初恋と友情

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

ビーチを歩くカップル(フリー写真)

親友に第一子が生まれたとメールが届いたので記念に投稿します。

親友の嫁が俺の初恋の相手。

親友も親友の嫁(以下Aとします)も俺も同じ小学校、同じクラスで、Aは小学3年生の時に転入して来た。

そして小学5年生の冬に転校するまで、俺たちは殆ど毎日遊んでいた。

そこから音信不通のまま月日は流れ、一昨年にふとした切っ掛けでA(初恋の相手、親友の嫁)と再び連絡が取れるようになった。

それから何度かAと飲んだり遊んだりするようになったし、親友も交えてみんなでつるむようになった。

親友には当時付き合って4年になる彼女がいた。

その年の冬、親友は彼女と別れた。彼女に振られたらしい。

その時は散々振られ、酒に付き合わされた。

去年の春、親友からAが好きだと告げられた。

親友はもちろんAが俺の初恋の人だとは知らない。

俺は親友の幸せの為に、一生懸命親友とAが付き合うように色々と仕向けた。

Aと二人きりで親友について話し合ったこともあった。

その年の夏、Aと親友は付き合い始めた。

俺はとても嬉しかった。俺の親友と初恋の人が付き合う。

それは俺にとって何より嬉しかった。

大切な人が二人同時に笑顔になれる、最高の出来事だと思った。

その年の秋に二人は結婚した。出来ちゃった結婚などではなく普通の結婚だった。

披露宴に呼ばれた俺は、受付に友人代表スピーチにと大忙しだった。

スピーチの時は、嬉しくて感無量で涙が止まらなかった。

二人が結婚しても、俺たちの親友関係に変化はなかった。

何度も二人の新居に呼ばれて遊びに行った。

先日、親友から待望の第一子が生まれたと連絡があった。素直に嬉しかった。

親友とAから、子供の名前に俺の名前を一字使ったと言われた。素直に嬉しかった。

でも何故だろう、これを書きながら涙が止まらない。

嬉しいはずなのに、幸せな二人の笑顔を見るのが偶に物凄く切ない。

赤ちゃん

とおしゃん

今日、息子が俺の事を「とおしゃん」と呼んだ。 成長が遅れ気味かもしれないと言われていた子で、言葉も覚えるのも遅かったから、あまりの嬉しさに涙が出た。 「嫁か息子か選べ」 …

ラーメン(フリー写真)

大好きなパパへ

私の両親は私が小さい頃に離婚し、私はずっとお父さんと生きて来た。 お母さんとお父さん。 どっちに行こうか迷っていた時、お父さんは 「ここに残りなよ」 と言ってく…

パソコン(フリー写真)

母からのメール

私が中学3年生になって間もなく、母が肺がんであるという診断を受けたことを聞きました。 当時の自分は受験や部活のことで頭が一杯で、生活は大丈夫なのだろうか、お金は大丈夫なのだろう…

駅(フリー写真)

3年後の約束

私の悲しい恋愛体験を語ります。 私は大学1年生の頃、初めての彼氏ができました。 彼は同じ大学に通う人でした。 同じサークルに入っていて、お互い意気投合して付き合うこ…

手(フリー写真)

無償の愛

おじいちゃんは老いから手足が不自由で、トイレも一人で行くのは厳しい。 だから、いつもはおばあちゃんが下の世話をしていた。 おばあちゃん以外が下の世話をするのを嫌がったからだ…

空の太陽(フリー写真)

祖父が立てた誓い

三年前に死んだ祖父は、末期癌になっても一切治療を拒み、医者や看護婦が顔を歪めるほどの苦痛に耐えながら死んだ。 体中に癌が転移し、せめて痛みを和らげる治療(非延命)をと、息子(父)…

皺のある手(フリー写真)

私はおばあちゃんの子だよ

私は幼い時に両親が離婚して、父方の祖父母の家に引き取られ育てられました。 田舎だったので、都会で育った私とは周りの話し方から着る服、履く靴まで全てが違いました。 そのため祖…

親子の手(フリー写真)

親父の思い出

ある日、おふくろから一本の電話があった。 「お父さんが…死んでたって…」 死んだじゃなくて、死んでた? 親父とおふくろは俺が小さい頃に離婚していて、まともに会話すらし…

結婚式(フリー写真)

前彼の祝福

学生時代、彼氏を事故で亡くした。 引き摺りまくって、もう新しい彼氏も結婚も要らないと荒み、誘いも蹴り告白も断った。 お一人様の老後を設計していたのだけど、ある日いきなりご縁…

クリスマスプレゼント(フリー写真)

沢山のキッス

クリスマスが近付いた時期の話です。 彼は三才の娘が包装紙を何枚も無駄にしたため、彼女を厳しく叱りました。 貧しい生活を送っていたのに、その子はクリスマスプレゼントを包むため…