日航機墜落事故

公開日: 悲しい話

空(フリー写真)

この事故は、単独事故としては世界で一番大きな事故。

乗客は524人。生存者はたったの4人。

飛行機の横に付いている翼は宙に浮くため、上にある翼は方向を決めるためにある。

上に付いている翼が無くなった。

左右に付いているエンジンの強弱だけで操作をした。

墜落する時、パイロットの方は敢えて前から突っ込みました。

自分が死んでも、一人でも多くの乗客を守るために。

被害者の方々と、被害者遺族にご冥福をお祈りします。

日航機墜落事故で亡くなられた会社員の方の遺書

マリコ

津慶

知代子

どうか仲良くがんばって

ママをたすけて下さい

パパは本当に残念だ

きっと助かるまい

原因は分からない

今5分経った

もう飛行機には乗りたくない

どうか神様助けて下さい

昨日みんなと

食事したのが最後とは

何か機内で爆発したような形で

煙が出て

降下し出した

どこへどうなるのか

津慶しっかり

頼んだぞ

ママこんな事になるとは残念だ

さようなら

子供達の事をよろしく頼む

今6時半だ

飛行機は回りながら

急速に降下中だ

本当に今迄は

幸せな人生だったと感謝している

渓流(フリー写真)

お母さんと呼んだ日

私がまだ小学2年生の頃、継母が父の後妻として一緒に住むことになった。 特に苛められたとかそういうことは無かったのだけど、何だか馴染めなくて、いつまで経っても「お母さん」と呼べない…

夕日が見える町並み(フリー写真)

幸せだった日常

嫁と娘が一ヶ月前に死んだ。 交通事故で大破。 単独でした。 知らせを受けた時、出張先でしかも場所が根室だったから、帰るのに一苦労だった。 でもどうやって帰ったの…

コスモスの花(フリー写真)

余命半年の彼女

今日、彼女と別れた。 原因は彼女の病気、癌だった。 最初に聞いた時、冗談だと思った。 つい昨日まで普通に遊んで、喋って、ご飯を食べて、笑っていたのに。 俺は、 …

家族(フリー写真)

娘への遺言

レミオロメンの「3月9日」という曲が流れる度に、私は泣きそうになります。 両親は、私が10歳の時に事故死しました。 あの日は家族旅行に行っていました。 帰り道、高速…

青空(フリー写真)

彼女に会いに行きたい

俺も元カノを亡くしたよ。もう何年も前だけど。 中学の頃に親父が死んでも大して泣かなかったが、これはボロ泣きした。 彼女とは3年ちょい付き合って、俺の我侭で上手く行かなくなり…

終戦時の東京(フリー写真)

少女に伝えること

第二次大戦が終わり、私は多くの日本の兵士が帰国して来る復員の事務に就いていました。 ある暑い日の出来事でした。私は、毎日毎日訪ねて来る留守家族の人々に、貴方の息子さんは、ご主人は…

夕日(フリー写真)

戦時中のパラオにて

遠い南の島に、日本の歌を歌う老人が居た。 「あそこでみんな、死んで行ったんだ…」 沖に浮かぶ島を指差しながら、老人は呟いた。 ※ 太平洋戦争の時、その島には日本軍が進駐…

パラオのサンセットビーチ(フリー写真)

パラオの友情

南洋のパラオ共和国には、小さな島が幾つもある。 そんな島にも、戦争中はご多分に漏れず日本軍が進駐していた。 その島に進駐していた海軍の陸戦隊は、学徒出身の隊長の元、住民たち…

椅子と聖書(フリー写真)

特攻隊員の方の手紙

お母さん、とうとう悲しい便りを出さねばならない時が来ました。 晴れて特攻隊員に選ばれ出陣するのは嬉しいですが、お母さんのことを思うと泣けて来ます。 母チャン、母チャンが 私…

兄妹(フリー写真)

たくましいお兄ちゃん

親戚にとても仲の良い幼い兄妹が居た。 兄は3才の康介ちゃんで、妹は2才の愛ちゃん。 当時21歳だった俺にとっても、可愛くてたまらない子供達だった。 ※ しかしある年末、…