君への罪滅ぼし

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

カップル

高校二年の終わり、図書館で偶然隣に座った君に、僕は一目惚れをした。

僕はそれから学校が終わると駆け足で図書館に通い、いつも君を事を探していた。

勇気を出して話し掛けてみた事が切っ掛けで、僕は君と友達になる事が出来たんだよね。

君はとても可愛くて、僕なんかじゃ絶対に不釣合いだと思っていたし、側に居られるだけで幸せだった。

彼氏がいる事も判ったから、好きだという気持ちも伝える事が出来ないでいた。

そんなある日、僕は君の異変に気付いた。

会った時よりも大分やつれていたから、

「大丈夫?」

と聞くと、君は笑いながら、

「受験のせいで食欲がないだけよ」

と言った。

だから僕もそんなに気には留めていなかったんだ。

でも、それから2、3ヶ月も君と会えなくなるだなんて思ってもいなかった。

あの後、眩暈で倒れてそのまま入院をしていただなんてさ。

久しぶりに図書館に来た君は帽子を被っていて、僕は聞いてはいけない質問をしてしまったんだよね。

この時まで、僕は君の病気を知らなかったんだ。

「私、白血病なんだって」

初めは信じられなかったけど、君が帽子を脱いだ姿を見て、僕は全てを理解したんだ。

君はそれからずっと元気がなかったけど、暫くして嬉しそうに僕に話しかけてきた。

「ドナーの人が見つかったの!」

僕もこの時は心から嬉しかった。

でも結局、ドナー側の都合で移植が駄目になってしまったんだよね。

君は泣きながら、こう言ったよね。

「彼氏にも、ドナーにも逃げられちゃった⋯」

そんな君に、僕は勇気を出して告白をしたら、

「こんな私でいいの?」

と承諾してくれた。

その時に初めて僕は、君の手を握ったんだ。

骨と皮だけになっていて、驚く程に細くなっていた。

凄く凄く温かかった。

それから1ヶ月後に、君は僕に手紙を残して旅立った。

「あなたと付き合えた1ヶ月間、本当に幸せでした」

苦労して書いたと解る字を見て、僕はただ泣く事しか出来なかった。

一緒の大学へ行こうと約束していたのに、君の願いを叶えられず本当にごめん⋯。

君が居なくなってから、もう8年が経ちます。

大学も卒業し、もう3年。

来月、君と同じ境遇の方に、僕の骨髄を提供する事になりました。

これが僕にとっての『君への罪滅ぼし』だと思っています。

夫婦の手(フリー写真)

空席に座る子

旦那の上司の話です。亡くなったお子さんの話だそうです。 主人の上司のA課長は、病気で子供を失いました。 当時5歳。幼稚園で言えば、年中さんですね。 原因は判りません…

砂浜を歩くカップル(フリー写真)

当たり前の日常

小さな頃から、私と彼はいつも一緒でした。 周りがカップルに間違えるほどの仲でした。 私が彼に恋愛感情を抱いていると気付いたのは、高校3年生の時です。 今思うと、その前…

手を繋いで歩く夫婦(フリー写真)

たった一つの記憶

私の夫は、結婚する前に脳の病気で倒れてしまい、死の淵を彷徨いました。 私がそれを知ったのは、倒れてから5日も経ってからでした。 夫の家族が病院に駆け付け、携帯電話を見て私の…

桜(フリー写真)

桜と最後の嘘

僕は良いところなど一つも無いと言って良い程、嫌な人間だった。 ルックスに自信は無く、頭も良くはない。そして、人に平気で嘘を吐く卑怯者。 僕に構う人など誰も居なかった。もちろ…

どんぐり(フリー写真)

どんぐり

毎年お盆に帰省すると、近くの川で『送り火』があります。 いつもは淡い光の列がゆっくり川下に流れて行くのを眺めるだけなのだけど、その年は灯篭に『さちこ』と書いて川に浮かべました。 …

家族の影(フリー写真)

家族の時間

俺は昔から父と仲良くしている人が理解出来なかった。 ドラマやアニメなどで父が死んで悲しむとか、そういうシチュエーションも理解出来ない。 そもそも俺は父と血が繋がっていなかっ…

朝焼け(フリー写真)

天国の祖父へ

大正生まれの祖父は、妻である祖母が認知症になってもたった一人で介護をし、祖母が亡くなって暫くは一人で暮らしていた。 私が12歳の時に、祖父は我が家で同居することになった。 …

カップル(フリー写真)

書けなかった婚姻届

彼女とはバイト先で知り合った。 彼女の方が年上で、入った時から気にはなっていた。 「付き合ってる人は居ないの?」 「居ないよ…彼氏は欲しいんだけど」 「じゃあ俺…

母(フリー写真)

母のビデオテープ

俺は小さい頃に母親を亡くしている。 それで中学生の頃は恥ずかしいほどグレた。 親父の留守中、家に金が無いかタンスの中を探していると、一本のビデオテープがあった。 俺は…

親子の手(フリー写真)

親父の思い出

ある日、おふくろから一本の電話があった。 「お父さんが…死んでたって…」 死んだじゃなくて、死んでた? 親父とおふくろは俺が小さい頃に離婚していて、まともに会話すらし…