生まれつき

公開日: 心温まる話 | 恋愛

空(フリー写真)

私は生まれつき足に大きな痣があり、それが自分自身でも大嫌いでした。

更に小学生の頃、不注意からやかんの熱湯をひっくり返してしまい、両足に酷い火傷を負ってしまいました。

それから何年も通院しましたが、

「火傷の痕は手術をしないと治らない」

と医者に言われました。

小学生で全身麻酔が打てないということもあり、痕はそのままにするしかありませんでした。

しかし、それは容易いことではありませんでした。

直射日光に当ててはいけないし、プールや体育の授業の時はもちろんのこと。

制服はスカートなので、痣や痕が見えるとからかわれたり、気持ち悪がられました。

好きな人には、

「気持ちが悪いから付き合えない」「好きになられても迷惑だ」

と言われ続けました。

その言葉がショックで、それから学校以外は外にあまり出ませんでした。

おかげで肌は真っ白、余計に不気味に思われていました。

高校になり、地元以外の何も知らない人達と関わるようになりました。

好きな人も出来ました。

痣や痕のことは、知らない人でした。

そして、晴れて付き合うことになりました。

しかし、そのことは言えないまま半年が過ぎた頃、彼が

「そろそろいいかな…」

と聞いてきました。

痣や痕が気持ち悪くて、見られたら嫌われると思っていたから、とても怖かったのですが、心から愛していたので身を委ねました。

彼は最初に見た時はやはり、

「はっ」

と息を飲んでいました。

けれど、彼は

「辛かったでしょ…」

と優しく撫でてくれました。

もう細胞が死んでいるのか、感覚は全く無いのに、私の名前を呼びながら何度も撫でてくれました。

私は生まれつきあった痣のこと。

不注意で負った火傷のこと。

今までの経験を、その時初めてゆっくり話しました。

最後に、

「気持ち悪いよね、引くよね…?」

と聞くと、彼は

「なわけねーだろ!」

と笑いながら言ったのです。

そして極めつけに一言、

「生まれつきのものなんて、俺にもあるぞ!この我儘でどうしようもない性格とかな。そんなの誰にでもあるだろー!」

私はこの時まで、誰かに認められることが無かったのです。

でも、分かち合えるのは本当に素晴らしいと思いました。

愛というのは、空以上に愛しい人を包み込むものだと思いました。

関連記事

駅(フリー写真)

3年後の約束

私の悲しい恋愛体験を語ります。 私は大学1年生の頃、初めての彼氏ができました。 彼は同じ大学に通う人でした。 同じサークルに入っていて、お互い意気投合して付き合うこ…

イチゴのショートケーキ(フリー写真)

イチゴショートと女の子

俺がケーキ屋で支払いをしていると、自動ドアが開いて、幼稚園児くらいの女の子が入って来た。 女の子は一人で買い物に来たらしく、極度の緊張からか、頬を赤く染め真剣な眼差しで店員に …

たんぽぽを持つ手(フリー写真)

あした

私の甥っ子は、母親である妹が病気で入院した時に、暫くパパママと離れて実家の父母の家に預けられていました。 「ままがびょうきだから、おとまりさせてね」 と言いながら、小さな体…

手を繋ぐ恋人(フリー写真)

握り返してくれた手

今から6年前の話です。 僕がまだ十代で、携帯電話も普及しておらずポケベル全盛期の時代の事です。 僕はその頃、高校を出て働いていたのですが、二つ年上の女性と付き合っていました…

カップルの足(フリー写真)

母の持つ愛情

当時の俺は大学一年、彼女は大学四年。忘れもしない三年前の出来事。 大学に入ってすぐ、俺は軟式野球のサークルに入った。 サークルのマネージャーの中に彼女が居た。 一目惚…

妊婦さんのお腹(フリー写真)

命懸けで教えてくれた事

13年前、俺は親元を離れて一人暮らしの大学生という名のろくでなしだった。 自己愛性人格障害の父親に反発しつつも、影響をもろに受けていた。 プライドばかり高く、傲慢さを誇りと…

教室(フリー写真)

虐めから守ってくれた兄

中学生の頃、学校で虐めに遭っていた。 教室に入る勇気が無く、いつも保険室に通っていた。 虐めの事は家族にも言っていない。 ただ私の我儘で保険室に通っているだけ。そんな…

昼寝中の猫(フリー写真)

ずうずうしい野良猫

お悩み相談 Q. 通って来る野良猫が大変ずうずうしく、困っています。 始めは家の外でみゃーみゃー鳴いて飯をねだる程度だったのですが、この寒空の下では辛かろうと一度玄関に泊め…

数式(フリー素材)

天才数学者の意志

人は彼のことを「神童」とも「天才」とも「未来を嘱望された若手数学者」とも形容する。 ただ一環しているのは、彼の頭脳力と、それに劣らない人格に対する尊敬と敬愛だろう。 20…

公衆電話(フリー写真)

十円玉の価値

この話は実話で、私はこの話を読む度に『価値観』や『解釈』は人によって違うことを深く感じます。 ※ その子は、生まれながら知的障害者でした。 幼稚園は近所の子供たちと一緒に通っ…