君への罪滅ぼし

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

カップル

高校二年の終わり、図書館で偶然隣に座った君に、僕は一目惚れをした。

僕はそれから学校が終わると駆け足で図書館に通い、いつも君を事を探していた。

勇気を出して話し掛けてみた事が切っ掛けで、僕は君と友達になる事が出来たんだよね。

君はとても可愛くて、僕なんかじゃ絶対に不釣合いだと思っていたし、側に居られるだけで幸せだった。

彼氏がいる事も判ったから、好きだという気持ちも伝える事が出来ないでいた。

そんなある日、僕は君の異変に気付いた。

会った時よりも大分やつれていたから、

「大丈夫?」

と聞くと、君は笑いながら、

「受験のせいで食欲がないだけよ」

と言った。

だから僕もそんなに気には留めていなかったんだ。

でも、それから2、3ヶ月も君と会えなくなるだなんて思ってもいなかった。

あの後、眩暈で倒れてそのまま入院をしていただなんてさ。

久しぶりに図書館に来た君は帽子を被っていて、僕は聞いてはいけない質問をしてしまったんだよね。

この時まで、僕は君の病気を知らなかったんだ。

「私、白血病なんだって」

初めは信じられなかったけど、君が帽子を脱いだ姿を見て、僕は全てを理解したんだ。

君はそれからずっと元気がなかったけど、暫くして嬉しそうに僕に話しかけてきた。

「ドナーの人が見つかったの!」

僕もこの時は心から嬉しかった。

でも結局、ドナー側の都合で移植が駄目になってしまったんだよね。

君は泣きながら、こう言ったよね。

「彼氏にも、ドナーにも逃げられちゃった⋯」

そんな君に、僕は勇気を出して告白をしたら、

「こんな私でいいの?」

と承諾してくれた。

その時に初めて僕は、君の手を握ったんだ。

骨と皮だけになっていて、驚く程に細くなっていた。

凄く凄く温かかった。

それから1ヶ月後に、君は僕に手紙を残して旅立った。

「あなたと付き合えた1ヶ月間、本当に幸せでした」

苦労して書いたと解る字を見て、僕はただ泣く事しか出来なかった。

一緒の大学へ行こうと約束していたのに、君の願いを叶えられず本当にごめん⋯。

君が居なくなってから、もう8年が経ちます。

大学も卒業し、もう3年。

来月、君と同じ境遇の方に、僕の骨髄を提供する事になりました。

これが僕にとっての『君への罪滅ぼし』だと思っています。

関連記事

タクシー(フリー写真)

台風の日

タクシーの中でお客さんとどんな話をするか、平均で10分前後の短い時間で完結する話題と言えばやはり天気の話になります。 今日の福岡は台風11号の余波で、朝から断続的に激しい雨が降っ…

瓦礫

わずか1.5メートルの後悔

私と倫子は、二十一歳の若さで愛の意地を張り合ってしまった。その日、些細なことから生まれた言い争いは、私のわがままから始まっていた。 普段は隣り合わせの安らぎで眠るはずが、その夜…

皺のある手(フリー写真)

私はおばあちゃんの子だよ

私は幼い時に両親が離婚して、父方の祖父母の家に引き取られ育てられました。 田舎だったので、都会で育った私とは周りの話し方から着る服、履く靴まで全てが違いました。 そのため祖…

遠足用具(フリー素材)

遠足のおやつ

小学生の頃、母親が入院していた時期があった。 それが俺の遠足の時期と重なってしまい、俺は一人ではおやつも買いに行けず、戸棚に閉まってあった食べかけのお茶菓子などをリュックに詰め込…

電車内から見る駅のホーム(フリー写真)

おとうさんという言葉

その日は約束の時間ぎりぎりに、舞浜駅のホームから階段を降りた。 雑踏の中には元妻と、ミニリュックを背負った小学3年生の息子が待っていた。 半年ほど見ない間に一回り大きくなっ…

手を繋ぐ夫婦(フリー写真)

最愛の妻が遺したもの

先日、小学5年生の娘が何か書いているのを見つけた。 それは妻への手紙だったよ。 「ちょっと貸して」 と言って内容を見た。 まだまだ汚い字だったけど、妻への想いが…

夫婦の手(フリー写真)

私は幸せでした

文才が無いため酷い文になると思いますが、少し私の話に付き合ってください。 24歳の時、私は人生のどん底に居ました。 6年間も付き合って婚約までした彼には、私の高校時代の友人…

手を取り合う友(フリー写真)

友達からの救いのメール

僕の友達が事故で亡くなった。 本当に突然のことで何が何だか解らず、涙など出ませんでした。 葬式にはクラスのみんなや友達が沢山来ていました。 友達は遺影の中で笑っていま…

カップル(フリー写真)

人の大切さ

私は生まれつき体が弱く、よく学校で倒れたりしていました。 おまけに骨も脆く、骨折6回、靭帯2回の、体に関して何も良いところがありません。 中学三年生の女子です。 重…

学校の机(フリー写真)

君が居なかったら

僕は小さい頃に両親に捨てられ、色々な所を転々として生きてきました。 小さい頃には「施設の子」とか「いつも同じ服を着た乞食」などと言われました。 偶に同級生の子と遊んでいて、…