どうしてですか(゚Д゚)ゴルァ!

夕日と夫婦(フリー写真)

どうして私がいつもダイエットしている時に、(・∀・)ニヤニヤと見つめやがりますか(゚Д゚)ゴルァ!

どうして私が悪いのに、ケンカになると先に謝りますか(゚Д゚)ゴルァ!

どうしてお小遣い減らしたのに文句一つ言いませんか(゚Д゚)ゴルァ!

どうして交代でやる約束した洗濯をし忘れたのに怒りませんか(゚Д゚)ゴルァ!

どうして子供が出来ないのは私のせいなのに謝りますか(゚Д゚)ゴルァ!

どうして自分が体調悪い時は大丈夫だと私を突き放して、私が倒れると会社休んでまで看病しますか(゚Д゚)ゴルァ!

どうして妻の私に心配掛けたくなかったからと病気の事を隠しますか(゚Д゚)ゴルァ!

おまけに持って半年とはどう言う事ですか(゚Д゚)ゴルァ!

長期出張だと嘘吐いて、知らない間に手術を受けて助からないとはどう言う事ですか(゚Д゚)ゴルァ!

病院で俺の事は忘れて良い男見つけろとはどう言う事ですか(゚Д゚)ゴルァ!

こっちの気持ちは無視ですか(゚Д゚)ゴルァ!

正直、あんた以上のお人好しで優しい男なんか居ませんよ(゚Д゚)ゴルァ!

それと私みたいな女を嫁にすんのはあんたくらいですよ(゚Д゚)ゴルァ!

もう一つ言い忘れてましたが私、お腹に赤ちゃん出来たんですよ(゚Д゚)ゴルァ!

あんたの子供なのに、何で生きられないのですか(゚Д゚)ゴルァ!

そんな状態じゃ言い出せないじゃないですか(゚Д゚)ゴルァ!

それでも言わない訳にはいかないから、思い切って言ったら大喜びで私を抱き締めますか(゚Д゚)ゴルァ!

生まれる頃にはあんたはこの世に居ないんですよ(゚Д゚)ゴルァ!

元気な子だといいなぁって、あんた自分の事は蔑ろですか(゚Д゚)ゴルァ!

病院で周りの患者さんや看護婦さんに何自慢してやがりますか(゚Д゚)ゴルァ!

病気で苦しいはずなのに、何で姓名判断の本で名前を考えてやがりますか(゚Д゚)ゴルァ!

どうして側に居てあげたいのに、一人の身体じゃないんだからと家に帰そうとしますか(゚Д゚)ゴルァ!

どうしていつも自分の事は二の次なんですか(゚Д゚)ゴルァ!

どうして医者からいよいよダメだと言われ、泣いている私に大丈夫だよとバレバレの慰めを言いますか(゚Д゚)ゴルァ!

こっちはあんたとこれからも生きて行きたいんですよ(゚Д゚)ゴルァ!

それがもうすぐ終わってしまうんですよ(゚Д゚)ゴルァ!

バカやって泣きそうな私を包んでくれるあんたが居なくなるんですよ(゚Д゚)ゴルァ!

忘れろと言われても、忘れられる訳ないでしょ(゚Д゚)ゴルァ!

死ぬ一週間前に俺みたいな奴と一緒になってくれてありがとなですか、そうですか(゚Д゚)ゴルァ!

こっちがお礼を言わないといけないのに、何も言えず泣いちまったじゃないですか(゚Д゚)ゴルァ!

あんなに苦しそうだったのに、最後は私の手を握りしめて逝きやがりましたね(゚Д゚)ゴルァ!

何で死に顔まで微笑みやがりますか(゚Д゚)ゴルァ!(゚Д゚)ゴルァ!(゚Д゚)ゴルァ!

そんなのは良いから起きて下さい(゚Д゚)ゴルァ!

生まれて来る子供を抱いて下さい(゚Д゚)ゴルァ!

子供に微笑みかけて下さい(゚Д゚)ゴルァ!

頼むから神様何とかして下さい(゚Д゚)ゴルァ!

ダメ女な私に、この先一人で子供を育てろと言いやがりますか(゚Д゚)ゴルァ!

そんなあんたが死んで5ヶ月…。

子供が生まれましたよ(゚Д゚)ゴルァ!

元気な女の子ですよ(゚Д゚)ゴルァ!

目元はあんたにそっくりですよ(゚Д゚)ゴルァ!

どこかで見てますか(゚Д゚)ゴルァ!

私はこの子と何とか生きてますよ(゚Д゚)ゴルァ!

あんたも遠くから見守っていてください。

手を繋ぐ夫婦(フリー写真)

最高の両親

ある女性が学生の頃に暴行されました。 男性不信になった彼女はずっと男性を避けていましたが、会社勤めをしているうちに、そんな彼女に熱烈にアタックしてくる人がいました。 その…

太陽(フリー写真)

一身独立

私が小さな建築関係のメーカーの担当営業をしていた頃の話です。 私の担当区域には、小さな個人商店がありました。 先代の社長を亡くし、若くして社長になった社長には二人の男の子が…

手を繋ぐ恋人(フリー写真)

握り返してくれた手

今から6年前の話です。 僕がまだ十代で、携帯電話も普及しておらずポケベル全盛期の時代の事です。 僕はその頃、高校を出て働いていたのですが、二つ年上の女性と付き合っていました…

献花(フリー写真)

課長の笑顔

私の前の上司(課長)は無口、無表情。雑談には加わらず、お酒も飲まず、人付き合いをしない堅物でした。 誠実公平、どんな時でも冷静なので頼もしい上司なのですが、堅過ぎて近寄り難い雰囲…

猫(フリー写真)

会いに来てくれた猫

五年前に飼っていた茶トラ猫。 当時、姉が家出同然で出て行ってしまい、家の雰囲気が暗かったのを憶えています。 そんなこともあり、私は家では出来るだけ明るく振る舞っていましたが…

祖母の手(フリー写真)

おばあちゃんの深い愛

幼い頃から両親が共働きで、俺の面倒を見てくれたばあちゃん。 俺は癇癪持ちだったからめちゃくちゃ怒られたけど(笑)。 あまりにも怒らせると、トイレに閉じ込められたりもした。…

空(フリー写真)

生まれつき

私は生まれつき足に大きな痣があり、それが自分自身でも大嫌いでした。 更に小学生の頃、不注意からやかんの熱湯をひっくり返してしまい、両足に酷い火傷を負ってしまいました。 それ…

手を繋ぎ歩く子供(フリー写真)

身近な人を大切に

3歳ぐらいの時から毎日のように遊んでくれた、一個上のお兄ちゃんが居た。 成績優秀でスポーツ万能。しかも超優しい。 一人っ子の俺にとっては、本当にお兄ちゃんみたいな存在だった…

阿佐ヶ谷七夕まつりの短冊(フリー写真)

人のために出来ること

ある家庭に、脳に障害のある男の子が生まれた。 そして数年後、次男が誕生した。 小さい頃、弟は喧嘩の度に 「兄ちゃんなんて、バカじゃないか」 と言った。それを聞い…

インドネシアの朝焼け(フリー写真)

インドネシア建国の神話

1602年、オランダはジャワ島に東インド会社を設立し、植民地経営を始めました。 首都のジャヤカルタはバタヴィアに改称され、以降350年間に渡って、オランダは東ティモール以外の領…