初恋と友情

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

ビーチを歩くカップル(フリー写真)

親友に第一子が生まれたとメールが届いたので記念に投稿します。

親友の嫁が俺の初恋の相手。

親友も親友の嫁(以下Aとします)も俺も同じ小学校、同じクラスで、Aは小学3年生の時に転入して来た。

そして小学5年生の冬に転校するまで、俺たちは殆ど毎日遊んでいた。

そこから音信不通のまま月日は流れ、一昨年にふとした切っ掛けでA(初恋の相手、親友の嫁)と再び連絡が取れるようになった。

それから何度かAと飲んだり遊んだりするようになったし、親友も交えてみんなでつるむようになった。

親友には当時付き合って4年になる彼女がいた。

その年の冬、親友は彼女と別れた。彼女に振られたらしい。

その時は散々振られ、酒に付き合わされた。

去年の春、親友からAが好きだと告げられた。

親友はもちろんAが俺の初恋の人だとは知らない。

俺は親友の幸せの為に、一生懸命親友とAが付き合うように色々と仕向けた。

Aと二人きりで親友について話し合ったこともあった。

その年の夏、Aと親友は付き合い始めた。

俺はとても嬉しかった。俺の親友と初恋の人が付き合う。

それは俺にとって何より嬉しかった。

大切な人が二人同時に笑顔になれる、最高の出来事だと思った。

その年の秋に二人は結婚した。出来ちゃった結婚などではなく普通の結婚だった。

披露宴に呼ばれた俺は、受付に友人代表スピーチにと大忙しだった。

スピーチの時は、嬉しくて感無量で涙が止まらなかった。

二人が結婚しても、俺たちの親友関係に変化はなかった。

何度も二人の新居に呼ばれて遊びに行った。

先日、親友から待望の第一子が生まれたと連絡があった。素直に嬉しかった。

親友とAから、子供の名前に俺の名前を一字使ったと言われた。素直に嬉しかった。

でも何故だろう、これを書きながら涙が止まらない。

嬉しいはずなのに、幸せな二人の笑顔を見るのが偶に物凄く切ない。

コスモスの花(フリー写真)

余命半年の彼女

今日、彼女と別れた。 原因は彼女の病気、癌だった。 最初に聞いた時、冗談だと思った。 つい昨日まで普通に遊んで、喋って、ご飯を食べて、笑っていたのに。 俺は、 …

老夫婦(フリー写真)

夫婦の最期の時間

福岡市の臨海地区にある総合病院。 周囲の繁華街はクリスマス商戦の真っ只中でしたが、病院の玄関には大陸からの冷たい寒気が、潮風となって吹き込んでいたと思います。 そんな夕暮れ…

夫婦の後ろ姿(フリー写真)

一番大切なもの

ここ数ヶ月、色々な意味で忙しかった。 25歳で自営を始めて10年と少し営んで来た店を畳んだ。 利益が出ず、嫁の収入が主な生活費になっていて、いつ辞めるかのタイミングを見てい…

結婚式の花嫁さん(フリー写真)

お父さんよりいい男

私の小さい頃の夢は、お父さんのお嫁さんになることでした。 お父さんに対して、嫌いと思ったことも嫌だと思ったこともありませんでした。 周りの友達よりもお父さんとは仲良しだった…

手を繋ぐ夫婦(フリー写真)

最愛の妻が遺したもの

先日、小学5年生の娘が何か書いているのを見つけた。 それは妻への手紙だったよ。 「ちょっと貸して」 と言って内容を見た。 まだまだ汚い字だったけど、妻への想いが…

赤ちゃん(フリー写真)

生まれてくれてありがとう

子供が2人居る。 でも本当は、私は3人の子持ちだ。 ※ 18歳の春に娘が生まれた。 結婚してくれると言っていた父親は、結局認知すらしてくれなかった。 若い私にとっ…

差し伸べる手(フリー写真)

俺を育ててくれた兄貴

俺を育ててくれた兄貴が正月に結婚したんだ。 兄貴と言っても、血は繋がっていないけれど。 ※ 自分が5歳の時に親父が死んでから、母親が女手一つで育ててくれた。 親父と結婚…

金魚すくいをする女の子(フリー写真)

兄妹の金魚すくい

俺が打っている店(金魚すくい)に、兄妹と思われる7歳ぐらいの女の子と、10歳ぐらいの男の子がやって来た。 妹は他の子供たちが金魚すくいをしているのを興味津々で長い間見ていたが、や…

手を繋ぐカップル(フリー素材)

可愛い彼女がいた

俺には可愛い彼女がいた。 性格は素直でスタイルも良かったが、周囲からは 「え、あの女と付き合ってるの? お幸せに(笑)」 と、よく馬鹿にされた。 彼女は頭が非常…

父の手(フリー写真)

受け継がれた情熱

俺の親父は消防士だった。 いつ何があってもおかしくない仕事だから、よく母に 「俺に何かあっても、お前らが苦労しないようにはしてる」 と言っていたのを憶えている。 ※…