震災で亡くした彼女

公開日: 恋愛 | 悲しい話 | 震災に関する話

カップル(フリー写真)

俺の彼女は可愛くて、スタイルが良くて、性格も良くて、正に完璧だった。

高校に入る前に一目惚れした。

彼女も俺に一目惚れしたらしく、向こうから告白してくれたので、喜んで付き合った。

俺は彼女に夢中になった。

彼女とは別の高校だったが、彼女が可愛くて可愛くて堪らなかった。

ほぼ毎日遊んだ。

しかも俺に、

「初めて自分から好きになった」

と言ってくれた。

俺達は喧嘩することも無く、ほぼ毎日遊んだ。

高校生ということも忘れるくらい。

そして地震の前の日に、二日後に遊ぶ約束をしてバイバイした。

次の日、学校に居る時に『東日本大震災』が来た。

俺は彼女に連絡した。

通じない。

俺の家の前まで津波が来ていて、彼女の家が海の目の前という事もあり、心配になった。

夜になって真っ暗闇の中、彼女の家の近くまで来たが、冠水していて先に進めなかった。

次の日からその場所は、警察官が通行止めをして通れなくなっていた。

徐々に心配が不安になって行った。

地震から一週間後。

彼女と再会出来たのは、遺体安置所だった。

俺は正直、彼女の遺体を見たくなかった。

周りには損傷が激しい遺体がある中、俺の彼女の遺体はすごくきれいだった。

どうやら母親と父親と車で避難途中に、津波に飲まれたらしい。

俺は号泣した。

俺は身内でもなく、付き添いの警官も居る。本当は抱き締めてあげたかったけど、頭を撫でることしか出来なかった。

彼女の遺体と父親、母親の遺体は親戚に引き取られ、無事に火葬されました。

震災から二年経った今も、俺は親戚の家の彼女の遺影に毎日会いに行っています。

震災の前の日に撮ったプリクラを見ると、この日に戻って欲しい気持ちと、彼女に会いたい気持ちで一杯になります。

それからというもの、毎週土曜日は彼女が会いに来てくれてるような気がして…。

涙が出ます。

今だに彼女無しですが、不思議と寂しさは無い。

ただ彼女ともう一回会いたいです。

好きと言って抱き締めたいです。

広島平和記念碑 原爆ドーム(フリー写真)

忘れてはならない

今日が何の日かご存知であろうか。知識としての説明は必要ないだろう。 だが一歩その先へ。それが、自分の経験であったかもしれないことを想像して頂きたい。 向こう70年、草木も生…

コスモスの花(フリー写真)

余命半年の彼女

今日、彼女と別れた。 原因は彼女の病気、癌だった。 最初に聞いた時、冗談だと思った。 つい昨日まで普通に遊んで、喋って、ご飯を食べて、笑っていたのに。 俺は、 …

オフィス(フリー写真)

秘密のお守り

初めて彼女に会ったのは、内定式の時。同期だった。 聡明を絵に書いたような人。学生時代に書いた論文か何かが賞を獲ったこともあるらしく、期待の新人ということだった。 ただ、ちょ…

雨(フリー写真)

真っ直ぐな青年の姿

20年前、私は団地に住んでいました。 夜の20時くらいに会社から帰ると、団地前の公園で雨の中、一人の男の子が傘もささず向かいの団地を見ながら立っていました。 はっきり言って…

親子の手(フリー写真)

親父の思い出

ある日、おふくろから一本の電話があった。 「お父さんが…死んでたって…」 死んだじゃなくて、死んでた? 親父とおふくろは俺が小さい頃に離婚していて、まともに会話すらし…

アパート(フリー写真)

おにぎりをくれた女の子

現在から20年以上も前、まだオンボロアパートで一人暮らしをしていた時の事だ。 安月給で金は無かったが、無いは無いなりに何とか食っては行けた。 隣の部屋には50代くらいのお父…

恋人(フリー写真)

彼からの手紙

幼稚園から一緒だった幼馴染の男の子が居た。 私は今でも憶えている。 彼に恋した日のことを。 ※ 幼稚園で意味もなく友達に責められている時に唯一、私の側に居てくれて、ギュ…

バス停(フリー写真)

親切な彼女

バスで二人座席に座っていた学生風のカップル。 車椅子の人が乗ろうとした途端、彼女の方がすっと立ち上がって、彼氏に荷物を渡し、運転手が車椅子を乗せるお手伝いをしていた。 その…

カップルの足(フリー写真)

母の持つ愛情

当時の俺は大学一年、彼女は大学四年。忘れもしない三年前の出来事。 大学に入ってすぐ、俺は軟式野球のサークルに入った。 サークルのマネージャーの中に彼女が居た。 一目惚…

彼女(フリー写真)

彼女の導き

もう2年も前の話になる。 当時、俺は医学生だった。彼女も居た。 世の中にこれ以上、良い女は居ないと思う程の女性だった。 しかし彼女はまだ若かったにも関わらず、突如とし…