちゃった結婚などではなく普通の結婚だった。

披露宴に呼ばれた俺は、受付に友人代表スピーチにと大忙しだった。

スピーチの時は、嬉しくて感無量で涙が止まらなかった。

二人が結婚しても、俺たちの親友関係に変化はなかった。

何度も二人の新居に呼ばれて遊びに行った。

先日、親友から待望の第一子が生まれたと連絡があった。素直に嬉しかった。

親友とAから、子供の名前に俺の名前を一字使ったと言われた。素直に嬉しかった。

でも何故だろう、これを書きながら涙が止まらない。

嬉しいはずなのに、幸せな二人の笑顔を見るのが偶に物凄く切ない。

父の日のプレゼント(フリー写真)

見知らぬおじさん

私には妻が居たが、一人娘が1歳と2ヶ月の時、離婚することになった。 酒癖の悪かった私は暴力を振るうこともあり、幼い娘に危害が及ぼすことを恐れた妻が、子供を守るために選んだ道だった…

花(フリー写真)

綺麗なお弁当

遠足の日、お昼ご飯の時間になり、担任の先生が子供たちの様子を見回って歩いていた時のことです。 向こうの方でとても鮮やかなものが目に入って来ました。 何だろうと思い近寄って見…

赤い糸(フリー写真)

同級生との再会

私はその日、両親、妹と住宅展示場に来ていました。 家を新築する予定となり、両親はここのところ住宅展示場巡りをしていました。 私はなかなか予定が合わず、住宅展示場に来るのはこ…

浅草の三社祭の提灯(フリー写真)

母のガイドブック

東京で単身赴任をしていた時、連休になるといつも嫁が来て、家事などをしてくれていた。 母にも、偶には東京に来いよと言っていたのだけど、人混みが苦手だと言い、決して来なかった。 …

母に渡す花(フリー写真)

お母さんの看病がしたいよ

19歳の頃、癌で入院中のお母さんに、泊り込みで付き添っていた。 その頃、私は予備校に行っていた。 お母さんが 「看護婦さんになって欲しい」 と言ったから、一つく…

子供の手(フリー写真)

嫁の手

うちの3才の娘は難聴。殆ど聞こえない。 その事実を知らされた時は嫁と泣いた。何度も泣いた。 難聴と知らされた日から、娘が今までとは違う生き物に見えた。 嫁は自分を責め…

山からの眺め(フリー写真)

命があるということ

普通に生きて来ただけなのに、いつの間にか取り返しのつかないガンになっていた。 先月の26日に、あと三ヶ月くらいしか生きられないと言われた。 今は無理を言って退院し、色々な人…

老人の手を握る(フリー写真)

祖父の気持ち

まだ幼い頃、祖父を慕っていた私はよく一緒に寝ていました。 私は祖父のことをとても慕っていたし、祖父にとっては初孫ということもあって、よく可愛がってくれていました。 小学校…

桜(フリー写真)

進学を願ってくれた母

僕の家は兄弟三人の母子家庭です。 母子家庭という事もあり、母は何も言わなかったけど家庭は火の車でした。 電気が止まった時も。 ガスが止まった時も。 中学の校納金…

父と子(フリー写真)

俺には母親がいない。 俺を産んですぐ事故で死んでしまったらしい。 産まれた時から耳が聞こえなかった俺は、物心ついた時にはもう既に簡単な手話を使っていた。 耳が聞こえな…