白猫のみーちゃん

公開日: ちょっと切ない話 | ペット |

河川敷(フリー写真)

私がまだ小学生の頃、可愛がっていた猫が亡くなりました。真っ白で、毛並みが綺麗な可愛い猫でした。

誰よりも私に懐いていて、何処に行くにも私の足元に絡み付きながら付いて回り、寝る時も一緒でとにかく甘やかしていました。

名前は『みーちゃん』と言いました。

私の家の前には小さな川が流れていて、用事が無く天気の良い日はいつも河辺に座り、川の流れを見ていました。

ある日、とても悲しい事があり、河辺で座って泣いていました。

そしたら、いつもはあまり外に出たがらないみーちゃんが私の隣にちょこんと座って、ずっと私の事を見つめていてくれたんです。おかげで私はすぐに元気になれました。

それ以来、河辺に行くと必ずみーちゃんも一緒に来ていました。私の隣にちょこんと座って、長い尻尾をふりふりして…。そんな一時が私は大好きでした。

でも、そんな楽しい一時は長く続きませんでした…。

元々病弱だったためか、風邪から病状が悪化し亡くなってしまいました。

当時の私は転校生のため友達も居らず、みーちゃんが一番の友達だったんです。

一番の友達を亡くした私は毎日泣きました…。一日二十四時間泣き続けても、後から後から涙が溢れてきました…。

心配した両親は「新しい猫飼おうね」と言ってくれましたけど、私は「みーちゃんじゃなきゃ嫌」と言い、心配する両親を困らせていました。

暫くして夢を見ました。みーちゃんの夢です。

夢の中でのみーちゃんはとても元気で、私は「元気になって良かったね」と言いました。

みーちゃんも私が言った事が解ったのか、とても嬉しそうにしていました。

そして暫く一緒に遊んだ後、突然みーちゃんが「もう行かなきゃ」と言いました。

私はびっくりして、「みーちゃん喋れるの?」と聞きました。

みーちゃんは私の傍に来て「ありがとう」と言い、向こうに行ってしまいました。

途中で何度も振り向きながら…。その度に私は「行かないでー」と言いながら泣いていました。

夢から覚めた後、私は泣いていました。でも、本当にお別れなんだな…と思い、少し吹っ切れました。

みーちゃんはいつも私の事を心配してくれていたから、いつまでも泣いてばかりいる私の夢に出て来てくれて、お別れの挨拶をしてくれたんだな…と。

あれから三年が経ち、私も中学三年生になりました。みーちゃんの夢はあれ一度きりです。でも、寂しくありません。

相変わらず私は河辺に座って川の流れを見ていますが、隣にはいつもみーちゃんが居てくれているような気がするからです。

みーちゃん、これからも天国で私の事を見守っていてね。

赤ちゃんの足を持つ手(フリー写真)

ママの最後の魔法

サキちゃんのママは重い病気と闘っていたが、死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。 その時、サキちゃんはまだ2歳だった。 「あなた、サキのためにビデオを3本残します。 このビ…

カップルの足(フリー写真)

母の持つ愛情

当時の俺は大学一年、彼女は大学四年。忘れもしない三年前の出来事。 大学に入ってすぐ、俺は軟式野球のサークルに入った。 サークルのマネージャーの中に彼女が居た。 一目惚…

柴犬(フリー写真)

おばあちゃんと柴犬

昔の話だが、近所に旦那さんに先立たれ、独り暮らしをしているお婆ちゃんが居た。 お婆ちゃんは室内で柴犬を飼っていた。 嫁いだ娘さんや孫たちがしょっちゅう様子を見に来ていたから…

手を繋ぐ友人同士(フリー写真)

メロンカップの盃

小学6年生の時の事。 親友と一緒に先生の資料整理の手伝いをしていた時、親友が 「あっ」 と小さく叫んだのでそちらを見たら、名簿の私の名前の後ろに『養女』と書いてあった…

ドーナツ(フリー写真)

ミスドの親子

日曜にミスドへ行った時の話。 若いお父さんと、3歳くらいの目がくりくりした可愛い男の子が席に着いた。 お父さんと私は背中合わせ。以下、肩越しに聞いた会話。 子「どーな…

病室(フリー写真)

おばあちゃんの愛

私のばあちゃんは、いつも沢山湿布をくれた。 しかも肌色のちょっと高い物。 中学生だった私はそれを良く思っていなかった。 私は足に小さな障害があった。 けれど日…

目玉焼き(フリー写真)

彼女とフライパン

一人暮らしを始める時、意気込んでフライパンを買った。 ブランドには疎いが、とにかく28センチの物を一本。 それまで料理なんて全くしなかったのだが、一人暮らしだから自分で作る…

夫婦の重ねる手(フリー写真)

妻からの初メール

不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。 ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れて行った。 ずる賢く立ち回ったこともあり…

スケッチブック(フリー写真)

手作りのアルバム

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった。 だから写真の代わりに、母さんが色鉛筆で俺の絵を描いてアルバムにしていた。 絵は決して上手ではない。 た…

野球ボール(フリー写真)

父と息子のキャッチボール

私の父は高校の時、野球部の投手として甲子園を目指したそうです。 「地区大会の決勝で9回に逆転され、あと一歩のところで甲子園に出ることができなかった」 と、小さい頃によく聞か…