白猫のみーちゃん

公開日: ちょっと切ない話 | ペット |

河川敷(フリー写真)

私がまだ小学生の頃、可愛がっていた猫が亡くなりました。真っ白で、毛並みが綺麗な可愛い猫でした。

誰よりも私に懐いていて、何処に行くにも私の足元に絡み付きながら付いて回り、寝る時も一緒でとにかく甘やかしていました。

名前は『みーちゃん』と言いました。

私の家の前には小さな川が流れていて、用事が無く天気の良い日はいつも河辺に座り、川の流れを見ていました。

ある日、とても悲しい事があり、河辺で座って泣いていました。

そしたら、いつもはあまり外に出たがらないみーちゃんが私の隣にちょこんと座って、ずっと私の事を見つめていてくれたんです。おかげで私はすぐに元気になれました。

それ以来、河辺に行くと必ずみーちゃんも一緒に来ていました。私の隣にちょこんと座って、長い尻尾をふりふりして…。そんな一時が私は大好きでした。

でも、そんな楽しい一時は長く続きませんでした…。

元々病弱だったためか、風邪から病状が悪化し亡くなってしまいました。

当時の私は転校生のため友達も居らず、みーちゃんが一番の友達だったんです。

一番の友達を亡くした私は毎日泣きました…。一日二十四時間泣き続けても、後から後から涙が溢れてきました…。

心配した両親は「新しい猫飼おうね」と言ってくれましたけど、私は「みーちゃんじゃなきゃ嫌」と言い、心配する両親を困らせていました。

暫くして夢を見ました。みーちゃんの夢です。

夢の中でのみーちゃんはとても元気で、私は「元気になって良かったね」と言いました。

みーちゃんも私が言った事が解ったのか、とても嬉しそうにしていました。

そして暫く一緒に遊んだ後、突然みーちゃんが「もう行かなきゃ」と言いました。

私はびっくりして、「みーちゃん喋れるの?」と聞きました。

みーちゃんは私の傍に来て「ありがとう」と言い、向こうに行ってしまいました。

途中で何度も振り向きながら…。その度に私は「行かないでー」と言いながら泣いていました。

夢から覚めた後、私は泣いていました。でも、本当にお別れなんだな…と思い、少し吹っ切れました。

みーちゃんはいつも私の事を心配してくれていたから、いつまでも泣いてばかりいる私の夢に出て来てくれて、お別れの挨拶をしてくれたんだな…と。

あれから三年が経ち、私も中学三年生になりました。みーちゃんの夢はあれ一度きりです。でも、寂しくありません。

相変わらず私は河辺に座って川の流れを見ていますが、隣にはいつもみーちゃんが居てくれているような気がするからです。

みーちゃん、これからも天国で私の事を見守っていてね。

関連記事

冬と春の境界(フリー写真)

人間としての愛

1月の朝がとても寒い時に、必ず思い出す少年がいます。 当時、私は狭心症で休職し、九州の実家にて静養していた時でした。 毎朝、愛犬のテツと散歩していた時に、いつも遅刻して実家…

猫(フリー写真)

会いに来てくれた猫

五年前に飼っていた茶トラ猫。 当時、姉が家出同然で出て行ってしまい、家の雰囲気が暗かったのを憶えています。 そんなこともあり、私は家では出来るだけ明るく振る舞っていましたが…

太陽の光(フリー写真)

あなたらしく生きてください

高校時代に付き合っていた彼女の口癖だった言葉。 「やらないで後悔するより、やって後悔した方が良いんじゃない?」 別れた後も、何故か手紙のやり取りはしていた。 でも、あ…

家族の影(フリー写真)

家族で笑った思い出

数年前に、実家の一家の大黒柱である父が倒れた。 脳梗塞で、一命は取り留めたものの麻痺が残ってしまった。 母は親戚(成年後見人)に上手いことを言われて離婚させられた。 …

ナースステーション(フリー写真)

最強のセーブデータ

俺が小学生だった時の話。 ゲームボーイが流行っていた時期のことだ。 俺は車と軽く接触し、入院していた。 同じ病室には、ひろ兄という患者が居た。 ひろ兄は俺と積極…

ドーナツ(フリー写真)

ミスドの親子

日曜にミスドへ行った時の話。 若いお父さんと、3歳くらいの目がくりくりした可愛い男の子が席に着いた。 お父さんと私は背中合わせ。以下、肩越しに聞いた会話。 子「どーな…

手紙(フリー写真)

天国の妻からの手紙

嫁が激しい闘病生活の末、若くして亡くなった。 その5年後、こんな手紙が届いた。 どうやら死期が迫った頃、未来の俺に向けて書いたものみたいだ。 ※ Dear 未来の○○ …

空の太陽(フリー写真)

祖父が立てた誓い

三年前に死んだ祖父は、末期癌になっても一切治療を拒み、医者や看護婦が顔を歪めるほどの苦痛に耐えながら死んだ。 体中に癌が転移し、せめて痛みを和らげる治療(非延命)をと、息子(父)…

田舎の風景(フリー写真)

せめて届かないだろうか

葬式、行けなくてゴメン。 マジでゴメン。 行かなかったことに言い訳できないけどさ、せめてものお詫びに、お前んちの裏の山に登って来たんだ。 工事用の岩の間に作った基地さ…

夕日と花を掴む手(フリー写真)

泣くな

ある日、教室へ行くと座席表が書いてあった。 私の席は廊下側の前から二番目。彼は窓側の一番後ろの席。離れてしまった。 でも同じクラスで本当に良かった。 ※ クラスに馴染ん…