震災で亡くした彼女

公開日: 恋愛 | 悲しい話 | 震災に関する話

カップル(フリー写真)

俺の彼女は可愛くて、スタイルが良くて、性格も良くて、正に完璧だった。

高校に入る前に一目惚れした。

彼女も俺に一目惚れしたらしく、向こうから告白してくれたので、喜んで付き合った。

俺は彼女に夢中になった。

彼女とは別の高校だったが、彼女が可愛くて可愛くて堪らなかった。

ほぼ毎日遊んだ。

しかも俺に、

「初めて自分から好きになった」

と言ってくれた。

俺達は喧嘩することも無く、ほぼ毎日遊んだ。

高校生ということも忘れるくらい。

そして地震の前の日に、二日後に遊ぶ約束をしてバイバイした。

次の日、学校に居る時に『東日本大震災』が来た。

俺は彼女に連絡した。

通じない。

俺の家の前まで津波が来ていて、彼女の家が海の目の前という事もあり、心配になった。

夜になって真っ暗闇の中、彼女の家の近くまで来たが、冠水していて先に進めなかった。

次の日からその場所は、警察官が通行止めをして通れなくなっていた。

徐々に心配が不安になって行った。

地震から一週間後。

彼女と再会出来たのは、遺体安置所だった。

俺は正直、彼女の遺体を見たくなかった。

周りには損傷が激しい遺体がある中、俺の彼女の遺体はすごくきれいだった。

どうやら母親と父親と車で避難途中に、津波に飲まれたらしい。

俺は号泣した。

俺は身内でもなく、付き添いの警官も居る。本当は抱き締めてあげたかったけど、頭を撫でることしか出来なかった。

彼女の遺体と父親、母親の遺体は親戚に引き取られ、無事に火葬されました。

震災から二年経った今も、俺は親戚の家の彼女の遺影に毎日会いに行っています。

震災の前の日に撮ったプリクラを見ると、この日に戻って欲しい気持ちと、彼女に会いたい気持ちで一杯になります。

それからというもの、毎週土曜日は彼女が会いに来てくれてるような気がして…。

涙が出ます。

今だに彼女無しですが、不思議と寂しさは無い。

ただ彼女ともう一回会いたいです。

好きと言って抱き締めたいです。

関連記事

花火(フリー写真)

花火とプロポーズ

2012年の夏。 付き合って2年になる彼女がいた。 彼女とは中学の同級生で、成人してから付き合い始めた。 同窓会で2年振りの再会。 お互いにどんな性格なのか、趣…

恋人同士(フリー写真)

彼の真意

今年の5月まで付き合っていた彼の話。 料理が好きで、調理場でバイトをしていた。 付き合い始めの頃、私が作った味噌汁に、溶け残りの味噌が固まって入っていたことがあった。 …

親子の後ろ姿(フリー写真)

育ての親

私には、お母さんが二人居た。 一人は、私に生きるチャンスを与えてくれた。 もう一人は……。 ※ 私の17歳の誕生日に、母が継母であることを聞かされた。 私を生んで…

公園(フリー写真)

一緒に遊んでくれた女の子

これは私が小学三年生の頃の話です。 両親が離婚して母子家庭となり、一人で居るのが怖かった私は、しょっちゅう児童館へ行っていました。 学童保育という手もあったのですが、当時は…

母の手を握る赤子(フリー写真)

母の想い

彼は幼い頃に母親を亡くし、父親と祖母と暮らしていました。 17歳の時、急性骨髄性白血病にかかってしまい、本人すら死を覚悟していましたが、骨髄移植のドナーが運良く見つかり死の淵から…

ビーチを歩くカップル(フリー写真)

初恋と友情

親友に第一子が生まれたとメールが届いたので記念に投稿します。 親友の嫁が俺の初恋の相手。 親友も親友の嫁(以下Aとします)も俺も同じ小学校、同じクラスで、Aは小学3年生の時…

彼女(フリー写真)

忘れられない暗証番号

元号が昭和から平成に変わろうとしていた頃の話です。 当時、私は二十代半ば。彼女も同じ年でした。 いよいよ付き合おうかという時期に、彼女から私に泣きながらの電話…。 「…

自衛隊員の方々(フリー写真)

直立不動の敬礼

2年前、旅行先での駐屯地祭での事。 例によって変な団体が来て、私は嫌な気分になっていた。 するとその集団に向かって、一人の女子高生とおぼしき少女が向かって行く。 少女…

交差点(フリー写真)

家族の支え

中学時代、幼馴染の親友が目の前で事故死した。 あまりに急で、現実を受け容れられなかった俺は少し精神を病んでしまった。 体中を血が出ても止めずに掻きむしったり、拒食症になった…

カップル(フリー写真)

秘密で手話を

待ち合わせた彼女を待っていて見かけたのは、大学生風のカップルだった。 男の子が女の子の正面に立って、何かしきりに手を動かしていた。手話だ。 彼はやっと手話を覚えたこと、覚え…