日航機墜落事故

公開日: 悲しい話

空(フリー写真)

この事故は、単独事故としては世界で一番大きな事故。

乗客は524人。生存者はたったの4人。

飛行機の横に付いている翼は宙に浮くため、上にある翼は方向を決めるためにある。

上に付いている翼が無くなった。

左右に付いているエンジンの強弱だけで操作をした。

墜落する時、パイロットの方は敢えて前から突っ込みました。

自分が死んでも、一人でも多くの乗客を守るために。

被害者の方々と、被害者遺族にご冥福をお祈りします。

日航機墜落事故で亡くなられた会社員の方の遺書

マリコ

津慶

知代子

どうか仲良くがんばって

ママをたすけて下さい

パパは本当に残念だ

きっと助かるまい

原因は分からない

今5分経った

もう飛行機には乗りたくない

どうか神様助けて下さい

昨日みんなと

食事したのが最後とは

何か機内で爆発したような形で

煙が出て

降下し出した

どこへどうなるのか

津慶しっかり

頼んだぞ

ママこんな事になるとは残念だ

さようなら

子供達の事をよろしく頼む

今6時半だ

飛行機は回りながら

急速に降下中だ

本当に今迄は

幸せな人生だったと感謝している

関連記事

ポメラニアン(フリー写真)

天国のチロル

家で飼っていた犬の話。 私が中学生の頃、保健所に入れられそうになっていた4歳の雌のポメラニアンを引き取った。 名前は、前の飼い主が付けたらしい『チロル』。 チロルは本…

雪(フリー写真)

プライド

私には自分で決めたルールがある。 自分が悪いと思ったらすぐに『ごめんなさい』と言うこと。 私は元々意地っ張りで、自分が悪いと思っても『ごめんなさい』の一言が出ない。 …

眠る猫(フリー写真)

愛猫と過ごした日々

俺は18歳なのだけど、今年で18年目になる飼い猫が居る。つまり俺と同い年だ。 どんなに記憶を遡ってもそいつが居る。 本当に兄弟のように一緒に育った。 布団の中に入って…

日記帳(フリー写真)

彼の遺した日記

2年間、付き合っていた彼に振られました。 それはもう、最後は彼が言ったとは思えないほどの酷い言葉で。 どんなにまだ好きだと言っても復縁は叶わず、音信不通になってしまいました…

交差点(フリー写真)

家族の支え

中学時代、幼馴染の親友が目の前で事故死した。 あまりに急で、現実を受け容れられなかった俺は少し精神を病んでしまった。 体中を血が出ても止めずに掻きむしったり、拒食症になった…

終戦時の東京(フリー写真)

少女に伝えること

第二次大戦が終わり、私は多くの日本の兵士が帰国して来る復員の事務に就いていました。 ある暑い日の出来事でした。私は、毎日毎日訪ねて来る留守家族の人々に、貴方の息子さんは、ご主人は…

母の手を握る赤子(フリー写真)

母の想い

彼は幼い頃に母親を亡くし、父親と祖母と暮らしていました。 17歳の時、急性骨髄性白血病にかかってしまい、本人すら死を覚悟していましたが、骨髄移植のドナーが運良く見つかり死の淵から…

朝焼け(フリー写真)

半年前の俺へ

半年前の俺へ。 そっちは午前4時だな。 部活で疲れてぐっすり眠っている頃だと思うが、頑張って起きろ。 今から言う事をやってくれ。頼む、お前のためだから。しくじるなよ。…

親子の手(フリー写真)

親父の思い出

ある日、おふくろから一本の電話があった。 「お父さんが…死んでたって…」 死んだじゃなくて、死んでた? 親父とおふくろは俺が小さい頃に離婚していて、まともに会話すらし…

戦闘機(フリー写真)

海行かば

このお話は8年程前、九州の西日本新聞に掲載され、映画化もされました。 ご存知の方も多いはずです。特繰出身の学徒兵の方々のお話です。 当時東京に居た私は、銀座の東映に軽い気持…