生まれつき

公開日: 心温まる話 | 恋愛

空(フリー写真)

私は生まれつき足に大きな痣があり、それが自分自身でも大嫌いでした。

更に小学生の頃、不注意からやかんの熱湯をひっくり返してしまい、両足に酷い火傷を負ってしまいました。

それから何年も通院しましたが、

「火傷の痕は手術をしないと治らない」

と医者に言われました。

小学生で全身麻酔が打てないということもあり、痕はそのままにするしかありませんでした。

しかし、それは容易いことではありませんでした。

直射日光に当ててはいけないし、プールや体育の授業の時はもちろんのこと。

制服はスカートなので、痣や痕が見えるとからかわれたり、気持ち悪がられました。

好きな人には、

「気持ちが悪いから付き合えない」「好きになられても迷惑だ」

と言われ続けました。

その言葉がショックで、それから学校以外は外にあまり出ませんでした。

おかげで肌は真っ白、余計に不気味に思われていました。

高校になり、地元以外の何も知らない人達と関わるようになりました。

好きな人も出来ました。

痣や痕のことは、知らない人でした。

そして、晴れて付き合うことになりました。

しかし、そのことは言えないまま半年が過ぎた頃、彼が

「そろそろいいかな…」

と聞いてきました。

痣や痕が気持ち悪くて、見られたら嫌われると思っていたから、とても怖かったのですが、心から愛していたので身を委ねました。

彼は最初に見た時はやはり、

「はっ」

と息を飲んでいました。

けれど、彼は

「辛かったでしょ…」

と優しく撫でてくれました。

もう細胞が死んでいるのか、感覚は全く無いのに、私の名前を呼びながら何度も撫でてくれました。

私は生まれつきあった痣のこと。

不注意で負った火傷のこと。

今までの経験を、その時初めてゆっくり話しました。

最後に、

「気持ち悪いよね、引くよね…?」

と聞くと、彼は

「なわけねーだろ!」

と笑いながら言ったのです。

そして極めつけに一言、

「生まれつきのものなんて、俺にもあるぞ!この我儘でどうしようもない性格とかな。そんなの誰にでもあるだろー!」

私はこの時まで、誰かに認められることが無かったのです。

でも、分かち合えるのは本当に素晴らしいと思いました。

愛というのは、空以上に愛しい人を包み込むものだと思いました。

ハート(フリー素材)

残りの一年

彼女に大事な話があるからと呼び出した。 彼女も俺に大事な話があると言われて待ち合わせ。 てっきり別れると言われるのかと思ってビビりながら、いつものツタヤの駐車場に集合。 …

たんぽぽを持つ手(フリー写真)

あした

私の甥っ子は、母親である妹が病気で入院した時に、暫くパパママと離れて実家の父母の家に預けられていました。 「ままがびょうきだから、おとまりさせてね」 と言いながら、小さな体…

金魚すくいをする女の子(フリー写真)

兄妹の金魚すくい

俺が打っている店(金魚すくい)に、兄妹と思われる7歳ぐらいの女の子と、10歳ぐらいの男の子がやって来た。 妹は他の子供たちが金魚すくいをしているのを興味津々で長い間見ていたが、や…

子猫(フリー写真)

こはくちゃん

彼女を拾ったのは、雪がちらほらと舞う寒い2月の夜。 友人数人と飲みに行った居酒屋でトイレに行った帰り、厨房が騒がしかったので『何だ?』と思ったら、小さな子猫を掴んだバイトが出て来…

駅のホーム(フリー写真)

花束を持ったおじいちゃん

7時16分。 私は毎日、その電車に乗って通学する。 今から話すのは、私が高校生の時に出会った、あるおじいちゃんとのお話です。 ※ その日は7時16分の電車に乗るまでまだ…

夫婦(フリー写真)

奥さんの日記

嫁の日記を盗み読みしたら、いつも昼飯は納豆ご飯やお茶漬けしか食べていないことが判った。 友達とファミレスに行くのも月に一度と決めているらしい。 俺に美味しい料理を食べさせた…

カップル(フリー写真)

書けなかった婚姻届

彼女とはバイト先で知り合った。 彼女の方が年上で、入った時から気にはなっていた。 「付き合ってる人は居ないの?」 「居ないよ…彼氏は欲しいんだけど」 「じゃあ俺…

手紙(フリー写真)

天国の妻からの手紙

嫁が激しい闘病生活の末、若くして亡くなった。 その5年後、こんな手紙が届いた。 どうやら死期が迫った頃、未来の俺に向けて書いたものみたいだ。 ※ Dear 未来の○○ …

北部ソロモン諸島(ブーゲンビル島)の戦い

貴様飲め!

俺のおじいちゃんは戦争末期、南方に居た。 国名は忘れたけど、とにかくジャングルのような所で衛生状態が最悪だったらしい。 当然、マラリアだのコレラだのが蔓延する。 おじ…

学校(フリー写真)

学生時代の思い出

俺が中学生の時の話。 当時はとにかく運動部の奴がモテた。 中でも成績が優秀な奴が集まっていたのがバスケ部だった。 気が弱くて肥満体の俺は、クラス替え当日から、バスケ部…