泣くな

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

夕日と花を掴む手(フリー写真)

ある日、教室へ行くと座席表が書いてあった。

私の席は廊下側の前から二番目。彼は窓側の一番後ろの席。離れてしまった。

でも同じクラスで本当に良かった。

クラスに馴染んで来た頃、私と彼は一緒に帰った。

彼とは一言も話した事が無い。もちろん帰りも全然話さなかった。

その日、メールで

「話せなくてゴメン」

と送られてきたから、私は

「ううん、私もだから」

と返した。

私と彼は帰れる日は一緒に帰った。少し話せるようになった。

でも私と彼は学校では話さなかった。

それから彼が学校に来る日が少なくなって行った。

誰に聞いても理由は判らなかった。

でも毎日メールをした。

学校に来ない理由を聞いても、

「風邪」

としか言わなかった。

ある日、彼の友達が私に言った。

「あいつ、ガンで入院してるよ」

私は泣いた。声を上げて泣いた。

悲しかったからじゃない。私に本当の事を言ってくれなかったから。

お見舞いに行こうと思った。でも彼は私に会いたくないと言った。

ガンの抗がん剤の副作用で髪の毛が抜け、私に見られたくないらしい。

それでも私は毎日メールをした。

時々返って来なかった。

返って来ても、

「死にたい」「辛い」

などしか言わなかった。

私はこの時、彼に何もしてあげられなかった。

ただ毎日学校で起きた一日を彼に送り続けた。

そして、良くなる事を願った。

文化祭の日。

私は一人楽しめずに、ボーっとしていた。

誰かが私を呼ぶ声がした。

後ろを振り返ると、車椅子に乗った彼がいた。

私は彼のところへ走った。

泣きそうになったが、彼が

「お前が泣くと俺も泣きそうになるから泣くな!」

と言ってくれた。

学校で話した事の無い彼が、みんなの前で私に話しかけてくれた。

初めての事だった。

だけどその文化祭の日が、彼に会った最後の日になった。

私は文化祭の日から彼とメールができなくなっていた。

一週間経っても…二週間経っても…。

ある日、先生が言った。

「○○君は、文化祭の4日後に亡くなりました」

初めて知った。

ちょっと具合が悪くなったとは聞いていた。

周りの友達はみんな泣いていた。

私は涙が出なかった。

訳が解らなかった。

家に帰ると、一通の手紙が届いていた。消印は文化祭の次の日。

母を問い詰めると、

「今日届いたのよ」

と言った。

私は手紙を握り締めて、自分の部屋へ走った。

ベットの上に座り、手紙を読んだ。

『マミへ

この手紙は、文化祭が終わってから3週間後に届けられるようにしてあるんだ。

これを読んでいる時は、俺はもうマミの側にはいないかな。

マミには沢山謝んなきゃいけない事がある。

学校で喋れなかったし、一緒に帰っている時も話せなかった。

恥ずかしかったんだ。言い訳だけど…。

文化祭の日、マミに会えて嬉しかった。何だか可愛くなった?(笑)

マミは俺に会わなかった方が良かっただろう。俺、変わってたべ?

今、俺は凄く怖い。いつ死ぬか判らない。

でもこれだけは言って置く。

マミ、好きだよ。

俺を忘れて、良い恋をしてください』

涙が溢れて来た。そして止まらなくなった。

封筒にはもう一枚、手紙が入っていた。

そこには、

『泣くな』

と書いてあった。

それから数日、私は泣いて過ごした。

彼の事が忘れられなかった。

中学3年生になった今、私は教室に入ると笑顔で

「おはよう」

と言う彼がいるのを期待して学校へ通っている。

文化祭の日は必ず彼の姿を探す。

後ろを振り返ると、彼がぎこちなく笑って顔を赤らめ、

「マミ」

と呼んでくれている気がする。

今は彼が行きたがっていた高校を受験しようと思っています。

関連記事

父と娘

強い人

母は、強い人だった。 父が前立腺癌だと判った時も、入院が決まった時も、葬式の準備の時も、私たち子どもの前で一度も泣かなかった。 だからなのか、当時私はまるで映画を観ている…

献花(フリー写真)

課長の笑顔

私の前の上司(課長)は無口、無表情。雑談には加わらず、お酒も飲まず、人付き合いをしない堅物でした。 誠実公平、どんな時でも冷静なので頼もしい上司なのですが、堅過ぎて近寄り難い雰囲…

おでこを当てる父と娘(フリー写真)

もうおねえさんだから

7ヶ月前に妻が他界して初めて迎えた、娘の4歳の誕生日。 今日は休みを取って朝から娘と二人、妻の墓参りに出掛けて来た。 妻の死後、暫くはあんなに 「ままにあいたい」「ま…

クリスマスプレゼント(フリー写真)

おとうさんのがんが治る薬

クリスマスが数日前に迫る中、6歳の娘は欲しい物を手紙に書き、窓際に置いていました。 夫と共に、キティちゃんの便箋を破らずに手紙を覗いてみると、こう書いてありました。 『サ…

チューリップ(フリー写真)

立派なお義母さん

結婚当初は姑と上手く噛み合わず、会うと気疲れしていた。 意地悪されたりはしなかったけど、気さくでよく大声で笑う実母に比べ、足を悪くするまでずっと看護士として働いていた姑は喜怒哀楽…

バー(フリー写真)

大好きな姉

20歳を迎えたその日、姉が雰囲気の良いショットバーに連れて行ってくれた。 初めてのバーに圧倒されている俺を見て、姉は 「緊張してんの? 何か子供の頃のアンタみたい」 …

友情(フリー写真)

変わらないもの

俺たち小学校から高校までずっと一緒だったよな。 高卒後、俺は就職、お前はフリーター。 学歴社会の昨今、 「俺たちゃ負け組じゃねぇよな!がんばろうぜ!」 と、よく…

父と子(フリー写真)

俺には母親がいない。 俺を産んですぐ事故で死んでしまったらしい。 産まれた時から耳が聞こえなかった俺は、物心ついた時にはもう既に簡単な手話を使っていた。 耳が聞こえな…

駅のホーム(フリー写真)

花束を持ったおじいちゃん

7時16分。 私は毎日、その電車に乗って通学する。 今から話すのは、私が高校生の時に出会った、あるおじいちゃんとのお話です。 ※ その日は7時16分の電車に乗るまでまだ…

タクシーの後部座席(フリー写真)

母の気持ち

実家に帰省して、また帰る時の事。 俺は母子家庭で仕送りを貰っている癖に、冗談めかしに帰りのタクシー代と電車賃を頂戴と母にせがんだ。 すると母は、 「何言ってんの!うち…