結婚式場の小さな奇跡

公開日: 仕事 | 心温まる話 | 恋愛 | 長編

新郎新婦(フリー写真)

栃木県那須地域(大田原市)に『おもてなし』の心でオンリーワン人情経営の結婚式場があります。

建物は地域の建築賞を受賞(マロニエ建築デザイン賞)する程の業界最先端の建物、内容、設備です。

一見敷居がかなり高く感じ取る方もいらっしゃるようですが、決してそんな事はありません。

少人数の食事会や、幼稚園の発表会など、ご来館頂いた方に『おもてなし』をする事に日々魂を込めております。

この事をこちらの有限会社勝田屋代表取締役川永作衛様は『凡事入魂』と仰られています。

日々数々のドラマがありますが、そんな中から一つだけエピソードをご詳細させて頂きます。

オープンを3ヶ月後に迫ったKATSUTAYA(結婚式場)で結婚式が半年後に決まり。幸せいっぱいのカップルがいました。

その半年後に結婚を控えている幸せいっぱいのカップルから、KATSUTAYAに一本の電話がありました。

「結婚式を取りやめたいのです」

突然の出来事に、受話器を握る川永社長が

「どうしたのですか? よろしければ、何があったかお話してくれませんか?」

と尋ねると、

「実は、新郎になる彼に癌が見つかったのです。

私は結婚式をしたいのですが、お互いの両親が結婚式を中止した方が良いと言いまして…」

今にも泣き出してしまいそうな彼女に川永社長は、

「事情は解りました。中止にしますが、折角楽しみにしていた結婚式です。来月には式場が完成しますので、一度KATSUTAYAを観にいらしてください」

と応えて電話を切りました。

KATSUTAYAが完成し、川永社長はブライダルフェアに一組のカップルを招待していました。

結婚式を中止したカップルです。両家のご両親も一緒に。

新郎になるはずの彼は、車椅子で式場に来られました。

川永社長に車椅子を押してもらい、カップルは夢に見ていた式場を一通り案内してもらいました。

新郎が結婚式ができないと諦めていたとの事でしたが、その事を体験すると不思議と希望と勇気が湧いてきました。

そして、必ずここで結婚式をやるぞ、そのためには必ず癌を治して見せる。そう強く心に誓えたように思います。

彼女は帰り際に、

「彼の癌が治ったら、ここで結婚式がしたい」

と川永社長に言って帰って行ったそうです。

その3ヶ月後に川永社長に電話が掛かって来ました。

「KATSUTAYAで結婚式ができます」

嬉しい報告をくれたのは彼女です。

「あれから彼の体調が良くなって、癌が消えて失くなった」

と言い、喜んで電話をくれたのです。

彼女はどうしても彼と結婚がしたくて、式場を観た後に改めて結婚の約束をしたそうです。

無事にKATSUTAYAで式を終えた新郎と新婦は、一度は諦めた結婚式ができて本当に幸せだと言っていました。

それも、川永社長が結婚式を中止にした私たちを結婚式場に招待してくれたお陰だと言っています。

川永社長も永い間、結婚式を見て来ましたが、本当に嬉しい出来事だったと言っています。

川永社長は言います。私達は『おもてなし』業です。裏も表もない『おもてなし』業です。

結婚式を中止したいと言う方のお気持ちを考えると、深刻な事があるに違いないと感じまして、まずご本人様たちの事情をお尋ねし、その事に対して最大限のおもてなしをしようと思ったのです。

私は医者ではありませんので癌を治す事はできません。しかし、スタッフ全員が精一杯の『おもてなし』の心で接する事が、私たちにさせていただける唯一の事です。

スタッフにも感謝をしています。何より、新郎が健康になった事が一番良かった事です。

これからも末永く健康で幸せな生活を過ごせるように、日々おもてなしの心でお祈りをさせていただいています。

関連記事

花(フリー写真)

母が見せた涙

うちは親父が仕事の続かない人で、いつも貧乏だった。 母さんは俺と兄貴のために、いつも働いていた。ヤクルトの配達や、近所の工場とか…。 土日もゆっくり休んでいたという記憶は無…

クリスマスプレゼント(フリー写真)

沢山のキッス

クリスマスが近付いた時期の話です。 彼は三才の娘が包装紙を何枚も無駄にしたため、彼女を厳しく叱りました。 貧しい生活を送っていたのに、その子はクリスマスプレゼントを包むため…

お手玉(フリー写真)

私のこと忘れないでね

遠い昔、私が小学4年生の頃の話です。 当時の僕は人見知りで臆病で、積極的に話しかけたりするのが出来ない性格でした。 休み時間、みんなは外に出て遊んでいても、僕は教室の椅子…

キャンドル(フリー写真)

キャンドルに懸けた想い

僕は24歳の時、当時勤めていた会社を退職して独立しました。 会社の駐車場で寝泊まりし、お子さんの寝顔以外は殆ど見ることが無いと言う上司の姿に、未来の自分の姿を重ねて怖くなったこと…

妊婦さん(フリー写真)

普通の一家の物語

その昔、大学の同級生の女の子にがりがりに痩せた子が居た。 細身の娘が好みだったので声を掛け、程なく恋仲に。 ある日、 「心臓に大穴が空いていて、苦しい。 子供も…

病院(フリー素材)

みほちゃんという子

看護学生の頃、友達と遊びに行った先で交通事故を目撃しました。 勉強中の身ではあったのですが、救急隊員が駆け付けるまでの間、友人の手も借りながら車に撥ねられた女の子の応急処置をしま…

レストラン

震災後のファミレスにて

阪神大震災後のことです。当時、私はあるファミレスで働いており、震災後にはバイキングメニューを無料で提供することになりました。 開店と同時に店内は満席になり、外には長い行列ができ…

手をつなぐ男女(フリー写真)

恩師が繋いでくれた友情

私が中学三年生だったあの夏、不登校でオタクな女の子との友情が始まりました。 きっかけは担任の先生からの一言でした。 「運動会の練習するから、彼女を呼びに行ってほしい」 …

彼女(フリー写真)

彼女の導き

もう2年も前の話になる。 当時、俺は医学生だった。彼女も居た。 世の中にこれ以上、良い女は居ないと思う程の女性だった。 しかし彼女はまだ若かったにも関わらず、突如とし…

通帳(フリー写真)

おめでとさん

今から十年前、まだ会社に入ったばかりの頃の話。 当時の給与は手取り18万円くらいで、家に3万円を入れていた。 親に5万にしろと言われ出て行った。 一人暮らしをすれば会…