震災で亡くした彼女

公開日: 恋愛 | 悲しい話 | 震災に関する話

カップル(フリー写真)

俺の彼女は可愛くて、スタイルが良くて、性格も良くて、正に完璧だった。

高校に入る前に一目惚れした。

彼女も俺に一目惚れしたらしく、向こうから告白してくれたので、喜んで付き合った。

俺は彼女に夢中になった。

彼女とは別の高校だったが、彼女が可愛くて可愛くて堪らなかった。

ほぼ毎日遊んだ。

しかも俺に、

「初めて自分から好きになった」

と言ってくれた。

俺達は喧嘩することも無く、ほぼ毎日遊んだ。

高校生ということも忘れるくらい。

そして地震の前の日に、二日後に遊ぶ約束をしてバイバイした。

次の日、学校に居る時に『東日本大震災』が来た。

俺は彼女に連絡した。

通じない。

俺の家の前まで津波が来ていて、彼女の家が海の目の前という事もあり、心配になった。

夜になって真っ暗闇の中、彼女の家の近くまで来たが、冠水していて先に進めなかった。

次の日からその場所は、警察官が通行止めをして通れなくなっていた。

徐々に心配が不安になって行った。

地震から一週間後。

彼女と再会出来たのは、遺体安置所だった。

俺は正直、彼女の遺体を見たくなかった。

周りには損傷が激しい遺体がある中、俺の彼女の遺体はすごくきれいだった。

どうやら母親と父親と車で避難途中に、津波に飲まれたらしい。

俺は号泣した。

俺は身内でもなく、付き添いの警官も居る。本当は抱き締めてあげたかったけど、頭を撫でることしか出来なかった。

彼女の遺体と父親、母親の遺体は親戚に引き取られ、無事に火葬されました。

震災から二年経った今も、俺は親戚の家の彼女の遺影に毎日会いに行っています。

震災の前の日に撮ったプリクラを見ると、この日に戻って欲しい気持ちと、彼女に会いたい気持ちで一杯になります。

それからというもの、毎週土曜日は彼女が会いに来てくれてるような気がして…。

涙が出ます。

今だに彼女無しですが、不思議と寂しさは無い。

ただ彼女ともう一回会いたいです。

好きと言って抱き締めたいです。

空港(フリー写真)

空港の約束

俺が25歳くらいの時の話。 当時働いていた職場に二つ年下の女の子が居て、めっちゃいい子だった。 当時はお互い恋人が居たから付き合えなかったけど、お互いかなり意識はしていたと…

ドクター(フリー写真)

思いやりのある若者

本当は書くべきじゃないのかも知れないが、久々に堪らない思いになった。 一応、医者の端くれとして働いている。 こういう生業だから、人の死に接する機会は少なくない。 少し…

手を繋ぐカップル(フリー写真)

幸せの在り処

もう五年も前になる。 当時無職だった俺に彼女が出来た。 彼女の悩みを聞いてあげたのが切っ掛けだった。 正直、他人事だと思って調子の良いことを言っていただけだったが、彼…

空と太陽の光(フリー写真)

平和な世界で

あなたへ あなたが、戦地にお向かいになってからもう、何度目の夜でしょう。 娘も、こんなに大きくなって。 あなた、見ていてくれていますか? あの時、私はあなたに言…

手のひら(フリー写真)

出会い

昔、美術館でバイトをしていた。 その日の仕事は、地元の公募展の受け付け作業。 一緒に審査員の先生も一人同席してくれる。 その時に同席してくれたのは、優しいおじいちゃん…

震災(フリー写真)

少女からの手紙

石井三曹に封筒を渡した少女は、名前も告げずに走り去って行った。 少女は、母親と思しき女性の運転する車でやって来て、偶然近くを歩いていた石井三曹に手紙一通を渡したのである。 …

マグカップ(フリー写真)

友人の棺

友人が亡くなった。 入院の話は聞いていたが、会えばいつも元気一杯だったので見舞いは控えていた。 棺に眠る友人を見ても、闘病で小さくなった亡骸に実感が湧かなかった。 …

赤ちゃんの手を握る母の手

最後の親孝行に

無職、片桐康晴被告は、京都市伏見区桂川河川敷で2006年2月1日、認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母親を殺害し自身も無理心中を図った。 その事件の初公判は19日に行われた。 …

青空(フリー写真)

命懸けの呼び掛け

宮城県南三陸町で、震災発生の際に住民へ避難を呼び掛け、多くの命を救った防災無線の音声が完全な形で残っていることが判りました。 亡くなられた町職員の遠藤未希さんの呼び掛けが全て収録…

沖縄の夕暮れ(フリー写真)

立派な将校さん

戦時中の沖縄での事です。 当時12歳だった叔父さんは、自然の洞穴を利用して作られた壕の中に居た。 他の住民や、部隊からはぐれた大怪我を負った兵隊たちも隠れていた。 息…