君への罪滅ぼし

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

カップル

高校二年の終わり、図書館で偶然隣に座った君に、僕は一目惚れをした。

僕はそれから学校が終わると駆け足で図書館に通い、いつも君を事を探していた。

勇気を出して話し掛けてみた事が切っ掛けで、僕は君と友達になる事が出来たんだよね。

君はとても可愛くて、僕なんかじゃ絶対に不釣合いだと思っていたし、側に居られるだけで幸せだった。

彼氏がいる事も判ったから、好きだという気持ちも伝える事が出来ないでいた。

そんなある日、僕は君の異変に気付いた。

会った時よりも大分やつれていたから、

「大丈夫?」

と聞くと、君は笑いながら、

「受験のせいで食欲がないだけよ」

と言った。

だから僕もそんなに気には留めていなかったんだ。

でも、それから2、3ヶ月も君と会えなくなるだなんて思ってもいなかった。

あの後、眩暈で倒れてそのまま入院をしていただなんてさ。

久しぶりに図書館に来た君は帽子を被っていて、僕は聞いてはいけない質問をしてしまったんだよね。

この時まで、僕は君の病気を知らなかったんだ。

「私、白血病なんだって」

初めは信じられなかったけど、君が帽子を脱いだ姿を見て、僕は全てを理解したんだ。

君はそれからずっと元気がなかったけど、暫くして嬉しそうに僕に話しかけてきた。

「ドナーの人が見つかったの!」

僕もこの時は心から嬉しかった。

でも結局、ドナー側の都合で移植が駄目になってしまったんだよね。

君は泣きながら、こう言ったよね。

「彼氏にも、ドナーにも逃げられちゃった⋯」

そんな君に、僕は勇気を出して告白をしたら、

「こんな私でいいの?」

と承諾してくれた。

その時に初めて僕は、君の手を握ったんだ。

骨と皮だけになっていて、驚く程に細くなっていた。

凄く凄く温かかった。

それから1ヶ月後に、君は僕に手紙を残して旅立った。

「あなたと付き合えた1ヶ月間、本当に幸せでした」

苦労して書いたと解る字を見て、僕はただ泣く事しか出来なかった。

一緒の大学へ行こうと約束していたのに、君の願いを叶えられず本当にごめん⋯。

君が居なくなってから、もう8年が経ちます。

大学も卒業し、もう3年。

来月、君と同じ境遇の方に、僕の骨髄を提供する事になりました。

これが僕にとっての『君への罪滅ぼし』だと思っています。

関連記事

老夫婦(フリー写真)

夫婦の最期の時間

福岡市の臨海地区にある総合病院。 周囲の繁華街はクリスマス商戦の真っ只中でしたが、病院の玄関には大陸からの冷たい寒気が、潮風となって吹き込んでいたと思います。 そんな夕暮れ…

手紙(フリー写真)

亡くなった旦那からの手紙

妊娠と同時に旦那の癌が発覚。 子供の顔を見るまでは…と頑張ってくれたのだけど、ちょっと間に合わなかった。 旦那が居なくなってしまってから、一人必死で息子を育てている。 …

手を繋ぐカップル(フリー写真)

最初で最後のキス

私が小学生の頃、初めて人を好きになりました。 上級生だったのですが、誰にでも分け隔てなく優しい人で、誰もが彼を好いていました。 そんな彼がどういう訳か、地味な私を好きになっ…

飲食店の席(フリー写真)

ファミレスの父娘

ファミレスで一人ご飯を食べていたら、前のテーブルからおっさんと女子高生の会話が聞こえて来た。 おっさんはスーツ姿で普通の中年。痩せていて、東幹久さんに似た雰囲気。会話の流れから父…

結婚式の花嫁さん(フリー写真)

お父さんよりいい男

私の小さい頃の夢は、お父さんのお嫁さんになることでした。 お父さんに対して、嫌いと思ったことも嫌だと思ったこともありませんでした。 周りの友達よりもお父さんとは仲良しだった…

手を繋ぎ歩く子供(フリー写真)

身近な人を大切に

3歳ぐらいの時から毎日のように遊んでくれた、一個上のお兄ちゃんが居た。 成績優秀でスポーツ万能。しかも超優しい。 一人っ子の俺にとっては、本当にお兄ちゃんみたいな存在だった…

梅干し(フリー写真)

憧れた世界

飲んだくれの親父のせいで貧乏育ち。だから小さい頃は遠足の弁当が嫌いだった。 麦の混ざったご飯に梅干しと佃煮。 恥ずかしいから、 「見て~!俺オッサン弁当!父ちゃんが『…

太陽と手のひら(フリー写真)

この命を大切に生きよう

あれは何年も前、僕が年長さんの時でした。 僕は生まれた時から重度のアレルギーがあり、何回も生死の境を彷徨って来ました。 アレルギーの発作の事をアナフィラキシーショックと言…

オムライス(フリー写真)

本当の友達

二十年ほど前の話。 当時、俺の家は片親で凄く貧乏だった。 子供三人を養うために、母ちゃんは夜も寝ないで働いていた。 それでもどん底の生活だった…。 俺は中学を卒…

ベゴニア(フリー写真)

初めて好きになった人

俺が小学6年生の頃の話。 俺は当時、親の転勤で都会から田舎へと引っ越しをした。時期はちょうど夏休み。全く知らない土地で暮らすのはこれで五回目だった。 引っ越しが終わり、夏休…